Entries

朝鮮半島ドラマ~第一話 南朝鮮の終わり有事の始まり

予告の5時半@日本時間過ぎたんだけどw

いそいそと午前中の内に用を澄まして
午後は娘と外食に
3時半過ぎには洗濯物を取り込み
勉強してたら

5時半ですよw

8時過ぎから
24時間の羽生君生放送があるんで
それを高画質で録画保存して

風呂入ったら
また勉強するんだけど

だからさ

いつはじまんのさ

こっちゃ
忙しいんだからさ

時間守ってよ

ほんっと
朝鮮人ってルーズだわwww





第一話
米韓両軍、厳戒態勢=「全面戦辞さず」と北朝鮮

時事通信 8月22日(土)9時14分配信

 【ソウル時事】北朝鮮が韓国に対し、22日夕までに政治宣伝放送を中止しなければ軍事行動に出ると警告する中、米韓両軍は厳戒態勢を敷いている。
 米高官によれば、米軍は17日に始まった韓国との合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」を一時中断し、韓国側と調整を行った。
 朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省は21日声明を出し、北朝鮮軍総参謀部が平壌時間20日午後5時(日本時間同5時半)、韓国国防省に対し「48時間以内に放送を中止し、すべての心理戦の手段を撤去しなければ、軍事行動に出る」と「最後通告」を行ったと重ねて強調した。22日午後5時(日本時間同5時半)に48時間の期限を迎えることになる。
 北朝鮮外務省声明は「わが軍と人民は単純な対応や報復ではなく、人民が選択した制度を命懸けで守るため、全面戦も辞さない」と宣言した。
 一方、韓国の韓民求国防相は21日夜、国民向け談話を発表。政治宣伝放送について、北朝鮮が非武装地帯(DMZ)に埋設した地雷の爆発事件を受けた「適切な措置」だと説明し、継続する考えを示した。
 韓国防相は「万一、これを口実に新たな挑発を仕掛けてきた場合、容赦なく断固たる対応を取る」と強調。「韓米同盟は緊密に協調し、北朝鮮の挑発を抑止していく」と訴え、韓国国民に、軍を信頼して冷静に対応するよう呼び掛けた



昔々

半島には

南朝鮮

別名

韓国

という小国があってな

第二次世界大戦後に始まり
ゆすり集り盗み乗っ取り虚偽虚言の歴史の塗り重ねで
21世紀初頭に
あっという間に同族に飲み込まれて消滅した
そんな愚かな国があったとさ

ちょきん
ぱちん
すとん

昔々のおはなしさ

追記その② 東京五輪浄化の波シリーズ~エンブレムパクリ編




追記その②

2015年8月20日11時47分スポーツ報知

 2020年東京五輪公式エンブレムを制作したデザイナー、佐野研二郎氏(43)のデザイン模倣疑惑が広がる中、佐野氏が手がけた群馬県太田市に建設中の「おおたBITO 太田市美術館・図書館」のロゴとデザインが似ている、 とインターネット上で指摘された米デザイナーが、スポーツ報知の取材に応じた。

 ネット上で酷似していると話題になっているのは、米国コロラド州在住のジョシュ・デバイン氏が2011年に発表したデザインだ。黒い円と直線だけのシンプルな構成で「dot」の文字を表現。一方、「おおたBITO」のロゴも黒い円と直線で「BITO」を表している。
デバイン氏は「佐野氏の作品を見たが、彼のオリジナルではないようにも見える。しかし、私の作品を盗作したかどうかを判断することは難しい。法律顧問と相談したい」と回答した。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/topics/20150820-OHT1T50051.html


なんで

今になって

次々見つかるの?

それも

毎日のようにw

こうなってくるとアレだわね

探しているのよ
間違いなく
間違い探しをw

皆がね

きっとあれもそうに違いな
あれだってそうだろう

という風に

すると

どれもこれもが
何かに似ているとか
似ているどころか
まんまだとか
そういうのが出てくる出てくる状態に

何が問題かっていうとね

佐野のデザインを
依頼者側が
何の検証もしないか
しても
黙認してたか
ってこと

じゃなんで
そういう事になったかって
考えたら

検証しないか
黙認する「何か力が働いてた」ってことになる

文句言わせないというね

万が一にもだよ
誰も気づかなかった
見つけられなかったって
事があったとしたらだ

例えば
あの
緑のリスのデザインのauだっけ?
それとipad

イヤホンと緑色の背景

これを
パクリだって
指摘できるかな?
こういう疑惑無しで

日本人に
そういう感覚あるかな?

違うといえば違うし
似ていないといえば似ていない
今迄そうだったんでしょ?

それがこの騒ぎで
似ている似ているのオンパレード

言われたら
背景の色がー
イヤホンガー

になるかもだけど

ねぇ

そんな度胸ないでしょ

あれが
似ているって感覚を
関係者各位が持ってたのかな?

私ら国民が
あれは類似しているって
誰か声を上げたのかな?

バックに大物政治家やら組織やら電通やらいてさ

ってことはだね

急に毎日発見されるのは
大々的に大事業五輪のエンブレムで取り沙汰されて
そしたらアレもコレもと出てきて

そこで

じゃー

これもあれも


探し出して
今迄気にもしなかったことなのに
騒ぎになったから
便乗して
祭りにしている
マスコミと暇なネラーたちの図

ということでしょ

関係者が
契約結ぶ時点で気付かなかった
または
黙認した
検証しなかった

そこを正せや


言いたい

世の中見渡せば
似たようなロゴやデザインなんて
五万とある

音楽だって
ファッションだって
どんな世界だって
似せて作っているから
流行っていうのが存在するわけで

最初から

すかすかだった男をだね
バックの力で出てくるような詐欺師のような無能なやつをだね
ありがたがってきた部分も
関係者にはあっただろうって
ことだわさ

でなかったら

言いたいことを言わせてもらえない圧力があったとか
断ったら脅されたとか
出てきてもいいだろ?

出てこないってことは

依頼関係者も
同罪だ

結局ね
何が言いたいかっていうと

このエンブレムも
新国立競技場建設も

誰が請け負うかっていうの

最初っから
決まってた

でしょ?

民主時代に決めたんでしょ?

それが
五輪利権

そのものだったってことだった

という

茶番を


次々見せられている
政治や利権に無関心だった
我々国民の図

だよね

そういう政権を自ら選び
そういう利権を自ら生み

今になって騒いでいる

今まで黙ってたくせにね

私もそうだけどね

日本人が浄化されている
世界も浄化されている

逃げらんないよ

ってことだわね

後世の国民が聞いたら
失笑もんな茶番だもの

その①

五輪組織委、ベルギーのデザイナー側を非難

東京五輪の公式エンブレム提訴問題で、大会組織委は、提訴したベルギーのデザイナー側を非難する声明を発表。

ソース 【共同通信】
http://www.47news.jp/FN/201508/FN2015081701001556.html
関連
組織委、提訴のベルギー側を非難 東京五輪エンブレム問題

 2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ていると指摘されている問題で、ロゴのデザイナー側がエンブレムの使用差し止めを求めて提訴したことに対し、大会組織委員会は17日、「われわれの詳細な説明に耳を傾けようとせず、提訴するという道を選んだ」などと、デザイナー側を非難する声明を発表した。

 組織委は、訴えを起こされた国際オリンピック委員会(IOC)と共に訴状を確認したとし、エンブレムはデザイナー側の権利を「一切侵していないとする立場に変わりはない」と主張した。
[ 2015年8月17日 16:57 ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/08/17/kiji/K20150817010955270.html



なにコレ?


組織委の

だ・れ・が

そう言ってるの?
って
こと

竹田歯茎父がいるはずよね

顧問は安倍さん

組織内でも割れている

今まで隠してきたこと表に出る浄化の真っ最中

こういうところにも出るのね
漏れなく

それにしても

この佐野っていうデザイナー

すっかすか

仕事も中身も
すっかすか

親類縁者の絡みが凄いのなんの

これだけ
すっかすかな人間を
よくここまで持ち上げてきたなと

まるで誰かみたいだ

ああ

雅子

そして

徳仁

すっかすかも空っぽでも
更にドロドロな人間を
盛って盛っての盛りまくりの挙句の今の姿が

経緯を含めて
今回の事件と被るわ

ということは
スッカスカ人間をここまで盛ってでも祀り上げてきたことに
何か目的や意図があったってことなんだろうか

螺旋状に落ちていく徳仁雅子等小和田一派と
佐野と取巻き連中のそれが

似ているなーと
つくづく思うわ

新競技場と言い
盗作デザインと言い

五輪組織内にも浄化の波が洗い流してくれますように

『ちょっとだけ追記』安倍首相の戦後70年談話全文


安倍首相の戦後70年談話全文

朝日新聞デジタル 8月14日(金)19時48分配信


 8月は私たち日本人にしばし立ち止まることを求めます。今は遠い過去なのだとしても、過ぎ去った歴史に思いをいたすことを求めます。

【写真】記者会見に先立ち配布された戦後70年談話に群がる報道陣=14日午後5時58分、首相官邸、飯塚晋一撮影

 政治は、歴史から未来への知恵を学ばなければなりません。戦後70年という大きな節目にあたって、先の大戦への道のり、戦後の歩み、20世紀という時代を振り返り、その教訓の中から未来に向けて、世界の中で日本がどういう道を進むべきか、深く思索し、構想すべきである、私はそう考えました。

 同時に、政治は歴史に謙虚でなければなりません。政治的、外交的な意図によって歴史がゆがめられるようなことは決してあってはならない、このことも私の強い信念であります。

 ですから談話の作成にあたっては、21世紀構想懇談会を開いて、有識者のみなさまに率直、徹底的なご議論をいただきました。それぞれの視座や考え方は、当然ながら異なります。しかし、そうした有識者の皆さんが熱のこもった議論を積み重ねた結果、一定の認識を共有できた、私はこの提言を歴史の声として受け止めたいと思います。そして、この提言のうえにたって歴史から教訓をくみ取り、今後の目指すべき道を展望したいと思います。(以上、記者会見での冒頭発言)

     ◇


 終戦七十年を迎えるにあたり、先の大戦への道のり、戦後の歩み、二十世紀という時代を、私たちは、心静かに振り返り、その歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければならないと考えます。

 百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。

 世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て、民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、一千万人もの戦死者を出す、悲惨な戦争でありました。人々は「平和」を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する、新たな国際社会の潮流が生まれました。

 当初は、日本も足並みを揃(そろ)えました。しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。

 満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。

 そして七十年前。日本は、敗戦しました。

 戦後七十年にあたり、国内外に斃(たお)れたすべての人々の命の前に、深く頭(こうべ)を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫(えいごう)の、哀悼の誠を捧げます。

 先の大戦では、三百万余の同胞の命が失われました。祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。終戦後、酷寒の、あるいは灼熱(しゃくねつ)の、遠い異郷の地にあって、飢えや病に苦しみ、亡くなられた方々。広島や長崎での原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などによって、たくさんの市井の人々が、無残にも犠牲となりました。

 戦火を交えた国々でも、将来ある若者たちの命が、数知れず失われました。中国、東南アジア、太平洋の島々など、戦場となった地域では、戦闘のみならず、食糧難などにより、多くの無辜(むこ)の民が苦しみ、犠牲となりました。戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。

 何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛を、我が国が与えた事実。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈(かれつ)なものです。一人ひとりに、それぞれの人生があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみしめる時、今なお、言葉を失い、ただただ、断腸の念を禁じ得ません。

 これほどまでの尊い犠牲の上に、現在の平和がある。これが、戦後日本の原点であります 。


 二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。

 事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別(けつべつ)し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。


 先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国は、そう誓いました。自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました。七十年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たちは、静かな誇りを抱きながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。
 我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫(わ)びの気持ちを表明してきました。その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など、隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一貫して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。

 こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。


 ただ、私たちがいかなる努力を尽くそうとも、家族を失った方々の悲しみ、戦禍によって塗炭の苦しみを味わった人々の辛(つら)い記憶は、これからも、決して癒えることはないでしょう。

 ですから、私たちは、心に留(とど)めなければなりません。

  戦後、六百万人を超える引き揚げ者が、アジア太平洋の各地から無事帰還でき、日本再建の原動力となった事実を。中国に置き去りにされた三千人近い日本人の子どもたちが、無事成長し、再び祖国の土を踏むことができた事実を。米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜の皆さんが、長年にわたり、日本を訪れ、互いの戦死者のために慰霊を続けてくれている事実を。

 戦争の苦痛を嘗(な)め尽くした中国人の皆さんや、日本軍によって耐え難い苦痛を受けた元捕虜の皆さんが、それほど寛容であるためには、どれほどの心の葛藤があり、いかほどの努力が必要であったか。

 そのことに、私たちは、思いを致さなければなりません。

 寛容の心によって、日本は、戦後、国際社会に復帰することができました。戦後七十年のこの機にあたり、我が国は、和解のために力を尽くしてくださった、すべての国々、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。



 日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません

 しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。

 私たちの親、そのまた親の世代が、戦後の焼け野原、貧しさのどん底の中で、命をつなぐことができた。そして、現在の私たちの世代、さらに次の世代へと、未来をつないでいくことができる。それは、先人たちのたゆまぬ努力と共に、敵として熾烈(しれつ)に戦った、米国、豪州、欧州諸国をはじめ、本当にたくさんの国々から、恩讐(おんしゅう)を越えて、善意と支援の手が差しのべられたおかげであります。

 そのことを、私たちは、未来へと語り継いでいかなければならない。歴史の教訓を深く胸に刻み、より良い未来を切り拓いていく、アジア、そして世界の平和と繁栄に力を尽くす。その大きな責任があります。

 私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。唯一の戦争被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります。


 私たちは、二十世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、そうした女性たちの心に、常に寄り添う国でありたい。二十一世紀こそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリードしてまいります。

私たちは、経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる国の恣意(しい)にも左右されない、自由で、公正で、開かれた国際経済システムを発展させ、途上国支援を強化し、世界の更なる繁栄を牽引(けんいん)してまいります。繁栄こそ、平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に、医療と教育、自立の機会を提供するため、一層、力を尽くしてまいります。

 私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。

 終戦八十年、九十年、さらには百年に向けて、そのような日本を、国民の皆様と共に創り上げていく。その決意であります。


     ◇

 (談話を読み上げ後)以上が私たちが歴史から学ぶべき未来への知恵であろうと考えております。冒頭私は、21世紀構想懇談会の提言を歴史の声として受け止めたいと申し上げました。

 同時に私たちは歴史に対して謙虚でなければなりません。謙虚な姿勢とは果たして、聞き漏らした声がほかにもあるのではないかと、常に歴史を見つめ続ける態度であると考えます。私はこれからも謙虚に歴史の声に耳を傾けながら、未来の知恵を学んでいく。そうした姿勢を持ち続けていきたいと考えています。私からは以上であります。
.
朝日新聞社



非常によくできた
簡潔至極の談話全文

赤字部分が
この全文の起承転結の主旨だと
私個人の意見

①過去の戦争は、経済ブロックなどの資源争奪戦争だったこと

②過去の人類がとった「経済ブロックの手段(武力戦争等)」が過ちだったこと

③その過ちを犯したのは戦争にかかわったすべての国であり
その国の戦後の人々が「寛容」さと「弛まぬ努力」によってお互いを受け入れることで今の平和があること

④これからの日本は、①の経済ブロックを繰り返すのではなく、富める国が貧しき国に手を差し伸べる精神であることを目標とする

ざっくり書けば
こういう趣旨

更に、シャンプー的持論で言えば
今迄何度も取り上げられてきた「積極的平和」

これ

こういう言葉で表現すると
政治臭というか
外交臭というか
そういう思惑を感じざるを得ない部分があるけど

単刀直入で
政治的意味合いを全て抜きにした言葉表すと

「自分から人を愛することが出来る、本当の大人の態度」

だと
私は強く感じる

それを政治的表現で表すと「積極的平和」という言葉になるのだと思う

このシャンプー的表現になるが

本当の大人とは

「魂」の向上」を意味する「進化した人類」

それが

未来の日本人の目標とする姿

そのものだという事なのじゃが
此処を読んでる皆には伝わるかな?

そして、青い大文字にした箇所
これが
この談話の結論部分

①歴史に学び、政治は歴史を歪曲して利用してはいけない
②異なる意見も包括して、日本としての過去を踏まえた未来への談話
  ・過去は過去、現在8割以上の戦後生まれの未来の日本人に過去の罪を負わせてはいけない

こう結論付けたわけだ
当たり前の事

時間が無いので
ざっとよんでの走りカキコなので

また時間がある時に
勉強の後の一息の時に
もっかい考えて書くわかめ

竹島問題日本有利の解決を前の断末魔

相手がよいと言うまで謝罪を=鳩山氏

時事通信 8月13日(木)12時11分配信

 【ソウル時事】訪韓中の鳩山由紀夫元首相は13日、ソウルで開かれたシンポジウムで講演し、安倍晋三首相が14日に公表する戦後70年談話で、「おわび」の表現を盛り込むべきだと述べた。
 鳩山氏は、村山富市首相談話で植民地支配に対する「反省とおわび」が明記されたことに触れ、「このような表現は、傷ついた国々の国民が『やめてもよい』と言う時期が来るまで、続けなければならない」と語った。 


これは
朝鮮人が
朝鮮人に
謝罪しているの図

このままそこに住んで

拘束されて

日本国籍辞めて

消滅する国と

運命共にするが良い


735 名無しさん@おーぷん sage ▼ 2015/08/13(木)16:05:11 ID:bHH [1回目]
鬼女板からのコピペです。


某省庁の方に聴いた又聞きの話。

ニューヨークの国連某機関に行ったら、物凄い年寄りの女性がお茶を入れてくれた。
定年年齢を明らかに超えているがどうして雇用しているのか聞いたところ、小和田某の秘書だった方で、
某さんの圧力があるので雇用続けざる得ない

雅子さんは優秀なんて嘘。

ハーバードも東大も卒業してないし、外務省で留学したイギリスでも点数が足りなくて修士を取れていない。
外務省でも仕事ぶりはごゆっくりで、コピーとるのも大変な感じだった

眞子さまが海外に行く時アテンドした人たちは、みんな彼女が好きになった。本当にお姫様らしく素敵な人

承子さんはエジンバラ生活を本当に満喫していて、パブも豪遊だった

この方外務省とお付き合いが深いので、また聞いてきたら投下します


十数年前、職場の同僚の旦那の同僚の話で

当時
某外務省で

小和田恒が
まーだ要職についているのが大大迷惑で
誰もが
辞めてもらいたいのに
皇太子妃の父という立場を、小和田がなにかにつけて振るうので
もう要らない人間なのに
辞めさせたくても
辞めようとしないので困っている

と言われていると
聞いたことがある

そんで
今回の又聞き話の元秘書の婆だけど

いつも思うんだけど

こいつらって



金に困ってんの?

って

ホンッとに
思う

思うでしょ?

思うよね?

小和田の場合は
リーマンショックで金に困っているのもあるし
名誉欲への執着が凄まじい上
借金取りからの身の安全のためにも
80超えても尚
働き続けなければならない人生という
究極の貧乏人

だけど

この元秘書婆も
金に困ってるから
自由快適な隠居生活が送れないでいるのかなって
思ってしまう

鳩山が
日本で国会議員の仕事についていられるのは
こういうことをさせられる(する)為なんだろうと

実家金持ちだし
隠居してもいいのに
ずっと
こういうことをやらされるために
本人もしたいという意思もあってだろうけど
死ぬまで
やらされるんだろうね

だからといって
身の置き所が無くなった時
祖国は地図上あるのか知らんが
この人を
守ってくれるわけでもないだろうに

安倍さん
どう動くかな

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード