Entries

てんかん発作の死亡事故は誰の所為?

記者の目:鹿沼のてんかん発作死亡事故=吉村周平(宇都宮支局)

発作をコントロールするため、Aさんは毎日、薬を服用している=滋賀県内で4月、吉村撮影 

◇病気申告できぬ状況も理解を
 被告はてんかん発作による事故を過去5回起こし、医師の再三の忠告にもかかわらず運転を続けていた--。傍聴席で私はあぜんとした。栃木県鹿沼市で小学生6人が死亡したクレーン車事故で自動車運転過失致死罪に問われた柴田将人被告(26)に対する先月の宇都宮地裁の初公判で、検察側が冒頭陳述で明らかにした内容だ。閉廷後、「悲劇を繰り返さないため」と記者会見を開いた遺族は声を詰まらせ、最高で懲役7年という現行法の厳罰化や、危険運転致死罪の適用拡大を訴えた。

 事故を受け、運転に関して、てんかん患者であることの申告の厳格化(不申告に罰則を設けるなど)を求める声が高まっている。もちろん、再発防止のための議論は必要だが、そもそも、てんかんという病気や患者についての理解は十分だろうか。

 あるてんかん患者を紹介したい。事故直後「患者の置かれた立場を分かってほしい」と連絡してきた滋賀県の男性Aさん(50)だ。発作を起こすと意識を失い卒倒する。幼いころは泡を吹いて倒れる様子から「カニ」とからかわれた。今も毎朝晩、8錠ずつ薬を飲み発作を抑えている。

 18歳で免許を取った。てんかん患者の免許取得は当時認められておらず、持病を隠しての取得だった。公共交通が発達していない地方では自然な成り行きだったという。だが、20歳の時、発作が原因で祖父母を乗せた車で単独事故を起こしてしまう。祖父は頭を負傷。退院前日に脳血栓で亡くなった。親類から「お前が殺した」と責められ、免許は取り上げられた。

 ◇正直に告げ解雇された
 仕事を探したが、免許が無ければ就職が困難な地方では厳しかった。免許再交付を受け、やっと見つけた会社では持病を隠したが、発作は突然起きた。発覚しては解雇され、正直に申告しても解雇され、職を転々とした。今は市営住宅でパートの妻と高1の長男と3人で暮らし、日雇い派遣の仕事をしている。十数年間発作はない。病気を申告せず免許を持ち続け、仕事以外では運転している。

 てんかん患者の免許取得は、患者会の働きかけもあり、02年の道交法改正で可能になった。過去2年以内に発作がなく、今後一定期間は起こす恐れがないという医師の診断などの条件付きだ。

 だが、病気を公にしたてんかん患者は、免許拒否や就職差別に遭う恐れがある。また、てんかん患者は卒倒など重度の発作が年1、2回起きる人でも、「精神障害者保健福祉手帳」で最も軽い3~2級しか取得できない。その直接の恩恵は年50万円程度の所得税などの減免だけだ。

 「正直に言うたら誰か面倒みてくれるんですか? 薬で抑えてはいますが、発作が起きないとは断言できない。そう言うと多くの会社は雇ってくれへんのです」。Aさんは絞り出すように訴えた。てんかん患者は発作時以外は健常者同様に暮らせるので、福祉の網の目からこぼれ落ちているのではないか。

 だから、少なからず持病を隠して免許を所持することになる。てんかん患者は手指のしびれなど軽微な症状の人も含めると国内で60万~130万人とされる。これに対し、病気を申告して免許を取得した人は約1万人だ(07年末、日本てんかん学会推計)。

 警察庁の統計では、てんかんを申告した人の中で、取得を拒否されたり、更新時などに取り消しになる人は1割程度。鹿沼の事故後、各都道府県警は「運転適性相談窓口」でのプライバシー配慮に努めるなど相談しやすい環境作りに着手した。こうした動きは歓迎だが、もう一歩進めて「正直に病気を申告しても不利益を被らない社会を作る必要がある」と、日本てんかん協会栃木県支部の鈴木勇二事務局長(69)は指摘する。

 ◇周囲の理解で働き続けられた
 同協会が指摘するように、持病を申告し、健常者と同様に働いている患者はいる。兵庫県の40代女性は3級の手帳を持ち、障害者雇用制度で事務職として民間企業に勤務する。他企業に一般就職した経験もあり、過労などから勤務中に発作を起こし、会社に持病を知られることになったが、結婚退職まで勤め続けた。「病気をオープンにできるかは、家族や友人の接し方にもよる。幸い、私は嫌な思いをすることはなかった」と言う。彼女は会社側の理解や家族らの支えがあったが、そうした例はまだ限られるのだろう。

 Aさんは鹿沼の事故で犠牲になった児童や遺族を思い、迷った末、批判を覚悟で患者としての身の上話をしてくれた。今回のような悲惨な事故の再発防止につながる道は私たちの足元から始まる。患者が追い詰められている状況にも目を向けていきたい。


この事件については、過去エントリーでも触れたけど
今回の記事を読んで、一言で言うなら


甘えんな


だわ

いや
遺族に言わせれば


ふざけんな


としか言いようがない

記事では
この事件の論点を「仕方のないこと」としてすり替えようとしている

今回の犯罪者は
過去にも、発作による事故を起こしていながら
それでも、てんかん持ちである事を意図的に隠蔽して
クレーン重機の運転業種に就職し、小学生を6人も引き殺す大事故を起こした

亡くなった小学生にも
採用した会社にも
全く落ち度はない

加害者の100%意図的な自己中心的身勝手この上ない都合によって引き起こされた大事故なのだ

ここに登場するAさんとやらは、結局何が言いたいのか
障害者として手厚い保護が欲しいと言っているのだ
そうすれば、運転免許が無くても仕事が無くても生活できる術になると

運転免許が無いと仕事ができないという前提は、余りにもご都合主義だ

持病の他にも年齢や性別など
自分の力だけでは克服できない仕事の制限など、世の中五万とある


定期的にインシュリンを打たなければならない先天性糖尿病の人だっている

どこの企業だって
入社時には健康診断をし、健康な人間を雇うのは常識だ
ましてや危険職に就く人は、当然、その健康度も厳しいものになるのは当たり前
色盲の人だって、心臓病の人だって、

このてんかん持ちさんは、運転は大事故に繋がる危険性があるから
専門的な資格を取得する等、運転等の危険職を回避できるような「努力」を一度でもしたのかね?

その上で、「誰が面倒見てくれるの?」なんて言ってるのかね?

乙武さんを見よ

あれだけの肢体不自由な身体で、
「誰が面倒見てくれるの?」なんて一度でも言った事があるだろうか?

大学でラグビー部?サッカーだったかに入りたくて、自ら入部
自分の身体では勿論選手として試合に出る事が不可能だから、
自分の出来る事はないかと考え、マネージャーになりフォローに徹したと言う

自分の出来る事を探す

何故そういう努力をせずにして、社会や世間に依存しようとするのだ?
それは、てんかん持ちと言う持病の所為では無い
自分の成長度合いの未熟さでしかないではないか

今回の事故の時、加害者の母親が出てきて、仕事が無いから仕方なく隠したという擁護発言があったと記憶する
共犯である

持病のてんかんがあるから、隠さないと仕事ができません。仕事が無いから、隠して犯罪を犯しました、これは仕事が無い社会が悪いんです、自分も社会の被害者ですから大目に見てよ、死んだ人は社会が悪いから、社会に殺されたんです。こんな事故が起きない為には、誰かが面倒を見てくれるべきです。てんかん持ちが、仕事しなくても生活できるように、社会が保護厚くするべきです。

そう言ってるのだ

てんかん持ちでも、自立して真っ当な生活を営んでいる人達に対して、失礼ではないか

また、同じ頃、医師が自分の病院へ行くのに運転をし、てんかん発作を起こし、信号待ちしていた自転車に乗った二人の中国人を、線路に押し出してしまい死なせた

彼は医師という職業についていた
運転が必要な巡回医だったわけでもない
てんかん持ちなのに、通勤の為運転していて起こした大事故である

先の加害者も、この医師である加害者も
共通しているのは

てんかん持ちでありながら、何時起こる変わらない予測不能な発作に対し
余りにも無自覚だったと言う事に尽きる

仕事が無いから
ああだからこうだから

どれも後付けの言い訳なのだ
無自覚であるが故の殺人を引き起こした
結局は、社会でも病気のせいでもなく、全て自分自身によるものだ

こういう無自覚な人間だから危険なのである
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/1063-cf914937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード