FC2ブログ

Entries

東宮家の愛子さん21

「何も言えないかも…」 皇后さま、きょう71歳

皇后さまは20日、71歳の誕生日を迎えられた。宮内記者会の質問に文書で回答し、
嫁ぐ日の紀宮さまに贈る言葉を「その日の朝、心に浮かぶことを告げたいと思いますが、
私の母がそうであったように、私も何も言えないかもしれません」と、心情を率直に
記した。
紀宮さまについて、自分が何か失敗したり、がっかりしている時に「まずそばに来て
『ドンマーイン』(気にしないで)とのどかに言ってくれる子どもでした」と振り返
り、「陛下は『うちのドンマインさんは…』などとおっしゃることがあります」と紹介。
「あののどかな『ドンマーイン』を、これからどれ程懐かしく思うことでしょう」と
娘を旅立たす寂しさをにじませた。
皇后さまは、結婚の準備の打ち合わせに加わり、裁縫箱や救急箱など新生活に必要な
ものの用意もしているという。(共同通信) - 10月20日6時2分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051020-00000007-kyodo-soci


何とも心温まる母と娘のエピソードに、目頭が熱くなる・・・
このドンマーインの話は特集などでも美智子皇后陛下のコメントでよく流れていた
紀宮様は、「公務で多忙で母がいない寂しい時は」という話をしていたのを覚えている
小さくて甘えたくて、それでも立場を理解し我慢していらした宮様

そして嫁ぐ頃の宮様のコメント

<< 皇后陛下の基調講演 | TOP | 今ひとつ掴みどころがない皇太子 >>
紀宮様(黒田清子さん)の会見・文書回答等
2005年4月18日

紀宮様 皇族として最後のお誕生日
昨年5月の皇太子さまの「人格否定」発言によって起きた論議について、
「両陛下に対していわれのない批判がなされ、
海外における日本の皇室観にまで影響を与えたことは、本当に悲しく思っております」とし、
「(皇太子)妃殿下のご健康を家族皆が心配しておりますが、
両陛下のご健康も守られることを願わずにはいられません」と複雑な思いを率直に明かされた。

紀宮さま誕生日祝い夕食会 天皇ご一家で
紀宮さまが36歳の誕生日を迎えた18日夜、皇居・御所でお祝いの夕食会が催された。
天皇、皇后両陛下のほか、皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻も出席。
今秋に結婚が予定されているため皇族としては最後となる誕生日を、ご一家で祝福した。
宮内庁によると、紀宮さまはこの日、両陛下と朝食を共にした後、
3人で御所の庭へ出て散策。二輪草を摘むなどして楽しんだという。
午前には宮内庁の長官や次長、侍従長らから祝賀を受けたほか、
午後にも進講者やかつて身の回りの世話をした人らとも懇談。
その間、両陛下とデンマーク皇太子夫妻の昼食会にも同席するなど忙しい1日を過ごした。
(共同通信) - 4月18日18時55分更新




週刊誌
紀宮さまのお誕生日の文書回答は一般で売られてる原稿用紙に換算するとなんと
「原稿用紙22枚分」一週間かけてご本人が書き上げ 推敲しようかとご相談申し上げたところ
「結構です。このままお出しください。」と凛としておっしゃった。
紀宮様は大変賢い方なので人物に対する批判などいままでなさらなかったそうだが
今回のことで雅子さまに対する紀宮さまの厳しい見方がはっきりとわかり宮内庁も驚いた。

文藝春秋
福田和也氏は紀宮様の文書回答について、
皇族としての教育については、何よりもご両親が厳しく義務を果たす姿をお示しになることが肝要と述べられているわけだから、これは当然皇孫の教育についての問題提起としても受け止めなければならない
だが、何といっても、今回の文書の中で印象的なのは、母・皇后にたいする、深い敬意と共感であろう。
黒田清子さん(紀宮さま)H17年お誕生日に際してお言葉《私が日ごろからとても強く感じているのは,皇后さまの人に対する根本的な信頼感と,他者を理解しようと思うお心です。皇后さまが経てこられた道には沢山の悲しみがあり,そうした多くは,誰に頼ることなくご自身で癒(い)やされるしかないものもあったと思いますし,口にはされませんが,未だに癒(い)えない傷みも持っておられるのではないかと感じられることもあります。そのようなことを経てこられても,皇后さまが常に人々に対して開けたお心と信頼感を失われないことを,時に不思議にも感じていました。
近年,ご公務の先々で,あるいは葉山などのご静養先で,
お迎えする人々とお話になっているお姿を拝見しながら,
以前皇后さまが「人は一人一人自分の人生を生きているので,
他人がそれを充分に理解したり手助けしたりできない部分を芯(しん)に持って生活していると思う。
・・・そうした部分に立ち入るというのではなくて,そうやって皆が生きているのだという,
そういう事実をいつも心にとめて人にお会いするようにしています。
誰もが弱い自分というものを恥ずかしく思いながら,それでも絶望しないで生きている。
そうした姿をお互いに認め合いながら,懐かしみ合い,励まし合っていくことができれば・・・」
とおっしゃったお言葉がよく心に浮かびます。
沈黙の中で過去の全てを受け入れてこられた皇后さまのお心は,娘である私にもはかりがたく,
一通りの言葉で表すべきものではないのでしょう。
でも,どのような人の傍らにあっても穏やかに温かくおられる皇后さまのお心の中に,
このお言葉がいつも息づいていることを私は感じております。》
そこに描かれるのは、至尊としてはもちろん、一個の人格として辿りつき得る高みに
たっした方の面影であり、そのように娘の目に映り、娘がその姿このように描き出し得ると
いうことに、顕かな達成を認めずにはいられない。・・略・・
このような敬意のもち方を、私たちはずいぶん前に忘れてしまった気がする。
将来、愛子様は、母君をいかに語るのだろうか


紀宮様は、小学生か中学生位の頃、
「母は夕日に似ているから」と夕日の絵をプレゼントしたエピがあった

その紀宮様が皇室を離れてから6年
愛子さんの母君を語る言葉等というものは、何一つまた誰1人聞いたことはないが

その母君は、愛子さんの事をある事無い事ある事ない事ある事無い事語る語る
日記がー
男児がー
いじめがー
アツアツのスープ召し上がれー
愛子が一緒に来てって言ったー



<富士山「校外学習」で一人ぼっちだった「愛子さま」>
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1317463770377.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1317463830158.jpg

<雅子さま、2泊3日の「皇外学習」-愛子さまをつかず離れず大追跡!?>
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1317463803518.jpg
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1317463820276.jpg


かまぼこが笑ってる

笑ってるよっ!?

こんだけ迷惑かけて
笑ってる

満面の笑み
正にご満悦のキャプ通りの顔

愛子さん
自分が何しに来てるか
さっぱり理解できていない顔
ただ歩いている
人と同じ行動をしているだけのような顔
発語が難だから話す事も出来ず
言葉も少ないから話す事も無く
ただ一緒にいる
お薬飲まされて

かまぼこは
何一つ理解も把握も出来ない愛子さんにくっついて
ハイキングー
ランチー
見学ー
スウィートルームー
懐石料理ー
ご満悦ー

ここに動員されている警備から
学習院の生徒教師住民
そして愛子さん

その中で
たった一人だけ
楽しんでる人

この二枚の写真のかまぼこの笑顔
こんな不気味に見えるものなのかと

脳の発達の異常がある人だから
笑顔でいられる

だから
不気味なんだ
生真面目で
賢くて
実直で

紀宮様は尊敬に値する
1人の自立した女性の見本の様な方

この方が皇太子であってもいいと思えるほどだ

皇后陛下とのエピは
他にもたくさんあるが
どれも心温まるエピだ

ご自身の生真面目さから
また
その賢さから
母君の皇后陛下と意見がぶつかる時もあったとか
それでも
立場を忘れず、
常に
そのお心は
両陛下の為
ご自身の幸せよりも
いつも支えて差し上げるおつもりでいらしたという

今でも
噂では
よく秋篠宮家にいらして
公務でご多忙の兄夫婦のサポートをされていらっしゃるとのこと

こんなにも
皇室の為に
自身の人生をかけられている宮様がいただろうか

神の使い

ふと
そんな言葉が頭をよぎる

紀宮さまご誕生の時
「小さな清子が来てくれた喜びは、とても言葉では言い表せません」
そう語られた皇后陛下


ご高齢になられた両陛下には
秋篠宮家と黒田ご夫妻が力強く支えてくださっている

この心強さを
国民は深く噛みしめるべきだ

皇室を破壊し続ける東宮家に厳しい意見を言えるのは
紀宮様だけだったということを
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/1017-6f6455e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード