Entries

五体不満足で世の中を渡れるわけ

予約時に車いすだと伝えていなかったのを理由に入店拒否されたと、乙武洋匡さんがイタリア料理店の名前をツイッターで公開したことが騒動となった問題は、当事者間のやりとりは終結したものの、車いすをめぐる議論が収まらない。
さらに、乙武さんが登壇予定の講演会について、「車いすで来場する場合は連絡くださいという」という説明書きがあることが判明し、ネットでは「乙武氏が入店拒否だと騒いだことと整合性がとれないのでは」
「結局、批判が自分に戻ってくるブーメラン」などの批判的な声があがっている。

この騒動は2013年5月18日、乙武さんが訪れた東京・銀座のイタリア料理店について、「車いすだからと入店拒否された。『車いすなら、事前に言っておくのが常識だ』『ほかのお客様の迷惑になる』―こんな経験は初めてだ」とツイートしたのがきっかけだ。
店は雑居ビルの2階にある「隠れ家」的なレストランで、エレベーターがないため店に入るには階段を使う必要がある。
乙武さんは従業員に「下まで降りてきて抱えてほしい」と頼んだが、「忙しいから無理」「これがうちのスタイルなんでね」と入店を拒否されたとしている。
「相手を小馬鹿にしたような態度」をとったという店主が「予約の時点で車いすって言っとくのが常識じゃないですか?」と話すのに対して、「じゃあ、それが本当に常識なのか、広く世に問うてみましょうよ」と乙武さんが腹を立て、事の顛末をツイッターに書き込んだという流れだ。

その際に、店名を公開したことから、イタリア料理店のサイトや店主ツイッターが炎上し、店側は謝罪した。
一方、「店名公表はやりすぎでは」という意見があり、乙武さんもブログで謝罪した。

ソース ジェイキャストニュース


この騒動で、「アグネス論争」を思い出した

アグネス陳美麗が幼児だった我が子を連れ、遠い遠い車で何時間も行くような所の
郊外の・・・というか他県のレストランに家族で出かけ
「幼児の入店お断り」されて逆切れしたエピがある

如何に自分等は楽しみにしてやってきたか(←但し、予約無し&事前確認無し)
如何に自分等は遠くから来たか
如何に自分の子は大人しいから無問題か
如何に自分等がここで楽しむ権利が有るか、その権利を奪う者は非道だ言わんばかりに

これらを延々主張するも、

「小さなお子様連れは、他のお客様に迷惑なのでご遠慮ください」


丁重にお断りされたアグネス陳美麗が、逆切れ公報道をかました

この他にも様々なアグネスの自分勝手な行動に対し
曽野綾子が

「あなたはそれでいいかもしれないが、私たち大人はそれでは困る」

と一刀両断

入店を拒否され、自身がぶち切れた事を公にした行為について
乙武氏もアグネスも
自分が有名人である事を利用して公表した点は同じかも

また
事前に、「車いすの入店は可能か」の確認を「しようとすら思っていなかった」と思われる氏と
事前に、「幼児連れの入店が可能か」の確認を「しようとすら思っていなかった」アグネス陳美麗


店主と氏の、言った言わないのやりとりは、現場を知らない他人には分かりようも無い事だが


「じゃあ、それが本当に常識なのか、広く世に問うてみましょうよ」という発言から

事の経緯は、氏の書込み通りなのだろうと思えるわけで

氏の常識が、この件について
アグネス陳美麗と被っていた衝撃

車いすでしか移動できない@重度な肢体不自由者の氏が、
一般社会の中で、如何に自身が特殊な状態でいる「社会の少数」でいるかという自覚と
その特殊な状態に対して、周囲からどれほどの手助けを受けて今が有るかと言うを
何処かで忘れてしまっているのではないか

「下まで降りてきて抱えてくれませんか?」

この言葉を発するのは、

乙武氏のここで料理を連れ合いと一緒に食べたいと言う欲求と
店の構造から階段で上がるしかない状態を比べた時

この言葉を発する事態を、乙武氏はどのように考えたのだろう?

自分の身体的欠陥の補助を、他人に求めなければならない状態でいる場合
その求められる他人の都合や状態を言うのは、乙武氏はどこまで考えたのだろう?

氏が「抱えて」上まで連れて行って貰ったら、
帰る時も、「抱えて」下まで連れて行って貰わなければならなくなる
店が忙しく、手が足りなくともそうしなければならなくなる事態になるわけで
乙武氏が、同伴者に乙武氏を抱えてくれるだけの力のある人を伴っていれば
何も問題は無かったかもしれない、今回の件

乙武氏の要求が、乙武氏特有のものであり
それを、事前連絡なしに行き当たりばったりに入店し様として
自身の要求が通らない事で入店を拒絶されたと言うのなら

店にも拒絶権はあってしかるべきだとは思う

言った言わない
若しくは
その言い方の善し悪しというのは別にしてだが

乙武氏の「下まで降りてきて抱えてほしい」と言う欲求が
一般客の要求としての範疇を越えているか否か
店側の状態において、サービスの範疇を越えているか否か

その一点に絞られるのだとしたら

乙武氏の要求の方が、その範囲を超えていたと考えても良いだろうと思う

自身が五体不満足の有名人だと言う事を考えれば
事前に連絡し、自身の身体的状態から、店内での移動可能範囲はどれくらいか
出入り口の段差はどうなのかと言う点くらい、確認しておくべきだと思う

その上で店側の了承を貰っていながらの、店側の応対が今回の様なものだったのなら
店側の理不尽さを問えると思うが、
氏の話からそうではないとなると、
自身は健常者と同等に行動する権利が有り、他人はその為の介助をやる義務があると言わんばかりの
乙武氏の常識は世間の非常識といっても過言ではない

知性溢れる障害者歴30年以上の氏が、このような騒動を巻き起こす事は、聊か心外である

障害者が、何不自由なく一般健常者と同じように扱ってもらうには、その欠陥部分を補う
大勢の人の「善意の手助け」が有っての事だと言う事を
もしかして、氏は有名になるにつれ、何時しか忘れていたのかな?という気持ちになる

何か残念な出来事に感じてならない






関連記事

コメント

[C1501] パレスホテルで

同僚達とパレスホテルの1階のガーデンテラス(皇居のお堀で泳ぐ白鳥をみながら)で素敵なランチをしたときのこと、
同僚A「あー。働かなくて、こういう素敵な場所で、まったりしていたいなあ」と言うと、
「お堀の向こうに1人いるよ」と同僚B。
一瞬、皆何のことかわからなかったけど、すぐ分かり皆爆笑した。
  • 2013-06-09 06:10
  • OL
  • URL
  • 編集

[C1499]

だったら?やるでしょう~
って、店のオーナーに聞いてみないと・・・仮定の話じゃありませんか?

個人の店で、人手が足りない時、他の客を待たせて・・・特別待遇 は、むつかしい、と思うのは常識
経営者の立場も考えれば。

私なんか、アポなしで、満席だから、と断れても、文句は言わない。たとえなじみの店でも、そんなこと何回もある。
  • 2013-06-08 10:43
  • 紫陽花
  • URL
  • 編集

[C1497]

渡辺謙が骨折してて、店まで上がるのに肩かしてくんない?って頼んだら手伝ったんじゃない?この店に限らずだけど。
残念だけど乙武さんだから断られた、めんどくさい、なんでそこまで?って思われただけの話。
ビートたけしだったら?
やるでしょ〜。

  • 2013-06-07 18:38
  • れいママ
  • URL
  • 編集

[C1487] Re: タイトルなし

> 私は日本に住んでいないので今回の乙武さんの騒動はあれれ、なんですが
> 2chの書き込みでは「(盲導)犬が入ったレストランなんかで飯は食えねー」とか「障碍者は面倒だから家から出るな」というのも目にして非常に驚いています。
> 乙武さんのやったことは許されることではありませんが障碍者が住みづらい日本というのも本当です。
> 自分が障害を持っていたらどうだったろうと考えることができる騒動でしたね。

どちらにお住まいか存じませんが
日本が、障害者にとって住みづらい国なら、
世界中何処にも障害者が住めるような国は無いでしょう

公共施設のみならず、公共乗り物はバリアフリー化
新築マンションはこの十年以上、バリアフリー設計ものばかり
公営住宅も新築は車いすを玄関に置けるスペースがあったり、
バスルームも高齢者や障害者用に設計されており
それも超格安家賃で、入居も優先的にして貰える
税金の面では控除も有り、公共の乗り物は盲導犬可
横断歩道には障害者用ボタンもあり、
バリアフリー化されていない旧型電車は、事前に連絡したら職員が数人で、
車いすの障害者を乗せる為に手伝ってくれる
義務教育の間は、希望すれば健常児クラスにも入れる
養護学校も施設が充実、専門の教員も不足する事無く配置されている
障害者用の催しや各種イベントも毎月のように様々な所で催されている
スーパーはペットの連れ込みは不可だが、盲導犬は可だったり
色んなお店のレジに、盲導犬の募金箱が設置されている
公立の小学校のなかよし学級の衛生的で立派なことといったら、私等の時代とは雲泥の差
私立の娘の学校は、エレベーターやスロープ、専用トイレ完備で障害者受入れ体制ばっちり

ある一定規模の職場では、障害者を何%かの割合で雇用する義務付けがあり
障害者だって、自分の意思で学校に通う事も出来るし、職場に通いお給料をもらえる
ボランティアを募れば、必ず人が集まり、障害者介助の催し物が開かれる
娘の学校にはボランティア部があり、隔週で障害者施設の手伝いに行っている

学校教育現場でも、地域でも、職場でも、色んな受け入れ態勢や支援が行われている

欧州のどこぞの破綻国の様な福祉大国なんて銘打った国では無いのに
これだけ恵まれた環境を作りだすのは
日本に経済力と
人道的な人としての優しさがあるからだと

欧米のように、福祉の名を借り、障害者を抹殺してきた国とはエライ違いだと思いますよ






  • 2013-06-04 20:44
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C1486]

私は日本に住んでいないので今回の乙武さんの騒動はあれれ、なんですが
2chの書き込みでは「(盲導)犬が入ったレストランなんかで飯は食えねー」とか「障碍者は面倒だから家から出るな」というのも目にして非常に驚いています。
乙武さんのやったことは許されることではありませんが障碍者が住みづらい日本というのも本当です。
自分が障害を持っていたらどうだったろうと考えることができる騒動でしたね。
  • 2013-06-04 20:05
  • なごや
  • URL
  • 編集

[C1483] Re: 齟齬

> 五体不満足ながらこのように考え、このように生きてきた・・・。それが「売り」の作家さんであったはずですが・・・。そのことによって利益を得た人間がやってはいけないことが今回の騒動の根幹かと思います。


「こんな経験初めて」と乙武氏いうこれが怒りの全てだったんでしょう

 障害によって「拒否」されない、特別な生活環境にいた人だったということがハッキリした騒動でした

 小学生時代から、遠足では皆に担いで貰った人は、
 まだ子供である同級生にここまでして貰う事を感動的な本にまでしたのだが、
 大人になると当たり前と捉えるようになってしまった

 抱えて階段を上る危険を負う事やその労力と手間は
 相手から申し出ることであって
 乙武氏の方から、要求する事ではない「特別な対応」だということ

 日々の生活の中で、他人にして貰って当たり前と思っている事が他にもきっとあるだろう

 その事に、この特別な環境で恵まれた障害者生活を送ってきた乙武氏が、何時気付くかと言う事でしょう

  • 2013-06-03 21:57
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C1482] 齟齬

五体不満足ながらこのように考え、このように生きてきた・・・。それが「売り」の作家さんであったはずですが・・・。それがある日突然「五体不満足なのにこのような扱いを受けました。店の名前は●●です。」と公表してしまったところにこの問題の「違和感」を感じている者です。いろんなご意見があるところですが、「だったら、今までのアンタの主張は何なのよ。」と感じる人がご本人の予測をはるかに超えているために叩かれているのではないでしょうか。公に主張を展開し、そのことによって利益を得た人間がやってはいけないことが今回の騒動の根幹かと思います。
  • 2013-06-03 21:40
  • 五体満足なるも・・・
  • URL
  • 編集

[C1479]

後味の悪いニュースですね。
店側としても仕事の範疇にない要求なので戸惑ったかもしれません。
レストランはお料理を美味しく食べて頂くための調理とサービスが仕事なので、正直乙竹さんの要求は期待しすぎだったかもしれません。
どんなお店かは判らないですが、ぎりぎりの人数でまわしている場合は、彼を背負い階段を登り誰かが車椅子を運び着席して頂いてそれから厨房に戻って他の方の料理やサービスを行うのは無理と判断したのかもしれないですし。また介護の専門家ではないので階段の登り降りで怪我をさせてはいけないという心配はあったかも。
乙竹さんもきっとそれくらいの親切は
してくれるだろう、というくらいの期待で行かれたと思います。
実際、そこの店に余裕があればやって差し上げてもよかったかもしれないけれど、断られた所をみると出来ないと判断したからではないでしょうか。
そこでどういうやり取りがあったかは第三者にはわかりませんが、お互いに感情的になったように見受けられます。
結局権利意識というものがくせ者で
仕事中の人の手を煩わせても入店する権利がある、とか
高飛車な言い方でも拒否する権利がある、とお互いに譲らなかったんだと推察。あくまで推察ですが、お互いに言葉を上手く使ってもう少し上手に解決出来たら良かったですね。
利用者側も事前にどの程度補助してもらえるか電話確信した方がよいですね。一階なら起きなかったトラブルでしたね。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/1912-247c17c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード