Entries

大津市の中2暴行殺害事件⑬

<暴力行為>男子生徒溺れさせた少年3人逮捕…宮崎県警
毎日新聞 7月20日(金)21時36分配信

 宮崎県西都市の川で私立高校2年の男子生徒が溺れて一時意識不明になった事件で、宮崎県警は20日、同じ高校に通う3年生の少年(17)▽無職少年(17)▽アルバイト少年(16)=いずれも西都市在住=の3人を暴力行為法違反(集団的暴行)などの疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、3人は共謀して8日午後2時ごろ、同市三納の板子川の高さ約5メートルの堰(せき)から男子生徒を無理やり突き落としたとしている。さらに高3の少年は約3キロ下流の三納(みのう)川で男子生徒の髪をつかみ無理やり川に入れ、無職少年は男子生徒の頭を水に沈めたり、足を引っ張ったりするなどの暴行をしたとしている。容疑を認め「遊びの度が過ぎた」などと話しているという

 県警西都署などによると、男子生徒は意識は回復したが現在も宮崎市内の病院に入院中。3人とは遊び仲間で、当時は女子2人を含む10人が同じ場所にいた。女子が携帯電話の動画撮影機能で男子生徒が溺れる様子を撮影していたという。

 男子生徒の母親が「いじめられて溺れたのではないか」と同署に相談し、11日に被害届を出した。同署はこの撮影記録の任意提出を受け傷害容疑を念頭に調べていたが「外傷がなく、医師の診断結果では傷害容疑が認定できない」として暴力行為法を適用し、一緒にいた他の6人は容疑に関係ないと判断した。いじめがあったかどうかも調べている。男子生徒は「怖かった」と話しているという
 男子生徒と逮捕された少年の2人が通う私立高校の校長は20日、宮崎市内の同校で取材に応じ「どちらも生徒なので、残念な結果だ。いじめは学校内ではなかったと聞いている」と話した。教頭は「悪ふざけの延長と受け止めていたので大変驚いている」と語った。【中村清雅、百武信幸】



【暴力行為法とは?】

集団による暴力行為,常習的暴力行為等を重く処罰しようとする法律(1926年)。刑法を補うために制定。集団的暴行・脅迫・器物損壊をなした者は3年以下の懲役または30万円以下の罰金,銃砲・刀剣類を用いて人を傷害した者は1年以上15年(2004年改正前は10年)以下の懲役,常習として傷害・暴行・脅迫・器物損壊をなした者の刑の加重,財産上の不法利益を得る目的で面会強請・強談威迫をなした者は1年以下の懲役または10万円以下の罰金,集団的に殺人・傷害・器物損壊等を犯させる目的で財産上の利益を供与した者等は6月以下の懲役または10万円以下の罰金等を規定。【百科事典マイペディアの解説】より


安っ

罰金が罰にならん程の安さ
マックのコーヒーで火傷した老女の訴訟で80億というのからみれば
集団つまりリンチで死ぬ程の暴行、脅迫、器物破損が10万以下とか30万以下とか
タダ同然というのがね、どうにもね

これ元々は大正時代に発布された法律
明治大正となって、庶民の社会運動家、共産主義者等が暗躍し始めた時代
江戸時代までは、打首等の拷問や極刑が領主の判断で即座に行われたけど
社会が民主化になり、領主やお殿様が居なくなって
民衆が社会運動を行えるようになった背景が有っての法律化なんだろうね

さて

赤字三番目の教頭談

「悪ふざけの延長」

【悪ふざけ】
人に迷惑をかけるほど度を越してふざけること

【ふざ・ける】
1 おどけたり冗談を言ったりする。「―・けて怒ったふりをする」
2 子供などがたわむれて騒ぐ。「子犬が―・けて跳ね回る」
3 男女がたわむれる。いちゃつく。「人前もはばからず―・ける」
4 ばかにする。「―・けたことを言うな」


つまり、
人に迷惑をかける程、度を越して

おどけ冗談を言い、戯れ騒ぎ、馬鹿にする

行為だと教頭はいう

5mの堰から突き落とし
髪を掴んで無理やり川に入れ
頭を水に沈め
川の中で足を引っ張り
溺れさせたその姿を笑い動画に収め
意識不明の重体にさせる

行為を

教育現場の幹部である教頭は「悪ふざけの延長」だという
世間一般では、誰が見ても「暴行」の延長にある「殺人未遂」だ

この違いはなんだ?

どこが「ふざけ」なんだよ?と
冗談でも
戯れでも
おどけでも
馬鹿にしているだけでもない

殺人未遂だ


いじめの次は、悪ふざけかよと

言葉のスライドじゃないか

教頭は「何に対して、何を驚いた」というのか?

悪ふざけの延長にしか過ぎない行為に対して、
一時的にせよ意識不明の重体になった事を驚いた

と言っていると解釈出来るが、

これら殺人未遂の暴行を
「悪ふざけ」としか捉えない神経なら、
例え、溺れかけている姿を見ていたとしても
皇子山中の担任森山と全く同じ反応

「悪ふざけしてんなーw」

で終わって、助けたりやめさせたり通報したりなんて絶対しないだろう

結果、意識不明の重体になって

「え?意識不明になったって?マジ?見てたけど、悪ふざけだったし、勝手に意識不明って凄ス」

そういうことだろうな
教頭になる資格試験には
危険行為を列挙して、どれが危険行為に該当するか、
また、どのような危険、または最悪の事態はどういう状態かを記述式で具体的書かせるべきだな

更に、映像を見せて、どれがどの危険行為かも答えさせないとわからんだろうな

落ちまくる教師続出だったりして・・・

一方、加害者側は、遊びの度が過ぎたと認識しているが

★どんな高さからでも「突き落とし行為」
★川だろうと海だろうと何処だろうと「髪を掴んで無理やりな行為」
★呼吸器である頭を無理矢理「水に沈める行為」
★「溺れる可能性のある場所で足を引っ張る行為」

全てが危険行為である「遊び」とは
正に「他者の生命の危険を楽しんでいる」行為に他ならない

つまり
「他者の生命を危険に曝して楽しんでいたが、
意識不明の重体になった事で、死の可能性が上がり、
ギリギリ死の直前までの危険を楽しむ遊びの度を超えたと認識した」
と言ってるワケだ

加害者側の認識する「遊び」とは何か?

【遊び】
好きな事をして楽しむ。相手をもてあそぶ。からかう。

【もてあそぶ】
1 手に持って遊ぶ。手であれこれいじる。
2 心の慰みとして愛する。賞翫(しょうがん)する。
3 好き勝手に扱う。楽しむかのように、思いのままに操る。
4 人を慰みものにする。なぶる。「他人の気持ちを―・ぶ」。


これらの言葉を分析してみると

加害者等は、

他人の生命を

『好き勝手に扱い、なぶり、慰みものにし、思いのまま操り楽しんだ』

が、意識不明の重体になり本当に死にそうになった事で、

『好き勝手に扱い、なぶり、慰みものにし、思いのまま操り楽しんだ』行為が
度を超えた事になった

と言ってるわけ

つまり
元々が、相手の生命をなぶりものして楽しむ行為であり、
相手が意識不明の重体にでもならなければ、楽しんだ行為で済まされたという認識でしか無いということ

また、教頭は

「ただ相手の生命を弄んだだけなのに、意識不明の重体になるとは想像を超えた結果に驚いた」

と言ってるワケだ

言葉の認識を改めて分析してみると
そもそもの行為が
邪気が有ろうとなかろうと

「相手の生命を弄ぶ」

という行為なのだから、
遊びだろうと悪ふざけだろうと
やっちゃいかんだろ

それを
言葉巧みに
「悪ふざけ」「遊び」と
そもそもの行為に不当性を誤魔化し言い換えているだけだ


人としてやってはいけない行為そのものだったから、
「他人の生命を弄んだ」と行為そのものを表現すれば
どんな言い訳も通用しないと誰もが分かるだろう


今後は、
暴行
恐喝
窃盗
強要
破壊

等に加えて

いじめ

それと
度を超えた遊び
悪ふざけの延長

というのも犯罪行為に追加しなくてはなるまい

なぜなら、加害者と加害者側擁護の言い分は


「いじめるつもりがなければ、

殺すつもりでの暴行等の犯罪でも

相手が死ぬほどでも

自分等が楽しむ行為なら

罪ではない」

という
「いじめ」が人類最上級の犯罪行為で
「遊び」や「悪ふざけ」「喧嘩」は無罪放免だと思っているのだ






長女が卒業した高校に同級生と一緒に手土産にお菓子を持って訪問し
担任の先生と放課後、そのまま食事に出かけるという連絡が入った

担任の先生の携帯番号を聞いたが
10時になっても音沙汰が無い

電話をかけると
「これからデザート食べに行く」という

担任の先生だったから安心もあるけど
未成年の娘が深夜に及ぶ外出は、やはり心配だ

帰る前に電話するように言い聞かせ
終電の時間に間に合うように注意をした

11時ちょっと前に電話がきた

今、都心の駅にいる
これから帰るとの連絡

帰宅は12時近くになった
幾ら大学生でもねぇ

高校の近くの先生の行きつけのパスタ専門店で食事をごちそうになり
・3人で5時間近くずっと店で喋っていた
・有機農法の食材で取れたての野菜をさっと炒めたのをお店の人が振舞ってくれた
・未成年だからと、先生がお酒の無いお店を選んでくれた
・帰りに街中で、デザートを食べたお店は、お母さんの会社の近くの○○というビルの中にある喫茶店
・先生がご馳走して下さったので、キチンとお礼をしてきた

まぁいいでしょ
しっかしりた過去最高レベル(娘の今までの担任教師の中で私的評価)の担任の先生だったので、
安全だとは思っていた

でもね
こうやって
小娘2人が若い女の先生と3人で深夜まで食べ歩いても安全な国って
日本だけだろうな



つくづく思うわ
いつもだけど

私も花金だのなんだのと
独身OL時代はOL同士で会社帰りに飲み食べ歩いていた
大阪にいた同僚は
大阪の南の方では、危険だから女の子だけで外出は出来なかったと聞かされたが
それでも外国の比ではないだろう
パリやミュンヘン、ローマ等外国の街中を歩いた事が有ったが
やっぱ人通りが無い小道は避けたものの、メイン通りでも露天商の品物をかっぱらう姿を目撃した
バイク二人乗りが近づいたら歩道の奥に逃げ、友人とびったりくっついて歩いた
ひったくり対象のバックは持たず、ベルとポーチに財布を入れた
日本でここまで警戒をして歩く人はいないだろう

娘には
途中でも必ず家に電話を入れないと言い聞かせた

「気にはしてたけど、ついついお喋りに夢中で、時計を見る事が無かった」という

だけど、トイレに立つでしょ?
そう言う時に、一度電話をするものなの
幾ら先生と一緒だって
その後の経過は分からないでしょ?
5時から出かけて、もしかしたら7時に分かれてたら、
10時になっても帰って来ないのはオカシイし、そのまま事故にあってるかもしれないと心配になる
2~3時間に一度はトイレに立つだろうから、その度に、電話を入れれば、何をしてるかが分かって安心するでしょ?と
それはね、あなたが結婚してからも同じ
家族にも家族に対するマナーやルールが有るの
それが、心配をかけないという約束事
家族に何処で何をしているのか所在を知らせる事
特別な事が無ければ門限を守る事
それが、家族と言う社会生活のルールだから



自分だけが分かっていても
自分だけが大丈夫と思っていても
言葉で家族にしっかりと伝える事が
家族間の信頼になり、安全な家庭が作られるわけだからねと

そして
これが安全大国日本でしか通用しない事も

その安全神話が崩れつつある日本ではあるけれど
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/1470-df9c6aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード