Entries

死刑廃止論者の正体

勝間和代氏が司会を務める経済情報番組「勝間和代#デキビジ」(BSジャパン)18日放送予定の対談で、同氏が死刑制度について言及したと、16日のニコニコニュースが報じ、ネット掲示板で物議を醸している。

記事によると、18日放送予定の対談相手は、ドキュメンタリー映画監督・作家の森達也氏。
2008年に死刑制度との向き合い方をまとめた『死刑』(朝日新聞社)を出版しており
「明確な理由がないのであれば、死刑制度はなくしたほうがいい」という立場をとっている。

その一方で勝間氏も「私はけっこう強い(死刑制度)廃止派なんですよ。もともと犯罪の原因は、必ずしもその人だけではないですから。さらに加えて、その人が死刑になっても何も解決しない。 この2点なんですよ」と述べたのだった。

この発言に対してネット掲示板では「自分の子供が殺されても同じことが言えるの?」
「少なくとも再犯のリスクはゼロになるだろ」と勝間氏の意見への反論が相次いだ。

その一方で「死刑を容認することは殺人に加担すること」など、勝間氏に賛同する意見も目立つ。

死刑制度は、犯罪や命のあり方まで考えさせられる重要な問題であり、今後も様々な議論を呼びそうだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/6289805/


前回に続き死刑廃止論についてのニュース
死刑判決の可能性がある事件が出てくると、こうやって死刑廃止論者達がわらわらとマスコミに登場し出す

廃止論者の主張の一つに
「死刑は殺人の加担をしている」というものなのだが

単純にこの理屈が通るなら
死刑廃止は「加害者の被害者に対する殺人に加担している」という理屈になる

廃止論者達は、自身の加害者の殺人加担を否定する言い訳として

①もともと犯罪の原因は、必ずしもその人だけではない
②その人が死刑になっても何も解決しない。

「この2点なんですよ」という

この根拠こそ明確なものではない
①原因がどうであれ、犯行そのものが裁かれるべきこと(これは、前回のエントリーで書いた)
②仇討という殺人の連鎖を法によって抑制することで解決するという社会秩序維持の目的がある

裏を返せば、加害者が生きていた所で、解決にならないとも言えるワケで
あたかも、生きて更生したら加害者の殺人の罪が解決するかのような言い方だ

死刑廃止論者の主張は根本から崩壊している
ということが明白になる

光母子殺害事件は、犯行当時犯人が未成年であったことで「将来がある」「更生の可能性」という論調での死刑回避を画策しているが、そんな奴らの目指す所の「死刑廃止論」は、未成年云々関係無く、死刑制度そのものを「国による殺人」と位置付けて「犯罪そのものを無視した上で廃止」するという論調だ

つまり
死刑廃止論者達の主張の相手は「国家」であり、加害者を「理論的に」救済する事が目的なのではないということ


仮に、光母子の加害者に死刑判決が確定し執行を待っている中で、
被害者の夫が獄中の加害者を殺害し、遺体を布団の間に挟めて隠して逃亡すると言う
あり得ない状況が起きた場合
不法侵入と殺人と死体遺棄の罪に問われた被害者の夫が裁かれ、死刑判決の可能性が出てきたら
廃止論者は、未成年関係無く死刑では解決しない、その人だけの問題ではないとして、擁護するのだろうか
原因は、被害者夫だけの問題ではなく、加害者だった元死刑囚にこそ原因があったからである
そういう理屈になるのだろうか
それなら、元死刑囚の加害者を擁護した理屈が崩壊する

ある意味
卵が先か鶏が先か
元死刑囚が原因か、被害者夫の環境の問題か
犯罪そのものを裁くことから逸脱した、死刑廃止論というものはただの屁理屈でしかなくなる

被害者家族が、終身刑ではなく極刑を望んで上告し続けるのは
仇討そのものなのだ
それを司法で裁く事が出来るのは、その社会が成熟している証拠であるということ
それが、社会の秩序を保つ決定的な方法なのだ
それが理解出来ない、またはそれを敢えて崩壊させようとする主張こそ
殺人に加担していることになると私は確信している

如何に死刑廃止論者の言い分が非論理的な社会テロリズムでしかないか
死刑廃止論者の平岡発言について、過去エントリーに動画を貼ってありますので未試聴の方は参照してください↓

平岡法相が遺族宅訪れ謝罪 リンチ死のテレビ発言・・・で?ってこと
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/1258-759012f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード