Entries

皇室の行方~愛子の電車

学習院大学の最寄り駅であるJR目白駅。6月1日の正午過ぎ、慣れた手つきでSuicaをピッとタッチされ、愛子さま(10才)が改札を通られていく。そこには雅子さまのお姿はなく、仲良しのお友達3人と一緒だった。

お友達のひとりが改札を通過しようとすると、どうしたわけかゲートが開かず閉じたままだった。
このハプニングに、愛子さまは小走りで駅の事務所に向かわれ、落ち着いた様子で駅員に事情を説明されていた。

愛子さまの迅速な行動により、数分でトラブルは解決。その後、愛子さまは山手線に乗ると、扉付近に立って、お友達と談笑されていた。駅で人が乗り降りする際には、邪魔にならないように端によけられるなど、
電車での移動もすっかり慣れたご様子だった。

そして、目白駅から4つ目の代々木駅で下車された愛子さまは、電車のドアが閉まるまでホームに立たれ、手を振りながらお友達を見送られた。

この日は、学習院創立百周年記念会館で「芸術鑑賞会」が行われ、愛子さまはクラスメートと落語や曲芸を楽しまれたのだが、冒頭のシーンは、その帰路のことだった。宮内庁関係者を次のように話す。

「昨年の『芸術鑑賞会』での愛子さまは元気がなく、雅子さまが付き添われましたが、今年はおひとりで元気に参加されていました。しかも、駅で起こったトラブルに自ら対処なさったと聞いて、“ひと回り大きく成長された”という思いを強くいたしました」

5年生に進級されてから、電車を利用される機会が増えている愛子さま。
この前日にも、新宿区にある学習院女子大学まで電車で行かれ、英会話セミナーを受講されている。
http://www.news-postseven.com/archives/20120610_115761.html



何時も愛子架空ネタは物語調な書き方


問題は
愛子の症状がどれほど深刻か?って事

規則性の無い乱れた生活環境で、
誰からも躾をされず、
専門家が療育訓練しても両親がぶち壊す中

ただでさえ
環境の変化に対応出来ない上、
我が通らない事にも耐えられない愛子が

我慢する
待つ

という

犬でも「お座り」で最初に訓練される事が
愛子には真逆の訓練
「何でも好きな時に好きな事をさせる」
をやってる


徳仁は、思いもよらない突発的な問題や
自分には難解な問題に接すると
その場から逃亡すると言われている

所謂「アトヨロ」状態

大学生時代に
御所にご学友を招待してのパーティーを開いた時
参加者の1人が急に体調を崩す事態が発生
そこに居た皇太子は、その突然の状況に耐えられず
その場から逃げだした
というエピがあるそうな

その場に他の学友もいるし、側近も職員も居た
御所には、待機している医師団もいるし
他にも大勢の職員もいるし、徳仁自身がパニックを起こすようなことは何一つないのにだ

責任感が無いのもあるのだが

突発的な状況に耐えられないのだ
明らかに、徳仁の中でパニックを起こしたのだろう

これが雅子の場合は、手がつけられなくなる、人前に出せなくなると言う
ヒステリーと暴力という形だったり、
相手に対する嫌がらせなど攻撃的な症状が出て、
愛子の場合は、泣き喚いて暴れたり、奇声をあげて走りだすのだろう

障害の度合いから言えば
愛子が一番重度だが
攻撃性をむき出しにするのは雅子
あのガタイでね

徳仁は攻撃性より逃避型
その場から逃げだす
皇族の大事な会議からも
自身の責任が問われるような事態に接すると
「アトヨロ」で帰ってしまう
雅子が暴れたら、千代田に逃げる
友人が倒れたら、その場から逃げる

そう

徳仁が
愛子がしたいと言う事を
職員に指図してやらせている
甘やかしという忠告を聞かずに

・・・というのは

愛子が、自分の我が通らないと癇癪を起したり
パニック状態になる事から「逃げている」のだ

そういう状態になるから、
そうならない様に、何でも愛子の我を通してやっている

愛子の為にならないと忠告されても
自分が一番大事な自己中な徳仁には
愛子の癇癪やパニックが耐えられない
そうなったらどうしていいかわからない恐怖がある
だから、そこから逃げるのは
愛子をそうならないように、事前に言う事を全て叶えてやる

という事だろう

そうやって
特別な配慮がいるメンタリティが極度に弱い愛子が
益々、メンタリティが弱くなり、より一層の特別な配慮が必要になるという悪循環

愛子の膝のサポーターは
暴れた時か
パニック起こした時の怪我だろうか・・・

愛子の影の薄さ
これはメンタリティの弱さかも
どんどん薄くなっている

嘘八百でご優秀物語を作り上げても

徳仁の愛子の対する回避ぶりを知れば知る程
愛子が、いつかトンデモ無い事になるだろうと思えてならない
シャンプー的翻訳

言語形態
「tohgu語」⇒「日本語」


学習院大学の最寄り駅であるJR目白駅。6月1日の正午過ぎ、「はにかんだ」手つきでSuicaをピッとタッチされたのかもしれないが、愛子さま(10才)が改札を通ろうとしたところで事件発生そこには雅子さまのお姿はなく (←ロンドン五輪直前ですよという注釈の意味)愛子専属友達係(郊外要員兼務)の3人と一緒だった。

愛子さまが改札を通過しようとすると、どうしたわけかゲートが開かず閉じたままだった。
このどうってことないハプニングに、愛子さまは奇声をあげて騒ぎだしたので、慌てたSP総勢約20名が駅の事務所に愛子さまを取り囲むように運びこみ、落ち着いた様子がみられるまでここにいさせてくれと駅員に事情を説明されていた。

SPの迅速な行動により、数分で一時騒然となりかけた改札付近の混乱は解決。その後、愛子さまは山手線に乗ると、SPが扉付近に立って、愛子さまが突然降りたりしないようお友達係にも協力を要請していた。駅で人が乗り降りする際には、大勢のSPが邪魔にならないように端によけるものだが、電車での移動の度、車内がSPにすっかり占領されたご様子だった。

そして、目白駅から4つ目の代々木駅で勝手に下車された愛子さまは、SPに取り囲まれる形で外部から遮断される中、電車のドアが閉まるまでホームに立たれ、手を振り回しながらSPと歩いて帰られた。

この日は、学習院創立百周年記念会館で「芸術鑑賞会」が行われ、愛子さまはお友達係(郊外用員兼務と落語や曲芸を楽しまれたのだが、冒頭のシーンは、その帰路のことだった。元養育係の1人は次のように話す。

「昨年の『芸術鑑賞会』での愛子さま、雅子さまが付きまといましたが、今年はSP20人超の雅子様抜きで参加されていました。しかも、駅で起こった些細なトラブルに自ら大騒ぎなさったと聞いて、“突然の出来事に耐えきれず、より一層酷いパニックを起こした”という思いを強くいたしました」

5年生に進級されてから、大勢のSPに取り囲まれて電車を利用される機会が増えている愛子さま。この前日にも、新宿区にある学習院女子大学まで電車で行かれ、英会話セミナーを受講されたということになっている。




訳してみたが

実際はもう笑い事じゃないトンデモレベルだったとのことで
次のエントリーに続く
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/1409-73b75f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード