Entries

皇室の行方~美智子皇后陛下の子育て論

コメントが長くなったので、エントリーにてアップします

勿論、私が、反美智子皇后派ではない事を念頭において頂きたいのですが


生まれも育ちも庶民とは言え、高度成長期に差し掛かる直前だった当時は、
物語の中の令嬢の様であり、雲の上の様な別世界の方

しかし
才色兼備で努力家で清楚で慈悲深いお方である事は勿論承知ではあっても
経験不足のお若い時点でのお考えは
かつて浜尾さんもインタビューで明言されていましたが

やはり人の子
それは今上陛下も同じで
20代のお若い頃、所謂お勤め経験の無いお方でもあり
東宮とは言え、お若い御両親なので
身分を越えて、苦言を呈する事が有る



身分で人格や経験が決まる事ではないから
そうであって当たり前のこと
この苦言を呈する人生の先輩の意見を言える間柄
そういった信頼関係が、20代の若いご夫妻だった当時の東宮家にはあったということ

今の徳仁雅子の東宮には無い主従関係だ

そういう従者の言葉や意見も
昔は国民に届けられる事は無かった
故に当然
今迄
明治大正昭和と
その時代の皇太子妃、皇后陛下のご意見を見聞きする機会は
殆ど無かった
明治大正に至っては皆無に近いだろう
全て、次代の環境によるものである
決して妃殿下皇后陛下の性格や人となりの問題ではない事を念を押します

良子皇后陛下が御自身の意見を述べられた内容を
エレノアルーズベルトの自叙伝で読んだ事が有り
大層聡明でしっかりとご自身の意見を陛下の前で
エレノアに述べらた
質問は、女性の人権社会的地位の確立に関するものだったが
左派的質問にも、良子皇后陛下の実直さ日本人らしさ
そして、日本が、欧米的また支那・朝鮮的女性蔑視や差別の無い文化圏であることがハッキリ分かるお言葉だった

そういう事が述べる事が出来る1人の女性であり
皇后というお立場での発言が出来るお方だと
読んで強く感じた事が有った
外国人の書物から
貴重な皇后陛下のお考えを知る事が出来た


美智子皇后陛下は
良子皇后陛下より
ずっとずっと何百倍も
御自分の意見やお考えを公に語られる
それは
時代であり、メディアの発達も有り
何も、美智子皇后陛下が特別出しゃばり出目立ちたがってと言うわけでは決してない
そういう環境になったからだと言うだけの話である

それ故、
我々庶民国民が
皇后陛下のお考えを直接、知る機会が出来たと言う事になる

その環境という時代の差から
まるで
良子皇后陛下が物言わぬ夫人に見える錯覚は
あくまでの時代のメディア環境の発達等の差であると私は思う

故に、各時代の東宮妃、皇后陛下も
それぞれに自身のお考えやご意見要望もあっただろう
長い長い皇室の伝統やしきたりの添いながら
それでも、自身を失わなかったからこそ、皇后と言うお立場を全うできた
良子皇后は、確かに美智子妃に冷たかった
傍目にもその2人の空気感は、画面や文字により国民にも伝わった
だが、100%良子皇后だけが一方的に悪かったのか
長い皇統の伝統を様々な形で変えたのは、
開かれた皇室という新風を吹き込んだ美智子妃にも
その発端はあったはず

どちらかだけが悪いのではなく
新旧交代において
そこに摩擦があってしかるべき事

今では妃殿下が発言する記者会見の場も有り
直接的に国民はそのお考えやご意見を見聞きできるようになった
内容は、受け止める人間によって様々に変容する

エレノアとの会話から
良子皇后陛下の皇后としての自覚、人となり、等を察するに
決して、語らない人ではなかったと
公務は陛下の単なる同伴者に留まっては居なかったと
そう感じる事がある
それは日本人の美徳の範疇である、「静」であったのだろうと

以上、長い前置きになったが

美智子皇后陛下の妃殿下時代からの教育論について
前エントリーでも述べた様に
今上陛下のお考えも含めて
やはり

それはおかしいのでは?
それは違うのでは?

と言う事が幾つかある

そのひとつが
前エントリーで書いた

「将来の選択肢が無い徳仁は、自由に好きな事が出来るようにさせる」徳仁子育方法と
「徳仁よりは将来の選択肢がある文仁は、その選択肢を間違えないよう厳しく育てる」文仁子育方法の違い

である

ブルジョアとは言え庶民出である美智子妃
私等ド庶民から見れば

徳仁皇太子であろうと
文仁宮家当主であろうと

どっちも皇居内に住んで皇族として生きる選択肢の無い立場じゃんか

と思うわけ

基本、○○総裁とか名誉総裁なんていうのは、実権も権限も無い象徴的存在
だが、名義貸しではない、広報担当の長として様々な式典や活動をしなければならない立場にある
民間会社の会長の様なものでも大きく違うもの

それは
天皇になれば総裁なんて名誉職には就かない
皇后や宮家当主や妃殿下が行う代表的公務だ

そう言ったものが、「将来の(職業や活動)選択肢」等ではない事は、ド庶民の国民でもわかる事

公務は受け身

つまりやらなければならないものとして、粛々と行うものであり
皇族がえり好みは出来ないということ
逆に、利益享受等に関係することは、例えどれだけ公的な側面を持っていても引き受けないのも、
皇族の公平性に準じる

公益に見えても利益享受に関係する行為、例えば、五輪招致関係とかね
あれは、それに関係する一部の利権屋に利益が生じる
皇室は五輪招致に関与しない姿勢でいるのに、
うすら徳仁が都知事と竹田家の口車に乗せられて引きうけてしまった

どうよ?選択肢を間違う「将来の選択肢が無いから自由に育てられた」徳仁の姿から
その育て方に大きな間違いが有る事が分かるだろう?

選択肢が無いのは、親王は皆同じ
皇位継承順位があるのだから
徳仁の次は文仁が即位する
どこに「文仁親王に徳仁より将来の選択肢がある」事になるのか?と

結局は、即位する可能性は徳仁と同じだけある事に変わりない

天皇に即位する「スペア」である以上、文仁親王も
徳仁と同じように、将来に対して選択肢などないのである

なぜ、それが東宮家でありながら分からないのだろう?


かねてから、美智子妃時代からの教育論に疑問符が湧いていた


長男に対する期待度等から、うら若き母親であり父親である当時の東宮夫妻に
長男と二男に対する教育の仕方に、大きな差があったのは否めないだろう

SPのつけ方

まずこれ

浜尾さん
乗り物は一回だけって言う約束だったのに
徳仁がねだったからと言って
二回目を許し一緒にSPも乗ってしまうと言うのは
教育上、大きな誤りだと分かってましたか?

ゴネ得を学んでしまったのですよ、徳仁は

そのゴネ先が、自分より身分の低い庶民で有れば、
よりそのゴネが通用すると言う事も
献上品おねだりに表れています

万博会場で、気に入った同じ年頃の女児と、もう一度一緒に遊具に乗りたいと言う
トンデモ無い徳仁の我儘を聞いてやってしまいましたね
会場アナウンスを使って、誰かも分からぬ女児を探し出した側近たちの姿を見て
大の大人が特権乱用した姿を徳仁は学習してしまった

一回だけという約束を守るべきは側近の方だった
誰かもしれぬ国民に対し、皇太子の地位を利用して探し出し同乗させんとする行為

越権行為甚だしい

それらの行為を
当時の東宮夫妻が諌めたと言うエピは聞いた事が無い

表に出てきた話だけでも、徳仁が如何に、その特権で国民に対し越権行為を強いていたか
そして
その越権行為を許していた、強烈なまでの「甘やかし」

徳仁の頭は悪かったが
頭の悪さの他に
精神的生活年齢の発達おいては

その生育環境に問題が有ったと私は断言しても良いと思っている

徳仁が小学生の頃、
使ったものを途中で放り投げ出しっぱなしで、遊びに出かけてしまった時
その出しっ放しを、戻られた現今上陛下、当時の皇太子殿下がご覧になり
激怒
激しく徳仁を叱り
片付けさせたと言うエピが有った

その時の美智子妃の様子については、記述が無い

側近の対応については、厳しい陛下の躾にあうと
徳仁は側近の浜尾さんの所に来て慰めをこうたという

こう言うエピはいくつかあったが
何故か、徳仁、やってはいけないことをやめない
同じ不用意な事を繰り返す
だから、同じ叱責を何度もあびる
そして、また側近に慰めを請うの繰り返し

様々なエピを考察すると
自分で良く考えて、我慢することの必要性を学ぶ事をしてこなかった
頭の弱い徳仁のメンタリティの弱さはそこにあると
ゴネ得を学習し
我慢や教養を学習できなかった

その背景に
美智子妃の「慈愛で教育すれば必ず伝わる」というキリスト教的教育論

この慈愛が

受け手の器を見誤る楽観的思い込みこそ
慈愛が自愛になる要因

快楽を覚えた人間が、自制を後から学習することはほぼ不可能
余程本人の努力と気力と能力を要する事になる

だから、そうやって皇族達は
子供をテレビ漬けにしたり
好きな物を好き放題買い与えたりしない教育をしてきたはず

髭の殿下は2人の女王に
「国民の税金で留学するのだから、毎日自分が学んだ事をレポートにしなさい」と命じた

紀宮様は、裁縫箱一つ国民の税金だからと降嫁の際に持ち出さなかったと言われている

悠仁親王は、ダーウィンが来たを見せて貰えるが、それ以外のテレビ番組は自由に見せて貰っていないという

生まれながらの皇族ではないが
紀子妃は、ご家庭にテレビが無い環境だった為、大学生になっても芸能人等殆ど知らなかったと言う

だけど
大学生の時、徳仁は柏原芳江の事を良く知っていて
発表前の歌まで知っていた

当然、テレビをよく観ていたはずである

自制がきかず判断能力の欠落した低能力低メンタリティの人間に
快楽を覚えさせるとどうなるか

下衆な例えだが、動物学な事を言えば
猿にマスターベーションを教えると、そればっかりやってるそうな


やらなければいけない祭祀
えり好みしてはいけない公務
これらをすっ飛ばし
利権屋にピエロにされているのも分からず
自分で何一つ研究もせず、努力を積み上げる事もしないのに
即席で他人が書いた原稿に、振り仮名振って読み上げるだけの行為で
ビジネスマン気取りでふんぞり返る徳仁の姿は
正に、この猿そのものなのである

欲しい物はゴネさえすれば、
皇族の地位を振りかざし手に入れられる「快楽のマスターベーション」を覚えてしまった徳仁

側近の甘やかしの背景に

美智子妃の「将来の選択肢が無いのだから、自由に好きな事をさせて育てる」という教育論があると

それが、今の特権乱用、快楽優先の徳仁の姿にあると

「自由に」の名の元に

頭の弱い徳仁に「快楽」を教えてしまった子育て

幾ら、姿勢や立ち振る舞いを厳しく教育しても
根底に自制が無ければ、その躾はたちまち崩れる
それが、徳仁のだらしない座り方や、シッコしみズボンに表われている

自由に
好きなように

そうできるのは

それ以上の
厳しい躾と
抑制と
禁欲と
自粛と
理解力を有してからの事である

それを逆転させ
先に、
自由と
好きな事を与えてしまうと

猿にマスターべーションになってしまうと言う事

美智子妃が厳しく育てるという信念で育てた文仁親王殿下は

厳しくされているから
腕白するたびに厳しくされても耐えられるようになり
自制が育ち
好きに出来る範囲を自ずと理解出来るようになり
やれセカンドバックだサングラスだと言っても
それ自体非礼に当る場所では決してなさらず
呑み会だ男女交際だと言っても
羽目を外す事無く、しっかり伴侶を見つけてこられた

好きに育てられた徳仁は
天皇に即位する自覚が全く育たないまま
即位する為の様々な縛りごとに耐えられず
全て放り出して、勝手な事ばかりする様になった
決まりかけた生涯の伴侶の顔に家に泥を塗る様な事をしても平気で
得体のしれないチッソの孫娘を受け入れてしまった

それは許されない行為だと
天皇皇后両陛下は教える事が出来なかった

昭和帝が反対されたチッソの孫

それ以上に、雅子の素行の悪さが伝えられていたのに
両陛下は、その事を黙認してまでも
徳仁の自由な判断を優先してしまった

オカシイのは

徳仁の将来の選択肢の無さは、何時からなのかと考えたら
皇太子として生まれおちた時から、将来の選択肢は
皇位継承第一位になる皇太子である事に変わりなく無いのに
天皇になるまでは、自由に好きな事をさせてやりたいと願ったことにある
いつであろうと
昭和帝が崩御し
今上帝が崩御し(または、皇太子のまま薨去したら)即天皇になる立場になる
将来が何十年先になるとは限らない立場なのに
まるで、庶民の就職活動の時期と同じように
子ども間は親王のまま皇太子のままでいられると錯覚しているかのようだし
自分達東宮夫妻が明日にでも命を落とすような事態になった時は
摂政を置いてでも、天皇に即位する立場にあるということを
若い東宮夫妻は、お考えにはならなかったのであろう

天皇に即しなければならない「将来」があるのは
うら若き当時の皇太子(現今上帝)と徳仁と文仁
皆同じなのである

東宮だけが、皇位継承者であったわけではない事を
何故分からなかったのか
人の命の長短は、必ずしも年功序列ではないと言う事
そこをよく考えねばならなかったのに
誰も助言しなかったのか

そして、陛下御自身も皇后陛下も謝罪に出向かなければならないような事態を起こす
身勝手で浅はかな徳仁を
何時までも、「将来の選択肢が無いから、好きな事をさせて自由に育てる」としているのか
53歳児のままにさせているのは、両陛下なのかもしれない

徳仁誕生の時

当時の皇太子殿下が、まだ徳仁が赤ん坊だから、話しかけても(話の内容は)分からないだろうけど
との言葉に
美智子妃が「分かりますよ、わかります」と反論とも言える答えを出し
殿下に口答えとは何ごとか!と国民のバッシングにもなった事があったが
問題は、口答えではなく

大人になっても、話の内容が伝わらない徳仁にしてしまった事

それが、この美智子妃の回答にある
「分かってくれるはず」「伝わるはず」という慈愛の教育と対応の仕方にある

入内したばかりの雅子にもそれを、親切丁寧にやっても伝わらなかったのに
そのあと何年もやり続けていた美智子皇后陛下

ここまでくると
自分の慈愛に対する信念こそ間違いないものとする奢り
つまり
自分に対する「自愛」でしか無くなってしまったと言う事

愛も教育も躾も慈愛も何もかも

伝わらない奴がいる

脳の程度
精神の発達度
魂そのものの格の問題

そういう問題が歴然とあることを知らなさ過ぎた

長男に対して、盲目過ぎた

そう言えるまでになってしまったということなのではないか

国民に対して隠し事をしないという信念があったはずの陛下なのに
なぜ、皇室のお宝が無くなっている事に対しても
謝罪しなければならない事態が発生した時も
何も国民に対して公表しなかったのか

それは、皇室の恥と言う事ではなく
息子の立場を悪くすることへ臆病になったからではないかと

例え、徳仁が皇位を継げない状態になった事が明確になっていても
甘やかしは
消えることなく歴然と続いていた

そこが小和田に付け込まれる隙となっていることを
両陛下はお気付きなのだろうか

悠仁親王がお生まれになり
悠仁親王の「お命の危険性」が問われた時
はじめて
両陛下は、徳仁へのあまやかしが
悠仁親王の命の危険性に繋がる事をお気づきになられるのかもしれない

何としてでも即位したがっているのは、小和田にいわれているからだけではない
徳仁自身に隠ぺいや不都合が有る以上、どんなに猶予を与えても
決して譲位することは有り得ない

陛下の死を願っているのが
事も有ろうに我が息子であるということが
陛下はお気付きなのであろうか

ここまで来てしまえが
美智子皇后陛下の慈愛の教育は
徳仁の犯罪行為、国民への背信行為を幇助する事になる

私からは何も言う事は無い
と仰せになられた陛下だが

誰が犯人だと言う事は無いが
陛下の口から公表しなければならない事がある
・お宝の紛失
・お宝売買の発覚
・愛子の自閉と知的障害

その事実だけの発表でいい
事実を発表するだけで
後の真相解明は、警視庁、宮内庁、皇族会議で行い
分かった事から順次発表するだけだ

それをしなかったのは、国民への背信と言われても仕方あるまい

厳しい事を言うが
陛下と美智子皇后陛下の今のご心労は
御自身が蒔いた種であることも
逃れようのない事実なのだということ

紀宮様は、少なからずともその辺りをよくお見通しだったようで
お母上の美智子皇后陛下に、唯一、物言えるお立場として苦言を呈されたと言う話が有る
そして、それが伝わらない
そのもどかしさに、一時、美智子皇后陛下と距離を置かれたこともあったとか
噂にしか過ぎないが、聞き逃すにはリアル過ぎる話である



紀子妃の方が、美智子皇后陛下より芯が強いそうである

男っぽさの様な力強さが有り
それが、母性と一体になると
国民には安心感と安定感、絶対的な信頼を与えるそうな

若くして入内し
宮妃となられた紀子妃は
東宮妃と言うお立場で入内された
当時の美智子妃よりも後継者問題についての気負いは薄かったかもしれないが
宮妃としての責任は、充分自覚されておられた

その中で、あどけなさが残る笑顔の中に
不慣れな時期であっても、安定感と安心感を感じさせた
おどおどおろおろする空気がまるでない

美智子妃と言う強力な見方が居られた所為もあるかもしれないが
紀子妃御自身の芯の強さは、妃殿下御自身の素質にこそあると思う

今噂になりつつある紀子妃の吉兆が本物で有れば
芯の強さは
どんなことをも妃殿下として受けて立つ強いご自覚が有る故
どっしり感を感じずにはいられない

華奢な細身の体型からは想像もできない
内面的な芯の強さ

この安心感を感じさせるどっしり感の有無が、美智子皇后陛下との大きな違いではないかと思う
関連記事

コメント

[C4071] Re: タイトルなし

> 顔が見えないのをいい事に…。
> 性格悪!!
> 日本人ですか?アナタ。

優美子婆降臨w
ところで
本家小和田さんが知らないと言う
金吉は何人ですか?
  • 2014-10-21 00:56
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C1622]

読みごたえのある文章ですね。ついどんな方が書いておられるのか楽しく想像してしまいます。
人生の大先輩?いやもしかして同級生かも!?

知らない事だらけで勉強になります。
  • 2013-06-27 05:19
  • はな
  • URL
  • 編集

[C1587] Re: タイトルなし

返信がながくなったので
エントリーに挙げましたです
  • 2013-06-24 07:55
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C1586] Re: 中東欧を歴訪中の秋篠宮両殿下のすばらしさ


> 今日のニュースがもうつべに上がってた
> 日本人観光客大興奮w
> http://www.youtube.com/watch?v=tjGqu9olz9o


ベルトをしているものの
お腹のあたり
やはり気になりますね

安定期に入っての渡航で有れば
4か月頃でしょうか
ぎりぎり年内だとしたら

小和田・東宮の悪行が表沙汰になるとか
命を落としかねない何かとか
何らかの終焉の12月と入れ替りの吉報になるとしたら

見定め役

絶妙過ぎる采配
  • 2013-06-24 07:18
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C1583] ありがとうございます!!

よくわかります。本当におっしゃるとおりですね!!
ハンディキャップのある子どもを育てているであろう私の友人も、そのことをハッキリとは言いません。言いたくないのだと思います。
皇后陛下は、いつ頃気づいたのでしょうね?わが子を不憫に思うから自由に育てよう、いつか天皇になれば周りがサポートしてくれるはずだとお考えになったのでしょうか?
ご自分の失敗を後悔されているでしょうね。
障害をもった兄と義姉に苦労させられている秋篠宮ご夫妻のことをもっと国民にわかってもらいたいです。
  • 2013-06-23 23:32
  • ナデシコ
  • URL
  • 編集

[C1581] 本当の慈愛は厳しさも必要

紀子様が若くして皇室に入られてから今日まで、常に皇后さまの背中を見て、無私で笑顔をたやさず、多忙の公務をこなし立派に子育てした結果、自然に国民から将来の国母と期待されるようになったのは、実は、お小さいころからの川嶋家の教育がすばらしかったからだと思います。
教育の方向を間違った甘ったれのズラ凡と下品な成金風味一族にねじ込み教育?されたおきゃわいそーな肥は実にお似合いの低級レベルの夫婦。
魂が低級な人達には何を言っても伝わるわけない。
両陛下は、今になって気づき悪を見抜けなかったことを悔いていらっしゃるのではないかと。
お亡くなりになるまで十字架を背負っていかれる覚悟でご公務なさっているかと思うとなんだかなーと思います。
  • 2013-06-23 22:43
  • hana
  • URL
  • 編集

[C1580]

溺愛して育てた子供は、困った人、やたら自信家の大人になってしまいますよね・・。
  • 2013-06-23 22:16
  • みか
  • URL
  • 編集

[C1579]

ようやく書いて戴けましたね。待っておりました。特殊な環境で育つ息子に幼小期から特権を与えてしまった事…。最大の反省点ですね。
  • 2013-06-23 21:16
  • フェアリーテイル
  • URL
  • 編集

[C1578]

将来の選択肢が無い徳仁は、自由に好きな事が出来るようにさせる

この台詞をはじめて聞いたのは子どもの頃でしたが、子ども心に変なことを言ってると思っていました。

盛んにこの台詞を繰り返していた記憶があります。
そんなに繰り返し言うことかとも同時に不思議に思っていました。



  • 2013-06-23 20:20
  • とち
  • URL
  • 編集

[C1576] 拍手

同感です。
心配です。
毎日、お体の具合が悪いにもかかわらず無理をされているようで、ご夫婦でご公務をこなされているお姿を拝見すると・・・
そのようなご様子までも、
あらぬ方向に利用されるのではないかと。

美智子様のお言葉の数々「火葬でよい。」等々と同じく。

菊のカーテンを、目隠しに使い、世情に疎くあらせられる、
国民のほうも、情報遮断で、知らない、では済まされない時代なんだと思います。

秋篠宮様に即位していただきたい。
秋篠宮家が無事でありますように・・

祈るしかないですね。
  • 2013-06-23 18:50
  • URL
  • 編集

[C1575]

拍手!!!
  • 2013-06-23 17:07
  • ねこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/1947-e6f62163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード