Entries

皇室の行方~富士へ向かって這う大蛇の行方

皇太子さま 静岡で登山
2月13日 13時35分
皇太子さまは13日、静岡県の山々に登り、駿河湾などの眺めを楽しまれました。
皇太子さまは午前10時前、静岡県清水町の登山口を出発し、
30分ほどで標高256メートルの徳倉山の山頂に到着されました。・徳倉山をはじめ、
清水町と沼津市の境に連なる7つの山は沼津アルプスと呼ばれ、
富士山や駿河湾の眺めと起伏に富んだ登山道で人気を集めています。・13日は雲が広がるあいにくの天気となり、
山頂から富士山を望むことはできませんでしたが、
皇太子さまは、地元の山岳連盟の会長の説明を受けながら、眼下に広がる駿河湾などの眺めを楽しまれていました。
・皇太子さまは、小学校から高校に通っていたころ学校行事で訪れた沼津の海水浴場から
沼津アルプスの山々を眺めていたということで、記者団に対して、
「一度登ってみたいと思っていた沼津アルプスに登ることができて、とてもうれしく思っています」と笑顔で感想を話されました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140213/k10015213711000.html

Twitterより。
裏で何かやり取りでもあったんだろうか…

皇太子さまが沼津アルプスを登られた だって!?あんな最近市が勝手に付けた ばっかりの名称で登山客を集めようとするだけのものを登られただと…
2014年2月13日 - 1:59pm

345 本当にあった怖い名無し sage 2014/02/16(日) 13:59:55.88 ID:GDhNE8G+0
流れぶったぎってごめんなさい
前スレに「空に魚が泳いでる」と書いたものです。
先週は富士の方を向いて空に真っ黒い大蛇が這っていました
何事かと思いましたが、このスレをさかのぼってみるとなるほど納得です



沼津アルプスってナニー?
富士山爆発クルー?

もうかなり前から

徳仁と登山の関係は、
利権で呼ばれ、呪いが行われる「邪道」な私的行為

自然との共存とは真逆どころか、別次元の行為

所謂、精霊と言われる神様や山の神を蔑にして、踏みつける行為

どんな加護も援助も指導も

ないわ

こりゃ

というかね
まぁ
東宮本人等の日頃の行いの動機や行為の目的そのものが「自己中心」で「邪道邪悪」だったが故に
こういうね
邪道なお呼びしかないわけ

昔からずーっと

インフラ徳仁

笑えんわ

利用されている

何も考えないから
良い様に利用されているだけ

こんな事
50を過ぎても
まだ
自力で考える事が出来ない
幼児のまま

散々使い回してきた
邪悪な嫁の仮病の「ご回復の兆し」

実はこの言葉
まんま
徳仁に対する国民の願いだったのかも
まだ
とんちんかんな会話の音声も拾われずに済んでいた
幼いサーヤを抱っこしただけで
立派な皇太子と報道されて貰えた
あの頃

マスコミを通じて作られた
理想の皇太子像

小船に揺られて
幼児の顔で
何も考えていない
三途の川を渡り始めた

生き物が居ないのは

呼び戻してくれる
親兄弟


友人知人
国民

誰もいない
呼び戻してくれる人は
誰もいない

完全に
今生の人間界から追放された様な形で
あの世へ向かっている

お迎えも居ない

一人娘も
迎えに来る事はない

息子も
迎えに来ない

徳仁は

食事も
衣類も
寝食の全て
地位も
安全も
環境も
嫁も
子供も

何もかも

周囲が用意してくれるもの

自分は
その地位に居るもの

それしか分からない

考えて来なかったから

もう、考える事も出来ない

子供の内から
「考える」訓練をしてこなかった

これが何よりも大きな原因

自分で考える力が無い事を
ご両親である両陛下も
周囲の関係者達は
皆、気付いていた

それについて
ハッキリ物申したのは
徳仁の侍従でも養育係でもない

小中高の担任だけだった

それを、直接聞かされたのは

母親の美智子妃だけだった

もしこれが、上に皇太子が居る弟宮だったら
その対応は大きく変わっていただろう

「皇太子よりは将来の選択肢があるから、選択を間違えないよう厳しく育てる」と

例え、誤った方針でも
その方針によって
勝手な理想を当てはめられる事無く厳しく育てられていたかもしれない

私の言う「厳しく」と言うのは
何でも環境を与えてやらない
という
厳しさである

友達を作る事が自力で出来なければ
自力で作るだけの努力をする環境を与えるならまだしも、
決して
「徳仁の一生のお友達で」等というお願い事をしてはいけなかった

点数が取れなければ、順位を貼りだした紙に、卒業まで名前が載らないままの環境を

追試も容赦なく落第点を

商業的なテレビを
自由に見られる環境を与えてはいけなかった

徳仁のあらゆる要望は、全て東宮職、両殿下、宮内庁長官、内閣府を通じて検討するべきだった

だから、

柏原芳江とか
B・シールズとか
特権で面会なんて許してはいけなかった

そうやって
特権は私欲で乱用するものはないことを
成年皇族になるまでの間に、それに気付くだけの能力の無い徳仁に
誰も教えて来なかった


雅子が来るだけで、雅子好みの贅沢で油っこい料理を用意させたというエピ

雅子を婚約者として迎えるのなら
皇室の「質素、倹約」を教えなければいけなかったのに

特権を利用して
見栄を張る
気に入られようとする
贅沢をする

これをやらかしてしまう愚かさ

良家のご令嬢との事実上のお見合いの席で
アイドル芸能話をせんとする愚かさと同じ

その地位の者が
その席でやってはいけないことを
やらかしてしまう

それが、徳仁のボンクラクオリティ

知恵のある女は、そんな徳仁から離れていき二度と会う事はなかった

悪意のある女は、そんな徳仁に取入り、二度も三度も四度も飯を食らいにやってきた

国民に刷り込まれた「理想の浩宮」等という者は
何処に実在していなかった

居たのは
有り得ない能力の低さと
魂の卑しさを抱えた
幼児のままの愚かな男だということ

半世紀以上経って

漸く国民が目にする事が出来た現実の姿

ネットが無ければ

気付かれないままだったかもしれない

そして
それに気付かせてくれたのが

半島民族の子孫である淀んだ澱の塊一家だったということ

宮内庁人事が強行されると
除鮮が始まる

完全に除鮮されたら
二度と入り込む隙が無くなる

必死の抵抗をしているらしい東宮側だか
最早、抵抗になって無いらしい

やがて

徳仁の

インフラ行脚も

無くなるだろう

人事異動がはじまると
徐々に徳仁の出る幕が無くなり
ある時から
ぷっつりと
徳仁の出番がなくなる
ねじ込み行為も利かなくなる
利権屋は
あの手この手で徳仁を利用せんとするも
取り次いでくれる職員が居なくなる

呼ばれもせず
出掛ける先も無く
同行してくれるチンピラ警備も居ない

小船に1人揺られる徳仁

雅子のヒステリーに曝され
何処に逃げる場所も無く
益々、飲酒に逃げる徳仁の末路は見えている

その内、
立場をハッキリさせる時が来る

ピシャリと
国民に答えを突き付けられた状態になるが

怪訝そうな顔をするばかりで
結局は何も考えようとはしないだろう
関連記事

コメント

[C6084]

以前こちらで言及しておられた、大阪(だったと思う)の自宅放火冤罪事件を思い出しました
まるがさんはあの母親を「何も考えていない、幼児のような」と形容されてらっしゃいましたね
なるほど徳仁と同じ顔つきだなと思いました
日本では「若い = 幼い = いいこと」と思われがちですが、徳仁を見ているとそうではないこと、それは大変な思い違いであることに気付かされます
年を取るにつれてその人が持つ思考や人格が固まり、丸くなり、そしてやがては成熟し行動や表情に現れる
いつまでも若い(幼い)ということは、害悪であり自然に反することである
やはり人間は、年齢を重ねていくと共に成長し考える力を身に付けなくてはいけない生き物である
徳仁とあの母親はそのモデルケースに思えてなりませんでした
今年は浄化の終わりの年でもありますし、我々日本人にもその辺の意識改革が迫られているのかもしれませんね…

  • 2016-02-01 11:15
  • 名無しの壺
  • URL
  • 編集

[C3070] シャンプーファンの独り言

・・・やっぱり、人事が鍵なんですね。
都知事選では落ち込んだけど更に踏み越えて進んでいく。
遠くない日、皇室の大掃除と除鮮が済み「その時」は来る、
長い歴史からみれば・・そういうことなのでしょう。
  • 2014-02-17 11:19
  • URL
  • 編集

[C3068]

8月11日祝日「山の日」了承 自民内閣部会
自民党は14日の内閣部会で、8月11日を「山の日」とする祝日法改正案を了承した。来週にも総務会で決定し、今国会中の成立を目指す。 法案は施行を平成28年とし、山の日の意義を「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」と定めた。
(産経オンライン)

また、しょうもない祝日作ってどうするんだ。
それでなくても祝日多すぎだろ。
派遣職員は、祝日には働かないからお金がもらえないんだよっ!
まさか、皇太子がしゃしゃり出てこないだろうな。
なんか不幸な祝日になりそう。
  • 2014-02-16 21:47
  • 派遣職員
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2250-4ad31664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード