Entries

シャンプー的★大野智論&嵐論

皆さん

忘れてるでしょ?

ここが

大野智、アイタタなブログだということを



嵐の音楽的方向性を決定づけた大野智 その表現のルーツを辿る

リアルサウンド 7月26日(土)9時21分配信

 嵐のリーダー・大野智は、独特のリーダーシップ論を持つことで知られている。女性向けエンターテイメント雑誌『SODA』7月号では、TVドラマ『死神くん』(テレビ朝日)についてのインタビューにて、リーダーとしてのスタンスを問われて次のように答えている。「リーダーとしては、がっつり後ろから見てる感じは全然ない(笑)。リーダーってどうしても仕切らなきゃいけないとかあるけど、それができないから後ろから見ていればいいかなっていう感覚だけだよね」。このように“一歩引いた”スタンスこそが、大野のリーダーとしてのあり方なのだろう。

 もっとも、歌やダンスなどのパフォーマンスにおいて、嵐を引っ張っているのは間違いなく大野である。たとえばダンスの面では、2004年のソロ曲「TOP SECRET」以降、たびたび振り付けをこなしている。最近では『失恋ショコラティエ』の主題歌となった「Bittersweet」でも振り付けを担当。大野ならではのアーティスティックな感覚が活かされたダンスで、ファンはもちろん、メンバーにも好評だ。

 歌の面でも、大野の歌唱こそが“嵐らしさ”につながるとする声は多く、生歌の美しさに加えビブラートやファルセット、シャウトといった技法を巧みにこなすソウルフルなボーカルは、音楽評論家やミュージシャンの間でも評価が高い。NONA REEVESの西寺郷太氏は「嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』。これはプリンスが映画『バッドマン』のために書き下ろした楽曲『Batdance』の日本版ともいえる映像的でマッドな楽曲で、発売当時大野君のボーカルに感動しました」と絶賛。お笑い芸人でありながらポップミュージックの造詣の深さで昨今、活躍の幅を拡げるダイノジ・大谷ノブ彦氏は「『FUNKY』は大野さんのボーカルが実にソウルフルで、フェイク(アドリブ)も素晴らしい。ダフト・パンクが台頭したことでブームを巻き起こしたディスコミュージックを、ジャニーズはどう料理するか?をど真ん中で堂々と表現した曲です。(中略)(『Troublemaker』における)大野さんのボーカルは、まるでジャスティン・ティンバーレイクのようですよ」と評している。(参考:『サイゾー』2014年8月号)

 ライムスターの宇多丸氏は、嵐の音楽性について「さまざまな音楽にチャレンジしてその方向性を模索するなか、大野智のボーカルを存分に活かせるようなものへと落ち着いた」と指摘しており、『ARASHIC』以降、初期に参照していたSMAPからはコンテンポラリー・ブラックテイストやアーバンな雰囲気を踏襲し、リリースされる楽曲はファンキーなものやソウルフルなものになったという。嵐の楽曲は全員のボーカルやパフォーマンスが活かされるように作られているが、その方向性を決定付けているのが大野である、という構図もまた、彼ならではのリーダーシップが垣間みれて興味深いポイントだ。(参考:リアルサウンド『嵐を音楽面で引っ張る大野智の歌唱力 ミュージシャンも太鼓判を押すテクニックとは?』)

 そんな大野は、もともと母親の影響で洋楽に親しんでおり、特にマイケル・ジャクソンや前出のジャスティン・ティンバーレイクに深い感銘を受けたと、数々のメディアで発言している。1997年から2年間は、ジャズダンスを極めたいという思いから実家を離れ京都に滞在し、京都の「シアター1200」にて一日5公演開かれていた『KYO TO KYO』に出演、ダンスの技術を磨いたそうだ。大野が創作するアートも、ヒップホップのグラフィティ・アートの影響が垣間みれ、ブラックミュージックやカルチャー全般に対する親和性を感じさせる。

 現在、映画『ピカ☆★☆ンチ(ピカンチ・ハーフ)LIFE IS HARD たぶんHAPPY』の公開が待たれる嵐。2002年に公開された『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』では「PIKA☆NCHI」が、続編となる『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』では「PIKA★★NCHI DOUBLE」が、それぞれ主題歌として製作されたが、今作ではどのような楽曲が主題歌となるのか。大野智×ブラックミュージックという、現在の嵐のスタイルを決定付けた要因に思いを馳せながら聴くと、より興味深いのではないだろうか。
.
松下博夫



突然、友人からメールが来て
魔王を見たと
以前、私が大野智ファンだと熱く語ってドン引かれたのだが
その友人のメールには

「まるがちゃん!娘が撮りためてた魔王全部見たのよ。大野君天才!いい俳優だよね。びっくりしたわー。」

って(^^)

2008年よ魔王は
6年も前なのに

「大野君絵も上手いよね。見直したわ!まじに才能ある、味のある演技。」

って(^^)


ドン引かれて以来
他の事はしょっちゅう話しているけど
大野くんの件については
実に、
そう
ホント何年かぶりに
魔王5話の振り向くシーンの事
怪物くんや癌で死ぬコウタのこと
そして死神くんのことを
厳選して
ほんの少し
ほんの少ーしだけ
返信メールかいた





だが






また



ドン引かれた模様ww




抜粋~

 そんな大野の「変化」はパフォーマンス、例えば歌唱やダンスからも見て取れる。デビュー曲「A・RA・SHI」を聴くと、幾つかの箇所で少々ぎこちないビブラートがみられる。もちろん一般的なアイドルと比較すれば抜群に巧い歌唱なのだが、まだ技術を習得したてで自分のモノになりきっていない、やや肩肘が張った印象。同じことは初期のファルセットやフェイクでも言え、そのようなテクニックを使う前後で本人が「意識」しているのが聴いていてもわかる。

 ところが、昨年リリースされたアルバム『LOVE』収録の「hit the floor」などでの彼の歌は、そのような気配を微塵も感じさせない。一曲を通じてごく自然な流れで高度なテクニックを織り交ぜながら歌う。ファルセットやビブラートを過剰に意識させることなく、耳にすっと溶け込んで聴こえるのだ。難しい技術を自分のモノにするーー言葉にすると簡単だが、その陰には相当な努力があったに違いない。日頃のボイストレーニングや数々のコンサートを重ねることで、大野はパフォーマンスにおいても「自然体」で望めるようになったのだ。

 4月18日からは大野智が主演する ドラマ『死神くん』(テレビ朝日系)の放送がはじまる。きっと役者業においても、歌と同様に自然体で演じる姿をみせてくれるだろう。
(文=北濱信哉)


この死神くんも

「はまり役」


称される
秀逸な作品となったわけだが

大野君

「歌は永久に納得いくことはないだろうな」

って
自分の歌唱に対し
打算やいい加減さがない事が
ハッキリ分かる答え方をしていた雑誌のインタビュー

だからこそ
その裏には

「弛まぬ努力」

があるのだと

バラエティ番組で映し出される
ふわんとした大野君の表情や
喋らぬ置物的な姿を
そのままにしか見ない人たちは
何にもしていない大野智にしか映らかなっただろう
魔王前と魔王後の
大野智の扱われ方の違いが
それを物語っている

今は
抜群に出来るのに
自分からは絶対前にしゃしゃり出ることが無い
その抜群ぶりが天才の域
歌唱力・ダンス力・演技力
その他に
多趣味な世界観

芸人が羨ましがる
最後の一言で全部持って行く力

だけど
それは
天才だからではない

弛まぬ努力があってこそ

それは
浅田真央選手に通じるものがある

彼女は天才だ
抜群のセンスがある
しかし
その天才的な能力を開花させるのは
彼女のひたむきな努力があってこそだと

練習練習練習練習
そして
練習練習練習練習
それは、
日本のみならず
世界のFSファンが知っている
そして
常に向上を目指し、
難しさ辛さから逃げない強さ

大野君
腹筋や歌もいろんなことを
見えない所で
ずっとやってると
16歳の若さで
京都の舞台で座長を務め
周りがみんな逃げていく中
逃げずに、そして、二期目も挑戦した強さ

逃げたい辞めたいと言っていた嵐から
一度も逃げずに貫いてきたこと


踊り
パフォーマンス
それらの努力
そして
それだけではない

いつも言っている

メンバーがいたから
そして
個展や仕事が出来るのは
スタッフや会社のおかげだと
ファンがいてくれるからだと

座敷に自分だけの椅子が置かれた所での雑誌インタビューで
椅子を取り払い
座敷に座る記者たちと
同じく座敷に座ってインタビューに答えたという

怪物くん映画の打ち上げで
皆のおかげだと言って泣きじゃくったという

個展が開催できたのも
ひとえに事務所のおかげだったという

メンバーとの協調性
スタッフへの思いやり
ファンへの愛情

一度も疎かにしなかったから
今の
大野智があるのだと


そして
それは大野智だけではない

嵐のメンバー
翔ちゃん
相葉ちゃん
にのさん
松潤

皆がそうやってきたから

嵐がこれだけ人気が出て
老若男女問わず
素人業界人問わず
国民的のみならず
世界からも支持される
大スターになったのは

こういうことなのだと断言できるだろう










どうよ!

アイタタ度全開だろーんwww





関連記事

コメント

[C3745] Re: はじめまして。


> 特に「死神くん」は早く続編観たいです。

死神くんは消滅処分になったから
続編は・・・
  • 2014-07-27 00:51
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C3744] はじめまして。

私は嵐ファンではないのですが大野くんの「怪物くん」「死神くん」が大好きです!
毎週楽しみにして観ておりました。
本当にハマり役だと思います。
特に「死神くん」は早く続編観たいです。

さて私は2年位前から色々な事に気付きお花畑から覚醒しました。
お恥ずかしながら本当に無知でした。
まるが様のブログ今年に入ってから読ませて頂いて大変勉強になっております。
これからもお邪魔させて頂きますので
どうぞ宜しくお願い致します。
  • 2014-07-26 23:37
  • URL
  • 編集

[C3743] Oちゃんイイっ!

私も記事読み
うんうん頷きほくほく喜んでいました
27時間さわりだけでフェードアウト
あまりにSMAPSMAPで食べないうちから食傷気味
必死さがイタ過ぎ
  • 2014-07-26 19:40
  • ぺあch
  • URL
  • 編集

[C3742] イ・イタクナンカナイモン

こちらに初めて来た時に「嵐」「大野智」にはっきりびっくり。
物は試しで色々と見てみたら、納得。殊に大野君の画才には唖然。
今は私が隠れ大野ファンであります。
  • 2014-07-26 15:57
  • 雑草
  • URL
  • 編集

[C3741] 御意!

圧倒的才能の持ち主にして努力家、謙虚で控えめな人柄。

史上最高のエンターティナーであるMJも、天賦の才能を努力で開花させましたが、普段は物静かでシャイでした。

ステージで魅せる天才ぶりを「知らない」「気づかない」人々は、彼らの素朴で純粋な素の姿を以って軽々に評価してしまうのでしょうね。
天才が与えてくれる至福の時を過ごせない不幸に同情します。

「歌も踊りもたいしたことないくせに。どうせ顔だけでしょww」と、自他ともに認めるアンチジャニーズだった私。。
遅ればせながら、大野君の才能に最初に度肝を抜かれたのは魔王でした。
圧巻のダンスと歌唱力には、ただただ感嘆するのみです。

私にとってマイケルは別格なので誰とも比べる気になりませんが、
アッシャーは「大野君といい勝負だな!」と思います。
マイケルとジャスティン・ティンバーレイクのデュエットバージョン「Love Never Felt So Good」動画を見て「大野君はジャスティンを超えたな!」と思いました。
  • 2014-07-26 15:34
  • 大野君ファン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2391-286ad5d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード