Entries

光市母子殺害事件の死刑判決確定

「社会正義示された」=死刑考え、悩んだ13年間―「喜びなく、厳粛」・本村洋さん
時事通信 2月20日(月)19時59分配信

 山口県光市の母子殺害事件発生から13年。5回の判決を経て、当時18歳だった大月(旧姓福田)孝行被告(30)の死刑が確定することになった。「社会正義が示された」。最愛の妻と幼い娘の命を奪われた本村洋さん(35)は、厳しい表情を崩すことはなかった。
 被告側の上告を棄却した20日の最高裁判決を受けて同日午後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見。「社会の皆さんに関心を持っていただいた。長い間、裁判を続けてくれた裁判官、検察官、弁護人にも深く感謝します」と頭を下げた。
 「大変満足しているが、喜びの感情は一切ない。厳粛な気持ちで受け止めないといけない」。うっすら涙を浮かべ、真剣な表情で判決の感想を述べ、「死刑について考え、悩んだ13年間だった」と振り返った。
 犯行時少年の死刑判決は例が少ないが、一貫して極刑を求め続けた。会見では「彼が犯したことは許されることではない。死の恐怖を通して罪の重さをかみしめてほしい」と強く訴えた。弥生さんと夕夏ちゃんには、21日に墓前で報告する。
 事件直後は、家族を守れなかった自分を責め、自殺も考えた。「時間は最良の相談相手だった」。怒りの気持ちも年月とともに収まり、冷静に考えられるようになった。
 刑事裁判の在り方にも一石を投じた。「全国犯罪被害者の会」の幹事として、被害者の権利拡充に奔走。犯罪被害者等基本法の制定、被害者参加制度の導入などを実現した。「達成できたことが何よりうれしい」と語った。
 2009年に再婚した。2人の命日には毎年、夫婦で墓前で手を合わせているという。今後については、「支えてくれた人に感謝して生きていきたい」と話した。 


遺族の本村さん
事件当時は22歳
人間って年齢ではないのだな

国民の殆どがそう思ったはず
人間が出来ている
そう表現するしかないくらい
立派な人だ
人格者とは、まさのこの本村氏のような人を言う

人権屋たちが
「被告の少年には更生してもらいたと思うでしょう?」と言って、

被害者が少年でも、
その被害者の将来も人生も何もかもを奪ったをリンチ殺人事件で
犯人が少年なら、犯人の更生の方が大事、被害者の人生より犯人の人生の方が大事と擁護する

僅か一歳の赤ん坊の命も奪っても
犯人が少年なら、赤ん坊の成長より、犯人のこれからの成長が大事、これからの人生が大事と擁護する

そんな事など決して許されるわけが無いと
被害者遺族が
「死刑でなければ、自分がこの手で犯人を殺しに行く」と言えば

「民事裁判があるじゃないか!人殺しの死刑に加担する必要はない」と攻撃してくる

殺人の代償は、金で解決できる話ではないのだということがわからない人権屋
そうやって被害者の命を平気で踏みつけているから、
命を金で解決しようと考えるのだ
それは明らかに命を「物」とみている証拠

ましてや、その金は殆ど払われない「判決上の」もの
支払い能力が無い犯人からは、懲罰的な意味で絞り取ろうにも無理
懲罰にさえならないのが現実だ

若かった本村氏が、13年間かけて苦悩の中、道を踏み外さず
早まった事もせず、自暴自棄にもならず、時間をかけ冷静沈着に行動をし
被害者遺族救済の実績に一役買い、死刑というものを深く考えた上での、
「自分の手で殺しに行く」といった事件後間もない頃から変わらず、
一貫しての極刑を求めていた姿からも
この死刑制度が何故必要なのかがハッキリ見てとれる

判決に対して
「大変満足しているが、喜びの感情は一切ない。厳粛な気持ちで受け止めないといけない」と本村氏の切ないまでも何とも理知的で明瞭簡潔で冷静なコメントだ


理屈が通用しないと感情論だけで言い訳をするのが人権屋
「犯人が死刑になって嬉しいんですか?
 死刑では何にも解決などしない
あなたの魂が救われることはない」というのが人権屋の常套句だが

『嬉しい感情など無い
死刑判決は仇討の法的代行という社会的、且つ、人道的な解決方法であり、
それによって、被害者の遺族たちの魂が救われるのだ』


本村氏の13年間は、死刑制度の必要性について
こうもハッキリと答えを出してくれたのだ

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/1261-4afdaa10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード