FC2ブログ

Entries

映画怪物くん その3

2011年11月26日

“カーイカイ”な大野くんの怪演

 本日11月26日(土)より全国東宝系で3D&2D公開の「映画 怪物くん」を見たのですが、そのまさに“怪作”っぷりに正直驚きました。

 なんといっても本作で、単独での映画初主演を果たした人気グループ嵐のリーダー、大野(智)くんの怪演に尽きると思います。

 その怪物くんスマイルとともに、アイドルらしからぬと言ったら失礼かもしれませんが、終始(!?)ふて腐れたような“わがまま”演技は、彼にしか許されないものかもしれません。

 藤子不二雄(A)の原作漫画を読み、アニメを見て育った世代としては、昨年日本テレビで実写ドラマ化されると聞いた時は、同世代が番組編成や企画開発・制作の主要ポストに就き、決定権を持ち始めたのかなあなどと、冷めた眼で受け止めていました。

 しかし、子供につられて見てみると、なるほど、こんな風な新しい世界観で実写化に挑んだのかと、キャラクターのディテールなどに若干の違和感を随所に覚えながらも感心させられもしました。

 自分が子供だった時に持っていた怪物くんのイメージと異なる実写版怪物くんながらも、子供たちは毎週楽しみ見ていたので、大野くん演じる不敵なわがまま怪物王子は、これはこれで有りなのだなと…。

 その大野くん演じる怪物くんが、今度はスクリーンでどんな大暴れをするのか、さらに3Dということで、どんな3D効果を狙った演出をするのか、これは確かめなければなりません。

 映画化ということで、スケール感を出すためにお約束の海外へ、インドロケを敢行し、その効果はそれなりに出ていたと思うのですが、意外にもこれ見よがしの3D効果狙いやハチャメチャに走らず、子供としての“わがまま”の意味を問うテーマをしっかりと描こうともしているではないですか。

 それもそのはず、脚本は映画「ガチ☆ボーイ」、TVドラマ「魔王」「妖怪人間ベム」などを手掛ける西田政史で、メガホンは「アヒルと鴨のコインロッカー」「チーム・バチスタの栄光」「ゴールデンスランバー」などの中村義洋監督。

 八嶋智人演じるドラキュラ男のキャラには相変わらず笑えましたが、今回一番ツボに入ったのは、ヤギのような顔をした空飛ぶドラゴン、これは笑えました。懐かしの映画「ネバー・エンディング・ストーリー」(84年)を思い出したほど。

 さて、この「映画 怪物くん」、果たして年末年始どのような興行を展開するか、2012年の映画興行をを占う意味でも、その出だしが注目されます。


大野智の演技力が常に絶賛される
コミカルで難易度の高い怪物くんというキャラは
本人も「勇気いるじゃないですか」と言うほど誰にも出来ない役柄
その役柄をこなした大野智
やはり
天才
いや、
天才というだけでは物足りない位だ
主演の演技力があってこそのドラマだ
どんなに脇に名演名役者名脚本で固めても
主演の演技力こそものをいう

大野智

あんたは凄いよ

歌も踊りもだけど
演技力について

絶賛しないやついないじゃんかね


番宣で
ゲストの前で
カイカイ体操やらされている智君を見ると

何の罰ゲーム?

って
正直、こっちが恥ずかしくて見てらんないの

だけど

娘達は

「どーしてお母さん見ないの?
とっても可愛いのに!」


って
大喜びで見てるんだわ

何だろこれ

子供達は
純粋にその姿を楽しんでいるんだけど

こっちは
長生きしている分
擦れてて
ああ
あのゲスト腹では笑ってんな
とか
色々探って斜めに見るんからかも

「怪物くんやってる大野さん見て、
気持決めたんだなって思いました」ってウタコが言うの

気持決めて
中途半端ではやんない大野智
本気でやりこなす本物の役者

ああ

そうか
中途半端に見てたのはこっちだったんだ
智君は、常に本気モードでその役に入ってる

どんな時も
怪物くん衣装で登場する時は

怪物太郎になり切ってる

本気でやるからイイ作品に仕上がるんだ

娘達はどんな番宣も
可愛い可愛いと喜んで見ている



初日の舞台あいさつで
観客のほぼ全員が
怪物くん帽子をかぶってた映像は圧巻だった

「凄い凄いよお母さん!」

って驚いてた

そうか
見てる方も
見いる事に本気モードなんだな

完全に出演者と一体になって
怪物くんワールドを作り上げてるよ

藤子先生の手紙の読み上げを聞いて
うるうるしてたね智君

よっしゃ
本気モードで映画見ようっと
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/1162-6b0b9470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード