Entries

【追記版㉔】羽生結弦 浅田真央 フィギュアスケートの美

ISU、ルール改悪

来季よりルール変更
http://static.isu.org/media/207718/1944-sptc-sov-communication-2015-2016.pdf

3T基礎点が4.10から4.30に変更
3S基礎点が4.20から4.40に変更
クワドのUR判定中間点がアップ

ここまではいいとして。



・3A中間点が6.00から5.90にダウン。
・クワドの減点幅が―1.20、-2.40、-4.00にアップ。

・足換えコンビネーションスピンの基礎点ダウン
※「基本姿勢3つ」のほうは基礎点は変わらず、です。
⇒レベル1:2.00、レベル2:2.50、レベル3:3.00、レベル4:3.50から
それぞれ1.70,2.00,2.50,3.00に下がりました

ステップレベル4に関して11のディフィカルトターンやステップ、両方向にことなるものを5つ

GOE

「最終GOEは±に制約されないエラー」の項目が撤廃、
違反要素があればすべて減点となりました



明らかに

羽生&真央潰しの平昌仕様の為のルール改悪

真央ちゃんで
過去に散々やられてたけど
あくまで
フィギュアスケートは

白人競技

的な太古の思想と
半島開催による
日本潰し

えっと
誰得?

これと言った選手がいないのに
平昌開催の韓国の嫌がらせのよう

まさか、真央が復活するとは思わなかったんだろうし
復活ってわかってたら
休養しなかったとしたら
金妍児を
やっぱり引っ張り出しただろうか
母親の不動産借金を肩代わりする約束かなんか取り付けて


まさか、羽生がここまで凄くなるとは思わなかったんだろうし
かといって、韓国男子にこれと言った選手がいない男子フィギュア
なら、ジャンプが大して飛べなくても
白人たちに勝てるようにしちゃいましょ、ジャンプの基礎点下げて

そんな風にしか見えないわけ

だけどね

真央ちゃんで見てきた

どんなルールを押し付けられても
クリーンに乗り越えちゃった真央の凄さ

キミーマイズナーなんか
そんな意味不明なルール変更で
足痛めて結局、上位から消えた

恐らく
羽生君も
辛い思いもあるだろう
今の怪我も辛かろう

だけど

真央羽生の二人の天才に
こんなルール変更
乗り越えての優勝
そして
自国の選手にブーメラン




****************************


Sports Graphic Number
 クロアチアのドブロブニクで6月10日まで開催されていたISU(国際スケート連盟)総会で、新しい会長が選出された。

 新会長に選ばれたのは、71歳のヤン・ダイケマ氏。オランダ出身で、これまでスピードスケート部門のISU副会長を務めていた人物である。元会長のイタリア出身、オッタビア・チンクワンタ氏は、名誉会長に昇任することとなった。

22年間もの長きにわたって会長だったチンクワンタ氏。

 1994年から22年間ISU会長を務めてきたチンクワンタ(77歳)は、フィギュアスケートに賞金制度を導入し、GPシリーズを創設するなど、大きな改革をいくつか成功させてきた。

 その一方でソルトレイクシティ五輪のペア採点疑惑事件の対処の仕方、またこの事件がきっかけとなった新採点方式の導入などに関し、批判の声も多い。

 コーチなど内部関係者たちからは、彼の長きにわたる独裁体制がフィギュアスケートを崩壊させたという強い反発の声も聞かれてきた。

 チンクワンタ氏が批判を浴びた理由の一つは、彼がスピードスケート出身で、フィギュアスケートのことをよく理解していない、というものだった。

 だがいずれにせよ、チンクワンタ前会長がフィギュアスケートの歴史に新たな時代を築きあげたことには、誰も疑問の余地はないだろう。

 今後名誉会長としてどのくらいの影響力を持つのかはわからないが、これで1つの時代が幕を閉じたことは間違いない。


最有力だったゲヤゲ・仏スケート連盟会長、敗退。

 今回の選挙で、再びスピードスケート出身の会長が誕生したことは、実はフィギュアスケート関係者にとって複雑な思いがあった。今度こそ、フィギュアスケート出身のISU会長を、と希望する声も高かったからである。

 だが事情は単純ではなかった。

 4人いた会長候補の中で、下馬評では最有力候補視されていたフィギュアスケート出身候補者は、フランススケート連盟会長、ディディエ・ゲヤゲ氏(62歳)だった。

 ところがこのゲヤゲ氏は、一筋縄ではいかないいわくつきの人物だったのである。

 2002年五輪ペア採点疑惑で、フランスのジャッジがゲヤゲ氏からの指示により誤った採点をしたと発言。(本人はその後発言を撤回)ゲヤゲ氏は2002年4月から3年間、ISU主催のイベントからの追放処分を受けた。

 いったんはフランススケート連盟会長も辞任したものの、その後再選されて返り咲いたゲヤゲ氏。今回の会長選にはかなり懸けていたようで、小規模の大会にまで前触れなく姿を現し、票集めの活動に余念がなかったという。

 だが予想に反して、第1回の投票で4人中3位という結果になり、決選投票に進むことなく撤退宣言をした。

日本からは平松氏再選、岡部氏が技術委員に。

 万が一ゲヤゲがISU会長に選出されることになっていたら、北米のマスコミは黙っていなかっただろうし、再びフィギュアスケート全体の倫理観が問われる騒ぎとなっていただろう。その意味においては、まず穏便な結果で収まったといえる。

 それ以外のフィギュアスケート人事では、ISU第二副会長フィギュアスケート部門にロシアのアレクサンドル・ラケルニック氏が就任。また日本からはフィギュアスケート理事として平松純子氏が再選され、岡部由起子氏がシングルとペアの技術委員に選ばれた。

アスリートによるISU運営参加に好意的な新会長。

 ダイケマ氏の任期は2年の予定だが、彼の就任インタビューのコメントを読んで希望が持てたのは、彼が「アスリート委員会」に好意的な姿勢を見せていることだ。

 この総会でアスリート委員会の設置が決定されたのだ。

 次のシーズン中に選手の中からアスリート委員を選抜し、選手たちの代表としてISUの中で投票権を持つことになったのである。APの報道によると、ダイケマ氏は、次のようにコメントしている。

「決定ごとに対してアスリートたちも参加するのは大事なこと。また長期的に見ると、将来のISUオフィシャルを育成することにもなる。プロセスを理解し、どのようにして決定ごとがなされているのか、体験できる。若い人たちにとって良いスタートになると思う」

ジャッジの匿名制度、ついに廃止へ!

 このISU総会では、再び大幅なルール改正が行われた。

 中でも重要なのは、ジャッジの匿名制度の排除が決定したことである。

 新採点方式の中でもっとも批難されてきたのは、このジャッジ匿名制度を導入したことで、チンクワンタ氏がことさら強く支持していた。

 どのジャッジがどのスコアを出したのかわからなくすることで、「ジャッジが自国の連盟や選手側からプレッシャーを感じることなく思った通りに採点ができる」と賛成派が主張する一方で、「採点を匿名にすることで不正がやりやすくなる」と反対派は主張してきた。

 ベテランジャッジでISUレフリーの資格も持つドイツのシシー・クリック氏は、以前単独取材にて「私は自分の出す採点に誇りを持っているので、匿 名である必要は感じない」と断言していた。彼女のように、自分の採点には責任を持ちたいとするジャッジの声が多数派になったのである。

 この採点匿名制度の廃止は、この秋のシーズンから施行される予定だという。


他にもある、変更された重要事項とは?

 それ以外の重要事項では、現在マイナス3からプラス3までの7段階で評価されている各技の評価(GOE/グレードオブエクスキューション)を、マイナス5からプラス5までの11段階に変更することがある。

 羽生結弦やハビエル・フェルナンデスなどトップスケーターたちは、調子が良いとジャンプなどでほぼプラス3が並ぶことがある。これをさらに幅広く 細分化して、評価していこうという趣旨である。これは平昌五輪が終了する2018年/2019年シーズンから実施されることになる。

 またペアと男子シングルにおいて、演技時間を短くしてジャンプの数を減らすことも、可決された。選手たちの体の負担を考慮すると妥当な改正ではあるが、それによって表現する時間もさらに削られるのではという懸念の声も上がっている。

 ジャンプでは2度目以降の転倒の減点が増えたことなど、これ以外でもいくつかのルール改正が可決されている。

 これらの変更事項がこのスポーツをどのように変えていくのか、長期的に見守っていきたい。



昔みたいに
国旗のマークがついた点数の掲示板
自国の選手の時はジャッジできない
なんかね
復活してもいいんじゃないかと

時短で、色んな事が詰め込めなくなる
ジャンプの回数減+2回目以降の転倒で減点拡大で、
一回あたりのジャンプの得点が高くなる

というと

高純度なプログラムが必要になる
ってことだわね
勝つには

それに、11段階に採点基準が増えるなら
僅差で勝敗が分かれるというデッドヒートもあるわけね

女子は3A

男子は4Lo

クリーンでタフな
4A出来たら無敵になるかも

日本の女子は
真央以外、誰も3A出来んだろ

宮原もだけど
ジュニアも
見事に低空ジャンプ

あれじゃ
誰も3Aなんて無理

男子も
低空過ぎる
着氷がグリ降りで汚い

高いジャンプは
難しいんだなというのが
つくづくわかる

伊藤みどり
浅田真央
羽生結弦

この3人が
如何に天才かというのを
しみじみ感じるわ




ジュニア女子ワールド結果

日本一位三位
本田と樋口でメダル

なのじゃが

アリサ棄権

ロシア
ウォームアップ中の怪我ということじゃが
まさか
ドーピング回避か?

ずーっと
怪我怪我怪我怪我

私の頭の中に
夢に
何度も出てくるが

これもそうなのかな

ネイサン、山本と怪我が来たけど
アリサもそうなのかな
ちょっとドーピングがちらついたけど
怪我なら
まぁ
そうなのかな


ただ
怪我が薄れている気もしているので

どうなのかな


さて

AKB女子ジュニアのピークは今季と来季

来季のジュニアは
ロシアの若手がさらに上がってくる


ロシアの国内問題
ドーピング規制

これが解決されないとね

ああ

マスコミがうざいだろうな
どすこい樋口は軽い扱いで
本田姉妹が勢ぞろいで取り上げられて
暫くは、オスカーのプロモーション祭りかな

ピークが早い武器が無い選手のその後は
わからんわ

ジュニア男子ワールド結果

12位15位18位
とりあえず
二枠は死守したことになるのかな?

次に出てくるジュニアに期待な世代なのか

アンガールズ島田
コント系にしかみえない演技は
周囲の大人の所為だと思う
この先、
オーサーとこのジュンファンと戦うレベルにあるのかどうか
平昌には間に合わないが

後は何だか
羽生の粗悪コピーばっか

女子はロシアVS日本

2005年から見返しているが
一気にトップに躍り出た懐かしいくるみ割り人形や
スランプで苦しんだ時期のチャルダッシュ
逆転優勝の2007 GPF

消えた選手たち
キャロラインジャン14歳
キミーマイズナー
トヨタの社員になって結婚した中野友加里の巻足ジャンプ

そして真央VSヨナ

目を見張ったのが

ヨナの隣にいるオーサーコーチ

別人!?

この10年でどんだけ太ったんだってなくらいwww

そして登場するタラソワコーチ

だんだん

タラソワVSオーサーに見えてくる

こうやってジュニア後期から
シニア前期の真央とヨナを見ていると
この二人のスタイルは
突出しているな

今のアジア系女子ジュニアにいない

身長といい
スケーティングレベルといい
因縁の二人

歴史に残る因縁

前半まではね

後半は
怨念
キムヨナ側のね

改めて
真央をみていると

15才でGPF優勝の後のスランプ
16-17歳はスランプ一期目

バンクーバー後のスランプは
二期目

復活の今は
三期目かな

他の選手たちは
一期目乗り切っても
この2期目のスランプで消えていくパターンかな

3Aのような突出した武器の無いジュニア女子が
他と変わらぬ構成で戦って迎えるスランプ一期目が
シニア1~2年目にあたるなら
確実に五輪は無理だろう

あと
常に付きまとう怪我のリスク
難度が上がることは
この怪我のリスクも大きくなる
ただでさえ
腰や足に負担が大きいのに
若いジュニア時代から
難度が上がっていくという事は
構成上も
怪我のリスクが高くなる
20代まで継続して選手が続けられる人も少ないだろうなと
皆、怪我に泣く

難度を上げて若い頃から戦う選手は
早い時期にピークを迎えて
早い内に引退していくだろう
シニアの3年間~5年間が正念場となるなら
その時期に五輪に当たる選手が台頭するのかな

シニアの時期が短いのなら
常に上がってくる若手と戦うことになる
世代交代のスパイラルが激しくなっていくのかも






ジュニア女子ワールドSP結果


アリサ・フェディチキナ と本田が同点首位発進

このロシア娘、典型的なロシア美人
小柄だが等身バランスは流石
リプちゃんより美少女
あと2~3年したら、ロシア体型変わるかな
ちびのまんまデブにはならんでほしい
スケーティングも美しい
真央世代には、なかなかロシア女子の台頭が表れず
やっと出てきたソトもリプも不安定要素が高かったが
ジュニアを見ると、ロシア女子の層が日本以上に厚い
しかも皆、「maomao」言ってる

いつも思うのだが
ロシア女子の柔軟性って
人間技じゃないくらい柔らかいのは
民族性なのか?
リプも股関節脱臼してんじゃね?ってなくらいだし
その次にアジア民族かもね

本田、ノーミスで同点
ロシア勢見た後だと顔でかい
少なくとも白岩の1.5倍はある
この子もジャンプが思いの外低空
身体の軽いジュニア時期に高く飛べないのは
なんだろう
体格ががっちり系故
体が重くなってきたように見えるのは気の所為かな

肉がつくようになったら
長男の様になるのかな
癖のあるクネクネ振付は
体格の割に長い腕が
振付を大きく見せている感があるのは前にも書いた
キムヨナ系選手

余談じゃが
長男太一の見たけど
体型の所為か
だらしないな
演技終盤には背中からシャツが出てるって
何よ?って思うわ

樋口のどすこいジャンプの方が高いのか
にしても
スピンきたないな樋口
顎上がってる
伊藤みどりタイプかと思ったけど
その才能はなさそうだ
身体が柔らかくないんだろうか
しなやかさはまるでない
力で押している力士タイプ
所作に色気もくそも無い

白岩
日本勢ジュニアの中で顔は一番かわいいと思うが
小顔なのに、首が短いせいか体型とのバランスが悪い
この子の気になるところは指先
いつも手がまるまってる
指先にまでピシっと神経をいきわたらせんと
だらしなく見える
今回は緊張したのか
精細に欠けた
集中力が途切れたように見える演技
経験を積むしかないだろう
コーチとスタートの手つなぎで
緊張が露わだったもの

日本勢三人とも緊張してたな

選手層は
ロシアの方が上だな
ただ
体型の変化が速いロシア人故
シニアではわからない

ジュニア女子は3回転3種が鉄板なレベルになったが
浅田真央は
小6で3回転フリップ-3回転ループ-3回転トウループコンビネーションジャンプ
14歳でトリプルアクセル

マスコミや芸能解説者となった元選手らは
こぞって浅田真央二世を連呼するが

いないだろ

14-15歳のレベルで
12歳の浅田真央未満だもの

こうやって構成を
年齢で比べると
浅田真央が如何に天才なのかというのがわかる




ジュニア男子ワールドSP結果

アリエフ選手が1位、サマリン選手が2位、ヴァシリエフス選手が3位
日本人は中村優選手の12位が最高位&日本男子全員フリーへ

こりゃ
日本勢、誰も台乗りできそうも無いな

海外勢のレベルが高いのか
日本男子のレベルが低いのか

っていうか

低すぎ

来シーズンは
ネイサンは完全シニア移行かな

海外勢のジュニアは美形さんに見えるのは
気の所為でもなくないと思う
日本ブサイクばかりだもん


【フィギュア】小塚崇彦が現役引退 11年世界選手権銀メダリスト

スポーツ報知 3月15日(火)16時20分配信

現役を引退することがわかった小塚崇彦


小塚は2010年バンクーバー冬季五輪代表で、11年世界選手権の銀メダリスト。

 私生活ではフジテレビの大島由香里アナ(32)と13年から交際、15年7月に婚約を発表し2月に結婚した。アイスショーのリハーサルを行った際に、観客のいないスケートリンクで、小塚がプロポーズしたことでも話題となった。

 小塚は「股関節のけがによるスランプでつらかった時期を支えてもらい、『スケートに戻ろう』と思わせてくれる存在になっていきました」と語っていた。

 ◆小塚 崇彦(こづか・たかひこ)1989年2月27日、愛知・名古屋市生まれ。27歳。父・嗣彦(つぐひこ)氏は68年のグルノーブル五輪のフィギュア代表。両親の影響で5歳から始め、06年に世界ジュニア選手権優勝。08年、GPファイナル2位。10年、バンクーバー五輪8位。同年の全日本選手権で男子初の父子V。11年、世界選手権銀メダル。身長170センチ、トヨタ自動車所属。


三強と言われた
最後のメンバーが引退

新旧入れ替えが終わった

織田君のような引き際の潔さも無く
高橋のような切望もなく
5年前にピークが来た選手
ソチ選抜から外れた時に引退せず
シーズン中、一度も台乗りせず
しかも怪我でGPシリーズ中途参加
この
タイミング逃しっぷりは
小塚のピークのずれっぷりとリンクする

スケート界のサラブレッドだったのに
ピークがバンクーバーの直後で
ソチの前に沈んでしまった

しかし
殆どの選手がこんなタイミング

五輪にピークがある選手なのか否かが
生まれた時から決まっているby佐野爺

小塚って
ホントそのいい見本だった
バンクーバーの後は
伸びるか?!って
期待値上がったけど
その後のダダ下がり感は半端なかった

27歳

引退時期は個々それぞれだが
サッカー選手は平均25歳
フィギュアスケートもそのラインだけど
20代で五輪選抜外れたら引退する
織田君や安藤のように

だけど
小塚はスケートに戻ろうとしてた

選手以外のスケートを選ばず
選手で居続けようとした
捨てきれなかったのか

しかし
この引退は現役だけではなく
氷上そのものからの引退の様
選手でなければ
スケートから離れるのか
家庭を持った「守り」の人生なのか

三強の中で
一番の売れっ子となったのは
織田君

人気絶大だった高橋は
あっちふらふらこっちふらふら
「人の意見に振り回される自分」by高橋本人談

そして
高橋に次いでの人気だったのに
氷上から離れた小塚

三者三様の人生

全日本で見切りをつけたんだな
きっと
だから
シーズン中の引退
一般社員になって
普通の人生を送るのか

さて
新旧入れ替え後の
男子フィギュア

三強とは言い難い

羽生一人ぶっちぎり

宇野
無良
ダイス

この中で親子二代は
無良
だが
この先は年齢的にも
もう持たなさそうだ

ダイスはメンタルが弱すぎるし

宇野はジャンプが低空過ぎる

羽生以外は
これから上がってくる若手と
宇野、ダイスが残りの枠をかけて戦うのか

五輪は2回が
普通の選手は限度なのかな
怪我もあるし

そう考えると

まだ私は出来る

と戻ってきた
三回目の五輪を目指す真央ちゃんも凄いが
やっぱり
プルは
流石の
化け物w

多分
そのプルを抜くのは
羽生君だろう

天才は
突出した一瞬の技術の打ち上げ花火ではなく
突出した技術をどれだけ長く持続できるか
ということなんだなと

こういう引退や新旧入れ替えの選手を見ていると
つくづく思う

ピークは個人差あっても
15~19歳くらい
宇野や宮原は今がピーク
平昌までそのピークを持続出来るか否か
何れにしても平昌五輪が最後になる

今のジュニアは
平昌後にピークが来て
その次の五輪前に沈む年齢

実に厳しくも悲しい
4年おきという年月



*****************
㉓2016-03-12

ジュニアワールド

優勝候補だったアメリカのネイサンチェンの
怪我による欠場に続き
日本の山本も怪我で欠場との発表

これだったか

山本の未来が全然感じられなかったのは

連日
怪我怪我怪我
こればっかり
夢に出てきた

この怪我はね
長久保の垢




読みかえると
よくわかる

名誉欲の凄く強い



その垢を
本人が飲み込んでしまった

最初は練ったり塗りたくられていただけだったけど
洗い落すどころか
自分から飲み込んでしまった

回復状態にもよるけど
ジュニア残留は希薄そうだな
平昌に執着しているから

長久保も生き急がんとしているかのような
欲の塊
本人もそれにそっくりだ
自分で決めたとして
来シーズン
シニアに上がったところで

無理

表彰台どころか
選抜さえ無理だろう

今がピークだということに
全く気付いていない

浮き沈みはあるだろうが
先は無い

憧れの人が
3回目の五輪に出る頃には
次に上がってくる後輩たちに抜かれている

AKB女子たちは
もっと悲惨





22

2016-02-03-18:52:06

羽生15歳
山本15歳

同じ15歳

決定的に違う

スタイル

そして
風貌

下はどー見ても
40代リーマンにしか見えん





Fernandez improving, but still not in Hanyu’s class

ハビは上達したが、それでも羽生レベルではない



いうことだそうだ

この記事書いた人は
15年ジャパンタイムズのスポーツ記者だって
アメリカ人なのかな

どんなに点を伸ばしても
それはもう
無意味なことと捉えてもいいのかも

ジャンプが飛べたかとか
ノーミスだとか
何回転とか

そういうレベルじゃないってことなんだよね
羽生結弦は

完全に
フィギュアスケートの理想の世界を作り上げた

そう

見る為のフィギュアスケート

皆見るの
見る為に見ているの

これが本当のフィギュアスケートの美

浅田真央もそう

この二人の功績は
点数ではなく
スケーティングスキルだけでもなく

そこに
表現される「ドラマ」

このレベルに到達させたこと

そして
これから更に飛躍し続けるということ

すげーっス






⑳-2016-02-03

フィギュアスケーティングvol.63を見ている

ソチ五輪後の世界選手権で真央ちゃん優勝特集

ここに今シーズン大躍進のロシア若手が掲載されている

と、その前に

プル皇帝

今と違う

やっぱ太ったんだ

五輪の頃はシャープだったんだとわかる

引退したいだろうなぁ

腰も足も
あちこち怪我しているし
年齢的にも現役続行はあまりにも過酷

しかも
羽生くんには絶対勝てない
「スピンもジャンプも私よりずっと上手だ、アメージング
ユズは他の星からやってきた」と称賛する以上
対決なんて
端っから成立しない
あの身体を酷使してまで
現役でいるのは
やっぱり
お国事情以外の何物でもないって
つくづく思うわ

まっちーも特集
お肌が若干見れる程度になっている頃か
この人も
相当なナルシスト
こういう世界観の人って
どこの分野に行っても
持論を展開していくんだろうな
振付師
この人ほど向いている人はいないかも
センスのあるなしではなく
性格的にという意味で

何れ
十数年か
二十数年後には
振付師として教え子を大会に送り込み
そこで
リベンジの執念に燃えるだろうな
生涯かけてリベンジしてくる執念
周囲がドン引きするくらいにメラメラと

今思い出しても
まっちーの引退宣言は
彼の演出の最たるものだった
もっとも華々しく目立っている中で

やらかすwwwwwww

っていうね


スケーターは皆、目立ちたがり


今季大躍進のロシア「女子」若手に比べ
男子は

ピトケーエフ

ただ一人か

この頃の写真は
少女マンガの登場人物さながらのスリムさ

あと2年もしたら
がっちり欧米人の男な体型になるんだろうな

そうやってみたら

なんでアジア系がフィギュアスケートの表彰台を独占しているのか考えるに

体型

これが一番大きな要因なんだろうな

ジュニア勢を見ていると
みんな体が柔らかく軽いのは
子どもだからだね
筋肉ったって
成人した出来上がった身体ではないから
重くもないし
つきにくい

そうやってね
考えながらバックナンバーを見ながら
今の活躍の様子を見るとよくわかる
欧米人は
身体的成熟度が東洋人に比べて「早い」

だから
ジャンプの力はあるが
力で飛ぶジャンプになるし
何より身体が固くて
優雅さがなくなる

ロロのようなプログラムなら
貫録で見ごたえもあるが
羽生君のような中世的な演技は無理だ

ランビエールもあのがっちり体型によって
どうしても優雅さが欠けてしまう
ジョニ子も辛うじてレベルだけど
羽生氏を見てしまうと
どうしてもでかすぎる感が小回りを邪魔して前面になる

21であの体型だもんなぁ
胸板厚くなったとは言え、
欧米人から見たら
10代少年の体型だろうな

一方の女子の奇跡は
Cコストナー

あのでっかい体格で
あの年齢まで
よく現役続けられたなと
欧州では彼女しかいなかったというのもあるけど
大ぶり過ぎてしなやかさがまるで無かった感がある中
きっと太るだろうな
というのを感じさせなかった絞り込みは流石だと思う

米国勢はみんな太ってしまって自滅していくのが多かったし

そして
真央ちゃん
今でも過去映像を何度も見返しているのだが

バンクーバーのときは本当に細い
ソチも今よりずっと細い

かなり絞ったという今シーズンは

絞っても

身体の丸み

下でも書いたが
女性らしい丸みがはっきり出ている

太ったのではなく
体型の変化

ここにきて
しっかり出てきた

それで
あそこまでジャンプができるのは
それが
所謂

天才

だからだろう


若い時は
身体も柔らかいし、軽いから
スピンもジャンプもできたりする

それが

年々出来上がっていく身体でも出来るか?

という事だと

今のノービス女子レベルでも
レイバックスピンなんか
今の真央ちゃんよりずっと柔らかい

だって
まだ
子どもだもの


一般的に、女子シングル選手は15歳くらい~20歳くらい、
男子シングル選手は19歳くらい~24歳くらいが、もっとも身体のコンディションのいい時期だと考えられています


こういう見方があるとしたら

シニアデビュー参戦の頃の村上加奈子が
何をやってもうまくいかなかったというバンクーバー後の3年間に
真央を上回る順位についた事が何度かあった

だけど
ソチの頃から今の状態を見ていると
既に体型が出来上がりつつあり
選手としては引退の状態になってきたと言えるだろう
おそらく、若手がよほど回りが大自爆をしない限り
村上が表彰台に食い込むことは困難だろう

村主が29歳まで大会に出続け
33歳で引退するまで
えらく長くいたが
上位に食い込むことはなくなっていた

それでもあの年齢まで大会に出るなど
現役を続けられたのは
やはり
体型が大きな要因だろうなと
素人目にはそう見える

完全な細身体型

荒川静香が未だに滑り続けられるのも
あの体型にあるだろう
トリノで金を取った頃の荒川の体型を見て
日本人も変わったなと思ったもの


今のジュニアの体型と
その頃の真央ちゃんや荒川の体型を見てみると

歴然とした差を見せつけられる

まるで違う

肉付き
骨格

真央に匹敵するジュニアはいない


宮原の体型はジュニアの体型だ
だから軽いし柔らかい

それ故に、
その軽さと柔らかさをもってしても
あの低空ジャンプ

これから筋肉がついて
小柄でも身体が固くなってきたら
19歳の平昌五輪までが限界だろう

25であの身体の丸さが出てきた大人の体型の真央ちゃん

それであれだけのジャンプが飛べるのは
伊藤みどりに続く
タイプの違う
もう一つの天才だからだろう

今のジュニア女子

樋口
あの低身長であの昭和な体型で
みどりのような爆発的なジャンプ力がない以上
シニアで無理だろう
2年後の平昌では17くらいか?
真央、宮原、うーん、3枠なら本郷かまた他の誰かが入れば
樋口の選出はないな
だとしたら
五輪に選出されないまま割と早く消えていく
平昌の次の五輪の頃には確実に表彰台にはいないだろう

本田
驚きの超筋肉質な遺伝体型
上半身のがっちり感が半端無い
バックナンバーの被災地公演に出ている写真
額がどえらく広い6頭身
だから、今、前髪で隠しているのか
手首をくねくねさせるのは
動きを倍増させる効果?
この選手から感じるギラギラ感が、キムヨナを連想させる
くねくね滑る所やジャンプの武器がないところも似ている
筋肉質な体型が
やがて重さと固さとなってくるだろう
この選手も平昌の次の五輪の頃は表彰台にはいないだろう

白岩
青木


印象が薄い滑り
上記二人との違いは
どすこい感というか
力の滑りがないからだろう
滑りの力ではなく
力で滑る力強さという方がぴったりくる上記の二人
筋力の差なのかな

細身の子って
なかなかいないものなんだな
真央の14歳の頃の細さはお人形さんだもの

比較してみるといい
全然違うから
今のジュニアたちと

効率の悪い足の組みで
あの体型で
あれだけのジャンプ力をもった伊藤みどりの再来はいない

お人形の体型で
あのジャンプ力と
あのしなやかさをもった浅田真央の再来もいない

天才って
なになにができる
ということではなく

どれだけ
現役TOPで
常に新しい境地を身につけていく力を
継続しつづけられるか

という事だろうと思う

一発花火のような選手は
それこそまぐれ的なもので
天才とはいえないだろう

漫画家だって
小説家だって
1作品大ヒット
1シリーズ大ヒットを書いたからといって
それは天才ではない

鳥山明が天才か?
ハリポタ作者が天才か?

手塚治虫氏のような人を天才といえばわかりやすいだろう

プルが皇帝といわれるのも
4回転に挑戦し続けた現役が長く続けられたこと

そのことに尽きる


マスコミが意図的に作り上げようとする選手に
天才はいない

マスコミが驚いて
なんだなんだ?と探って
足元を救おうとして
転ばそうとして
叩こうとする選手ほど

天才

だということ

男子ジュニアやノービスの中から
第二の羽生を探そうとするマスコミ

羽生が「目指せ金メダル」と子どもの頃に言ったからと
同じ言葉を子どもに言わせて
「金メダル取ると言ってる」と騒ぎ立て
羽生が「金メダルとっても悔しい」と言ったからと
メダル取っても悔しがる言葉を子どもが言えば
自分になんちゃらかんたらだーと騒ぎ立てる
金メダリストと同じ言葉を言ったからと
未来の金メダリストの逸材と騒ぎ立てる

子どもたちも、大人が何を言わせたがっているか分かっているから言うのである
言うと騒ぐから、また言うのである

今のジュニアたちが
羽生選手の言葉をなぞっているだけなのは
誰が見てもわかるだろうに

羽生を彷彿とさせるだの
真央のような天才だと
コーチらは選手を売り込んで
コーチとしての名をあげたい人ばかりだ


真央が復帰して現役を続けた
質の高いトリプルアクセルを跳べる

天才

もって生まれたもの

環境
体型
素質
才能
向上心
努力

そして

質の高い魂

この最後の質の高さをもち合わせたジュニア選手はいない

男子も女子も

そういうことだろう












19-2016-01-28

ハビのユーロ選手権FPを見たが

あれ

どうなの?

お手付き

回転不足

音楽との不一致

それで302点とか

つなぎもスピンも
なめらかさゼロ
ぶっちぶっちキレまくり

それでも羽生君とは28点差か

ネイサンは
ジュニアとシニアの両方選出だったのに
手術で欠場
もったいない

女子は
ロシア勢の追い上げだけ
でも
18、19をすぎると
体型が一気に変わる
25を過ぎると太りだす

ソトニコワもリプちゃんも
ワールドで優勝できそうにもない
若い子も
本当にうまい子がいない
あんなに選手層が厚いのに

男子もジュニアで一人くらい

日本男子二人で三枠獲得できそうだ
女子は真央ちゃんの出来次第で三枠維持

日の丸は表彰台に2つづつ
そんなイメージ









18-2016-01-09
更に加筆更新しちゃったよ版

盛岡エキシ第二部しか放送されなかったが

ロロとプルが見れたのは
ちょっとレア感もあって良かったw
ショーにでも行かないと
見れないしね

ロロ43って
60代に見えた
日本人より老けて見える
長野の三銃士
真央の自称ゴッドファーザー
あの年齢というより
あの体型が重くて苦しんだね
息切れが激しい
バック転決まって良かった
ジャンプは難しいね
おそるおそる感だったもの

プルは流石
まだ33だもの
だけど
筋肉であれでもかなり硬くなってる
キャメルとか出来るだけ凄い
歌入りがゴージャス感

一方
日本のジュニア
樋口
初めてしっかり見た
驚いた

スタイル悪過ぎ

昭和の体型だよ
手足短い太いドスコイ

スタイル悪くても
伊藤みどりのような
爆発的な跳躍もない

リズム感ゼロ

これが致命的
だめだ
伸びない
天性の才能が無いんだな

加えて
手がお留守
ジャンプ低い
アスリートとしての武器が無い

ダンスプログラムなのに
これはダンスでは無いな

顔がおばさん臭いと思ってたけど
体型はそれ以上だった
見た目でマイナス感あり過ぎ

山本

相変わらずスピンが汚い
膝が曲がって
尻が出てる
ジャンプに入る姿勢がゴリラ
優雅さ皆無

演技の面白味の無さは
イコール
表現力の無さ
棒きれのような動き
伝えるモノを持ってないんだな
これが致命的な選手
凡庸な動きにしか見えないのは
表現者に無くてはならないものが無い
これだ

体型も
上半身ががっちりして、腰回りが太い
おっさん体型に近づいて行くのが早い
後二年もしたら本田たけし体型になるだろうか

それにしても
毎回思うが
この選手も樋口以上に老け顔
30代営業サラリーマンにしか見えない顔

若いジュニアが
どのシニアよりも老けている
男女揃って
なんでこんなに老けてるんだ

織田君

術後五カ月
前半、止まってるのかと思って心配したけど
後半盛りあがってジャンプも決まって良かったよ
膝は完治したのかな
着氷も決まってた


あっこ姉さん
30か
早いもんだ
優等生な滑り
宮原もこういうタイプかな
何故か
印象薄い演技
どんなに完璧でも
教科書的過ぎて

荒川姉さん
益々、頬がこけてやつれて行くように見える
異様に痩せて無い?
顔が骸骨になっているのだが
レイバックイナバウワーの柔軟性が弱まった?

羽生君はお疲れでも安定のジャンプに
豊かな演技力
冒頭の着氷がちょっと危なげに見えたけど
二度目が綺麗
だけど
いつもより弱々しく見えたのは

痩せた

痩せたよね
羽生君

腰回りの骨が浮き出ているように見えた

直ぐ痩せちゃうんだね

真央ちゃん
ジャンプが決まらない
メンタルだって思うけど
何の迷いがあるんだろ?

プルもインタビューで
真央はどんなジャンプでも出来るって
真央なら出来るって

それは
真央の今の不振を言っている

何も迷うことなんかない
真央は出来るんだからと
言ってくれてる

真央の迷いは
一瞬の迷いであっても
それは一体
なんの迷いなんだろう

年齢も
体型も
体力も

まだ大丈夫って
それはね
見ているこちらが思うだけだけど

なにかこう

自信?

そうなのかな

期待に応えられない自分に

自信が揺らいでいる?

年齢や体力で?

恐らく、本人もハッキリと分からないだろう

周囲の期待が
真央の順位を押し上げる
それが
批判にも繋がるかもしれないが

真央は内なる自信を取り戻すだけではなく
新たな「内なる自信」が必要だろう

それはね
私生活の部分で
頼れるのが=甘えられる相手が
お姉ちゃんしかいないということ

これだよ

家族の支え

これが
薄いんだ

絶対的だった真央ママが亡くなり
舞が居ても
ずっと1人で戦っていた真央ちゃん

大人になった真央は
今度は自分が母親になる年齢だ

必要なのは自分の母親ではなく
母親になる自分に必要な愛してくれる愛する配偶者の存在

外の人
それは
コーチだったり
仲間だったり
ファンだったり
友達だったりするけど

真央を精神的に支えてくれる内なる人
それが
今の真央
これからの真央に
無くてはならない必要な人

甘えたくても
いつまでもお姉ちゃんだけにとはいかない
姉も独立していく人
血の繋がった母や姉と変わらぬ
甘えられる人
血の繋がり以上に
心を許せる人

ああ
真央ちゃんは
そういう年齢になったんだ

25だし遅い位なんだけど
これだけ魂のレベルが高い真央だもの
そんな高レベルな相手なんか出て来なかった

これが
真央の切なさなんだな
甘えと心のよりどころ

はい

そこで
羽生君ですよ
っと

フィナーレで
羽生君と手つなぎツーショット
短すぎのがアレだけど
可愛い

真央は完全に大人の女性
スタイルも
言動も
考え方も

しっかり者の羽生君が並んでも
どうしても
真央が大人に見える
まだ
そうね
まだまだ
羽生君が幼く見える

あと、二年くらいかな

真央ちゃんからは
被災地に対する深い思いが伝わってくる

真央は
羽生君にとっても
理想の女性だ

そういう所でも
ふたりが近づく事になるだろう

本領を発揮出来ないのはもったいない選手だと
佐藤久美子コーチは言う

羽生君という心の支えを得た真央は無敵だ

五輪に忘れ物をした真央
それを見つけに行く心を支えてくれる人を得た真央は
バンクーバーやソチ以上の演技で憂愁の美を飾る最後の五輪の舞台で
本領を発揮したスケート選手の人生を演じるだろう





全日本その2 2015-12-26

大自爆大会

結局、男子はアレな結果に
GPに比べて
村上ダイスと無良が入れ換わったような程度

こうやってみると
知らない名前がいっぱい

大学生が多いな

だけど
大学生でGPシリーズや
ジュニア時代に世界大会で台乗りしていない選手は
卒業と共に引退コースなんだろうな
スポンサーも居ないだろうし

武井壮の
「屍のようなアスリートが山の様にいる」
って
それこそ
野球やサッカーと違って
プロがいっぱいいる世界でも無い
プロになるより
コーチや指導者なんだろうし

シニアで生き残れるのも
僅か数人

羽生
宇野
無良
村上
小塚

今はこのメンバー
五輪や世界大会で台乗りしているメンバー
たったこれだけ
競技人口が少ない種目だけど
トップに残れるのも極端に少ない

ジュニアからは
2~3人かな

層が厚い言っても
少ないわ

あれだけ国が力入れて
学校まで作っているロシアでさえ
男子後継者が殆どいない
そういう
やってるひとはいても
トップに上れる人が少ない
選手にとっては絶滅種的な競技なんだな

小塚
ジャンプが酷かった
スピンはそれ以上酷かった
精彩欠け過ぎ

台乗りは
この先もう無理だろう
三強と言われたのは過去の事
モチベーションも低いように見える

高橋の優柔不断な挙句の引退
小塚のタイミング逃しもそう


織田君が
一番潔い引退の仕方だったと
今は痛烈に思うわ

羽生の登場で
三強時代が終わり
変わって

町田が出て来たが
ジュニア時代から勝てなかった羽生に負けての引退宣言

代わりに、
同じく羽生のジュニア時代からの村上ダイスが登場

更に、
同じく羽生のジュニア時代からの無良が最後の踏ん張りを見せる

こういうのを見ていると
日本は次々出てくる層の厚さの様に見えるが
皆さん、羽生より先輩
そして交代の様に出てくるのも
ひとりずつ

羽生が高得点を連発更新した記録の陰で
羽生自身が自身をライバルにする目標が出来たことは
これからの未来を作りあげるのに大きい成果だったろう

それだけ

ライバルがいないという事

高橋と羽生が被っていたいた三強の終わりの
あの時が、
男子枠の争奪戦が激化していた唯一の時代

ソチのシーズンで

事実上、それが終わった

結局
織田が抜け
高橋が抜け
町田が抜け
小塚が下降し

代わりに出て来た
無良
ダイス
この2人も
ジュニア時代から羽生に勝てず
シニアでも
羽生のライバルではなくなった

漸く出て来た後輩も
宇野
あの不可思議な加点盛り
全てプラス加点のジャッジが1人だけいたり
不思議な事が宇野にだけ反映しているのが気になるが
それでも
羽生が大自爆をしない限り
ライバルではない

次のジュニアが
これが
また
低レベル

もしかしたら
羽生の活躍で女子の陰に隠れていた男子フィギュアの未来が開けた様に見えたけど
実は
羽生が凄いだけで
この先、
日本男子フィギュアの冬の時代になるのかも

競技をやっている人がいる限り
誰かしらトップに立つ順番めぐりはあっても
これは凄いと思わせる稀有な天才スケーターは
羽生以外
いないようだ

明日は女子フリー

私は、難度を下げる浅田真央を評価する
以前なら考えられない選択だったが
大人になって成長した真央は
「らしくない」選択が出来るようになった
信夫コーチとでなければ
こういう成長は無かったか
それか、成長するのがもっと遅くて
この復帰自体が無かったかもしれない

真央はフリーで巻き返す
ギリギリでも三枠に入る

女子フィギュアの未来は
浅田引退の後
暫く、営利目的のコーチやマスコミに
売名利用で、いいようにかき回され
本当の天才が出てくるまで
タレント化したAKBなスケーター達でセンター争いするだろう
事務所の力で
かつての歌謡大賞の様な出来レースが展開するかもしれない

これが
最終的に女子フィギュアの膿出しになれば
日本スケ連も変わらざるを得なくなるかも
そもそも金儲けと役員の為の朝鮮企業の様なスケ連が
癌なんだし





全日本その1 2015-12-25
166 名無しさん@恐縮です@転載は禁止 sage 2015/12/26(土) 08:53:29.66 ID:4RAOKk3ZO
>>146
子供の頃の話でもしてるの?
昨日生で観てたけど
下手どころか一番上手かったよ…マジで
あれが下手なら他の選手の立場がないほど
6分間練習の時も一番滑らかでスピードもあった
他の選手もテレビより良かったけど
想像してたより上手いと思った№1は羽生だった
ジャンプも高くてダイナミックで
周りの観客が羽生と宇野の両方のファンっぽい人達に囲まれてたんだけど
宇野のジャンプが決まると「わぁ~!」って感じで
羽生のジャンプは「おぉ~!」と息を呑む声援だった
だから周りの観客も羽生の方がダイナミックだと感じでるんだなと思った
というか宇野はジャンプが低かった
宇野の演技の後に6分間練習に入った選手の人達のジャンプが全て高く見えるくらい低かった…
でもフィギュアはジャンプだけじゃないからと強引に納得した
あとスケートとは関係ないけど良くも悪くも普通の兄ちゃんだった
羽生とはオーラが全然違かった
でも二人ともテレビで観るよりイケメンだったよ無良や小塚も


宇野については
このまんまの印象

ジャンプは回りきれば基礎点
だけど
無理矢理着氷グリリン降り
つーフット疑惑は毎度なのは
超低空ジャンプだから

漕いで漕いでの横っ跳び
勢い付けてのジャンプだから
幅はあっても高さが無いから
着氷も汚い

それで出来栄えが+3とか
どんな出来栄えなのか
キムヨナが消えて、こういう謎加点がなくなると思っていたら
まさかの国内選手で見ることになるとは

素人判断で評価するとだね

美しくない
見た目が汚い

これに尽きる

重量感があるというのか
鉛の玉を
ゴロゴロと氷の上に転がしているような
スケーティング

舐める様な
撫でる様な
そういう表現もあるかもしれないが

鉛玉を転がしているような滑り

それが一番しっくりくる

手足が短いから
動きが細かいように見えるが
左手はいつもだらりんとお留守

それで、尻から滑る下半身だけで漕いで漕いでだから
鉛玉が転がっているように見える

どのポーズを見ても
美しくない

これが
どのように加点に響いているのかもわからないが

何度もリプレイ鑑賞は
自分としては有り得ない

あのケツから手前に滑ってくる映像
あれやめて
気持悪い


【追記版⑱】
コメ回答をこっちにエントリーします

> どうしてもキムヨナが今でもフィギュアの女王と呼ばれている事が許せません、悪事がバレて大恥を掻けばいいのにと思っているのですがその時は、いつ来るのか?まるがさんどうなんでしょうかねぇ?


誰に対してもだが

こうなればいい
ああなればいい

そういう「負」の感情や発想は「言葉」にしないこと
呪いの言葉と同じ
自身にブーメラン、気をつけるべし


キムヨナは
キムヨナ自身が選択し、自ら望んだ形で「正負の清算」をします。
最初に楽を選択したのなら、後にそれに見合った苦を学ぶように

彼女が行ってきた事を
今後の彼女の人生で、彼女自身が清算する。

私の様な素人が見る限りの範囲でも

彼女があのような形で得た数々の称号は
後に、

いえ、

既に、

その称号の重さの分、数の分、巻き起こした騒動の分、疑惑の分、
彼女を苦しめることになっているように見える。

キムヨナ自身、自分はスケートを憎んでいる事を自覚しており
その憎んでいるスケートしか知らない今迄の人生から、
今後も、そのスケートの世界で関わって生きるしか術が無い事も知っている。

これこそ

地獄

自ら望んだ地獄道を歩いて行く

オーサーコーチの言葉が全てを物語っている

「私は、キムヨナから『スケートを愛している』と言う言葉を聞きたい」


自身の著書の中で、
羽生選手を語る時
彼のスピリッツを称賛していた

その理由は、

ユヅルは、スケートを愛している

その事を
何より称賛していたオーサーコーチ


スケートを愛するその精神が、
彼の向上、努力、才能、人間性、対応、環境、人脈
スケートに関わる
そういった全てのモノが構築されていく

キムヨナが、
技術力を磨く事を拒み、姿勢一つ矯正せず、
浅田のみならず他選手を卑しめる発言をし、
マスコミを翻弄させ、自分の環境を支援し整えてくれた母国国民すら憎み
子供の頃から「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない子と、元コーチに言われる

浅田真央が
そして
羽生結弦が

常に
技術力を磨く事に精進し、姿勢から指の先まで神経を使う演技、
他選手を尊敬し思いやり、マスコミバッシングにくじけず、
自分の環境を支援し整えてくれた母国国民だけでなく他国のファンにまで感謝を忘れず
子供の頃から「性格のいい子」「愛される子」「努力の子」と、
元コーチや仲間、級友の誰からも愛される神の様な人格

この違いが

スケートと関わる世界で生きていく事になる未来の考えるに

天国と地獄の分かれ道

スケートを愛す者が進む未来と
スケートを憎む者が進む未来

スケートを愛する真央と羽生が
自ら望んで進む道と
キムヨナの進む道が

どういうものか

我々は
この愛する日本国民代表選手を「応援」する事に目を向ければ良い

また
他国の選手に対しても
アイスショーや試合で見たいと思う選手がいるのなら
その選手を見に行けばいい
それが、集客力に繋がる選手なら
高いギャラを払ってでも招致される選手となる

こういった周囲の反応や対応が
真央、羽生、キムヨナに

どういう風に表われるか

私達は見ているだけで良い

スケートを憎み、それに関わるものを憎み、ライバルを憎み
環境全てを憎んでいたことそのものが
全てブーメランになるように

スケートを愛し、それに関わるものに感謝し、ライバルを尊敬し
環境全てを大事に思いやってきたことそのものが
全て未来を形作るものとなる

GPFに韓国人選手は1人も居ない
どの国際舞台の表彰台にもいない

韓国内では、キムヨナ引退後もスポーツ税を徴収しているのか知らんが
国内大会を全日本の様な大きな大会にして派手さをアピール
しかし、
全く選手が育たないまま
それこそジュニアレベルで引退して行く

そういうレベルの韓国を見ていると

キムヨナは

韓国という民族国家に決裁された「才能」だったんだなと思う
その折角の決裁を
ああいう人格でああいう国民性を露呈する為に無駄に使った


真央や羽生が飛び抜けた天才であるように
キムヨナはスケートの天才だった
生まれ持った肉体の天才
スケートをする家庭環境を手にした天才
スケーティングの天才

しかし
その心根
蛇を飼っている心根が

様々な「韓国民族」らしい
同じ心根を持った
類友を呼び込んだ

そんな風に思えてならない

選手が今も昔も育たないのは
韓国の民族性の象徴であり

韓国が自ら望んで進んでいく未来

そのものだからだろう













【追記版⑰】

小塚

9位

初戦欠場だから
ファイナルには行けないけど

ああ
この人

バンクーバー後の1年2年が

ピークで終わった人

だったんだなぁ


あの頃は、
次の五輪の台乗りすら
可能性を感じる成長ぶりだったのに
五輪にピークを持って行けない人だったんだな

だんだん
順位が落ちてきて
羽生君にあっさり抜かれて

そんなこんなで
ソチ前、ソチ後の
本人のインタビューを見ても

やる気

そのものが

無い

感じられない

怪我もそうだけど
真央の様な強い気持ちがまるでない
闘う気持というより
スケートに対する気持
真摯で
真面目な気持ち
愛する気持ち
自分の人生としてのスケート愛

そういうのが

もの凄く希薄になってて

めんどうくさい
嫌だな
どーせ出来ない

何かそういうのが
どうしても
隠しきれない

その気持は
全て
自信の無さの裏返し

高橋が怪我で不調の時に
ソチエントリーの順位だったけど
余りにもギリギリ過ぎて
行ったところでアレだから
過去の実績から
高橋に

でもね
誰も(と言うとアレだけど)

誰もが納得の選出だった>高橋

この時点で
引退レベルだったんだよ
ワールドで引退

完全に
引退のタイミングを間違えた
ピークのちょい下になってきた時のワールドを最後に
引退

ソチ選抜に乗れなかった織田君は
そこの所ちゃんと分かってた

出場そのものが無理だった産後の安藤でさえも

まっちーは
まぁ
一番目立つ演出を
自分で選んで目立って辞めた
そういう所が
抜群のナルシスト

同じ超がつくナルシストでも
まっちーのソレは
スポコン系の羽生さんとは違う
自分そのものを目立たす為の演出
アレが出来る人もそうそう居ないw

あっこ姉さんは
典型的な優等生引退

それぞれ五輪選手が
そうやって辞めていくなか

優柔不断な高橋は
真央ちゃんと真逆だった

自分はまだ出来ると決断した真央と

もう出来ないと
誰もが分かっていたのに
ハッキリ出来なかった高橋

それでも、遅ればせながら
もう
シーズンには乗れないと
引退声明

だが

小塚

ピークを自覚できなかった

これだな



真央ちゃんとバラエティにお呼ばれしていた時
あの頃が
一番の



もう
随分前だけどね

スター性も無く
トークも出来ない

織田君にもなれない

これ以上選手生活は無理
スケート家系を生かして
コーチになるしかないのだろう

ところで
無良選手

額が

完全に
キテマス

びっくりしたわ

前髪長いから
気付かなかったけど
前髪がなびいた瞬間

やばい

だいったい
デコのテカリで
何となくわかる傾向

ジュニアを見ても

ああ

この子
前からくるな



にしても

無良選手
キテる
まだ

20代なのに



【追記版⑯】

パリ同時多発テロ

これで
FP残したまま
ISU国際スケート連盟がボルドーのGP大会中止を発表

そらそーだ

ただ
FPどうする?

SPだけの順位で?

各国ISUがもめてる様子

過去に、FP中止の事態が発生した時、
SPだけの順位で決めた事もあったらしいけど

そら
自国の代表選手が
自爆のSPで決められたら
FPでの加点盛り挽回が絶望的になるし
それで唯一の自国代表選手が
ファイナル出らんない
なんてことになるもんだから

そら
揉めるわなw

世界王者の称号を持つPチャンの自爆ぶり
あれはあれで自業自得なんだけど
下に書いたように

Pチャン
焦りに負けて思うように出来ないままだな

世界王者が
加点システムに盛られて守られてじゃ
既に、選手としてのピークが終わってる証拠

これから這いあがれる可能性は
絶望的に無い

インタ聞いても

言い訳
逃げ
不安
恐怖
嘆き


いっぱいいっぱい

気にしていないフリ
自分は自分のマイペースなフリ


その不安の裏返し

王者の称号を守るなら
ソチで引退が花道の王道だったろう

何故、引退しなかったのか?

羽生には勝てないと分かっていたはずなのに
Pチャンの優柔不断さが
引退のチャンスを見誤った結果だと

私は思うわ

まぁね
ボロノフという前例もあるし
確かに、年齢だけでは可能性は無きにしも非ずだけど

性格

Pチャンの性格が
女々し過ぎ

気弱になると

「友達に会いたい」と公言してんのね

それ
彼氏でしょ

言わんでいいよ


んで、ダイス

メンタル弱いなぁ
その弱さが演技にも浮き出る時がある
これが
彼のネック

自信を持って堂々とした演技

それを見たい

日の丸を背負いたい
日本人として戦いたい

そう思ったんでしょ?

その思いを
演技で表現してほしい
もっと自信を持って
強い気持ちで演じて欲しい

羽生君との一番の違いは
どや演技

それがね
無いの

スピード感にも出てきてる

遅い

遅いの

テンポが

もっと早く
もっとテンポあげて

そこかな

自信を持って演じることが出来るようになれば
凄く良い演技者になると思うんだけどな

それが、平昌無理でも
ワールドの台乗りも夢じゃなくなると思う

ああ
それと

TOPと戦いたいって
その気持ちは偉いと思うわ
だけどね
世の中、要領とか段取りとか計算とか
あるわけさね

シリーズでTOPと戦ったら
ファイナル行けなくなる可能性大なんだよ
避けて、ファイナルで戦う計算高さも必要なんだってこと

一位から三位に落ちて動揺するなら
そういう戦略に出る事も勝利への選択肢の一つなんだよね


宇野

少し引き締まった?
この子、太り易いみたいね

怖いもの知らずな勢いが
如何にも若手

羽生君も
荒削りな勢いで台乗りした17歳な時があった

だけど
この人の場合、
背負うモノが無くて
選手としての歪みが矯正されないまま
そこに色んなものがどんどん詰まって
気付かない内は、勢いがあるんだけど
溜まったものが大きくなり過ぎて
それが、考えない頭だった事のツケになるというか
ピークは2年くらい
錯覚はそこまで
マスコミの手のひら返しが凄まじい

ボーヤン
私的に
面白すぎて今季一番ハマってる
手裏剣シュッシュな振付が
何度見てもアレだしw
ジャンプの時のビヨヨンが
何度見てもアレなもんで
自らジャンプ大会やって鼻血とか
いやもうね
今季最高のエンターティメント選手だわwww
そういう点では
今一番楽しめる選手ではあるけど
このまま成長し続ける事はないなっていうのは
見てる人は皆分かるよね?な選手

なんだろう
中身が無いんだよね
人としての喜怒哀楽というのか
人情とか心というのか
なんて言うのか、人としての情緒というのが
どっかすっぽりないような
人形みたいな人

中国って摩訶不思議な国だけど
その中のある民族に
特殊な秀でた能力があるのかわからんが
中国雑技団
ああいう人達がスケートやったら
5回転ぐらい出来そうなの幾らでも居そうw

技術はね
人間の極限レベルで出せる人って
いっぱいいるのかもしれない
いや
居るんだろうと思う

だけどね
そこにね

表現といわれる
人間としての
出すモノ、見せるモノ、魅せ方

そういうのが
あるかないか

そしてね

それが
その選手に似合うかどうか
美しいとか
芸術的な
視覚的な「美」が

備わっているだけではなく
似合っているかを出せるか

そこだと思う

表現力という言葉で言い表すとしたら
その
表現力は
その選手の人生観の表現だから

羽生君の
真似したり
似せたところで

それは
他人の人生を真似ているだけで
自身の人生観の表現者になったわけではないってこと

だから

天才は
背負うモノが大きいと言うのは
魅せるモノも大きいわけ


さて、羽生君

その前に

あのモニュメント

ブロンズ像

やめて

慰安婦像な思想で発案したでしょ

日本人の考える事じゃないわ

似てないし

誰あれ

頭デカイ

いらん


さて、羽生選手

チームブライアンとしっくりいってる協調性能力
何処に行ってもコミュニケーション対応力を発揮出来る

そこが
愛される特徴

真央ちゃんとよく似ている
ホント、よく似ている

他人に対する思いやりがあるから
それが出来る
優れた天才的能力の持ち主

なんだけど

昨季は
五輪王者
三冠達成
という称号に対するプレッシャーに
焦りがどうも捨てきれずに
優先順位が判断出来ずに
腰痛で棄権からのスタートとなった

「練習優先」

オーサーコーチの言う事を
もっと聞くべきだったのに
その反省点が
今季も生かされていない

この子は天才

そう

天才で凄く成長が早い
震災経験で
16歳で成熟期に達した

だけど
実年齢は
実年齢分の「時間」しか
経験していない

そこに
精神的成熟度と
実経験値の年数とのギャップが出ている

周囲は
大人以上の大人として
羽生君を扱っている

彼の精神は成熟していても
経験値は、
世間を知らない
社会経験の無い
まだハタチの大学生だ

腰痛や喘息を悪化させるのも
自分自身だと言う事

そこに
思うようにならない身体に対する
焦りが出てくる

それも
自業自得なのに
まだ
わからないでいる様子

経験の短さから
自分で判断出来ないでいる

こういう事は
年齢的にも経験豊富な
オーサーコーチの言う事を素直に聞くべきだ

お母さんにも言い訳している

こういうところが
まだ
子供

幼い部分

そういうところと
成熟した精神部分の
ギャップが大きすぎる

羽生君の最大の課題は
この
聞く耳を向けるべき人の話を聞き入れる事

そこだと思う

真央ちゃんも
バンクーバー後の3年間で
信夫コーチの元で
この「聞く耳を向ける」事を学んだ

頑固で我儘だったプライドを
コントロール出来るようになった

羽生君の今の年齢と同じ

天才2人が
この年齢で
漸く学べる事

真央ちゃんもそうだったように

羽生君も
これからの1~2年間は
自分の焦りとの戦いになる

この焦りに負けて
真央も佳奈子に抜かれた事がある様に
羽生君も
後輩に順位で抜かれる事もあるだろう

それはマスコミの絶好のエサにはなるけれど
一時の不調によるもの
息抜きのタイミングでしかない

羽生君と
Pチャンの大きな違いは
挑戦と飛躍向上から

逃げない

というスタンス

これが、
羽生を天才選手として名を刻む最大の要因

Pチャンは
50年後に名前は残らない
いや
20年もかからずに記憶から消えていく

羽生君には
更なる試練がちゃんと用意されている
勿論
乗り越える術もちゃんとある

天才としては
まだまだペーペーの赤ちゃんなレベル
凡人一般ピポーにはそう見えないけど
まだ
まだ
真央ちゃんの足元に辿りついたレベル

だけど
成長が物凄く早いから
あっという間に肩まで追いつく

そこで
初めて真央ちゃんの顔が見える
本当の顔が見える

真央ちゃんの方が、
羽生君より頭一つ成長している事で
羽生君は
肩の位置から見ている

今は、アンバランスから来る焦りでいっぱいだが
その頃に
漸く
羽生君の
精神と経験値と実年齢と肉体のバランスが
揃いだす

もしかしたら

わからないけど

もしかしたら
その頃に来る大きな試練は

母親離れ

かもしれない

真央ママの様になるとは言わないけど
初めて
母親から精神的に自立する時が来る










「職場結婚です」

その言葉がチラつきます









多分

平昌五輪の後くらい




【追記版⑮】

真央ちゃん3Aは見事だったけど
転倒&すっぽ抜け
どうしたものか

2秒の遅刻で減点

集中力が欠けていたように見える

終わった瞬間の表情が暗く
残念なFPだったけど
順位はゲトできたから
NHK杯で2位以上でファイナル確定

にしても
ボーヤン
4ループやっちゃったねコンボで
羽生君
「初」は自分って思ってたろうから
この悔しさをバネしてファイナル連破して
ananの笑顔で表彰台のてっぺん行ってくれ

海外選手の躍進があったGPシリーズ序盤

昨シーズンはどうなるかと思った
ハビ

今年は、羽生清明を意識して?
闘牛士?フラメンコ?なハビを演じる
衣装がカッコよくなって、スリムに見える
髭も大人の男性だ
いいそ、ハビ
昨年のおどおど感が消えた
ファイナルが、またも母国で
世界王者になった凱旋も考えたのだろう
選択としては◎だが
このSPの勢いが、シーズン最後まで続くかが問題
年齢から言っても、平昌五輪まで維持が難しいだろう
今季がピークかもしれない

ボーヤン
針金の様な演技
ジャンプは化け物
振付は謎w
衣装も謎w
恐るべし中国ww
一番脅威に感じているのは
エンカンだろう

ただ

18と19の
若い2人のスケーターは
スケートの為のスケートでも無く
スケートに対する愛でもなければ
自身のアスリート根性でも無い

共産独裁政権ならではの
スケート競技人生で滑っている

そういう姿がチラチラ見える気がする

チラチラなのは、彼等が他国の選手に
少なからずとも影響を受けているから
そこに「疑問」や「驚き」を感じているせいかも

彼等が、現役を離れた後の人生は
日本人のその後とはまるで違うのだろう
いい意味でも悪い意味でも
彼ら自身が
その違いを
何れ痛感するだろう


【追記版14】

スケートシーズンが始まって
真央ちゃん復帰で注目度も上がり
羽生君の人気でマスコミは何時になく騒がしく

そんな中
ananメイキング映像の羽生君が
ananの笑ってる羽生君が

どうしようもなくかわいいので


即行完売した
あの
伝説の
着エロ智号の後悔を思い出し

今回は
絶対の「買い」モードで行くと決めた

いや
そんな話をしたいのではない

キリシトールの全6種あるはずのクリアファイルのうち
人気の三種が見つからないまま終わったようだ

イーオン仕様の三種はゲトしたが
ファミマ等コンビに仕様が既にカラだったと言う無念さ

しかし
全6種も出すとは
その6種分揃えさせようとする商売根性に
まんまと乗せられているのが分かるだけに
腹も立つが
揃えようと探す自分が哀しい

いや
こんなことを書きたいのではない

国が
スポーツ振興を推奨し
メダルの数を云々言いだしてからか

フィギュアスケートに対して
バラエティ番組見ても
報道番組見ても

扱いが
アイドル化

してる



思うんだ

anan買うとか言ってるくせにねw

真央ちゃん頼みの女子はゴールデン放送で
当時、大輔人気とは言いながらも
一部の婦女子人気では視聴率はとれず、
どうしても男子は深夜や日中枠
酷けりゃカット扱いだったのに
羽生君人気で、放送枠が徐々に女子放送前になり、
ソチの金以降は、真央ちゃん不在の女子に代わって
男子がゴールデン枠へと昇格扱い

羽生君の功績は大きい

しかも
羽生君ありきの視聴率は
他の番組すら圧倒する勢い
バラでCMまたぎとか

スポーツ雑誌コーナーは
羽生表紙が並ぶ
雑誌の凄まじさを見れば分かる

嵐の文字があれば雑誌が売れるように
羽生の文字があるだけで
視聴率が稼げる

羽生君1人の経済効果って
どれだけあるのだろう

既に、ブランド化した真央ちゃん然り

こんな人気タレント扱いが出来る
経済効果なスケーターなんて
今迄居無かった

故に

まるでバラエティ番組の様に
人気の可否でニュースに取り上げられるようになった
今の日本のフィギュアスケート報道

直近では、
ダイスの報道の扱われ方、然り

そして、
宇野の過剰な持ち上げは、まるであの当時のキムヨナにそっくり

浅田&羽生という
世界トップの実力と実績に加え、スター性を兼ね備えた
老若男女を虜にする国民的スーパーアイドルの登場により

日本のニュースや報道が
アスリートとしての実力と結果の評価ではなく
完全にアイドル趣向の「人気」で評価をするようになった

その為に
マスコミ、テレビ局は
毎年登場するアイドル歌手の様に
毎年、アイドルスケーターを作りだす事に躍起だ

例えば、
女子ジュニア

完全に

AKB

よく見なくても

ブ○ばっかり

だからこそ、
その中での

マシ



前田敦子のような○スでも
「一番人気」の立ち位置にもってこようとしている

顔だけでなく、歌も芝居も踊りもスタイルも
突出した子が居ないAKBのように
試合の報道が
AKB総選挙風味な報道になっている

肝心の技術は
ジャンプが苦手な選手は
キムヨナ手法や最近のPチャンのような
地を這うスケーティングで
ジャンプという競技技術を誤魔化すのがハッキリ分かる
昔でいえば
誰でも真似出来るカタリーナビット手法

例えそれで試合を凌いでも

リンクから一歩外に出ると
容姿がアレなだけに
見劣りして見向きもされない
結局、表彰台に乗らなければ次の出場も無くなって行くのに

それにしても、
国内大会6位の女子選手を
わざわざ羽生ニュースの後半に割り込み報道するか?

国内大会でだ
台乗りした三人のジュニア選手は報道しないのに?

しかも、右下のテロップには

1位○○
6位△△   ←(゚ロ゚;)エェッ!? 色文字まで使ってるし

なんじゃこりゃ、
テロップ上では、2位3位完全スル―の4人抜きって、

ぱっと見、その子が2位に見紛う様なJARO(紛らわしい)手法

ここまでやるか?!

明らかに「意図的な錯覚」を操作しているだろ

本編ニュースですら
王者を押さえSP1位総合3位で
台乗りしたダイスは報道しなかったのに?

確かに、jrファイナル出場権はとったけど
この国内大会は6位だったわけで
仮にでも、次世代の選手を応援するなら
台乗りした金銀銅メダリストになった選手の名前くらい
報道したらどうだ?
なぜしない?
なぜだ???

明らかに、芸能事務所がついた売り込み報道
芸能人の姉であるというのは
スケートの順位と何の関係も無いのにだ

解説をする元選手の面々
特に、八木沼純子
「一押しの選手です」って何ぞ?
まるで、
タレント売り込みする担当マネージャーではないか

押すってなんぞや
押されない選手が台乗りしても
報道しないと言う意味か?

見た目はアレな顔ばかりの選手等だが
中学生に対してこの報道の扱い方はどうよ?

それ以上に
選手本人達は
AKBメンバーさながら
センター狙いで火花散らしている姿そのものだ

どう見ても、マスコミは
次世代日本を背負う選手を応援しているのではない
日の丸を背負って戦う選手を応援しているのでも無い

事務所がついている選手は
完全に売り方がマネージメント化している異様さ

そもそも
選手は売り出す必要ってあるの??????
プロならあるだろう?アイスショーや仕事の受注の為に

だけど、選手は戦って勝ちとって成績上げてなんぼだろう?

高みを目指せなかった時代ならいざしらず、
世界トップを独占するだけの実力を兼ね備えた今の日本フィギュアスケート界において

「売り出す」必要のある選手とは

なんぞ?

羽生君も真央ちゃんも
売り出しに成功したから、今があるのか?
違うだろう?
実力と努力とスター性が全て揃った選手だから
本人のルックスとスター性によって
今の絶大な人気があるわけだろう?

しかもだね、
男子に至っては
この羽生人気に便乗させようと

特集の作りが
まるっきり
昔の羽生君のそれとそっくり
何もかも
用意されたクラスメイトのセリフまで同じ
お弁当食べているシーンの設定まで同じ

で、レポーターが誘導して
マスコミが作りあげたい「姿」の回答を言う

クラスで人気あるでしょ
女子にモテるでしょ
負けず嫌いでしょ
金メダルとりたいって言うんでしょ
ジャンプが得意でしょ
面白い子でしょ
愛されキャラでしょ

更に、事もあろうに
「お顔が誰に似てませんか?」と振って
「○○選手にそっくりですね」とレポ―ター自身が答える自問自答

それに対し本人が
「(似てて)嬉しいです、よく言われます」

似てないだろう
あちらは
奇跡のベビーフェイス
こんな老け顔じゃない
輪郭も目鼻立ちも表情すら似てないのに

美しさの欠片も無いのに

「はい、新生!○○二世」でした
「かわいらしい」

って
〆て終わり

全部、レポーターお前が1人で言ってるだけじゃないか

という
お粗末な二番煎じ構成
30代サラリーマンといっても通じる
あの老け顔が
かわいらしいか?

ガチョウの様なキャメルスピンの酷悪なポジション
ドーナツスピンに至っては見ている方が苦しくなる
柔軟性ゼロ

十代半ばのジュニアで既にこの体の硬さ

鹿児島実業の丸坊主体操メンバーの方が遥かに体がしなやかだ

なのに、八木沼解説は「柔軟性がある」の連呼

嘘も百回言えば本当になるのか?

マスコミの作り手という立場の身勝手さを
映像にするとこうなりますという見本そのもの

そして、
宇野昌磨の様な
超低空の横っ跳び
酷いとしか言いようのない着氷の姿勢
あれ
どうして
見事とか素晴らしいとか
公共の電波で堂々と言えるのか
その神経が本当に不思議

マスコミは、
シニアデビュー戦のUSクラッシック5位を無視して
年齢も出場選手も違うGPデビュー戦順位という
比較出来ないものを取り上げ、
初戦二位の宇野が、歴代選手の初戦順位と比べて
如何に凄い順位であるかと持ち上げる

何処が凄いんだよ
ジャニ手法だろ
競合が居無い日を選んで新曲発売→連続初登場一位狙い

年齢も得点も無視の無理矢理にも程がある
それを紹介した女子アナの
スタジオの空気をチラ見で確かめる目つき

男司会者が
「高橋大輔のように色気がありますよね」と
原稿を読みながら、如何にも言わされている感で
気持悪い持ち上げが始まるが

司会:目ですかね?→ゲスト:いや、ハートでしょ

容姿で否定されてるよ、ゲストに
だから、清潔感ゼロで爽やかさが無い上、
あの容姿で色気とかスタイルとか顔とかはタブーだわ
みているこっちが気持悪くなって、チャンネル変えた

ここまでやったら、嫌味嫌がらせレベルだ
逆に、からかわれている様で、宇野の方が気の毒に思える

過去の演技で
Pチャンのメリハリの無いプロに
スタオベが止まらないと大絶叫した男アナ
予め、そう叫ぶように考えてたとしか思えない実況

エッジエラーに回転不足だらけの演技でも
終わった途端、やったわ!というガッツポーズを
選手が涙ながらに過剰にやって見せると
見ている方は、これは良い演技だったんだと錯覚する

あの絶叫は、
そういう効果を狙っている

今年のGPで
ダイスと宇野の
クワド着氷の瞬間
男解説が「見事に降りたぁぁぁ」の大絶叫

回転足りていたダイスの成功ジャンプと
回転怪しい無理矢理グリリンと揺らいで低空着地の宇野のそれと

アナの絶叫は、トーンもタイミングも言葉も声の大きさも

全く同じだった

質もレベルも全く違うのに
言葉も反応のタイミングが全く同じって?

最近、ド素人のジャニ解説が無くなったのは良いけど

視聴者に対して

誘導解説
誘導反応

している

自国の選手を盛り上げているのでも無い

まるで

セリフ台本でもあるかのよう

解説者としては
全く面白くない八木沼純子は
ジャンプ出来ない選手についても
羽生や真央ちゃんに対するのと
全く同じ、
「見せるスケーティングがすばらしい」とか
「曲を掴んでいる」
「表現力がある」
とワンパターンなお決まりセリフばっかり

誰に対しても、同じ解説手法

マスコミは羽生羽生と絶賛する半面
羽生は終わったかのように宇野を持ち上げる
倫理観など皆無
正確な報道の責任という倫理がまるでない

三輪さん曰く
持ち上げて持ち上げて
手を離して落とす
それがマスコミ

だから
マスコミの発信するものを
鵜呑みにしてはいけないのだ

どんなに持ち上げたところで

それらの顔が表紙になった雑誌が
コーナーを独占するか考えてみるがよい

将来プロになった宇野や今のジュニア選手が
単独でアイスショーを開いたり
自分名義で集客出来るか
想像してみると良い

現役中でも同じだ

市場はシビアである

じゃ海外解説は?

海外も色々
過去に「あげひばり」を演じた10代のキムヨナの時

レロレロノヘロヘロで見るに堪えない体力の無さと演技力無さに対し

「ブラボーブラボー素晴らしい!」(訳)をそれほどまでに連呼する
「何と言う素晴らしいプログラムでした」(訳)と大絶賛

その数年後
韓国の無名の女子ジュニア選手が
全く同じプロであげひばりを、
本家のキムヨナよりあっさり滑り切っていた小さな大会映像を見て

その程度のプログラムで
あの程度の演技だったのを
あれほどまでに称賛していたのかと
改めて驚愕した記憶がある

逆に
ソチ五輪のアボットの大復活の演技と
羽生のGPFexの演技で
現地の解説者が
無言になっていた

最後に、漸く
「なんて素晴らしい言葉が出ません」

それだけ

解説も
詳しい技術的な説明は別として
感情的な部分は参考程度ということなのかもしれない
本当に感慨深い時は、この最後の言葉程度になるのだろう

あの
お膳立てだらけの偽善と言われる
24時間テレビで
羽生君の被災地支援のスケーティングを見て
ジャンプくんの1人がしゃくりあげながら号泣している

本物の演技とは
このように人を感動させる
無用な
解説や報道は要らない事がハッキリと分かる

お膳立ての説明は要らないのだ

あの
真央ちゃんのソチフリー演技や
羽生君15歳のしなやか白鳥演技の報道は

売り出しでも
持ち上げでも無く

コメンテーターや司会者達の
「驚愕」と「感心」「感動」と「称賛」の言葉が
それぞれの口から自然に溢れ出していた

それが、視聴者に伝わる

これが本当の報道に対する「伝わる」解説でありコメントなのだ



【追記版13】

正非の問題ではなく
感じるままに言うとだね

光と影

これが実にハッキリと浮き彫りに感じる


浅田真央という高潔な大人物で
心に残る天才スケーターという「史上稀な本物の天才」という
その「光」に対して、
心に蛇を飼っているキムヨナを取巻く「不正」な環境という「陰」が出てくる

キムヨナ本人は、陰の「不正」を表に出した「見本人形」
陰の被害者では無い
陰の不正を呼び込んだ、類が友を呼んだ
もっとも分かり易い形だった

キムヨナの
エッジエラーはお約束の見逃しで
3Aも出来ないのに
「コレが出来るのはキムヨナだけ」報道

日本国内における朝鮮人の「同胞上げ」報道は
妖精高難度羽毛な軽さの真央ジャンプを「光」を否定してきた

真央が居なければ
キムヨナを不正で持ち上げる必要も無い

だから、光ある所に影が出来るのである


これが、私が例えに引用した
光あるからこその陰
の意味

そして最近
スケート関連の特集や番組を見ていて
その



の部分が

若手と言われる選手たちを取り巻く環境から
凄まじい位に感じる

なぜなのか

思うに

背負う物が無い

所謂、豊かな恵まれた環境で
自分の事だけを追い求める姿があるだけ

それを取巻くのは
大人の欲
選手を使って
自分を売り込みたい
大人の欲が非常に阿漕

それ故に
陰の中心に居る選手にあるのは
周囲の欲と同調した

本人の欲でいっぱいになっている

若い選手の
どの演技を見ても

あの若さで

清らかさ
素直さ
輝ける光の様な清々しさが見えないのは

その所為かも知れない

周囲も本人も
欲の発信が凄まじい

これは
私が思う「意欲」や「向上心」というのとは違う

マスコミの持ち上げに
錯覚を起こしている
選手本人

それを利用して
周囲の大人は
まるで
浅田真央や羽生といった
一流選手のコーチや振付師になったかのように
自分自身の売り込みに邁進する

この大人達の自身の売り込みが
若手にまんま反映している
子供に邪気が無いとか素直とかいうのは神話だ
子供の時から、欲の執着の差というのははっきりある
性格というだけではない
魂の質のレベル

10年後の引退後に
必ずやってくる
引退スケーターの飽和時代

脚光を浴びる事に邁進した先に
何があるのか
凡人には
わかるまい

選手であるよりも
その後の生き様に直撃する事を
まだ
若い子たちは知る由も無い

もうあと20年くらいしたら
天才真央ちゃんや
天才羽生君の

次の天才達が現われる

この天才というのは
4回転とか
スピンの天才という技術だけの天才では無い

真央ちゃんや
羽生君と同じ
魂の天才である

まだこの世に登場していないが
最初は女の子
この子の名前を見れば
国民の誰もが直ぐわかる

数年してから
男の子
名前は決まっていないのか
まだわからない

2人とも過酷な人生を歩むかもしれないが
それも本人達が望んでこの世に生まれてくる

その子等が登場する
それまでの十数年~20年間が

浄化の時間

羽生君が高みを目指し続けるのも
浅田真央が戻ってきたのにも
そういう役目がある

何故、2人がこの時代に
滑り続けるのか

本人達が
そこまで意識して居無くとも
2人の発言の端々に
魂の天才の意味が感じ取れるのが
はっきりわかる

2人は
氷上のアイドルとして注目されているかのように思えるが
それは
ほんの一時の
瞬間でしかない
表に出ている姿のごく一部

若い子たちに「陰」が見えるのは
彼等が
2人の
この一瞬の表に出た姿にだけ
自身を投影し
陶酔せんとしているからだろう

キムヨナの周りに居た陰と同じ質の者が
いっぱい周りに纏わりついている








【追記版12】

欧州では人気凋落と言われていたフィギュアスケート
韓国によるロビー活動を代表ととする「採点」の怪しさが
そうさせたと言う説も、強ち否定できない有力説だが

選手の進化が目覚ましい

小塚選手の父親が、自分の時代と違いトンデモ無いレベルをやっている
というのが
実に象徴的

私の考えで言うが
これは

天才が現れた

のではないと言う事

そういうレベルのスキルが
指導できるレベルにきた

ということ

ダーウィンの進化論じゃないんだよ
突然、3Aや4tlo出来る子が出て来たわけでもない

陸上でも
水泳でも
モーグルでも

個人競技は特に
時代と共に習得してきたスキルを
その時代の一番高いレベルから
指導できる事

それが、競技の進化となって現れた

ビールマンスピンもそう
最初にやったビールマンが披露した事で
その技術が次世代に継承されていった

だから
トリプルやクワドもそう
そのコツを、伊藤みどりが披露しても
男子からの継承が出来たのが
伊藤みどりだけで
当時から暫くの間、
競技人口からみても
筋力、体力、コツを掴む能力に追従出来る女子が少なかった
それが、身長体型ともに大きくなった現代の女子が
当時の男子並みのジャンプのコツを掴めるようになってきた事で
3Aジャンパーが出て来た

その度にマスコミ用語で紙面を飾る
かつて流行らせた
「美し過ぎる」等の言葉の様に
美しくも無いものをそう書き立てた様に

「天才」

マスコミの最も好きな言葉の一つ
だけどね
天才がどんどん出てきたら
そりゃ天才では無い
それが、平均だ

車の運転と同じ
技術スキルだけなら
幼児に教えたって
サイズさえ合えば
運転出来るようになる幼児なんて
幾らでも居るだろう
肝心の
モラルと責任能力が伴わないだけ
技術は伝授できる

トリプルも、クワドもだ

さて、マスコミ曰く、
天才浅田真央二世が
わらわらわら登場している事になっている特に、
どんぐりの背に比べなジュニア女子

中には、和製キムヨナと書き立てられる選手もいる
これ、果たして、褒め言葉なのか?
この子自身、キムヨナを尊敬していると言う
安藤も同じ事言っていたが

ソトニコワやリプツカヤが
「キムヨナの演技は見ていない、興味が無い」と
ハッキリ言うのは、
マスコミに誘導されていないだけなのだろうか?

浅田真央
羽生結弦に続く

本物の天才は

まだ
この世に生まれていませんよ



追記版⑪

エキシ見た

真央ちゃん痩せてるのがわかる

夏のショーの時より
腰回りが細くなっている

それでも
三キロオーバーとか

それにしても
八木沼と殿の解説

褒めるばっかりで
面白みが無い

ハビエルの何処に褒める要素があるのか

苦慮しているのがわかるが
如何にも事なかれ主義的な
日本人の人の良さが前面に出ている解説

太一が出なくなって
代わりに殿が出るようになったのか?

素人ジャニが出ないのは良い
凄いですねーばっかだったから
元アスリートが解説するのは
その為
だけど
日本人の解説は
詰まらんね
山田真知子コーチの方がずっといい
名古屋フェスでは解説しているけど

「ゆづはかっこいいもんね、ジャニーズ系よね!」

こんな解説出来るの
真知子しかいないものw


追記版⑩

結果出た

真央復帰3A成功の記事で一杯

番組も

真央の番組w

公式試合なのに

加えて、各スポーツ界のトップ選手のインタビュー
真央だから出来る企画

このレベルの選手って
そうそう出てこないわ
後は羽生
イチロー
マー君
大谷
それと
錦織
かな
野球とフィギュアスケートばっかかw

認知度がどれだけあるか
やはり国民的レベルの選手でなければ
番組は作れないものね

ホームでの国際大会からの復帰は
良い選択だ

ロシア
3Aの10代と
金メダリストのソトニコワ投入したけど
惨敗

アメリカもベテランとホープ出してきたけど
身体が重い
西洋人特有のガタイの重さ大きさを感じる

それにしても

あの観客

拍手の質が「真央」だけ違う

お帰りの拍手

真央の演技は

ただいまの演技

完全ホームの試合会場

真央がジャパンオープンを選んだのは
この為だった

まずは、日本の皆に
復帰した姿を見せたかった

日本の娘は
世界の至宝

演技後一番最初に
隣のチーム席にいた
ソトニコワとハグ?した?

愛されている

真央の集大成の3年間の始まり


にしても
真央のCMの数ときたら凄
嵐さん並
真央ちゃんのCMだけで
2時間番組持つくらい

5本?6本?7本?
佐藤製薬の白黒真央
ロッテの赤真央
アサヒ
日赤
後なんだ?
まだあった
寝具
他にもあるかな?
ああ
住友生命もあるな

CMやってるの
真央ちゃんと羽生君だけかな
織田君ペプシをやってたけど
今期はないのかな

商品価値のあるアスリートって
本当に少ない

武田壮曰く

極々一握りの一部のトップの下に
屍のようなアスリートが山のようにいる

ホントそう思う

追記版⑨

浅田真央復帰戦第一弾

今夜

遂に

今夜

ほとんど

受験に娘を送り出す母親の心境

復帰会見から
早数か月

最新のインタビューで

五輪を目指すことを名言

忘れ物を取りに行く

そう

浅田真央の忘れ物

五輪の金メダル

真央ママも
「バンクーバーだけでいいよ」って

だけど
ソチまで行って

更に
復帰までして
3度目の五輪を目指すことを決めた生粋のアスリート

こんな選手
スケート界100年の歴史の中にだって
居ませんって

心残りを作らない

これが

浅田真央道の真髄

だから
これほどまでに3Aに拘る

そんな浅田真央に
国民は一喜一憂した
これほどまでに
国民に影響力のあるアスリートは
未だかつていただろうか?

浅田真央は
日本にとって
正しく、太陽のような存在だといえる

演技一つ一つに
一喜一憂し
元気をもらい
感動を与えられてきた


羽生君は
ライバルのパトリックチャンの事を
「太陽のような存在」と表現した

羽生君の表現と
浅田真央に対する認識とは
同じ太陽でも

違う

意味が違う

羽生君は
自分が乗り越えるライバルの大きさという意味で
太陽
と表現している

浅田真央の太陽は
国民に活力と生きる力と感動を与える存在の意味

絶賛浄化開始中の今
浅田真央の復帰には大きな意味がある

「自分のやれるところまで
精一杯やる
迷いは何もない
悔いを残したくない」

私はもっとできる

なんて
希望に満ちた
明るい言葉

浅田真央の口から出る
未来へ続く活力の言葉

先にある
三度目の五輪
そして
その次にある世界選手権

この2つの大会が
アスリート浅田真央のスケート人生の集大成となる

五輪の金メダルはその前夜祭
そして
五輪金メダリストとして出る世界選手権
この世界選手権での表彰台が
浅田真央の最後の舞台

日本中が感動の涙を流してみることになるであろう
その姿に

今迄の浅田真央のドラマが見えるだろう

小学生の真央が目指したバンクーバーの悔し涙の銀メダルも
大人になりつつあった真央が、今度こそと挑んだ6位のソチも

復帰して挑む、迷いを払拭した三度目の五輪のドラマの流れだったと
今更ながら強く感じる

ああ
この復帰のためのドラマだったんだと

もし
バンクーバーで金メダルだったら
真央のその後は大波乱だったかもしれない
ソチでバンクーバのリベンジの金を取っていたら
あのフリーのドラマは無く
確実に三度目は
復帰しなかっただろう
シニア選手として
たった8年で終わってしまうことになる

だからこそ
全てが三度目の五輪を目指すためのドラマだった
そう思えるほどに強く感じる真央の強い意思

さぁこれから3年
浅田真央と共に
感動しよう








追記版⑨

何処の国の大会だろう?

ここまでブサイク勢揃いって

思いっきり羽生結弦の真似衣装

流石のお国柄



一方の

日本男子

羽生君が一番若く見える謎




追記版⑧

2015 0919 JIN Boyang National SP


中国のボーヤン選手

4Lz3T

凄いと思う

思うんだけど

何だろう

笑いがこみ上げてくる

何でだろう

オカシイww

笑えるのは
振付の所為なのか?

途中

腋毛ピロピロ

みたいな振付とかw

吹き出しそうになったヨ

全体的に謎な振付で
見終わった後も
笑いがwwww

一度見ただけで
こんなに楽しめる演技って
別の意味で貴重かも

いや

技術はすごい
身体は固そうだけど
ジャンプはお見事

各国の選手が
ジャンプの精度を上げてきて
男子は4回転サルコウまで
当たり前なレベルになってきた

クワドが出来ただけでトップ行けたのは
もう過去の話なのかな
皆がやりはじめちゃったら
難しいでしょ

難度を上げて
更なる上を目指すのと
スケーティングスキルのレベルを問われることになる時代に

小塚の父ちゃんが
自分らの頃と比べたら
息子たちはとんでもないことをやってる
って
言ってた

羽生君が引退する頃には
4Aも夢じゃないだろうか

佐野稔曰く
レベルが一つ上がるのに
30年かかるって
伊藤みどりが3A飛んでから
他の女子選手が
バンバン3A飛ぶ時代になったかと言えば
全然無理だった

ぽつぽつと
ハーディング
安藤
中野
そして
真央ちゃん

代名詞と言える3Aが飛べるのは
伊藤みどりと浅田真央だけだ

この間だけで
約20年

Bオーサーでも
ミスタートリプルアクセルな時代
それが
今じゃ
クワドな時代に
ジュニアでも4回転飛んでる

男子4Aは
この先30年はかかるのかな

生きているうちに見たいわ

いやー
それにしても
ボーヤン選手
面白い
中国雑技団見ている感じ
VTRも早回し感すらあるくらいの
何とも言えないキレの良さ
中国恐るべしw













追記版⑦

新プロ発表が続く中

今迄にない現象を
今更ながら感じるのは

女子の陰に隠れ気味だった
男子フィギュア界に

スーパーアイドルが誕生したことに尽きる

白人競技だったフィギュアスケートにおいて
アジア勢が席巻するという100年の歴史の中での大異変

ロシア男子が育っていないが故に
30過ぎたプルが現役続行という苦しさも垣間見え
カナダ、アメリカ男子も今一つ

母国日本においては
国民的スーパースターであるのは勿論

極東だけは無く
欧州カナダアメリカにまでその人気は広がる一方の

羽生結弦選手

今までいないタイプ

浅田真央タイプ

名プロも作り上げたし
成長するたびに旧プロも披露するという
完全にジャニーズのコンサート

デビュー曲もやっちゃう
みたいな

中学生の時のEXをやるとか
今までいないっしょ

大人になった羽生君が再演するたびに
また
ファンが喜ぶという

真央ちゃんでもここまでやらなかった

その所為か

他の男子選手が
羽生の過去プロの曲を使ったり
羽生のポージングや振付を取り入れたり

そういう選手がちらほら

エンカン

激突の相手

昨年のフライ~もそうだったけど
羽生の「への字」ポーズ+片足上げポーズ

一目見て
パリ散を意識しているのがわかる

そして
今期は羽生と同じロミジュリの曲を使用し
そこでも羽生の「への字」

エンカン自身が
物凄く
羽生を意識している

振付師やコーチの問題もあると思うが
意識するのはいいが
何でも

真似

になってしまっては
それは
背中を追いかけるとか
目標にするのとは
違うだろうなと

自分のオリジナリティが無い
真似演技は
オリジナルを超えられない

どの分野においても
そうだと思う

どうせ真似するなら
全てを真似元を超えた真似なら良いが
ある一つの
自分が出来る部分
目立つ部分だけの
形だけ
というのは
劣化コピー商品

ビールマンスピンのように
それ一つが演技構成の一つになるようなものなら
真似ではないし
今の選手は
本家本元のオリジナルを超えたビールマンスピンをしている

羽生のへの字は
あの曲のあの部分で使う見せ場のポーズであって
演技構成の一つというポーズではない「振付」の一つでしかない気がする

エンカンは
ビールマンも
レイバックイナバウアーも出来ないし

あのへの字足上げポージングを見れば
誰が見ても
羽生のパリ散のへの字を思い出す「本家ありきの真似」でしかない

日本の男子にも
色んな選手の
例えば高橋大輔や羽生の名?ポーズだけを取り入れて
衣装までもクリソツな老け顔のジュニアがいるが
あそこまできたら
色んな宗教のおいしいとこどりしたかのような
「幸福の科学」のように見える

ああいうの

嫌悪感しか感じない

そういう選手は
オリジナルを超えることは永遠に出来ないだろう

オリジナルが天才であればこそなのだから
超えるのは無理だと確信する

故に
そうやって真似されるからこそ天才ともいえるわけで

抜きん出た特別な技術力だけではなく
それ以上の「何か」を持っており
且つ
類稀なルックスと
優雅な華やかさ
言動行動の一つ一つが話題に上げられる魅力

難度の高いジャンプが飛べる事ではなく
人物そのものを
どの角度から見ても
人を惹きつける

それこそ

卓越した「魅力」の持ち主

自分の周りにある環境を
全部自分の中に取り込める力

それが
100年に一人と言わしめる
スーパースケーター
なのだと

羽生君
真央ちゃん
見てると
つくづく思う

若手から何としてでも「天才」とか「脅かす存在」が欲しくて
マスコミは話題作りでなんとしてでも持ち上げようとするが

ジャンプが飛べたとか
点数がどうだとか
悔し泣きをする子だとか

何か一つでもオリジナルにひっかけようとする

その演出が痛々しいまで凄まじく

そんな大層な選手でもないのに
あれが凄い
これが凄い
これで「オリジナルを超えた!」を連呼する

それだけでなんだかお腹いっぱい

マスコミの質の低さだけが
選手より前を突っ走っているだけにも感じるのは
あのGPFで
最下位で千syツウされた羽生の一番滑走の演技で
他の選手の演技をかすめてしまうほどだった威力に

どういしても
気の利いたコメントも記事もニュースも書けないから
若手に方向転換して
記事の為の持ち上げ記事
見出しの為の持ち上げ見出し
それで
売ろうとしている

本当のスターに対して
正しい記事を書けないマスコミ

それであふれている

エンカンの羽生真似から
マスコミの質の低さと書いてきて
何が言いたいかってね

真央ちゃんのパラパラ漫画と
羽生君の被災地訪問と演技を見てね

この二人が

自分の中に
自分が表現するドラマを
完全にオリジナルで作り上げて
それが
国民的
如いては
世界的認知になっているということ

これが
100年に一人の
天才スケーター
である所以なんだと

「浅田真央物語」
「羽生結弦物語」

それを
演じている

その他の
それこそ
有名でも無名でも
それぞれにドラマはあるが
それが
ここまで確立した世界に認知され受け入れられ賞賛される
高い技術レベルのドラマではないところが
大きな違いだという事

マスコミだけじゃない
ファンブログを見ていると
本当に酷い内容
天才二人のドラマに理解力の無さもさることながら

この二人と同じようなドラマ仕立てで書くから
記事もコメントも内容も支離滅裂な金妍児採点と変わらない状態

天才の事を書くのは
難しいのかもしれない

そういう風に
しみじみ思ったから
ここまで長々と書いてみた

追記版⑧

おいおい書くことを
忘れに内に
ちょいちょいカキコ

オリンピック 浅田真央がキム・ヨナに勝てない本当の理由 フィギュアスケートルールを改正すべき

これに限らず
色々とネット上に検証画像や記事があるので
もう既にみなさん周知の事実



思いきや

以外に

ネットやってない人は
分かってなかったりする
活字マスメディアの洗脳威力を感じずにはいられない事もしばし

気になったのが
ソチのフリー

前人未到の6種8個のジャンプを全て成功させた
ノーミスといえるほどの驚異の浅田真央の演技

それが

1位ソトニコワ 149.95
2位金妍児   144.19
3位浅田真央  142.71
4位コストナー 142.61
5位ゴールド  136.90

という結果に
余り触れられていないことに
私は驚く

全体の結果が
16位➡6位の
10人抜きであることと
金メダル以上の価値を教えてくれた云々

という賞賛に埋もれてしまって
結果、これでいい
みたいな空気

でもね
あのFPが3位ですよ?

浅田真央の前人未到の高難度のノーミスFPの実力が

3位だったんですよ?

これなら
SPもノーミスでも

1位金妍児
2位ソトニコワ

これに負けててもおかしくないわけで

よっぽどこの二人が自爆演技でもしない限り
ロビー活動と不正加点のキムヨナと
地元加点のロシア白人ソトニコワには
勝てないプログラムだったという事になる

最初っから
そういうことになる

競技であって
競技でない採点

芸術性のある種目であって
芸術性を問われない採点

だから
オーサーを信用できない

あの
バンクーバーのキムヨナの007のバキューンポーズ

あのポーズの何処にどんだけなにがあるのかと

荒川静香のイナバウワー+反り返り
反り返りには加点はないけど
あれこそ
芸術性そのもの
誰もやらない上、とても美しかった

あのポーズを男性でやるのは羽生結弦だけ

特に
背中の筋肉が硬くなる男子には不向きな演出

加点に関係なくても
芸術性やアピールに利用する勇気も賞賛ものだと思う

ソチの羽生君は
スターオーラの塊だった

公式練習時のプルの羽生に対する意識ときたら
完全に羽生にだけ向けられていた

選手層の薄いロシアは
プルにしか頼る事しかできずに
団体戦は
SP、FPとも出場させ
それが結果
プルの大会寿命を縮めて棄権

団体戦が無ければ

あれがシングル本番だったら

地元加点がついた完璧演技のプルに
羽生は僅差で勝てなかっただろうと
私は思う

そう考えると

羽生が棄権させたわけではないが
結果、初金メダルの羽生の

運の強さ

運も勿論実力の内

その運の強さを感じる
最強の選手であることに間違いない

そして
五輪後のあの事故

最初から調子の悪かった
世界王者としての焦りもあったであろう羽生選手の
最強たるシーズンを作り出した事故

そう考えると
「すげーや」と
解説者に言わしめたGPF

まさに、スゲーやの羽生結弦世界王者だ

ならば、浅田真央はどうか

悉く、金妍児ロビー活動採点に阻まれる
日本の在日マスコミに卑しめられる

なんという不幸

そう

不幸なんだけど

許しがたいんだけど

今思えば

復帰した今の浅田真央を想えば

ああ

この
復帰の為に
それらがあったんだと

今迄の屈辱は
この「復帰」の今にこそあったんだと

もし
バンクーバーで正当採点で金メダル
ソチでもノーミスで正当採点で金メダルとったら
それで終わっていた
あっさり勇退

凄い選手であっても

そこに

バンクーバの悔し涙のドラマも
ソチの前人未到の感動の涙のドラマも
(間違いなく五輪金メダル狙いの)復活のドラマも

無かったことになる

彼女は3度目の五輪で
必ず本物の金メダルを取る
それも正当評価の一大ドラマの金メダルを

その為の
今迄だったと

私が強く感じるのは
浅田真央のスケート人生ドラマに加え
羽生結弦のスケート人生ドラマに革新を見ずにはいられないからだ

平昌で冬季五輪が開催されるかどうかは不明だが

次の五輪で浅田真央は絶対金メダルを獲得する

そして
プロにはならず
家庭に入る
妻になり
母になり

コーチになるのは
その
ずっと後

若くして人生の転機を余儀なくされるスポーツ界において

浅田真央のスケート人生は
羽生結弦のスケート人生は

五輪後の引退だけでは終わらない

それだけは
確信している

それと相反するのが
金妍児のスケート人生

浅田真央のスケート愛の人生と真反対に
努力や愛情、尊敬、そういったものを全て憎みながら
形だけの栄光を得た金妍児

その反動は
今後の彼女の人生の苦しみとなる

大嫌いなスケート人生から
逃げたくても逃げられない

後輩など育てる気も無く
育ってほしいとも思わず
自分を抜くのも許せないのに
表彰式に出ていかねばならず
インタビューに応えなければならず
老いていく中で
何も得る物も無いスケート界で
永遠に
嫌いで憎いだけの苦しみを
死ぬまで味わうことになるだろう

そして彼女はこう思うのである

「金メダルなど取らなければよかった」



金メダルも取れず
上手くも成れなければ
子どもの内に
大嫌いなスケートから離れることが出来たのに



違う人生を歩めたのに



そうやって
母親や周囲の関係者を憎み続けるだろう


周囲に感謝し
自分なりの恩返しが出来たと感じる
浅田真央の幸福感を
金妍児は感じる事も知ることも無いままだろう

追記版⑦
キム・ヨナ元コーチ、ブライアン・オーサーの発言「ソチ五輪No.1はキム・ヨナではなくコストナー」に再び注目

ロシア女子フィギュアスケート、ソトニコワ選手のマネジャーのキム・ヨナについて言及した内容が物議をかもしている中、元コーチであるブライアン・オーサーの発言が再び注目を集めている。(提供:OSEN)
 ロシア女子フィギュアスケート、アデリナ・ソトニコワ選手のマネジャーが韓国“フィギュアの女王”キム・ヨナについて言及した内容が物議をかもしている中、元コーチであるブライアン・オーサーの発言が再び注目を集めている。

 ブライアン・オーサーは2007年3月~2010年8月までキム・ヨナのコーチを務めた。

 ブライアン・オーサーはロシアのスポーツ専門通信メディア「R-スポルト」とのインタビューにて「2014ソチ冬季五輪でキム・ヨナは成熟しつつ品格があり、優雅なスケーティングを見せてくれた。ソトニコワはこのような部分で未熟だ」としながらも、「しかし個人的にソチで最も上手かった選手はソトニコワやキム・ヨナではなく、カロリーナ・コストナーだと思う」と語っていた。

 また「私が思うにキム・ヨナの2度のオリンピックのうち、優勝を望んだのは2010年のバンクーバーだけだ。彼女はバンクーバー五輪以降、引退を望んだ。さらに五輪が終わると2010年の世界選手権にも参加したがらなかった」と回想した。

 さらに「世界選手権に参加するようキム・ヨナを説得するのは非常に大変だった。私は国際フィギュア連盟への尊重とファンの愛に応える必要があることを思い出させた。このような過程を経て、キム・ヨナは無気力で痛々しいほどだった」とし「キム・ヨナのソチ五輪のスケーティングで何か意思と闘っていることが感じられた。もちろんキム・ヨナの競技力は良かった。しかしバンクーバーほどではなかった」と評価していた。

2015年2月5日14時20分配信 (C)WoW!Korea


“フィギュアクイーン”キム・ヨナ告白「17年間の選手生活で、悪い記憶の方が多い」

 韓国を代表するフィギュアスケート選手キム・ヨナ(24)が17年間の選手生活において、良い記憶よりも悪い記憶の方が多いと吐露した。

 キム・ヨナは28日、ソウル・奨忠(チャンチュン)体育館で開かれたサムスン「Play the Challenge」キャンペーンの初トークコンサートに参加した。

 この日、キム・ヨナは「17年間の選手生活で、良い記憶より悪い記憶の方が多かったようだ」と述べた。続けて「負傷やスランプが本当に多かった。幼い頃は苛立ったり、泣くこともたくさんしたが、いまはただ、時間が解決するだろうと持ちこたえている」とした。

 キム・ヨナはフィギュア選手生活における最大の危機については「中学校の思春期時代、負傷も多く、身体も変化しながらスケート靴も合わなかった。その時期に骨盤の筋肉を負傷し、1か月も休まなければならず、それが最もつらかった」と説明した。

 また、「スランプは2010年のバンクーバー五輪で金メダルを獲得し、目標と夢を成し遂げた後の虚脱感を抱いたときだった」と打ち明けた。

 特にキム・ヨナは「どんな挑戦にしろ、初めは難しい。しかし、一度始めて見ると勇気が沸き、その勇気で一つずつ成し遂げられれば、達成感とやりがいができる」とし、「そんな過程で集中と没頭することが本当に重要だと思う。こうして作られたのがわたしのストーリーだ」と語った。

2015年5月29日10時1分配信 (C)WoW!Korea

ソトニコワのマネジャーの「キム・ヨナは韓国でしか人気ない」発言に韓国激怒

 ロシア女子フィギュアスケート、アデリナ・ソトニコワ選手のマネジャーがキム・ヨナについて言及した内容が物議をかもしている。

 4日(以下、日本時間)、ロシアのスポーツ媒体「Sport.ru」はソトニコワのマネジャーであるアリ・ザカリアンがキム・ヨナについて言及したインタビュー内容を掲載した。

 該当記事によると、ソトニコワのマネジャーは「韓国のキム・ヨナは全てのタイトルを獲得したが、当時、韓国でだけ人気があった。他の国では、そうでもない」と発言。

 これについて韓国のネットユーザーらは「本当に、ソトニコワからマネジャーまで、いったい何なの? 」「平昌(ピョンチャン)に来て、一度くらい屈辱を経験しないとわからないのか」「頭にくる」など、一斉に非難した。


2015年2月4日14時49分配信 (C)WoW!Korea




オーサーがスピンや姿勢など、
バンクーバー後のキムヨナに指導しようとしても
ヨナが聞こうとしなかったという話

スケート自体が嫌いな
そんなキムヨナに努力や成長を促しても無理なのは当然

世界選手権参加に説得しなきゃならん上、
渋々出て見りゃあのヨロヨロだらだらスパイラルの途中停止な最悪演技
控室にもどりゃ後輩のミンジョンに当たり散らす金メダル選手って
コーチから見りゃ情けないだろう

彼女はまさに韓国そのもの

韓国の象徴であり
半島民族の「妹」そのもの

今までは、嫌悪感しか抱かなかったキムヨナだったが

羽生君がオーサーの門下生になってからの
オーサー発言を見聞きするにつれ

金妍児は
彼にとって
唯一と言っていいほどの

「スケート愛」を教えられなかった選手

だと感じる

オーサーはキムヨナから、スケートが好きだと楽しかったと言ってほしいとコメントを残している

オーサーはキムヨナから
メダリストコーチの称号を得た
それだけに
彼はキムヨナにスケート愛を感じてほしかっただろう

だが

成長も努力も無い演技で
韓国のロビー活動に支えられての銀メダルは
スケート愛からコーチとなったオーサーにとって
不甲斐ないものでしかなかったと感じる

しかし
あのヨナの007を
オーサーは評価しているのだろうか?
あの
アラエッサッサぽーずのプロを

羽生に
成功率の低い4Sより4tlo×2を勧めるオーサー

そのオーサーにNOをつきつけた羽生は
真央と同じ
不安定より安定を勧められても
自分の持っているものをすべて出して戦う意思は
二人の共通点のひとつ

そのような羽生を評価するオーサーは

羽生と同じ意思の持ち主
史上初のジャンプ構成プロであるソチのFPの浅田真央を
オーサーはなぜ認める事をしないのか

浅田を認める事は
オーサーにとって
バンクーバー金メダル選手のコーチとしての敗北を認めることになるからなのか?
素人ながら
私はそう感じる



”1年ぶりの復帰” 女子フィギュア・浅田真央に韓国メディア「空白期を感じさせない」と報道

 1年ぶりにスケートリンクに戻ってきた女子フィギュアスケート浅田真央(24、中京大)について韓国メディアは「空白期を感じさせない」と報じた。

 去る29日、アイスショー「THE ICE」の愛・地球博記念公園アイススケート場公演に浅田真央が出場。1年間のブランクを経ての登場となった浅田真央について、韓国メディアは「空白期を感じさせない演技だった」と高く評価した。

 なお、浅田真央は来る10月3日、さいたまスーパーアリーナ(埼玉)で開催されるジャパン・オープンで公式的に復帰する予定だ。

2015年7月30日15時59分配信 (C)WoW!Korea


金妍児金メダルまでの過程で
どれだけ浅田真央を研究したであろう

そのオーサーが
浅田真央のソチ金を予想したという記事が
過去にスポ-ツ紙に載ったことがある

キム・ヨナと決別した元コーチのブライアン・オーサー氏は浅田真央がメダルを獲得すると予想した。日本の「九州スポーツ」は5日、1面記事でオーサー氏とのインタビューを盛り込んだ。オーサー氏はインタビューで「今回は真央の番だと思うよ」と話した。

 キム・ヨナが2010年バンクーバー五輪で金メダルを取った後の8月、オーサー氏はキム・ヨナ側と決別した。現在、日本人選手を指導しているオーサー氏はキム・ヨナと真央の違いについて「キム・ヨナの今季の演技は見ていない。ユーチューブでチェックしたぐらいだ」と即答を避けた。しかし、「キム・ヨナはとても手ごわい。スケートもうまくなった印象だ」と称賛した。
しかし、今回のオリンピックの優勝者に浅田の名前を挙げた。オーサー氏は「今回は真央の番だと思うよ。すべては偶然だし、これは競技で何が起こるかわからない。でも、真央は力強いトリプルアクセルを手に入れた。きっと大丈夫なはずだよ」と評価した。さらに、オーサー氏は浅田のショートプログラムの完成度を称賛し、「SPは美しい。あの演技は好きだよ」と話した。

 オーサー氏は最後に、「とにかく見てみよう。本当にいい勝負になると思うよ」と付け加えた。キム・ヨナと浅田の二人は19日にショートプログラム、20日にフリープログラムを行う。キム・ヨナの元コーチが予想した結果が当たるかどうか。注目を集めている。[OSEN]



ホントかどうかわからんが

羽生を絶賛するオーサーが
日本人の気質も認めているオーサーが

いつか
バンクーバーとソチフリーの浅田の高評価するコメントを
自身の著書で書いたなら
私はあんたを本物のフィギュアスケート愛のコーチだと認めるよ

キムヨナの項については
おいおい書き足していきます



追記版⑥
北京で冬季五輪の開催決定=「勝った!」人気タレント、アスリートも喜びの声―中国
Record China 8月1日(土)10時40分配信

2015年7月31日、2022年冬季五輪・パラリンピックの開催地として北京市が選ばれた。中国の芸能人やアスリートらも喜びの声を上げている。新浪が伝えた。

31日、カザフスタンのアルマトイと一騎打ちの結果、北京での冬季五輪・パラリンピック開催が決定した。同じ都市において、夏・冬の五輪を開催することになったのはこれが初めて。アジアで開催される冬季五輪は、札幌と長野、2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)に続いて4度目となる。



2020年の東京五輪が延期になるほどの事件があるそうだから
2022年のコレは、中共壊滅で、別国家になっての開催か、消えるかどっちかかもね

マヲタとしては
2018年は長野で開催して、男女ペアで金メダル
真央ちゃんが思いを残すことなく金メダルで勇退

羽生君はもう一回は出てほしい
19歳ソチ、23歳長野、27歳札幌でも可
の三大会連続金で勇退

そして二人は結婚っと






北京五輪
大会開幕式から中共の威信かけまくりの
CGかと見紛うような演出だったけね

北京オリンピック会場の廃墟の様子(写真)


まるで中共の未来を暗示しているかのような廃墟っぷり


いや

未来っていうより
今現在進行形


冬季五輪で再利用ってことも無さげなのが
如何にも「中国」って感じ

夏の五輪騒動を思い出す

チベット僧侶達の悲痛な叫び
日本での中共赤旗デモ

また何か起こるかな

数年前で既に年間20万件の暴動が起こっていた中国大陸
今ならその何倍に膨れているのか
見当もつかない暗黒の大陸

中共は、外部との戦争ではなく
内部の暴動によって自滅するそうな

中共党幹部が毎年亡命&逮捕の嵐なのはその所為

愛国心なんてゼロな国で
表に出てくるアスリートたちは

中共が監視している

絶好調の安倍政権に対し

李君子ちゃん

まさかの浅田真央つぶしに利用はされないことを折る

中共消滅が始まるまでの助走が長い分、
始まったら一瞬で終わるだろう




追記版⑤

on ICE

仮面舞踏会のOPに
Jバトルとタンゴ!

二つとも最も好きなプロ

マヲタ全開っっっ  

たった一年の休養だけど
実際は一年半

長かった

見たかった

よっしゃーーーーーーーーーーーーーーー


新プロのリッツは
衣装が重そうだ
今が夏だからかもしれないし
真央ちゃんが太ったからかもしれないけど

あの頃
15歳のあの頃のスリムさが無くなった24歳の真央

痩せるか
衣装変更

かな

それにねぇ

やっぱし

リンク

これねぇ
アリーナだから
大きくていい

特設会場だと
どうしても
リンクが小さくて

こういうリンクが通年利用できる環境を
日本各地に作れるといいね

シーズンオフのショーも見れるし
バンバン大会やってほしい

真央ちゃんや羽生君は
そういう支援に生涯携わっていくことになるんだろうな

日本のスケーターで億稼げるのって
この二人だけだろう

追記版④

457 野火 sage 2015/06/27(土)23:38:15 ID:DAh
>>453
人は何度も騙されてはカレー板に行くのさ
そのご友人もこれから自分が騙されていたことに気づくだろう
そして、懲りもせずに何度も何度も、な

海洋堂の佳子さまフィギュア発売決定に釣られずして何が人生か


あり得ないものに釣られりし夜に
この世の春を謳歌せん
ああ中高年
この年のいと悲しさよ(@シャンプー愛の和歌集よりw)



カレー版に飛ばされし思い出有w

グロ踏みも数え切れず

懲りもせず

anan大野智・脱ぐで飛ばされる自信あり

ところで
海洋堂ではなかったかもしれないけど
浅田真央のフィギュアオルゴール
ってのがあった

ビールマンスピンだったかな
忘れたけど
真央ちゃんがくるくる回るドーム型のオルゴール

それ相応の品物で
結構なお値段だったはず

DVDも二回出た
写真集も何度も出た
バンクーバー五輪の際は切手集発売
特集番組は数え切れず
CMの数はスケ業界一
歴代過去プロの真央ちゃん衣装を着たぬいぐるみまで発売されている

女子の中では、浅田真央だけ

これが所謂、

「商業的需要」

っていうシビアな現実

ぬいぐるみの衣装を見て
あのプログラムだ
あの演技だ
って
分かるんだ、皆が

国民的注目

新聞も
売れる為に
優勝した安藤や鈴木より、
表彰台逃した浅田真央を一面のトップ記事に大きく取り扱う

こういう記事がTOPになるのは
この方が売れるからで

注目度の高さ

それこそ、「商業的需要」があるからに他ならない

商業的需要価値がある浅田真央だから成り立つ現実である

誰が優勝したかではなく
浅田真央がどうだったか

誰がメダルかではなく
浅田真央が何メダルか

関心の矛先は、浅田真央というスターに対して向けられているからだ

これと
全く同じことが男子フィギュアにも起きた

羽生結弦

15で鮮烈なシニアデビューしてから4年の間に
世界的スターになった類稀な世紀の大天才

それだけでも驚愕なレベルなのに
あのルックス
まるで少女漫画から抜け出てきたような
あり得ないルックス

取り上げrニュース番組のキャスターやゲストが
今迄にない
男から見ても綺麗
華やか
可愛い
王子様
手足長くて顔小さくて
日本の男も変わったな
まるで少女漫画
白鳥の湖の曲は女子のなのに、それが似合うと
大絶賛

こんな賞賛の言葉を浴びる男子スケーターなんていない

「舞は綺麗ねって言われてたけど、真央は、美人って言われたことが無いもん」

姉の舞ちゃんに自身のコンプレックスを打ち明けた真央ちゃん

そう

真央ちゃんって、美人じゃない
目は一重で
眉も特徴的で、鼻も特別形が良いわけでもない
好みの問題もあるけど
シャンプー的表現で言えば

剥きたてのそら豆みたいでつやつやつるつるパンパンの可愛らしさ

愛くるしさいっぱいの魅力的な顔が、
たとえ
眉間に皺を寄せていても
その喜怒哀楽な表情に、国民は惹きつけられ一喜一憂する

その理由は、ただ一つ

真央の愛くるしさは、
媚の無い
内面の人となりが、表情として伝わってくるからである

羽生結弦も同じである

イケメンかな?
目が細すぎるし、何より瞳が小さい
今迄のアイドル顔とは正反対とも言える
顎も東洋人特有の奥にあるタイプ
輪郭も頬骨と鰓の張り具合が特徴的

しかし
喜怒哀楽が表情に出た時の魅力と言ったら
とても言葉で表現できない
顔立ちの華奢さがそれをより一層際立たせる

2人の顔を見ていたら

美的感覚というのは、流行で左右されるというのがよくわかる

どんなに可愛らしい大きな瞳をしていても
どんなに綺麗な輪郭をしていても
ちっとも魅力を感じない売れないモデルやアイドルが山ほどいる

小学生の時からの氷上で舞う真央ちゃんの写真集があるが、
どれをみても「エレガント」で「可愛らしい」
手足の長さと体型のバランスが整ったその姿は、
古典的な顔立ちの美人という言葉では足りない「美しい人」

羽生結弦の場合は、
見事なまでの小顔の八頭身だけでは語れない
二次元漫画チックないあり得ない美しさ
見たこと無いもの
「悲愴」プロは、絵と実写に違いが判らなくなる
五輪のSP「パリの散歩道」は、表情から仕草に至るすべてが少女漫画のカッコいい男子そのもの、
FPのロミジュリ第2弾のフリルとストーンの衣装で立った時の細身のスタイルは女性の様
長い首、細い上半身から、くびれのあるウエスト、抜群なヒップラインから伸びた太もものバランスの良い筋肉のつき方が
あどけなさが残る童顔と相まって
彼独自の二次元的な美しさを、より一層際立たせている

更に、2人の
屈託のない笑顔
ポジティブな思考力
的確な判断力
そして
清潔感
謙虚

何より嫌みの無い上品さ

インタビューの時の二人の表情は
そこから紡ぎだされる言葉同様、「成熟した大人」そのものである

この圧倒的な存在感とカリスマ性

世の親ならだれもが思う

女の子なら、浅田真央のように育ってほしい
男の子なら、羽生結弦のように育ってほしい

これが
浅田真央と羽生結弦の魅力の共通項

見た目の美しさだけではなく
天性の才能
努力を惜しまぬ実力

そして
国民的レベルで愛されるルックスと

人となり

老若男女問わず、国内外問わず万人から愛されるアイドル

これらがすべて揃っての彼らである

ユーロの解説者サイモン曰く

「彼(羽生結弦)は、これから数え切れないくらいの沢山の栄誉を受け取るだろう、

だがそれに溺れることなく地に足をつけて進んでほしい

真央浅田のように

だが、彼ならその心配はないだろう」



浅田真央がそのスケーティングスキルだけではなく
彼女の人となりが、海外でどれほど高い評価を受けているかわかるだろう

そして、若い20の青年が、
10年間世界で戦ってきた不屈のスケーター
浅田真央と同じく評価されている

そういったものが詰まった浅田真央と羽生結弦という商品価値は絶大だ

こういう選手が一人登場すると
それまでの常識が一変する

引退後の収入は「五輪メダル」の有無によって
ゼロ一つ違う
と振付師は言う

そうか?

あった方が箔がつく
アイスショーでも
○○大会の○メダルと紹介される「価値基準」
スケート界の一種の学歴だ

日本の場合
CM等のスポンサー料が収入の大きな差になるだろう

羽生君の2014年度の年収が4億5千万とか
浅田真央はバンクーバー五輪前から、CMや写真集など出ていた

羽生君や
浅田真央ちゃんのような存在だと
過去のどんな金メダリストよりも

「市場価値」「需要」の格が上

そう言い切れるだろう

一番わかりやすいのが
過去にも書いたが
大会終盤の客席へのファンサービスの時だ
安藤やあっこ姉さんが手持無沙汰で自分あてのファンを探している間も
真央ちゃんは、進めない程次々プレゼントや花束の攻撃にあい
受け取っては、持ちきれなくなると後方のスタッフへ、
その繰り返しでどれくらい時間をかけて一周しているのだろうと

羽生結弦の場合は
真央ちゃん同様、投げ込まれる花とプーの山w
他の選手が手持無沙汰でいる間も、続々、リンクサイドのファンからプレゼントと花束を貰う
高校生の時から、全国からファンが集まって応援されていた
まるでジャニーズ
五輪前から海外ファンが多かったが、金メダル後は一気に増加
会場を見ると、外国人が日の丸国旗とユヅルのプラカードを振っている
彼が入ってきただけで、歓声が上がる試合会場
練習中もモニターに羽生が映し出されただけで歓声
メダリストの表彰でも、2位でも3位でも羽生の時だけ歓声が全然違う
それは、順位に対してではなく、羽生だからこその歓声

4回転が飛べるからではない

転倒しても、それがプログラムの構成の一つであるかのような美しさを見せる
彼の本意ではないであろうが、それがカリスマ性なのだ

そして、知れば知るほどはまり込む「羽生キャラ」
なんだあれはw
計算か?素か?
あのキャラも天性の才能
15、16で大人たちと対等に対談できる会話のスキル
質問に的確に且つ、それ以上の答えを出す
「ホッピングシャワー」なんて、質問側のTV局メンバーが意味わからずたじろぐ

本人曰く
360度見える感覚というものがあって
それがスケートだけでなく
気配りにも如何なく発揮されている
だから凄い
リンクの上の虫を見つける
ハビのリンクサイドに置きっぱなしにしたペットボトルをすかさず下ろす
オーサーがキスクラの席に忘れた入館許可証をすかさず見つける
引退選手を前に誘導する
ハビに地元民に応えるように促す
後輩を目立たせる

実力と容姿とキャラを併せ持ったカリスマ性
こんな子居ない

第二の羽生結弦なんていない
過去にも未来にも

だから、凄い男なのだ

CMも雑誌の表紙もDVDも本も
ニュースも話題も新聞マスコミも
そして
アイスショーも


需要がメダルの有無以上にあるから
成り立つ

私の小学生の頃には、スケート人気で数万円するスケート靴が普通にデパートでも売られていた
その後低迷になり、スポーツ店でも靴の取扱いが無くなり、海外からの取り寄せなければならないまでになっていた

それなのに、ショーや大会はまるで
アイドルコンサート並の大盛況

真央ちゃんの新プログラムに注目が注がれ
誰とペアで滑るかが話題になり

観客席は、羽生結弦の垂れ幕やうちわばかりの
オンリーワンな存在

真央ちゃん、
羽生君の周りに集まる海外スケーターも凄い

国民的を超えた
世界的スーパーアイドルとは
2人の事を言う

第二の浅田と言われ、順位で抜いたこともある村上佳奈子は
ショーのスポンサーのニチレイのCMが1度だけだったのではないか?

あっこ姉さんは、バンクーバーで結果出したのに、スポンサーがなかなか来なかった

引退後、CMオファーの話があったのは高橋大輔
銅メダリストだから?果たしてそうかな?
長年男子フィギュアを牽引した実力と
何より女性の人気が絶大なあの顔だちだからでは?

織田君はあの語り口調とキャラで、ワイドショーとバラエティ、メッツ?のCMで一番需要があるが
DVDや写真集の需要はないだろう

お姉ちゃん、CMや写真集、スポーツキャスターなんぞやっているが、
自身のイベントでも、周囲が聞きたいのは妹浅田真央の進退の事
子どもの頃は表彰台の常連だったのに、今では
全て、妹あっての需要

どんなに選手として頑張ってきても
それが、その後の収入につながるとは言えないのはこういうことだろう

武井曰く
「モテるのは、ごく僅かのトップの数人で、その下にいる屍のようなアスリートが膨大な数」

その通り

モテるというのを、需要に置き換えればわかりやすい

記憶に残る選手など、10年で何人出てくるか

その後も名前だけでわかる選手など
どれだけいるか

金メダルとった荒川静香でさえ
受賞後の海外遠征では、スケートショーの世界でも無名だったそうな
あら、あなた金メダリストなの?って言われてた
欠場しても、アイスショーに何の支障も無いばかりか、お呼びもかからなくなったという
金メダリストであることが、イコール需要と収入には結びつかないのだ

需要のある羽生と浅田が五輪メダルを取るから、更なる需要と収入に結び付いたという事

スケート業界で名前で通じるのは、
殿堂入りした伊藤みどりくらいだろう

真知子コーチ曰く「ブサイク」だけど
彼女の愛くるしさは、アルベールビル五輪の時から絶大な人気があった
アメリカでは当時、金のクリスティーナ山口より人気があると、ハッキリ記事になり
「彼女はキュートだね」をやたら大喜びで連呼する海外の司会者の発言を聞いて、
外人から見たらそういうものなんだなぁと思った記憶がある
海外では、彼女の奇想天外なゴムまりのような一挙手一投足に拍手と歓声が起きた
にこにこにこにこしながら転倒しても、自分の演技の後自分で拍手している彼女のコミカルさに
海外の会場の客席からは愛情の視線が注がれていた記憶が忘れられない
男子選手が見にくるほどの天才異端児ジャンパー

だけど、美しさや見た目の可愛らしさを重視する日本の企業の需要は
今の真央や羽生の様にはならなかった

スケートの技術の天才というのは
20年に一人なのかもしれない

だが
容姿カリスマ性技術を全て併せ持った天才は
人類史上初なのかもしれない

この下でも書いたけど

第二の○○って
ほんっとに好きなんだよね、マスコミも婦女子も

それも無責任に使うのは、
詐欺的検索ワード狙いなんだなと

そんなの出てきやしない

ちょっと手足が長かったり
ちょっとジャンプが飛べたり
何か一つ似ていそうな要素があったら

即行「第二の浅田」「第二の羽生」の文字が躍るが
どれも程遠いレベル
シニアデビューした時の
浅田、羽生の鮮烈さ、
コメンテーターや司会者が驚愕している様が凄まじかった
どの番組でも、幼い浅田と羽生の話題で沸きまくるあのスタジオの雰囲気

あの雰囲気を出すだけのスタースケート選手はいない

だから、カリスマ的天才なのだ

伊藤みどりから
浅田真央まで20年よ

羽生ファンになって知ったんだけど

羽生結弦の写真集と同時期に
同じカメラマン、同じ出版社から
安藤美姫も写真集出していた

知らんかったが
値段が1300円も違う

安藤 3240円

羽生 1944円

何故だ

そして
安藤のは売れてないという

当たり前だ

折角のジャンパーとしての才能を自ら潰すような行動
メダリストでもない
お騒がせなだけの安藤であっても

一番の難は、あの容姿

スタイルは一般的な体型だが

顔が下品なんだ

決して美しい顔立ちとは言えない、大口の横広がりな顔なのに

内面のだらしなさが、折角の、屈指の才能を潰してしまった
現役なのに妊娠するなんてあり得ないにもほどがある

そういうだらしなさが、顔に出ている

荒川静香だって
イナバウワー演じて何ぼ
解説して何ぼ
写真集など売れないだろう

偏に、容姿と実力と愛される絶大なカリスマ性
あってこそ

写真集は何より「容姿」だ
DVDは、容姿に加えて見惚れるような素晴らしいスキルが必要

これだけ強豪揃いの日本フィギュアスケート界において
商品価値があるのは

羽生
浅田
ついで
高橋

他の大勢は、
選手としては極めていても
商品価値としては
武井曰く
「屍のようなアスリート」

引退後は
自由と苦悩
どちらを得るかも自分次第

安藤のような
引き際を知らない
プライベートの切り売りは
見苦しい

あっこ姉さんのように
地味でも割り切りの良さこそ
人となりだと思う





追記版③

羽生君が登場して
女子の陰に隠れていた男子スケーターがアイドル化している

次のアイドル探せと言わんばかりに
マスコミや婦女子が探しまくってるけど

必ず付くのが

第二の羽生結弦

なんか
宇多田ヒカルの時を彷彿とさせるなぁ

なんで探すんだろう?

羽生君は羽生君
彼自身も子育て論の中で
「僕のように」と言われるのはうれしいけど「僕は僕」と
そうはっきり言い切っている

宇多田の時は
石原軍団までオーデション開いて探したり
声が似てるだけでも
バイリンガルだけでも
とにかく何かひとっつだけでも宇多田に共通するものがあれば

「第二の宇多田」

って
大騒ぎで書きたてる

あの時とそっくり

あれは

「金のなる木の卵を探せ」キャンペーンだったわけだね

結局どれも
もどきばかりで
見つからなかった

神田沙也加もその1人で
米国で女優デビューとかこそこそ企画モノやってたけど
全く売れなかった彼女が、アナ雪の声優でブレイクしたのを見れば
真似ではなく、オリジナルがあってこそだというのがわかるわ

マドンナの時も
そっくりさん出た
いっぱい出た
レジーナとかデビューまでの経緯もそっくりに「仕立てられて」

でももういない

作り物は所詮作り物

宇多田にしても
マドンナにしても
やっぱあれだけの才能はそうそういない

だから
天才

まぁ
もどきの一番手でアレ
ああ
名前出てこない
倖田來未!
そう
パンツ見せるようになって売れた
R&Bを歌いたいって散々ゆっててパンツとおっぱいだったなんて

天才が
そうそう次から次に出てくるなら
それはもう当たり前の平均点
天才でも何でもない

それでも、第二の○○が乱用されるのは

一種の検索キーワードだね

世間が興味あるのは、オリジナルの方

だから羽生とか、宇多田とか
その名前をキーワードに入れとけば
もどきが釣れるという仕組み

書店でも
羽生ファンがそのタイトルで釣られて見て見りゃ
新人の売り出し謳い文句だったりと


ジャニーズは
嵐さんのような強烈な個性と抜群の実力と容姿の子供が見つけられないから
企画モノで勝負とばかりに
コテファン向けの舞祭組とか
もう
頷きトリオ思い出したよ
開き直りのジャニーズは
結構、高年齢の遅咲きデビューで若手じゃないし

結局、ジャニーズに求められるのは、男性アイドルの王道
スマや嵐さん

だけど
なんだろう

いつも間にか3人に人員整理され
かつ
センターが入れ替わったセクシーゾーン

どうみても

ホスト

若いのに・・・

演技力でドラマと主題歌を独占するのが
ジャニーズ事務所の手法なんだけど
演技力のある若手がいない

これ

致命的

一方、
ジャニーズを脅かす?羽生の男子フィギュア
アスリート界でのイケメンは、小塚や高橋が限界かなと思ってた
それに、男子って、体が出来上がると
どうしても筋肉と硬さで女性のような柔軟な美が無くなるから
優美なフィギュアスケートは女子のもので
男子は、あくまでもジャンプなどの競技だと思ってた
つい数週間前まで

んで

中性的二次元王子で
しかも
驚くべき才能の
ユーロ解説者曰く
「男女問わず過去のスケーター全部合わせた中での王者」と言わしめた
羽生結弦

男性をも虜にするスーパーアイドル

嵐さんみたいじゃん



老若男女問わず虜にするのが、国民的と過去エントリーで書いてきたけど

トキオの城嶋リーダーが

「うちの事務所は行ってくれんかな」って言ったのは
羽生君が16歳くらいの時

演技力は演技力でも
スケーターの演技力
ジャニーズの事務所の力は要らんなw

嵐さんがジュニア?かデビュー間もない頃?か
ジャニーズにも居た
小学生だったと思うけど
陸上で回転が出来るって披露してた子

何でできるの?って聞かれて

フィギュアスケートやってるって答えてた

まだ、浅田真央ちゃんも荒川も登場してなかったような頃

今なら、それがトリプルアクセルだのルッツだのサルコウだの
一般素人ピーポーにもわかるメジャー用語になったけど
当時は

ふーん

てな程度


名前忘れたけど
その子
居なくなった

誰だったんだろう?

野辺山合宿にいけるようなレベルだったんだろうか

ということで
前置き長くなったけど
マスコミや婦女子が第二の羽生を探しているようだが

嵐さんの後継者がいないように
第二の浅田真央が出てこないように
第二の羽生は
いないわな

多分
こういう本物の天才たちは
特別すぎて

第二は

いない

村上佳菜子も結局、
天才
ではなかった
アイドル
でもなかった

いまいる
シニアの若手やジュニアを見ても
真央ちゃんになるような
また
超えるような子は
いないなぁ
海外にも
いない

ましてや
その浅田真央をも超える
男をも虜にする人気の羽生の二代目なんぞ
いるわけない

スケートスキルだけでなく

華があるでしょ

真央ちゃんも羽生君も

華やかなスター素質

それが無いのよ

伊藤みどりはそういう意味では別格だわ

あのキャラ

愛されキャラ

おばさんになっても
愛される

そういう気質、素質を持った人が
スターなんだなって

だけど、マスコミは執拗に「第二の羽生、第二の浅田」を作り出そうと必死

宇野昌磨

手足短すぎ身長低すぎ
スケーティングスキル以前に見た目がちんちくりん過ぎる
17歳で156センチでこの筋肉質
「美」
とは
余りに程遠い

スケーティングスキルや技術はある
それは
過去のスケーターと同じ

だけど
アイドルスターとは違う
繰り返し見たくなる容姿容貌ではないもの

伊藤みどりのようなずば抜けたものがなく
若いということで次代の云々と言われているが

気の毒なほど手足が短く
ガタイがだらしない体型

飛んだか飛ばなかったか

こういう子はジャンプがどれだけ飛べるかの技術力で戦うしかないだろうな
カリスマ性ゼロ
インタビューは激面白くない

草太
羽生をリスペクトしていうのはわかるが
どんだけおっさんな顔なんだ
可愛らしさゼロ
中学生の顔じゃないぞ
30代サラリーマンに見える


真央ちゃんにしても
羽生にしても

容姿容貌と
天才であることと
ストイックな努力家
カリスマ性

サポートする親力と本人の華やかさ

しかし
何よりも
本人の性格、性質、魂のレベル

このセットを兼ね備えた逸材自体
100年に1人と言われる所以なんだなぁ

つくづく思うわ

真央ちゃんにしても
あんな子いない

羽生君は
全てにおいて
あり得なさすぎる

マスコミはね
羽生を脅かすって書きたててたけど
羽生の見ている方向がわかってない書き方

まぁ

マスコミがわかるはずないか

真央ちゃんも
羽生も

「自分の満足いく演技」

これを追及している
これを目指している

それだから
一位でも金メダルでも
真央ちゃん
失敗しての金メダルの時
悔しくって号泣してた

それをマスコミはわからない
「一位なのに泣いてるんですよぉ」って
いい年したおじさんアナが不思議がる

マスコミにはわからない崇高な志

羽生が二回転倒でも
他の選手の失敗が嵩じての金メダルには
「悔しさがある」と言うのを不思議がる
金を取った後だから、どっかに遊びに行きたいとか休みたいという答えを期待してインタビューした上田に
「サルコウの練習をしたい」と答えた羽生
演技後に話した母親との会話は、何故、ああなった?という大反省会だったと

スクープやゲスなネタや金儲けしか目に無いマスコミにはわからない
何故、彼がここまでスケートに打ち込んで、ここまで上り詰めたかという高次元のレベルな志

ソチのフリーでの真央ちゃんがなぜ泣いたか
メダルを取れないと分かっていても
6つのジャンプを成功させたこう難易度のプロを成功させた偉業
その完成度こそ、真央の涙だった

私達は知っている
マスコミが10代の浅田真央に何をしてきたか
どれだけ傷つけてきたか

そして
これから
20代後半へとなっていく浅田真央に
復帰の覚悟など理解することなどせず
面白おかしく書きたてることが出てくるだろう

真央の敵は真央自身
いつもいつだって
真央は自分と戦ってきた

その真央がソチで自分の敵と戦い勝ち得た
その勝者となった浅田真央が復帰する
更なる自分との戦いに挑む真央を
マスコミは追いつくことも
真実を伝えることも出来ないだろう、今のレベルでは

そんなマスコミが
第二の浅田真央などという虚構の選手を見つけ出そうと足掻いている

羽生を追い越す居もしない選手を探している

浅田真央も
羽生結弦も

二人としていない

だから
偉大な天才なのだ




追記版②

なんで今まで羽生結弦が見えなかったんだろう?

魂のレベル

ああ

魂のレベルか

高すぎたんだ
羽生が


震災経験によって
彼は成熟期に入ったと言われていたが

その成熟期に入ってからの今に至るまでの
成長の速さ!

凄まじい速さ

人間の成長の中で
最も成長が早い
おぎゃって生まれた赤ちゃんが
半年で体重が2倍になるくらいの速さ
1年で立って歩いて
2年で喋りだす
そのくらいの成長の速さがある

肉体やスケートの技術という意味ではない

人間性
魂の向上レベルがってこと

私のレベルが低すぎて
真央ちゃん見るのが精一杯で
その隣で
瞬間移動のような魂の成長の速さを続ける羽生結弦に
追いつかなかったのか?

いや
追いつけないだろう
追いつけるわけがない
それほどまでに高いレベル

人として

浅田真央の魂のレベルの高さを目の当りにしたら
それだけで、見ているこちらはいっぱいいっぱい

15~17歳の少年の魂は
震災を機に成熟し、一気の成長の質をもアップした

そら見えんわ

私ごときには

そして
何だろう

なんていうのか

真央ちゃんとは違う魂

崇高で高レベルな魂だけど
魂のソウルが違うような

私にはわからないけど

これを性差で言えば
男女差と言えるのかもしれないけど

真央ちゃんとは違う
物凄いパワーがある
カリスマを超えるカリスマ
転倒も流血もプラスに変える凄いエナジー

休業中の真央ちゃんは
その時の羽生結弦の放つエナジーとは真逆の
吸収のエナジーだ

ただ
二人の異質の魂の活動の起源になるのは

スケートと
天才気質と
家族環境などは勿論

被災

そう

被災に対する
魂の

動き方というか

なんと表現したらいいか
私にはわからない

被災地にバラバラに集まってくる人の様々な想いを
浅田真央が吸収して浄化のエネルギーに変えていく様を
この一年で見てきた気がする

休んで遊んで出会い探しをしていたわけではない

ずっと
吸収して浄化のエネルギーに変えてきた

選手復帰は
その浄化のエナジーを
放つ時が来たからだ

更に成長し続ける羽生結弦は
更なる高次元からエネルギーを放つだろう
その凄まじいエネルギーは言葉に出来ないだろう

浄化はね
こうやってエネルギーになって放たれるんだ

今期はね
浴び捲りですよ
日本中

浄化のエナジーを


羽生が和をもってきたのも
その一つかも

羽生結弦と浅田真央の高次のエネルギーが
日本中に注がれる
浄化はこういう形でも行われるのか

前にも書いたけど

まさか、フィギュアスケートの世界で
男女揃うとは思わなんだ


日本って
凄い








追記版①

真央ちゃん

選手復活のニュース

さー今年
楽しみだったら楽しみだ

お休みしていたこの一年
メディアで真央ちゃんが取り上げられたり
被災地や海外でドキュメンタリー番組やったりと
そういう部分では、私たちの傍にいた

いたけど

物足りなかった

そう

オンアイスでもスケーティングを見たけど

物足りなかった

研ぎ澄まされたアスリートの真央ちゃんが居なかった

ふんわり楽しげな真央ちゃんでは
物足りなかった

iいや
真央ちゃん自身が物足りなさを感じていたから
私もその演技から物足りなさを感じたのだ

ファンの私がそう感じるくらいだから
当人の「試合が恋しくなった」という言葉が
どういう意味か、説明するまでも無いだろう

今年は、
あの研ぎ澄まされた浅田真央が見れる

この嬉しさ


さて、私
この一週間前の金曜日に
突然

羽生選手のファンになりましたw

ええ

それは本当に突然にww

真央ちゃん選手復活でワクテカしてる最中、

被災地を取り上げた毎週やっている番組で
小学校の先生の当時の苦闘を見て感動し

スケートと
被災地の事を色々見てたら

羽生君が出てきた

当然だけど

スケートも被災地も
どっちもキーワードな仙台出身の被災体験者な羽生結弦だし


彼の当時のインタ見たら
当時、気づかなかった彼の言葉の端々から
ズンズン心に響く何かを感じる

なんで急に感じたんだろう?


動画に並んでいる彼の映像を見たの
五輪前の昔の

初めてね

だって
男子フィギュアって
女子より視聴率取れないから
深夜にばっかりだったでしょ?
真昼間だったり

ゴールデンは常に女子
真央ちゃんあっての視聴率だったから

それでも
五輪でのちょい前から
羽生君が取り沙汰されて
男子もゴールデンに近い時間でやるようになって

そんな羽生君が
五輪で金で日本中が大騒ぎ

SPのパリの散歩道がカッコいい

そんな意識で見てて
世界選手権も
上手いし、技術がずば抜けていて、
エキシも2014年までは、凄い上手いなって見てて
娘たちにも声かけて
見よう見ようと見たけど

興味関心のメインは真央ちゃんだったから

その程度な認識だったから
真央ちゃん休止の昨年は
もう見てなかった

だけど
職場でも
マスコミでも
羽生羽生

真央ちゃんファンのロシアの取材と同じく
羽生ファンのロシアの取材を見てはいたけど
へー、人気が凄いんだなーと
思う程度

そこで、突然の流血衝突事故
マスコミが騒ぐ

過去エントリーでも書いたことは書いたが
羽生君に興味があったわけではない

だったのに

一週間前に彼の被災インタビューやスケート取組の様子からズンズン響くものを感じて
動画が並んでいる中の一つ
2012年のロミオとジュリエット17歳の演技を見た

うわ

うわ

うわ

凄い

この子

凄い

完全に演技の世界を演じ切ってる
17歳のロミオになりきっている

ジュリエットを探し
死んだと思い
混乱
絶望
怒り


映画を4分30秒で見ている
小説を4分30秒で読んでいる

中でも、扉を開けるしぐさのシーン

まるで映画のワンシーン

そっからですよ、
凄い凄いで
この一週間、まるまる羽生漬け
朝出かける前、帰宅後、まず羽生の演技映像を見る毎日

今年の中国大会での激突事故

あの時ね
ナルシズム入っているように見えて
キスクラの後の号泣も嫌で

ああ
そうだ
羽生君
くねくね女っぽく見えてた
それが嫌で今まで見てなかった

流血事故も
号泣が女々しく見えた

だけど
それは
私の無知だった

この17歳のロミオは

爆発的な男の子だった

まだ中世的な部分が残る少年

というだけで
女々しさなんかない

カッコいい

素晴らしい演技

全力

そう

全身全霊の演技

それから
ずっと羽生君の映像を国内外のアングル違いから
翻訳解説verまで見て見て見まくって

あれほど嫌だった流血事故も
その直後のFPもいくつか見た
最新のインタも見た

女々しさなんて皆無だった
なんで当時女々しく見えたんだろう??

細身な彼だけど
17歳から20歳の今を一気に並べて見続けていると
その成長もハッキリわかる
昔、リアルで見た記憶のある映像では、何の演技か忘れたけど
シットスピンが途中で止まっちゃう程の体力が無かった記憶がある
なのに
17歳の彼もそうだが
20の羽生は、肩幅もしっかりしてきて
表情が男らしくなって、なよっとしたところなんか何処にもない

彼の絶大な魅力がなにか

フィギュアスケートがなにか

スポーツ競技とは何か

五輪とは何か

それが「何か」

今迄燻っていたものが、
次々答えになって目の前に現れた

羽生結弦を見て
それがハッキリわかった

なんてこった

答えがこんな風に分かるなんて

今迄、真央ちゃんの何を見てたんだ?
答えを何度も何度も私は口にしていたのに
その答えが心底実感として理解していなかったんだ

それが、羽生結弦の演技を見て
ハッキリわかった

人類の魂が向上しているって
視える人たちが言ってるの
霊感ゼロの私もそれはね、ハッキリわかる
身をもって感じてきた

真央ちゃんと
羽生くんを見て感じるのもソレ

彼らの演技を見て
フィギュアスケートというもので
私たちは気付かされたんだということ

例えば、男女平等って叫ばれているでしょ?

制度でとか法律でとか
税金だ企業だ組合だとか
育メンだとか、育休制度だとか
ああだこうだと、そういうものでね、
男女平等って図れるもんじゃないって

羽生君が出てきて
漸く実感した



フィギュアスケートは競技種目だ

政府は、スポーツ省だかなんだか作って
スポーツ振興に力を入れて
金メダルを何個取ることを目標に云々

というニュースを見て
物凄い違和感を感じていたところに

羽生君を知ることになって
演技の映像に驚愕し
はまって
気付いた

気付くことが出来た

気付いているつもりでいて
心の奥底で
気付きが浅かったことに
気付かされた

真央ちゃんのソチのあの復活FPを見て
感動したはずなのに
金メダルより凄いものがあったと分かったはずなのに

羽生君を見るまで
心の奥底から実感していなかったことに気付いた

心底気付かなかった理由は、男女の違いに対する私の勝手な邪念があったからだ

エキシで女性的な衣装を着て柔らかい演技をしても
真央ちゃんと同じショパンのバラードを演じても
女々しさなんか全くない完全な「男性の演技」なのだ

その更に一週間前に
内村航平くんの体操を見て感動していた

別格だった

予選なんてあってないようなもの

何点だろうと
彼は別格だった

完全なる体操する肉体の躍動美

そう

完全なる肉体の躍動美

そして、男子フィギュアスケートの羽生君

美しさ

彼こそ
スケートで完全なる肉体の躍動美の表現者

女子より力強い男子だからこそ、
その静と動の激しさがインパクトある分、際立っている

真央ちゃんも羽生君も

その美の表現者だったということ

フィギュアスケートは

美の競技なんだということ

技術
体力
解釈
音感
演出
精神
躍動
挑戦
意欲
容姿風貌
等‥

そして、
人間としての内面の心根
そう
これが露呈する美の競技

ライバルに嫉妬してたら露骨に
その浅ましい嫉妬が演技に出る

これ全てを網羅しての

完全なる「肉体による表現の美」

それがフィギュアスケートだったんだということ

真央ちゃんの心根と強さの美しい演技を見てわかったはずだったのに

これ

体操も同じ

表現の手段がスケートと体操と違うだけで

美の競演だ

観客をくぎ付けにする

表現美

これ無くしては語れないということ

どんなにノーミスでも

そこに欠けているものがあれば

「完全なる美」など無理

狡さ
悪意
私欲

そういったもので支配されている選手からは
完全なる美は放たれない

その代表例が

金ヨンア

彼女にも「別格」と言えるだけの才能が与えられていた
明らかに、他選手とは違う浅田真央系の「天才」だった

だが

彼女に与えられた才能を
内面の魂レベルの低さが
醜さをぶち放ち
誰も見たくない酷い演技ばかり

真央ちゃん
羽生君は

肉体躍動美の表現者としての天才だ

それを点数で表現するとしたら
羽生の別次元の点数になると言う事

彼、よく転倒する
2012のGPFのFPでもステップで突然の転倒

だけど、
彼を見て感じるのは

その転倒すら「美しい」のだ

転倒した後の立ち上がり方も美しい

そこからの復活ジャンプも見事なまでに完璧な美しさ

だけど、
それを裏打ちするのは
彼の日々の努力と精神力と
その動機づけになる

心の強さ
そして
美しさだ

何度も何度も見たくなる美しい演技

真央ちゃんと共通している部分

それが

この

心根の部分

それに
圧倒的な才能と
惜しまぬ努力が備わって

完全なる肉体表現の美が出来上がるのだ

彼の美しさは

そういう土台から築き上げられた美しさだということ

だから

根底にある本物の美しさが
ずば抜けた才能を磨き続ける弛まぬ努力によって
内側からあの容姿風貌を表現の肉体として演技する

だから、男性たちをも虜にする

真央ちゃんは女だから
美しくて当たり前なのだという
私の勝手な邪念が、めくらにし気づきを浅くしていた

ライバル選手だけではなく
取材している海外の女性記者や
海外の男性解説者たちまでも
「自分は羽生の大大大ファンだ」と公言する

真央ちゃんの時も同じ

そして
何故、五輪なのか
利権や特権が渦巻くのに
選手たちは精神を研ぎ澄まし
能力に磨きをかけ集結する場

その執念が世界中から集まる五輪の場だから

アスリートたちは打ち負かされ鍛えられ研ぎ澄まされる

そこで不正をする選手は
執念が大きい分反動も大きくなり
もろにブーメランを食らえば
選手生命が終わる
関係者も同様

日本政府が金メダルの数勘定をするのなら
その反動のブーメランを食らうのは誰だろう

浅田真央がメダルの価値を超えたFPの復活劇の美
羽生が別次元の本物の美の能力でメダルの価値を破壊するだろう

世界中から老若男女問わず愛される稀有なスケーター
本物の美の表現者
それが男女揃った
しかも、日本から出揃う喜び

フィギュアスケートの美は
女子だけのものではなかった

これが本当の男女平等だと私は思う

長いカキコでスマソ
関連記事

コメント

[C6354] Re: 浅田真央と羽生ゆずるの結婚

> 羽生ゆずるの結婚相手は今井遥ですよ

ナイナイw
  • 2016-05-17 18:11
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C6185] Re: 恥ずかしいですよ

> 間違ってるわ

ええ
アテクシの論評は
回転不足が鉄板ですから

  • 2016-03-19 17:56
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C6183] Re: タイトルなし

> 山本選手が欲を飲み込んだ?だから怪我??
> 何を言ってるんだろうこの人…

あなたこそ
何を言ってるんだろう?

欲を飲み込んだから怪我なんて
何処に書いたかの?

  • 2016-03-18 23:41
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C6176] 時間は残酷です

最近宮原選手が目に留まるようになりました
浅田選手ほど華やかさはありませんが、基礎が結構しっかりしてると思います

ビックリしたのはお昼はカロリー計算して栄養も考えて、弁当を自分で作る事
体脂肪率は4%~5%以内である事
英語は子供時代を親の留学でアメリカで過ごしたため10歳で英検2級を取得し、結構話せるのでインタビューでは通訳は要らないとのこと・・などを知りました

生まれてくるのに親は選べませんが時代も選ぶことはできません
新陳代謝は常に行われているんですね
とにかくどんな選手も今を大切に悔いのないように選手生活を送ってほしいです
そしてけがのないように・・祈るののみです

[C6040] ゆづまおは比翼の鳥だと思います

まるが様、初めまして。いつも拝読しています。

ゆづまおクルクル大好物で、私も二人にはただのスケーター仲間で終わらない何かを感じています。最高に嬉しいフィナーレだた盛岡エキシビ…プル様やロロ様やメリチャリの二人を見つめる視線の色を見ていると、ゆづまおは世界レベルで 進展見守り案件 のように感じてしまいます。かなり微笑ましい二人 として認識されてそうだな、と。

ただ、現時点で既にロシアメディアに 富士真央 、プル様ほか大勢からも IceQueen と讃えられOne&Onlyと見なされている真央ちゃんの視界に映るものが、現時点のゆづくんの視界に共有されてるかというと…私もまるが様の仰るとおり、未だかなとも感じています。完全共有ではない、未だ一部共有されてないところがあるかな、と。

共有する時が来るのは、恐らく、今の演技力にプラスで4Aが組み込まれたプログラムで世界をギョッとさせた後かな、と。
現時点で4Lzのコンビネーションジャンプを跳ぶボーヤン選手をゆづハビは総合力で上回れている分、まだ、ジャッジで重箱の隅突こうという流れにはならないと思うのですが、4Lz4Aなくても世界記録更新してるゆづくんが4Aを通常運転したらどうなるか。10年の長きにわたり3Aが跳べる唯一無二の選手である真央ちゃんのように、ゆづくんもジャッジ弄りを受けるのでは。
そう感じてしまいます。…妄想しておいていうのもなんですが、なんだかなーな感じなんですが。(苦笑)

長々書き連ねましたが、いずれにせよ。現在の演技だけでなく、選手人生を終えた後の生き様がどのようなものか。どうか幸多かれとつい願ってしまう二人と同じ時代を生きられる幸運に感謝しつつ。
これからも更新を楽しみにしています。
  • 2016-01-14 17:16
  • いずみ
  • URL
  • 編集

[C6037]

真央ちゃんとゆづくんが好きで、たまたまこの記事に辿り着きました。

私と同じことを思っている方がいてびっくりしました。

私も、真央ちゃんとゆづくんは必ず結ばれると感じています。
あんな神レベルな魂同士、ほかに相手はいないと思うのです。

そして真央ちゃんは、ゆづくんの力を得て、また本来の自分らしさを取り戻し、
史上最高の
演技をもって引退すると思うのです。

[C6035] Re: どんなにいいか。

> まるがさんの言うように、
> 本当にそうならないかな。^_^

疑う余地は全くありません
必ずそうなります。

過去に何人もの浮名を流す事の無い2人は
それだけ高潔崇高な魂の持ち主だから
その魂に相応しい者が居無かったから

芸能人のプラベ切り売りなんかとは
全く別次元の住人

マスコミはそういう所を理解出来ない
下衆の極みだから

次の五輪前に
彼は彼女と肩を並べる所に到達します

その時ですよ
  • 2016-01-11 18:55
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C6032]

昨日の久々の羽生真央コンビを観て嫌な記事があった後だけに余計に癒されました。まるがさんの意見に全面同意です。この2人はつらいことも乗り越えてきた今までの歴史や背負うものの大きさを考えると、単なるスケーター同志という枠を超えて魂で結ばれている存在のように思います。いつかまるがさんの予言通りになりますように。。

[C6031]

今晩は。
樋口選手に関して、全く同感です。マスコミ、スケ連は
アレを必死で持ち上げてるんですからね。
絶賛売り出し中www
バッカジャナイノ?真央ちゃんより点数高くして
世代交代アピールしても人気が出るわけないじゃない。ジャンプもマスコミが言うほど大した事ないし、汚いポジションのスピン、第一可愛げがない、なのに何でアレを売り出そうとしてるのか
理解できない。
  • 2016-01-10 23:12
  • ジゼル
  • URL
  • 編集

[C5985]

真央ちゃんの、悲劇はキムヨナがいた事。
韓国経済を押し上げた日本国にもある。
今は潰れた国家。ソチってなんだったんだろ!あまりにも冷たい日本スケ連。朝鮮人に席巻された情けない組織。いくらいい演技しても阻止される。普通なら、やってられないでしょう。あの吉ガイじみた、金や太鼓やらっ羽の大騒ぎ。朝鮮人しかあんな事はしない。ロシア選手の応援といってももう終わっていた。次が真央。けなげに演技したけど、ぁの大騒ぎで潰された。だれ一人、日本からのクレームはなし。外人選手や、コーチだけが憤慨していた。外人選手は皆、真央が優勝だと賞賛していたのではないかと思う。
スケ連。タレント扱いで稼がせて、儲けは皆スケ連行き。都合がよすぎ。荒川さんもちゃっかり真央の恩恵で、理事就任。
やってられないだろ。また、再開した真央ちゃんの根性に乾杯!!
  • 2015-12-13 19:30
  • 波消し
  • URL
  • 編集

[C5932]

拝読しました、ブーメランは流石に嫌です。そうですね、真央ちゃんと羽生君を筆頭に男子&女子皆さん頑張ってますからねぇ応援してます☺特に真央ちゃんには幸せになってほしいそう願ってます\(^o^)/スッキリしました、まるがさんありがとう(^o^)v
  • 2015-11-30 02:03
  • ゆきうさぎ
  • URL
  • 編集

[C5930]

誰かに貶められたとしても、その誰かを貶める事を考えてはいけないのではないかと思うようになっています。
貶められた自分を名誉回復させるには、自分を高めることしかないのです。
どこかでも、言われているように「他を落としても、自分は上がらない」のです。
自分が上がっていけば良いだけの話。
見栄・嘘の輩が懼れるのは、忘れられる事。
真央・弓弦のパーフェクト演技は語り継がれ、再生され続けるでしょう。
それだけでよいのです。
怒りや恨みで胸を波立たせるのは、どこぞの国の人間にお任せしましょう。
  • 2015-11-29 14:22
  • 雑草
  • URL
  • 編集

[C5928]

小塚くんは、気の毒に小塚父の件で、相当なダメージです。
でも何とか立ち直って、また花を咲かせてほしい。
常人の想像を超えた苦しみを乗り越えることができたら、人としても大きく成長するでしょう。
心から応援したい。

[C5714] Re: タイトルなし

> ひどい。
> 頑張っている選手達の悪口ばっかり。

本当の事ってなかなか言わないからね
みんな
そう思っていてもさ
  • 2015-10-04 09:41
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C5712]

ひどい。
頑張っている選手達の悪口ばっかり。
  • 2015-10-02 11:00
  • みらい
  • URL
  • 編集

[C5602] 鈴木明子こそ

自分が目立つことしか考えていない、外身も中身も醜悪なスケーターです。
4日前の終戦記念日に星条旗の画像を「今日も気持ちのいい天気。」とTwitterへ投稿した馬鹿女ですよ。
https://twitter.com/Mariakko2010/status/632550716607963136
抗議のリツイートが来ると、削除するどころか自分の公式ブログでまたも同じ星条旗を載せて「時差ぼけということに…」と意味不明な言い訳で開き直りました。
http://ameblo.jp/suzuki-akko/entry-12062331146.html?timestamp=1439694981
これの何処が「地味でも割り切りの良さ」なのでしょうか?
私には彼女は全く「地味」とも「割り切りが良い」とも思えないのですが…。
  • 2015-08-19 01:29
  • どやさ師匠
  • URL
  • 編集

[C5567] 中止になるとしたら・・・・・

もしも東京五輪が中止になるとしたら どんなことで延期になるのかな?
1 東京大震災
2 富士山噴火 
3 また原発事故
4 ヤケになった中共がミサイル発射東京着弾
  攻め込んできて修羅場

最悪 4は回避して欲しいわ~ 
しかし競技場の建設費の不始末やら ロゴがパクりだの 
在絡みで既にグダグダ 
かっての東京五輪の時の
しっかりした気概もなくなった今の日本
いつからこんなにだらしなくなったんだろうか?
それが何より嘆かわしいわ・・・・・
  • 2015-08-02 16:39
  • へのもへじ
  • URL
  • 編集

[C5556] zero

今ニュースZEROでおーちゃん特集してますう〜!!
  • 2015-07-27 23:31
  • うう
  • URL
  • 編集

[C5539]

真央ちゃんと羽生くん。
昨シーズンは真央ちゃん休養につき、羽生くんの方が人気だったかもしれません。
でも復帰のニュースだけで注目されるくらいなんで、結局は二人とも同じくらいの人気を誇ってるって事ですよね。
ただ、もしかしたら羽生くんは今のままだと、どこかで決定的な壁にぶちあたるかもしれないと感じています。それは、カナダに行く前と今の演技の違いである、演技への魂の入り方の違いで、今の技術を重視した演技だと、ニースの時のような、人の心を震わせる演技、真央ちゃんのソチフリーのような演技は今できるのかななんて少し心配だったりします。
なにやともあれ、二人とも日本が誇るスターですね。
  • 2015-07-19 18:39
  • 夏芭
  • URL
  • 編集

[C5371]

通りすがりの閲覧者です…
2年前の自分と全く同じでビックリしてしまい思わずコメントしてしまいました

私もずーっと長い事真央ちゃんが大好きで応援しています。
羽生君はテレビで放送すれば見て応援する可愛い将来有望な男子選手、程度の認識でした。
が、13年のオフシーズンにフィギュアの動画巡りをしていて、ふとニースのロミオを見て…リピートが止まらなくなってしまったんです!
自分でも理解不能でした。来る日も来る日もリピート…一週間が経ち、ああ、これ私ハマったんだなと理解しました。

自分も色々調べましたよ。クリケットの事とか。やっぱり真央ファンだったので初めはモヤモヤしてたけど、自分はそこは切り離して考えるべきだと結論し、すっきり応援しています。
全く、あのオーサーの教え子を応援するとは我ながら驚きです。

多分、羽生君自身がピュアな人だから信じられるんだと思います。
光が強いですよね彼。
真央ちゃんも光が強いです。
似てるな〜と思うのですがどうですか?
惹かれずにはいられないです。

長文失礼致しました。


  • 2015-06-16 10:15
  • ハナ
  • URL
  • 編集

[C5322] どちらでも

調べてくださってありがとうございます。
私はワイドショーか何かで羽生君が声援を送っている映像を見て、あの声がそうだったのか、と思い込んでいましたが、正直、「あの声」が誰であってもかまいません。
あの瞬間、世界中から精一杯の声援が送られていたと思いますし、我が家でもテレビに向かって大声を上げていました。
ただ、羽生君もいたたまれない気持ちで会場から応援していたのが嬉しかったので。

[C5318]

あずささんの書かれている「真央ちゃん、がんばれ!」のことで気になってコメントしたのですが…。
何かおかしかったでしょうか…。

ソチの真央ちゃんの映像で、演技開始直前に「(男声)真央ちゃんガンバレ!」「(女声)真央ちゃんならできる!」の声がかかりますが、男性の声は羽生君の声とは別です。
羽生君ももちろん同じころ応援していましたが…。

当時羽生君の応援シーンの検証動画を見ましたが、「レ」の音の舌と顎の動きがないように見える(つまり羽入君はおそらく「ガンバー!」)ことと、声が羽生君より太いことから、なんだ別人なのか、と私は思ったのですが、動画主は「羽生君でした!」と結論付けててズコーってなりました。

その後別の機会に、あれは自分です、と名乗り出ていた男性と女性の記事をどこかで読みました。

今日あずささんのコメントを見て思い出して検索したところ、オリンピックお兄さんという方と、石井さんという女性の芸人さんだそうです。

ソチの後の真央ちゃんへのインビューでも、映像見せて「羽生君も応援してましたよ!?」的な質問について、真央ちゃんは「羽生君の声は聞こえなかった、高橋選手の声は聞こえた」的な返事をしていたように覚えているのですが…。
(男子選手は別々の席に座っていたので、羽生君の声が届かなかったのは位置の関係なのか?)

それなので、真央ちゃんもあの演技直前の大音声と羽生君の声援は別物だと認識してると思います。

羽生君だということにしておいたほうがドラマチックですが、間違いは間違いなので気になって…。
  • 2015-06-08 01:49
  • tom
  • URL
  • 編集

[C5316] Re: タイトルなし

> ソチでの演技直前の「真央ちゃんガンバレ!」の男性の声は、オリンピックお兄さんという方だそうです。
> ついでに「真央ちゃんならできる!」の声の方は女性芸人さんだそうです。


はぁ?
  • 2015-06-07 22:51
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C5309] ありがとう

ありがとう、羽生結弦君のことを書いてくださって。
私はただのフィギュアファンですが、羽生君のデビューからずっと、彼の男っぽさが好きでした。多分、お姉ちゃんと一緒に読んでいたヒーロー漫画の影響かな、なんて想像しながら成長を見てきました。外見やコーチのことから随分誤解されているようですが、彼が求めている武士道、孤独な求道者をダブらせて観察していると色々と理解できるように思います。
ソチでの「真央ちゃん、がんばれ!」の声も羽生君だったんですよね。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2608-587a0788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード