Entries

突っ込み何処満載のコメントだったので

回答が長くなっちゃいましたので
エントリーにアップしました
> 国家間の戦争ということは、
> 「殺さない」という自由な選択が許されなくなることです。

大間違いです
過去エントリーにも書きましたが、
国家間の戦争には様々な種類がある事
経済戦争
情報戦争
民族戦争
領有権戦争
様々ある内の一つが
武力戦争です

どの戦争をとっても、
更には、平時の日常生活の中に置いても
「殺さない自由」の選択肢などと言うものは存在しません。
なぜなら、物事には、その相反するものが存在してこそ、そのものの存在が成り立つからです
甘味があるのは、辛味があるからで
善があるのは、悪があるからであり
時間の存在は、物質があってこそなのであって
その逆もまたしかり
そのどちらがしか無い場合は、相反するものの存在も無くなるのです

それと同じように、
殺さない自由と言うものがあるとしたら、殺す自由も有ると言う事
殺されない自由などというものもあるのなら、殺される自由もあるということになります。
「殺す殺さない」と「殺される、殺されない」いう「他人の命を操る自由」がある人や国があるとすれば、
それは、民族虐殺や粛清等を行ってきた独裁国家の中国共産党や、北朝鮮の金将軍の独裁者しかいません。
あの東京裁判も、戦勝国による一方的な事後法で、敗戦国に戦犯を作り上げ「殺す殺さない」の自由な選択肢を戦勝国の都合だけで決めたのです。


また、「殺される殺されない自由」という摩訶不思議な言葉、最もそれに近いのは、「自殺」でしょう。
これも、自分に「殺される殺されない」自由を選択するのなら、自分を「殺す殺さない」選択肢をもつ自殺であるということになるのです。

つまり、あなたの言う「殺さない自由の選択肢」を持ち得る者は、たった一人や一部の独裁者であり、今の中国、北朝鮮等がその状態なのです。
そして、「殺されない自由」などという自殺を「自由」な選択肢と認めるということは、生きることを目的にこの世に生を受けた万物の摂理に大きく反する行為である「悪」なのです。

また、それら無秩序な悪行を、国民全員、地球上の全人類が出来るとしたら、どこの法が保障するのでしょうか?
すべての人間が王様と同じ振る舞いが出来ると言ってるのと同じで、有り得ないことなのです。

原始時代でさえ、そんな秩序も摂理も無視した「自由な選択肢」などなかったのです。
生きるために獲物を殺し食していたのであり、それも生命の秩序である食物連鎖が保たれていたから地上で繁栄できたのです。

そもそも、自由というものの根本的な概念自体間違っています

自由とは、秩序と摂理の中でのみ存在し、保障されるのですから、生の営みを無視した無秩序である自殺の自由などないのです。

> 目の前にいる生身の人間を貴女はなんの魂の痛みもなく、素手で殺せますか?

通州虐殺事件での強姦され陰部にほうきを刺された女性の遺体、テーブルの上に並べられていた喫茶店の女子店員の生首、斬首後死姦された女性の遺体、腹から腸を取り出された遺体、針金で鼻輪を通された子供など、日本人の平均的倫理観から見て尋常ならざる殺害状況などもそうですし、中国船が海上保安庁の船に体当たりし、衝撃で海に落ちた日本の乗組員を槍で溺れ死なそうとしたり、支那人は何の魂の痛みもなく素手でも出来るようです。
こういった行為は、国際法ルールのある国家間の武力戦争ではありません。

国家間の武力戦争と無秩序な殺人テロ・ゲリラと取り違えているようですね
あなたは、ターミネーター等のアクション戦闘映画の見過ぎでしょう

> ボタンひとつで一瞬にして命が奪えるのならば、心は痛みませんか?

武力戦争の事を言ってるのであれば、中国がイカ釣り漁船を装って、ロケットランチャーを日本の海上保安の船に向けて発砲して破壊したり、キム息子が弾道ミサイルを発射した時も、共産党員にもキムにも心の痛みは無いでしょうし、日本に二発も原爆を投下したトルーマンにも心の痛みは無かったのかもしれませんが、これも国家間の武力戦争から逸脱した、非戦闘員の市民を狙った民族虐殺行為であり裁かれるものなのです。

> わかりませんか?
> 人は誰しも「他人を殺さない自由」と「他人に殺されない自由」が保障されるべきです。
> だから法があるのです。

そんな自由を持ち得るのは独裁国家の独裁者と
自分で自分を殺す自殺の事なのです。
それを保障する法など、最早、社会秩序の為の法ではありません

> 貴女が目の前にいる善良な人間を何の痛みもなく殺せるならば、なんとでも仰ればよいでしょう。

それをそっくりと、拉致した人を殴り殺した朝鮮人達に言ってみたらどうでしょうか?
彼らは実際に何の落ち度もない日本人を拉致してその場で殺してますし、それを煽るのはキムジョンイルでしたから、よくわかるのではないでしょうか?
私は善良な人間も悪人も殺したことがありませんし、そもそも善良な人を殺す動機も悪人を殺す動機もどんなものか分かりませんので、当然、それらの時の心の痛みの違いがあるとか無いとか、それは経験的にもわかりません。

光市母子殺害事件の遺族の本居氏は、犯人を死刑判決まで持って行けたことで使命を果たしたと言いながらも、その半面、それに対し心の痛みの責任はあり、生涯それを背負うと答えていた通り、これが常識的な心理を持ち得た日本人らしい反応であると私は思います。
あなた自身の文面からは、善良な人と善良で無い人に対してでは心の痛みのあり様が違っているようですね。

また、チベットの僧侶をヒマラヤで撃ち殺したのもシナ人です。彼らが心痛みも良心の呵責もなく殺したようにしか見えませんが、中国政府は正当化していたはずですから、やはり善良な人を殺す心境というものは、朝鮮人、支那人の方が経験過多のようですので、そちらに聞いた方が参考になるのではないでしょうか?

> しかし貴女が徴兵制云々等と語る時、貴女の頭の中で出征していくのは、貴女の家族や愛する大切な人の姿ですか?

自衛隊に限らず、特殊部隊の隊員等が銃を発砲する犯人に向かっていく姿は、まさに、究極の他人の命を救出する為に自分の命をかけた立派な姿であると実感してやみません。
栗林中将は、自分達が負けると分かっていても闘うのは、本国の家族ら日本人が、一日でも長く生き延びる為だと言ったその言葉に、自分以外の、また自分の家族だけでなく、赤の他人であっても祖国の日本人達の命を大事にする尊い事なのです。



> 自分の痛みに関係ない、よその誰か、他人の夫や他人の息子の姿、あるいはゲームのコマのような感覚しかないのではありませんか?

それこそ、自分にとって大切な人だけが助かればいい、自分の大切な人が自分の家族だけを守ればいいという、自己中心な考えです。
特攻隊員の手紙を読めば、彼らの崇高な精神が伝わるのですが、自己中な左翼にはその崇高さが理解出来ず、命乞いをしているかのような哀れな内容にしか思えないようで、英霊たちに非常に失礼です。

おそらく、あなた自身、自衛隊員の中で生活した事が無いのでしょう
平時でも、演習で怪我をする隊員もいます
隊員の家族は、夫や父親を誇りに思っています
過去エントリーでも書いた通り、左翼中学教師が自衛隊員そのものを否定した発言をした時に、生徒の一人が反論しました。
「人の命を助けている仕事だ」と

> 戦争を観念の玩具として語るなということです。

まさに、左翼が第二次世界大戦後、いまだに延々と続ける戦争利用そのものですね。

> ちなみに、英霊と呼ばれる御霊たちは、靖国神社などには眠っておりません。
> 国家元首が靖国に詣でたところで、天界から降りる御霊もありません。
> 若くして命を落とした者たちは、皆最後の最後は、天皇陛下万歳ではなく、「お母さん」と叫んで死んでいったのです。
> 時を経て、それぞれの本当のふるさとに帰還するのみ。
> 魂の有り様に応じたそれぞれのふるさとに。
> しかしそれは靖国神社などではない。
> 国家間の戦争ということは、
> 「殺さない」という自由な選択が許されなくなることです。

殺さないも殺されないも、それらの自由な選択肢が自分にあると思い込む、他者の存在感ゼロの発想。所謂、福島みずほや辻清美など帰化左翼の常套句、根底にあるのは、全て、自分中心で考える稚拙な自己中発想なのです。

英霊たちは、帰還するのみではありません
そんな自分勝手な怠け者ではありません
より崇高な働きに勤しみ、今の日本を守り、日本人達を正しい道に導かんと日夜働いているのです
震災のどさくさに日本を売ろうとした売国奴達の思い通りにはいかず、人民解放軍を乗せた中国船は、新潟港に入る事が出来なかったのも、英霊たちが日本海側で自分達の砦を築いて日本上陸を阻止したと言われているくらいです。

> 人は誰しも「他人を殺さない自由」と「他人に殺されない自由」が保障されるべきです。
> だから法があるのです。

それが左翼が忌み嫌っているはずのアメリカが即席で作った憲法第9条ですね
だけど、それを掲げる日本以外、どこの国がその法に従うのでしょうか?
日本が日本だけで守ると言ってるだけで、国際法にも従わない他国が従うはずないのですから、ただの脳内お花畑論でしかありません。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/1683-c7b97a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード