Entries

【追記版】舛添が私的外交という名の里帰りでチョン

2014年11月18日 16時1分 NEWSポストセブン

 2月の就任以来、舛添要一・東京都知事の外遊はすでに6回を数える。中でも注目されたのは日韓関係が冷え込む中で敢行された7月のソウル訪問だ。
「東京都民の90%は韓国が好き」と現地でリップサービスしてみせたが、その効果は費用に見合うものだったのか。

 7月23~25日の2泊3日の舛添訪韓には、政務担当特別秘書、都の部長級幹部2人、局長級幹部2人ら計10人が同行した。 11月6日にこの11人による外遊の総経費が公表された。その額は1007万円。一人あたり100万円近い金額となる。

「予算は約1400万円だったので節約できた」(都庁関係者)とする見方もあるが、詳細を検証すると首を傾げたくなる。

 舛添氏が宿泊したのはソウル一の繁華街・明洞(ミョンドン)のすぐ近くに位置するロッテホテル。
38階建てと35階建てのツインタワーからなる高級ホテルだ。ホテル関係者が明かす。

「舛添知事が宿泊したのは新館の『コーナースイート』(約64平方メートル)という部屋です。宿泊費は平日でサービス料込み67万7600ウォン(約7万1000円)になります」

 都条例の規定によれば、知事の出張の際の宿泊料の上限は2万6900円である(滞在地によって異なる。ソウルの場合)。「担当部局の承認があれば上限を超えてもよい」(政策企画局外務部外務課)というが、とても節約旅行とはいえない。

 しかも同ホテルは、舛添訪韓の直前に「反日活動」の舞台となっていた。
7月11日に日本大使館の主催する自衛隊創立60周年記念行事が同ホテルで開催予定だったが、前日になって「国民の情緒を考慮する」という理由で場所の提供をボイコットしたのである。

「舛添知事は騒動のことを気にする素振りもなく上機嫌に見えた」(前出のホテル関係者)というから、「総理大臣が会えない韓国大統領と会談できる」と浮かれていたのだろうか。

 23日午前に羽田空港を出発し、昼に金浦空港に到着した舛添氏は「都職員と同行記者をぞろぞろ引き連れ、まるで大名行列」(現地メディア関係者)という中で、 ソウル特別市庁舎前にあるセウォル号沈没事故の合同焼香所やソウル歴史博物館を訪れた。

 最終日に行なわれた朴槿恵・大統領との会談は舛添氏が卑屈なお辞儀をするなど屈辱的な内容だったが、会談後にソウル大学で150人の学生を前に講演し、「タイトなスケジュールにもかかわらず、『90%以上の東京都民は韓国が好き』とリップサービスを忘れず、学生から日本語で質問が出ると嬉しそうに答えていた」(同行記者)というから、成果がなくてもよほど充実感を覚えていたと思われる。

※週刊ポスト2014年11月28日号
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9481742/


日本人の税金で里帰りしてんじゃねーよ!!!
この禿朝鮮っ!!
 


成果がなくても充実したって
なんだよっ

お前が楽しむための帰省に

何千万かけてんだ!?ボケがっ

馬鹿にしやがってっっっ

引退引退引退引退!

次は田母神閣下だ



11月9日、羽田空港に到着した韓国人歌手、イ・スンチョル(48)が、入管で入国を拒否されて強制送還された。

スンチョルは85年にデビュー。日本ではほぼ無名だが、韓国では名実ともに国を代表するトップクラスの歌手だ。
今回、彼は1週間の観光目的で妻と来日。妻ともども入国を拒否されたという。

スンチョルは今年8月15日、日本からの独立を祝う光復節に竹島へ渡り、
南北統一を願う歌『その日に』を発表した。

韓国音楽関係者はこう語る。
「彼は“反日アピール”などせずとも売れているし、もともと政治的な人ではないんです。
竹島公演も招かれて歌っただけ。今回は観光目的だったのにかわいそうです」

スンチョルの入国拒否が明らかになったこの1週間、「国民全体が辱めを受けたも同然」と韓国世論は沸騰。
今回の“入国拒否”に発した新たな“反日”の輪が韓流タレントに広がり始めているという。

「韓流ブームが起きた02年以降、多くの韓流スターが日本へ行くようになりましたが、
実は昨年2月の朴槿恵大統領就任以降、韓流スターへの“興行ビザ”の発給審査が明らかに厳しくなったんです。
日本に強硬な朴大統領への対抗姿勢としか考えられません」(韓国音楽関係者)

そんな不満が積もっていたなかで起きた今回の“入国拒否”騒動に、
多くの韓流芸能人が頭に血を上らせているということのようだ。
日本の芸能関係者は今後の韓流イベントに危機感を抱く。

「停滞気味の韓流ブームを再燃させようと、東京で日韓の芸能人が共演するコラボイベントを計画中の企業
がいくつもありますが、韓国サイドからの出演ボイコットが広がることをみんな心配しています。
『もう日本では歌わない!』と宣言する歌手が続々出てもおかしくないくらい、韓国世論は怒っているんです」

日韓和解の春は、まだ遠そうだ――。

http://news.livedoor.com/article/detail/9484527/


朝鮮人のおつむって
何百年経っても進化しないんだね

猿は猿のまま
ありのままの朝鮮人は
永遠に中世の事大主義のまま

反日活動目的の
暴力行動を起こすから入国拒否されたんでしょ?

85年にデビューって
30年間無名のままなんだから
来日なんぞ誰も望んどらんだろw

ボイコットって

低迷気味の韓流って書いてんのに
日本人の誰が
韓国からの来日を期待していると云うのだ?!

危機感募らせて
怒っているのは
お呼びでなくなった韓国芸能人と
韓国の芸能プロダクションだろ

韓国に行きたい日本人は激減だが
日本に来たい韓国人は増加の一途

韓国でどうであれ
日本で売れなきゃ食っていけないのが
韓国芸能界

\(∵)/オワタな
韓流捏造ブーム

めでたいめでたい

このまま
国交断絶すればいいのにw






関連記事

コメント

[C4189] 田母神閣下!

田母神さんには、舛添正体発覚のあと、ぜひ都知事、ゆくゆくは国会で腕を振るって頂きたいと思っております。心配なのは、心情・思想は正しく、防衛の経験・知識は明るいけれど、権謀術数には不慣れなのではないかという事。政治家として活躍するために、よいブレーンが付いてくれるといいのですが。
  • 2014-11-20 09:12
  • まめはな
  • URL
  • 編集

[C4188] いや、それよりも

犬HKの報道(なぜかお得意の「コメント」はなし)でありましたが、東京オリンピックのバスケットと何だかが「大阪会場」での開催?.......
オイオイ、「一都市開催」だったろうが!と思った次の瞬間、「あっそうか!ヒラマサへの援護射撃か!」と理解できました。
東京で出来ないはずがないのにあえてそういう事を言い始めた東京都ーIOCー犬HKの悪どさに唖然です。
こんなんだったら東京オリンピックは返上で........!
改めて腐り切ったIOCに怒りを感じますね。
  • 2014-11-19 21:08
  • 定年親父
  • URL
  • 編集

[C4182] 激しく同意

初めてコメします。
東宮問題を漁っていて此方に通うようになりました。
あのハゲ添には腹がたって仕方ないです!
里帰りにも自慢のシルクのゴールデンパジャマ(古い)持ってったんですかね?
  • 2014-11-19 08:23
  • 名無しのキンクロ
  • URL
  • 編集

[C4178] 日本男児がんばれ

田母神氏、清廉だと思いますが、もう少し「女」を知って欲しい。(女遊びしろと言うことでは絶対にない。)
日本の清廉な男子は汚い女を知らないから、どうもガードが甘い人が多い。
「男は黙って・・・」は、善き女性が側にいてこそ成り立つ話。マス塵に揚げ足取られる事なきよう、語り口も練っていただきたい。
  • 2014-11-19 00:29
  • 雑草
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2471-b75575ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード