Entries

皇室の行方~傘寿の陛下と共に

天皇陛下の記者会見 全文
12月23日 5時7分天皇陛下は23日、80歳、傘寿の誕生日を迎えられました。
誕生日を前に皇居・宮殿で行われた記者会見の全文は次のとおりです。

(宮内記者会代表質問)
(問1)
陛下は傘寿を迎えられ、平成の時代になって、まもなく四半世紀が刻まれます。
昭和の時代から平成の今までを顧みると、戦争とその後の復興、多くの災害や厳しい経済情勢などがあり、陛下ご自身の2度の大きな手術もありました。
80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事や、傘寿を迎えられたご感想、そしてこれからの人生をどのように歩もうとされているのかお聞かせください。
(天皇陛下)
80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事という質問ですが、やはり最も印象に残っているのは先の戦争のことです。
私が学齢に達したときには中国との戦争が始まっており、その翌年の12月8日から、中国のほかに新たに米国、英国、オランダとの戦争が始まりました。
終戦を迎えたのは小学校の最後の年でした。
この戦争による日本人の犠牲者は約310万人と言われています。
前途にさまざまな夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、本当に痛ましいかぎりです。
戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、さまざまな改革を行って、今日の日本を築きました。
戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時のわが国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。
また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います。
戦後60年を超す歳月を経、今日、日本には東日本大震災のような大きな災害に対しても、人と人との絆を大切にし、冷静に事に対処し、復興に向かって尽力する人々が育っていることを、本当に心強く思っています。
傘寿を迎える私が、これまでに日本を支え、今も各地でさまざまに、わが国の向上、発展に尽くしている人々に日々、感謝の気持ちを持って過ごせることを幸せなことと思っています。
すでに80年の人生を歩み、これからの歩みという問いにやや戸惑っていますが、年齢による制約を受け入れつつ、できるかぎり役割を果たしていきたいと思っています。
80年にわたる私の人生には、昭和天皇をはじめとし、多くの人々とのつながりや出会いがあり、直接、間接に、さまざまな教えを受けました。
宮内庁、皇宮警察という組織の世話にもなり、大勢の誠意ある人々がこれまで支えてくれたことに感謝しています。
天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものですが、私は結婚により、私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました。
皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています。
これからも日々、国民の幸せを祈りつつ、努めていきたいと思います。
(問2)
両陛下が長年続けられてきた「こどもの日」と「敬老の日」にちなむ施設訪問について、来年を最後に若い世代に譲られると宮内庁から発表がありました。
こうした公務の引き継ぎは、天皇陛下と皇太子さまや秋篠宮さまとの定期的な話し合いも踏まえて検討されていることと思います。現在のご体調と、こうした公務の引き継ぎについてどのようにお考えかお聞かせください。
(天皇陛下)
「こどもの日」と「敬老の日」にちなんで、平成4年から毎年、子どもや老人の施設を訪問してきましたが、再来年からこの施設訪問を若い世代に譲ることにしました。
始めた当時は2人とも50代でしたが、再来年になると、皇后も私も80代になります。
子どもとはあまりに年齢差ができてしまいましたし、老人とはほぼ同年配になります。
再来年になると皇太子は50代半ばになり、私どもがこの施設訪問を始めた年代に近くなります。
したがって再来年からは若い世代に譲ることが望ましいと考えたわけです。
この引き継ぎは体調とは関係ありません。
負担の軽減に関する引き継ぎについては、昨年の記者会見でお話ししたように、今のところ、しばらくはこのままでいきたいと思っています。
(問3)
ことしは五輪招致活動を巡る動きなど皇室の活動と政治との関わりについての論議が多く見られましたが、陛下は皇室の立場と活動についてどのようにお考えかお聞かせください。
(天皇陛下)
日本国憲法には「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。」と規定されています。
この条項を遵守(じゅんしゅ)することを念頭において、私は天皇としての活動を律しています。
しかし、質問にあった五輪招致活動のように、主旨がはっきりうたってあればともかく、問題によっては、国政に関与するのかどうか、判断の難しい場合もあります。
そのような場合はできるかぎり客観的に、また法律的に、考えられる立場にある宮内庁長官や参与の意見を聴くことにしています。
今度の場合、参与も宮内庁長官はじめ関係者も、この問題が国政に関与するかどうか一生懸命考えてくれました。
今後とも憲法を遵守する立場に立って、事に当たっていくつもりです。
(関連質問)
質問させていただきます。
先日、陛下は皇后さまとインドを訪問され、日印の友好親善をさらに深められました。
53年ぶりとなったインド公式訪問の御感想をお聞かせ願うとともに、国際友好親善に際して陛下が心掛けていらっしゃることについても併せてお聞かせください。
(天皇陛下)
このたびのインドの訪問は、インドとの国交60周年という節目の年にあたっておりましてインドを訪問したわけです。
インドを初めて訪問しましたのは当時のプラサド大統領が日本を国賓として訪問されたことに対する答訪として、昭和天皇の名代として訪問したわけです。
当時は、まだ国事行為の臨時代行に関する法律のない時代でしたから、私が天皇の名代として行くことになったわけです。
当時のことを思い起こしますと、まだインドが独立してまもない頃、プラサド大統領は初代の大統領でしたし、これからの国造りに励んでいるところだったと思います。
ラダクリシュナン副大統領は後に大統領になられました。
それからネルー首相と、世界的に思想家としても知られた人たちでしたし、その時のインドの訪問は振り返っても意義あるものだったと思います。
そして、私にはそれまでヨーロッパと中国の歴史などは割合に本を読んだりしていましたが、その間に横たわる地域の歴史というものは本も少なく、あまり知られないことが多かったわけです。
この訪問によって両地域の中間に当たる国々の歴史を知る機会に恵まれたと思います。
今度のインドの訪問は、前の訪問の経験がありますので、ある程度、インドに対しては知識を持っていましたが、一方で、日本への関心など非常に関心や交流が深くなっているということを感じました。
ネルー大学での日本語のディスカッションなど日本語だけで非常に立派なディスカッションだったように思います。
また、公園で会ったインドの少年が、地域の環境問題を一生懸命に考えている姿も心に残るものでした。
そういう面で、これからインドとの交流、また、インドそのものの発展というものに大きな期待が持たれるのではないかという感じを受けた旅でした。



これからも
我々国民は
陛下と共に

生涯天皇

ただ只管に
国民の為に祈り続ける
人権も
プライバシーも
あらゆる私欲も
何も持たずに
国民の為にあり続ける存在として

生涯天皇で有り続ける陛下の強いご意思


いつも
陛下の無私と慈愛と献身の御心に触れる度

じわっと

涙が溢れるのです

天皇というお立場が
立候補でもなく
推薦でもなく
選挙でもなく
学力や学歴、偏差値でもなく

偏に

世界最古の男系の血統から
なるべき方がなられる

という

人生の選択肢も無い


何と言う


重く

不自由な

生涯なのだろう


宿命の下

それらを全て受容された

受容とは
渋々とか
頼まれてとか
ましてや
してやる
という傲慢な態度などあるわけもない

捧げた

のである

自身の
全てを
人生を

国に国民に
捧げたのである

故に

それは
無私

空っぽなのではない
空虚なのではない

全身全霊を捧げたのである

自分の為ではなく
国の為国民の為に

只管に尽くす

尽くすのは
用意された事柄に乗っかるとか
流されるとか
そんな事では決して出来ない

自分の魂を捧げる
そのエネルギーたるや
とても言葉では表現出来るものではないだろう

用意された服を着て
迎えに来た車に乗って
連れて来られた所でお辞儀して
用意された文を読みあげて
迎えの車に乗って帰ってくる

そんな生っちょろいものではない

自分の羽根を抜いて織りあげた
つるの恩返しの様に

ご自身の人生そのものを捧げて
祈りとともに国民に捧げられたのである

会見の端々に
その想いで溢れており
だからこそ
陛下のお言葉が
国民の心に触れるのである

只管に国民に尽くされる
その
陛下御自身のお役目が果たされるまで
我々国民の総意と想いが
陛下のお身体を御守するのだということを
半世紀以上もの長い間
我々国民は、物質主義の拝金思考にまみれ
すっかり忘れていた事に気付かねばならない

我々の総意が
陛下を御守し皇室を支えるのだと言う事を

過去エントリーで何度も書いてきたが
今の皇室の破壊的な惨状は
全て、我々国民の不敬による結果である

皇室は
我々国民の縮図なのでる

皇室に
民間人でクリスチャンの正田美智子さんが入内されたのも
皇室の生活スタイルを時代と共に変革させる必要があったからである
正田家という力も必要だった事が、

冨美子さんが経済的負担をすると申し出られるなど
過去の皇太子妃とは状況も違う数々のエピからも分かる

戦前の貧しい日本から、敗戦を経て、
勤勉勤労な日本人が高度成長をもたらし豊かな国を作り上げた

その象徴が
正田美智子さんであり
美智子妃だったのだと

藩士の子孫でお金持ちの民間出で
主席卒の大卒インテリの
キリスト教徒が
世界最古の神道の祭祀の長の家系に嫁いだという事

180度違う世界に入内した若く健康な女性が
皇太子とともに、ここまで天皇家を支え変えそして、伝統を維持し、護られた
余りにも努力家で
余りにも能力が高く
余りにも出来た人格と
人望が御有りだった

2人の皇位継承者と
1人の祭祀の跡継ぎを授かった

この天皇一家に
国民は甘え過ぎて
物欲に走り
豊かで贅沢の生活の中で
奉仕と慈愛の世界最古の家系に関心を失った

親の加護の下で
何不自由なく暮らし
贅沢もし
親が努力した功績に乗っかって
まるで自分だけの力で手に入れた豊かさだと
思い上がっていた

その間

皇室の地位と名誉と財産を狙った華族の血を僅かばかりかすっていた女が入り込んできた
その女は、女は地位と名誉欲の塊だった
同じく、皇族の地位と財産を狙う者を、自分の仲間として手引きした

この者等の共通点は、

己の私欲の為に皇族の品々を盗み売払い、皇族の地位を利用し、伝統と信頼を破壊していることである

そんな輩を、皇族である2人の親王が呼び込んでしまった

この2人の親王の愚かな姿こそ、戦後の日本人の姿なのである


そして、20年経ち、30年経ち、40年経ち、50年経ち

皇位継承者が居なくなる事に気付いた

親は何時までも健在だと思っていた
何時でも自分の我儘を聞いてくれると思っていた
自分等が生きやすいように、環境を準備してくれる存在だと思っていた

だけど

続かないなんて

誰も思ってもいなかった
絶対に続くと
2600年の歴史は
未来永劫だと
勝手に思い込んでいた
いや
居なくなっても
金こそ全てだと楽観していた

だが

バブルがはじけ
不況が続き

ふと

心のよりどころを求めた時

皇位継承者がいない事に気付いた

皇室のお宝が売り払われている事に気付いた

そして
皇位継承者の若宮の命が狙われている事に気付いた

だが、気付いた時には
悪しき者達が宮内庁に蔓延っていた

今の日本そのものである





やなせたかし氏 日本人の正義とは困った人にパン差し出すこと

2011.05.03 16:00

【アンパンマンとやなせたかし氏】

 コラムニストの石原壮一郎氏は、震災直後、事務所で付けっぱなしにしていたラジオから『アンパンマンのマーチ』が流れてきたのを聞き、思わず落涙した。そして自分がレギュラーを務めているラジオ番組の企画で「被災者を元気づける曲」として、この曲を躊躇わずイチ押ししたという。なぜそれほどまでに心を揺さぶられたのか。

「震災で被災地の悲惨な状況を見て心を痛めたり、原発事故で不安を感じたり、モヤモヤとした複雑な感情が入り交じっていたと思うんです。その中でこの歌が、たとえいろいろなことがあっても人は生きて行かなくてはならないんだということを教えてくれました。漠然とした生きる事への不安に対して、それでも生きていけと励ましてくれたのです」

 人々を勇気づけるこの歌はどのように誕生したのか、どのような想いが込められているのか。自ら作詞を手がけた「アンパンマン」作者で今年92歳、漫画界の大御所やなせたかし氏に、ノンフィクション・ライターの神田憲行氏が聞いた。

 * * *
やなせ:「アンパンマン」を創作する際の僕の強い動機が、「正義とはなにか」ということです。正義とは実は簡単なことなのです。困っている人を助けること。ひもじい思いをしている人に、パンの一切れを差し出す行為を「正義」と呼ぶのです。なにも相手の国にミサイルを撃ち込んだり、国家を転覆させようと大きなことを企てる必要はありません。アメリカにはアメリカの“正義”があり、フセインにはフセインの“正義”がある。アラブにも、イスラエルにもお互いの“正義”がある。つまりこれらの“正義”は立場によって変わる。でも困っている人、飢えている人に食べ物を差し出す行為は、立場が変わっても国が違っても「正しいこと」には変わりません。絶対的な正義なのです。

やなせ氏は第二次世界大戦では砲兵として中国に駐留していた。大東亜共栄圏の美名のもと「正義の闘い」だと信じていたものが、戦後、侵略戦争だと知った。「天皇陛下万歳」と叫んでいた者たちが「民主主義」に走り去っていく姿も見た。全ての正義が相対化されていくなかで、絶対的な正義とは何か考えていって、突き当たったのが飢えに苦しんだ兵隊時代の記憶だった。そこから「自分を食べさせて人を救う」ヒーローが生まれた。

やなせ:うん。だから正義って相手を倒すことじゃないんですよ。アンパンマンもバイキンマンを殺したりしないでしょ。だってバイキンマンにはバイキンマンなりの正義を持っているかも知れないから。それに正義って、普通の人が行うものなんです。政治家みたいな偉い人や強い人だけが行うものではない。普通の人が目の前で溺れる子どもを見て思わず助けるために河に飛び込んでしまうような行為をいうのです。ただし普通の人なので、助けに行って自分が代わりに溺れ死んでしまうかも知れない。それでも助けざるを得ない。

 つまり、正義を行う人は自分が傷つくことも覚悟しなくてはいけない。今で喩えると、原発事故に防護服を着て立ち向かっている人々がいます。自分たちが被爆する恐れがあるのに、事故をなんとかしなくてはという想いで放射能が満ちた施設に向かっていく。あれをもって、「正義」というのです。怪獣を倒すスーパーヒーローではなく、怪獣との闘いで壊された街を復元しようと立ちあがる普通の人々がヒーローであり、正義なのです。
――未曾有の国難といわれています。日本は復興できるのでしょうか

やなせ:(笑みを浮かべて)出来るのに決まってるじゃないか!あの戦争だって日本は焼け野原になって、原爆をニ個も落とされて人が何十年も住めないと言われたんだよ。それがあそこまで復興できたんだから。日本人は粘り強く、正しく立派に生きている人たちです。間違いなく復興できますよ!

 やなせ氏は震災直後に1000万円を寄付し、さらにグッズの売り上げを寄付にする活動を継続中である。

「被災地の子どもたちがアンパンマンが助けに来てくれると思ってるらしいんだ。だからこうして活動していると知ると、喜んでくれるんじゃないかと思うんだ」

 取材後、私(神田)が仙台で被災した従兄弟に小さな子どもが2人いることを話の流れで言うと、やなせ氏は目を見開いて「この事務所にあるオモチャどれでもいいから持って行きなさい。送って励ましてあげなさい」と言ってくださった。秘書の方が丁寧に選んで手渡してくれた二つのオモチャを持つだけで、帰り道の私の気持ちは温かくなった。



皇室を護る為に動いている人達がいる
表に出てくるのはもっと後だと言われて5年

噂されている事が
どんどん表沙汰になり
国宝を含むお宝の管理に言及し
正しくはスパイ防止法の法案可決

欠落していること
曖昧だったこと
無関心だったこと
これらが
正しく直される

それが、正義であるならば

その正義の中で、小和田は消滅する

我々国民が、皇室に関心を寄せる事
これが
若宮を御守することになり
如いては、
東宮一家の真実を暴露することとなる

法を整備し
正しく遂行されるよう関心を寄せ
見守り
真実に目を向ける事
ウソを暴く事

これで

皇室は護られるのである

武器も
暴動も
罵声も
デモも

不要なのである

陛下のお考えと
あんぱんまんの世界観の正義に対する考えが
一致していることに
なにか
日本人の正義感というものが
世界に類を見ない正義感であることを確信するのは
私だけではあるまい



関連記事

コメント

[C2890] ご回答ありがとうございました。

あっ、そういえばそんな方、おいでになりましたね。すっかり忘れておりました。
ありがとうございました。これで
納得しました。
  • 2013-12-25 23:43
  • 桃色吐息
  • URL
  • 編集

[C2889]

陛下、早めのご決断を希望いたします、お辛いでしょうが・・

そして朝鮮小和田が●●しますように。

[C2888] Re: 天長祭での宮司さんのお話

> 皇宮警察が「なぜ我々が天皇陛下をお守りしなければいけないのか?」と異議を唱える始末。皇居内の土産物屋で陛下のお写真の上に平気で荷物を山済みにするありさま。創価の一味がはいりこんでいる。(長官も?)。今の皇室は惨澹たるものです。陛下の御心痛が察せられる・・・というお話があった。

世も末・・・
  • 2013-12-24 22:53
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C2887] Re: 質問です。

> 二人の親王とは誰のことですか?倒宮殿下は決まりとして、まさか秋殿下のことですか?。

高円宮憲仁親王あーんど徳仁ですわ、奥様っ!
  • 2013-12-24 22:52
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C2885] 天長祭での宮司さんのお話

皇宮警察が「なぜ我々が天皇陛下をお守りしなければいけないのか?」と異議を唱える始末。皇居内の土産物屋で陛下のお写真の上に平気で荷物を山済みにするありさま。創価の一味がはいりこんでいる。(長官も?)。今の皇室は惨澹たるものです。陛下の御心痛が察せられる・・・というお話があった。

[C2883]

皇室の事を知れば知る程に、勿体無く、今は殆ど鬼籍に入られたであろう明治大正生まれの方々が天皇陛下を語る時には頭を下げる気持ちがわかるようになりました。
アンパンマンの正義、此処まで深いものとは考えていませんでした。
  • 2013-12-24 10:25
  • 雑草
  • URL
  • 編集

[C2882]

本日思い立ち、一般参賀へ。
貴重な体験でした。

お出ましの瞬間、空気が変わるんです。
参加者それぞれ1人1人のワァっというのに似た歓声とため息とともに、一斉に国旗がはためきます。

誰ともなく[天皇陛下ばんざーい!]の声。
微笑まれる陛下。

日本人でよかったと思いました。
blogいつも拝見して勉強させていただいています。





  • 2013-12-23 23:13
  • りゅーく
  • URL
  • 編集

[C2881] 質問です。

二人の親王とは誰のことですか?倒宮殿下は決まりとして、まさか秋殿下のことですか?。

  • 2013-12-23 22:57
  • 桃色吐息
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2203-993ae98f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード