FC2ブログ

Entries

【改訂版】TPP賛成論者の意見

TPP参加で世界に打って出て日本の農業の未来を開け(櫻井よしこ)

 野田佳彦首相は11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)までに環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加の結論を出す構えだ。民主党内の反TPP議員らは牽制するが、彼らの主張を見事に論破したのが、浅川芳裕氏の『日本の農業が必ず復活する45の理由』(文藝春秋)である。

氏はこれまでにも日本農業には強い競争力があるとして、刮目すべき発信を重ねてきた。農業は経済活動の一つで日本のGDPの推移と農業生産のそれとはほぼ一致する、農業を他産業と二項対立でとらえるのは間違いだという氏の分析は、緻密で説得力がある。

『45の理由』で氏はまず、日本農業と放射能汚染の現実を紹介している。東京電力福島第一原発事故による放射性物質の農地への拡散は、農業を論ずるとき避けては通れず、農業再生は実態を把握しない限り、具体策を論ずることも講ずることも出来ないからだ。

それにしても、氏が詳述する原発事故への菅直人政権の対処とチェルノブイリ事故での旧ソ連政府の対処の比較には愕然とする。日本政府の対応がいかにずさんで、ソ連政府以下だという事実が冷厳な数字で示されている。四国巡礼の旅に出た菅氏は、自分は打つべき手は打った、それは歴史が評価するはずだと語っているが、愚者には自身の行動の適正な評価は無理であろう。一貫して原発事故を担当する細野豪志氏は、この仕事をやり遂げられなければ政治家であり続ける意味がないと語り、意欲を見せてきた。であれば、民主党も氏自身もほとんど責務を果たしえていないという自覚を持つことから始めなければならない。

浅川氏は、日本農業が放射能被害から立ち直る第一歩は、汚染の実態把握を進め、放射性物質の低減と封じ込め計画を国が策定し、その進捗度を世界に公表することだと強調する。国際社会に風評を広げるのをやめてほしいと要請する前に、まず、政府が農家とともに自ら厳しく律していることを国際社会に知らせなければならない。この点、国の動きは鈍いが、被災農家自らが放射能汚染農地改良試験に乗り出したことを氏は高く評価する。

農業と非農業は一体の産業と見る氏にとって、TPP参加が農業に成長と可能性をもたらすという結論は自然である。根強い農業保護策への支持や、農業は保護すべきという幻想を、氏はさまざまな事例で打ち砕いている。

たとえば自給率約5%の大豆である。日本の大豆需要は油原料用が300万トンで、食用が100万トン、うち23万トンが国産である。大豆製品は約2割が国内原料で、油原料用の大豆はほぼすべて輸入物である。

日本人の年間1人当たりの食用大豆消費量は1960年の5・6トンから、2008年には6・7トンへ、約2割増えた。この間、大豆生産量はほぼ半減した。日本人が大豆づくりを指導したブラジルは約40年前の生産量150万トンが今6,000万トンに増えている。なぜ、日本の生産は減ったのか。

猫の目のように変わる農業政策で多くの農家が大豆から離れたことが一因だ。同時に、大豆栽培を本職と位置づけている一部の農家を除き、多くの農家にとって大豆栽培は大豆の収穫よりも補助金が目的になってしまったからだと、浅川氏は指摘する。

政府は水田面積の4割を減反とし、大豆栽培を奨励してきた。結果、補助金はいまや商品代金の10倍にも達する。補助金漬けの産業が競争力のある産業に育たないように、これではプロの農家は育たない。浅川氏は農業を弱い産業と位置づけるその考え方自体を変えるべきだといっているのだ。日本には野菜、果物、そしてコメでさえも高い技術を誇る農家が多数存在する。TPPで彼らを応援し農業が力強く有望な成長産業であることを認識し、他産業同様、国際社会に打って出ることが農業の未来展望を開くだろう。

『週刊ダイヤモンド』   2011年10月22日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 908


氏の言う「農業の競争力を応援する」と言うのは分かる
高い技術力というのも分かる
だけど、
それを応援するのって誰?

国と消費者だよね

補助金が農業を衰退させたという論調と受け止めていいのなら
補助金を出しているのは何処だ?日本政府ではないのか?
決して、国際社会が、ましてや他国アメリカが出しているわけではあるい。
国際競争の中に、日本の農業を放り出せば、死活問題から農業従事者が頑張るという考えなら
短絡にも限度が無いだろうか?
国債市場云々の前に、堕落の原因となっている補助金制度を日本政府が辞めればいいだけの話ではないのか?

氏の言う最後の二行には、何の具体策も具体案も信憑性すらない。

櫻井よし子氏の中韓との歴史認識には賛同するのだが、
ことTPPに関してはまるで理解できない事ばかりだ

しかも
なぜ農業だけを言うのだろうか
農業と非農業を別に語ると言うが、非農業分野もTPPの枠組みに入っているではないか
製造業は元より
金融、労働、医療についてはどういう考えを持っているのだろう?

また、麻生太郎氏は

「参加するかしないは後からでも決められる
だから、交渉に出ないと、それすら決められない」という

日本の農産物は高い
しかし、安全
高いのは、途中で儲けている業者がいる
農家は弱者ではないという発想

世界の流れに乗り遅れないように
国益に行きつくべき
農家(農業)は強者になりうる産業だ

ここまでは、ほぼ櫻井氏と同じ

だけどね
やっぱり変
オカシイ

世界の流れって、そもそも何なの?
自由貿易が世界の流れなの?
関税廃止が世界の流れなの?
日本に物を売りたいだけのアメリカの言い分って言うだけじゃないの??

だって
そもそも円高を持続させる理由はどこにある?
現に、野田は円高に介入する意思がないのは見え見え
誰の為に?何処の為に?誰得で?
アメリカが、アメリカ製品を日本に安く売って、日本の市場を独占するが故の円高ではないのか?

賛成論者は、何故か粗利を設けているコスト高の日本の農業の問題点だけをピックアップして
問題があるから、世界と戦わせろと言ってる
TPP環太平洋で、アメリカのコメを食ってるのは日本くらいではないのか?
コメについても、需要がある大国は日本だけだろう
日本以外の国が米を売りたいが、日本のコメはアメリカが買ってくれるのか?
そんな事ないだろう、買うのは日本人だけだよ
コメ文化は日本だけ、あとはシンガポールとか超小国で話にならんし

それにね、農家が儲からなければ
農業従事者は居なくなるだろう?
農業って、今日初めて、月末にお給料もらえる仕事ではないよね
一年かけて栽培して、漸く出荷して、お金になる
時間もかかるし、手間もかかる
畑を肥やすのにも何年もかかる
田んぼは一度潰したら、二度と田んぼに復活はできなくなる
個人的やJAなどの団体だけを儲けさせる必要はないが、畑や田んぼの保護は必要だろう

そして、同じく枠組みに入っている
医療は?
金融は?
労働は?

どうして賛成者はそこを語らないんだろう?
韓国はFTPで日本の簡保に当たる会社が解散させられた
銀行もバンバン潰れてる
雇用が奪われている

賛成論者は、それが今回のTPP参加によって、
日本に同じ事が起こらないといいきれるのだろうか?
だれも、その事を口にしないではないか?
何故、農業だけを語るのだろう?

また、
麻生氏は、参加不参加は、交渉の場に出てから決められるというけれど


そもそも野田にそれが出来ると思う?

アメリカが、ニコニコと交渉に出てきた相手が、やっぱり不参加っていうのを許すと思う?
野田が、お米はとか、あれは別とか、交渉できる能力あると思う?

賛成論者に言いたいのは

いまの日本において、交渉権を持っているのは

売国民主党政権だ

っていうこと

これを念頭に置かないと
アメリカ様と日本の国益を踏まえた交渉なんて
夢のまた夢、空想の中のお話だよってこと

そもそもTPPを唐突に言いだしたのは誰?
菅じゃなかったっけ?
なんで菅がTPP参加をしようとしているのか
そして、野田が復興を無視して、円高放置で、
交渉参加ありきで突然に持ち出したTPP

明らかに、筋書きが出来上がっている結果ありきのTPPって
一体誰得なの?アメリカしかないでしょうに
日本の為なんかではなく、アメリカ、そして、FTPで破綻している韓国
この為じゃないか?

そもそも民主政権が国益を考えた事があった?
今の今まで国益どころか、震災で苦しんでいる人への支援物資を止めた政権だよ?
原発の冷却を遅らせた張本人だよ?
それが持ち出してきた結果ありきのTPPに
国益なんか有り得ないって言うの

それにね、農業の自由化って麻生さんおっしゃるけど
それをどうしてアメリカに手助けして貰わなきゃならないの?
農業の流通の問題も、技術発展に補助金の振り分けの問題も
どれも日本政府がやってきた事じゃないか!
アメリカや国際市場ではなく、日本の政治のTOPが国内に向けて改善する話ではないか?
ブルネイだの何だのって言う小国に、一体何が出来ると言うの?

平沼氏に至っては、「まずは交渉の席について」って
参加が前提だと言ってるのも同じではないか?

やっぱり論調に合点がいかないわ

それにね、国際交渉力なんて
民主党には欠片も無いって事
国民はとうに気付いているのよ

野田に何を期待するの?
国民に内緒で被災地無視して韓国に5兆円の血税を貢に行くような奴だよ
TPPの交渉の場で国益だなんて、人見てそういう事言わないと・・・ねぇ麻生さん
関連記事

コメント

[C647]

まるがさんのご意見、全面的に賛成です。
tpp参加はもともと菅さんが気まぐれで言い出したことなので、
参加表明前に国民・国会レベルで深く議論する必要があります。

野田総理は自分の政治的判断で何をしてもよいと考えていようです。
早く彼の暴走を止めないと、今後に大きな問題を残します。


以下拡散です。

野田総理が参加表明するにしても、取りあえず閣議決定するであろうから、TPPに反対している国民新党の亀井静香代表と自見庄三郎金融担当大臣に、メールで「閣議決定での署名を拒否してください」と、この一週間、お願いして頂ければ、取りあえずAPECでの参加表明は阻止できます.

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/1106-53b46d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード