Entries

【育休産休⑨】雇用保険詐欺


「育休どころか永久にお休み」 育休宣言・宮崎議員の不倫疑惑に官邸筋も怒り
産経新聞


「育休どころか永久にお休み」 育休宣言・宮崎議員の不倫疑惑に官邸筋も怒り: うつむき加減に衆院本会議に臨む宮崎衆院議員=9日、国会(斎藤良雄撮影)© 産経新聞 提供 うつむき加減に衆院本会議に臨む宮崎衆院議員=9日、国会(斎藤良雄撮影)

 官邸筋は9日、自民党の宮崎謙介衆院議員が妻で同党の金子恵美衆院議員の出産直前に不倫していた疑惑について「かばう要素なし。育休どころか永久にお休みになるのでは(ないか)。『イクメン』どころか常識を疑う」と強く批判した。


( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ

誰がどこから出してきたネタなのか
疑惑とか言ってるけど

そもそも
そういう人だから
こういうことを主張する

そういう程度のろくでもない話




はい。うちとこ契約社員に出てきましたよ

育休中の退職

ええ
そうです

給付金を受けながら
復職近くなって
退職申し出

ホイクエンガー

とはいうけど
上に幼児3人もいて
そりゃ保育園も無理だろう

だからね

一回退職

そして、都合に合わせて再就職

それが良いと思うわ
こんなんで給付金使われて
税金どうするよ

児誕生、宮崎謙介議員激白! 国会議員が「育休宣言」した本当の理由

例のあの育休議員ね

結局世間は認めてない
国民世論に認められていない

そりゃそうさ

産むのは女で男ではない
産んで育てる女子どもを養うのが男
女と一緒になってんじゃねーっつーの







【育休産休⑧】議員はリーマンでは無い、育休は有り得ない
妊娠中の女性が身につけている「マタニティーマーク」。
厚生労働省が平成18年に定めてから、まもなく10年になる。
周囲に妊婦への配慮を求めるマークだが、インターネット上では
「幸せ自慢」「妊娠は病気じゃない」など批判の声もあり、
「付けたくない」と萎縮する人も出てきた。
最近はマークの大きさも遠慮がちに小さくなっている。

 初期こそつらい

 赤ちゃんに寄り添う女性がデザインされたマタニティーマークは、厚労省が公募で選出。おなかの膨らみが目立たない妊娠初期ほどつわりなど体調不良に悩むケースが多いため、交通機関を利用する際などに周囲に配慮を求めることが狙い。交通各社は優先席にマークを掲げ、席を譲るよう呼びかけている。

 9割以上の自治体がマークの付いたストラップやキーホルダーなどのグッズを母子手帳とともに渡しているほか、駅などでも配布。厚労省の担当者は「(マークが)かなり浸透している」とする

 「外した」4割

 「マークを付けていると、かえって肩身が狭かった」。東京都中野区の主婦(29)は長男(2)を妊娠中、知人がインターネットに「マークは幸せ自慢だ」と書き込んでいるのを発見。悩んだ末にバッグに付けていたマークを外した。周囲に対し、「押しつけがましかったかも」と不安になったという。

 子育て情報サイトを運営するミキハウス子育て総研(大阪市北区)が昨年12月にインターネット上で行った調査(有効回答数482人)では、妊娠中にマークを「付けなかった」と回答した人は32%に上り、「途中から外した」人を含めると4割以上になった。

 回答者に理由を尋ねたところ、「わざと押されたりすると聞いた」という不安の声や、「マークを見てつらい思いをする人もいる」と不妊に悩む人に配慮する意見もみられた。

 「嫌な思いをしたことがあるか」との問いには、「妊婦は偉いのか」と言われたり、遊園地で「妊婦は来るな」と言われたりしたケースもあった。

直径10→5・5センチ

 こうした中、マークをあしらった関連グッズの形にも変化が起きている。通信教育講座大手、ベネッセコーポレーション(岡山市北区)が年4回発行する妊婦向けの雑誌「初めてのたまごクラブ」。毎号マークをあしらったストラップを付録にしているが、平成23年に直径10センチだったマークの大きさが、昨年12月発売の最新号では同5・5センチに縮小。担当者によると「目立たないものがいい」という読者の要望を反映させたという。

 個人や自治体向けにマークの付いたストラップやシールなどを出荷してきた藤田商店(岐阜市)ではここ数年、受注数がピーク時の3分の1程度にまで落ち込んだ。担当者は「ネット上で、一部の批判的な意見が目立つようになり、萎縮する人が増えたようだ。災害時や体調不良の場合など、『万が一のときに配慮しよう』という本来の趣旨が伝わっていない」と嘆く。

こうした現状について、国立保健医療科学院(埼玉県和光市)生涯健康研究部の主任研究官で、産婦人科医でもある吉田穂波さんは「少子化のため妊婦が減り、つわりのつらさなどが理解されにくくなっているのでは」と指摘。一方で、「妊娠は病気じゃないから」と遠慮する妊婦もいるといい、「妊娠は危険と隣り合わせ。つらいときには周囲を頼った方がいい」と話している。

*+*+ SankeiBiz +*+*
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/160124/ecc1601240719007-n1.htm


映画化決定
マタニティ・マーク
エピソード1Ⅱ
推進委員の逆襲wwwwwww

最期のつらい時にはっていうのだけどさ

赤の他人の不特定多数の通行人を
最初っからあてにして頼る気満々マークって

どうよ?

って話を散々下で書いてきたけどさ

妊婦自身が既に
その特別自慢を嫌がっているわけで
なのに
更に推進を押し付けるのは

何故?

つまりね
これはね

妊婦の為でも何でもない

ってことなんだよね

漬けるのを嫌がるなら
小さく目立たなくさせてでも
つけさせようとする
結局
要らんものを
無理やりな押し売りでつけさせている

誰の為?

そう

厚生労働省の担当部のため

そう

少子化対策でお金貰ってるもんね
国から

予算取り

来年度も
マークの分とすて
予算枠作ってもらうんだもんね

予算取の為にも
マタニティマークの更なる推進が必要だもんね

って
そんな風に勘ぐっちゃうわ
















朝日新聞デジタル 1月8日(金)20時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00000054-asahi-pol
 自民党の宮崎謙介衆院議員(34)が育児休暇を取る考えを示していることについて、同党の谷垣禎一幹事長は8日、
「自営業者には育休の制度はなく、育児休業しようと思ったら、いくらでも本人の判断でできる。
基本は国会議員も同じだ」と語った。宮崎氏は国会議員の育休を定めるよう衆議院規則を見直すことを目指しているが、
谷垣氏は制度化に慎重な考えを示した。

 この日の記者会見で谷垣氏は、「育休制度は雇用されている方を中心につくられてきた。
(国会議員は)サラリーマンの場合とは大きく違う。育休を取りやすい社会をつくるために運動するのは意義があるが、
自分たちがどういう立場に置かれているのか、整理をきちっとして議論していく必要がある」とも語った。(笹川翔平)

朝日新聞社


はい。正論

皇帝ペンギンの方が偉く見える
メスが餌を探しに行く間、
オスは飢餓と寒さに耐えながら卵を温め
そうやって「雄雌共同」で卵を温める「産休」

人間は
育休関係無く
夫婦の
最低どっちかが働くことで
家計を維持するのが当たり前

ひとり親なら
育休なんてねーよ
なわけだし

ましてや
「立候補しての任期制の代表職」で
その
任期中に

育休

国際問題頻発中でも
国内問題頻発中でも

その事で議論巻き起こす馬鹿議員

号泣議員野々村と同類

議員職は
国民の権利より
自分の権利を遂行する職だと
そういう感覚なんだな

だけどね
リーマンだって同じなんだよ

会社の利益は
職員の収入に繋がり
雇用の安定と
生活の質の向上
そして
納税という大義に結び付くわけで

その為に
その会社で働くわけだ
公務員だって同じだよ

その中に置いて
会社の利益の為に貢献する
その為の

育休

ってこと

実は、みんな分かってないんじゃないか?

ほれ、
「社内規定より、法律の方が上じゃないですか」
となぬかして
雇用形態変わったり
退職しなくちゃならなくなった
馬鹿な職員の言動なんかね
その極みなんだわ

企業もね
もっとハッキリ言っていい

必要な人材確保のための育休だってこと

つまり、不要な人材であれば育休なんか
ねーよってこと

そういう選択肢を企業がもっと堂々と表に出せれば
それが、次の雇用枠に繋がると言う事
有効求人倍率が上がるんじゃないかって思うわけ
だから
自分の生活に合わせた仕事を
新たに選択できる可能性にだって繋がる

あたしゃそう思うよ

会社の貢献に繋がらない「自己主張のみ」の職員なんて
会社は要らないんだよってこと

昔は会社に人事権があったけど
今は労働なんちゃらで厳しくなって
退職や解雇が難しくなってきた
それが、雇用枠にどれくらい影響しているか分からないけど

凄いよ
うちとこ会社

産休育休の嵐で
稼働率50%のチームが出て来た
その所為で
独身者や子無し女子職員が
その人達の仕事をモロにかぶるから
業務量が半端無く増えて
働ける人達の方から退職者続出
働けない育休産休者が
席だけあるという状態に


上席男社員は、
育休に寛大な時代に即した対応をしている気になっているだけで済んでるけど
女社員達は

「なんで私達だけが仕事をかぶってまで、他人の子育てに賛同させられなきゃならないの」

って
若い子たちから不満が漏れている

男は馬鹿だから
自己保身で
会社の方向性に逆らう事はしない
それで
業務が回らず混沌としてても我関せずな顔している

さて

これが
社会貢献なのか?

育休産休者が増えて
子供を生む働く女性が増えたと言う記事を見かけたが

色々雇用保険から特典がつく産休育休のお陰で
専業主婦で産んでいた人達が減っただけで
果たしてこれは

少子化対策の成果

なのだろうか???????




私が疑問符だらけだわ










【完結編⑦修正版】

蓮舫氏、国会議員夫婦の育休に「全く理解できない」 ネットは賛否真っ二つの大論争に

J-CASTニュース 12月25日(金)18時36分配信

 民主党代表代行の蓮舫参院議員(48)のツイートが波紋を広げている。自民党の衆院議員夫婦の育児休暇取得について自身の主張を展開したところ、賛否が真っ二つに割れる論争になっているのだ。

 育休取得の意向を示しているのは、2015年2月に結婚した自民党の宮崎謙介衆院議員(34)と金子恵美衆院議員(37)だ。16年2月中旬に第1子が生まれる予定で、宮崎氏は約1か月、金子氏は約3か月間の「育休」を検討している。

■「議員が給与全額保証の育休を優雅に取る」

 蓮舫氏は15年12月24日、「一般的にはいいのでは、との反応があるが私は2人とも国会議員の夫婦の育休は否定的立場をとる」とツイートし、両議員の育休取得に反対した。理由について、

  「時間的自由度が高い国会議員は、完全育休より公務との両立が可能です。かつ、国会議員の育休は、給与も全額保証で民間より遥かに優遇されている」

と説明。その上で、

  「民間と比べ、特権的環境の恩恵を行使するのでなく、普通に保育施設を利用しながら両立をすることこそが、本人の言う地に足のついた政策を立案できるのではないか。または、特権優遇ではない国会議員の育休を制度化する法案を提案するほうが現実的だ」

と、主張した。

 衆議院の規則では、出産の場合、自ら期間を決めて事前に休暇届を提出できるようになっているが、育児休暇に関する規定は男女ともにない。そのため現状では本会議のたびに欠席届を出すこととなり、この場合の議員報酬は、現行制度上、全額支給される。

 蓮舫氏はツイッターでさらに、「もう一度、言う」と切り出すと、

  「マタハラ、制度があっても育休すらとれない現実もある。国会議員のすべき仕事は二人揃って給与全額保証の育休を優雅に取ることではなく、現実に向き合っている人たちを法改正で守ること、だ。この二人の考えを私は全く理解できない」

と、両議員の考えを厳しく批判した。

「マタハラ上司の典型的思考」

 一連のツイートが発信されると、インターネット上で大きな議論を巻き起こした。蓮舫氏のもとには

  「なるほど、マタハラ上司の典型的思考と全く同じですね」
  「公人の前に一人の人間であることを認めてあげてもいいと思いました」
  「世の中への影響力がある議員だからこそ取るべきでしょう」
  「育休が『優雅』...?????? 」

といった反論が続々と寄せられ「炎上状態」となっている反面、

  「私も同意見。国会の休会期間とかあるし、歳費もそれだけ十分に貰ってる」
  「私も同感です。もしも育休中に解散したら選挙活動も休むのかな?」
  「賛成。育児休暇を取るなら自分達の給料を下げるなりしてほしい」

と蓮舫氏に賛同する声も少なくない。

 反響を受け、25日には「珍しく同意見とか、国会議員でも男性が率先して取得に賛成とか、賛否両論いろいろな声をありがとうございました」とツイート。合わせて「男性の育休取得は進めるべきです。が、給与全額支給や本会議欠席の是非など問題はあると考えます」と述べている。

 一方の宮崎氏は、育休規定を作るための勉強会を立ち上げ、実現に向け活動する意向を示していて、23日更新のブログでは、自身の育休取得について

  「次世代の日本のあり方と、女性が輝く社会を実現するための男性の支援を促すためにも一石を投じたい」
  「私自身も育児を通して学んだことを地に足のついた政策の立案や、育児の合間に資料や書物を読むことで、時間を有効に利用し、研鑽に励むつもりです」

などと、その意義をつづっている。

 1月召集の通常国会の場でも、あらためて議論になりそうだ。




なに言ってんだ?!

図々しい

何の為に立候補したんだ

この馬鹿が


賛否まっぷたつ???

圧倒的に反対意見ばかりだったが???

コレに関しては、
民主党議員であっても蓮舫の意見と同意見だ

議員と言う任期制の
しかも
国民に選出された立場の
国民の権利の代行者である議員が
育休って
ありえないわ
そういう概念自体有り得ない
無給とか返還レベルの話じゃない
業務遂行が出来ないんだから
辞職が相当

そういう職種が世の中にあると言う事

おフランスの事情は過去の記事だけど
預け先を増やす
育休を短くして
代わりに、時短就労を検討とかやってる

うちの会社でも育休を男性も取り易くって
やってるけど
社報に「わたしも育休とりました」って男性社員の顔写真とtインタが掲載されている

しかし

社内の空気は
「使えない男性社員」というもの

だって
皆一生懸命だもの
残業も昔みたいに出来ないから
効率良くやって
営業成績も上げて
ってね
そんな中で
だよ?

なんだかんだ言っても
世の中
男社会

その中に置いて
育休とる男って

どんな仕事しているの?

定年後の再雇用のおじさんたちじゃないでしょ?

34歳の男なら
所長やGLといった
管理職クラスだ



育休の間
別部署から管理職御チョイスするの?

出来ないよ

女性はね
一般職ならフォローがきく仕事
だあら
育休がなんとか迷惑かけながらでも取れたりする
パート採用等で補填したりね

だけど
30代の働き盛りの男は
役立たず以外はあかんだろ

そもそも
本人が希望しない
出世もかかってる
同期に負けられないと言うね

男ってそうでしょ?

外で働くのが男だよ



この議員、何の為に議員になったの?
元々何やってた人なの????

【完結編⑥修正版】

■強い経済=20年のGDP600兆円に

『14年度に490兆円だった名目GDPを2割増やすため、女性や高齢者、障がい者らの雇用拡大や地方創生を本格化して「生産性革命を大胆に進める」とした。』


■子育て支援=合計特殊出生率を1.8に回復

『子育て支援では、現在1.4程度の出生率を1.8まで回復させる目標を掲げた。子育てにかかる経済的負担を軽くするための幼児教育の無償化、結婚支援や不妊治療支援に取り組む。』

■社会保障=介護離職ゼロに

『家族らの介護を理由に退職せざるを得ない「介護離職」をゼロにしたいとの目標を示した。』


『働く意欲がある高齢者への就業機会を増やす考えを明らかにした。これらを20年に向けた「日本1億総活躍プラン」としてまとめ、「50年後も人口1億人を維持する国家としての意思を明確にしたい」と語った。』



納税者を増やす・・・女性、高齢者、障害者を就労させる

納税者を増やす・・・介護離職ゼロ

納税者を増やす・・・日本1億総稼働プラン出生率を1.8まで回復させる



意味分からないのが

納税者を増やす・・・出生率を1.8まで回復させる
          ↓↓↓↓
税金を使う・・・幼児教育の無償化、結婚支援や不妊治療支援


なんで、幼児教育の無償化になるのか???????????

幼児教育って何?
ヤマハエレクトーン教室とか?
公文とか?

就労中の預け先確保の
保育園や幼稚園
ではなくて?

まぁ言わしてもらえば

結婚支援って

なんか
ねぇ

配偶者控除とかそういうレベルの事?

不妊治療は数百万単位でかかるでしょ、
それって産婦人科を儲けさせるだけじゃ

50年後は
1950年頃と同人口の7~8千万になるって視える人

それは
日本だけで無くて
先進国も途上国も
全体的に国家が縮小するらしいっすよ

世界全体見ても
人間の多過ぎ

少子化って
豊かであればある程進む
かつての古代ローマ帝国もそうだったらしいけど

出生率上げると言うなら
中絶どうにかしたらどうかと

年間4万人~5万人もの
声を上げる事もデモする事できない赤ちゃんが
親の都合で殺されている
障害健常関係無く

本当に子供を沢山生ませたいと思うのなら
一番なのは

武力戦争

これで
国民が生死の中を彷徨うほどのダメージを受ける
男が戦地にとられる

戦後のインフレも相まって
貧困の中でも
ベビーブームが起きる

ってね

生存本能だそうだ

経済的豊かさが
少子化の原因

でも
そうはなりたくないんでしょ?

誰もなりたくない


なら、1億総稼働なんて言うなら
生活保護をバンバン打ち切って
必死で生きるすべを探すような社会にすること
介護離職ゼロの為に
介護士にさせてきゃいいかと
それがやりたく無きゃ
自力で生きろと

それと

幼児期は
特に、親が若い上
出費って実は子育て期間中一番低い
若さと低支出で
必死に働く時期
夫が必死に働けば、女は家庭で子育て出来る
これが従来の人間という動物の生活だ
夫に家事手伝いとか
男女平等とか
ふざけた事言いだしたから
結婚しない、晩婚少子化になる

他に
高齢者の職業として
子供の世話もありでしょ
短時間ずつなら体力的にも可能でしょ


豊かになり過ぎた日本
人間が増えすぎた日本

ただ
高齢化もなくなるそうだ


今の
40代~60代が
今の老人の様に長生きしないそう
老人不足で
老人ホームや
老人介護施設が潰れていくそうだよ

私のような中年は
定年まで生きる可能性も薄いらしい

生命力そのものが
今の元気な老人と比べて薄いそうだ

50年後には
恐らく生きて居ないでしょ
ほぼ100%
娘等が生きていれば老人と言われる年齢だが

その頃を知るには
1950年頃の人口分布図を参考にすると良いかも

オカルトだ―
妄想だー
なんて言わないで
ごく当たり前の生存能力というものだと

世界人口が
少子高齢化が
永遠に加速し続ける
なんてこと
有り得るわけないじゃん

コップに水を入れ続けると溢れる
そんな事が地球で起きるわけが無い
地球からこぼれるって事?
有り得ないでしょ

ガンダムみたいにスペースコロニーに移住なんて
コスト高過ぎて非現実的
火星に行ったら帰って来れないし

人間も動物だから
1平米辺り~なんてネズミで実験したら
子供を生まなくなったって
実際、増えすぎると自殺したり?
共食いしたりおかしくなるとも言われていて

人間が

武力戦争するのも

それと同じかも


だから
子供を増やす為に

その親を
甘やかす様な支援はやめた方がいい

政府が甘やかすから
豊かさが増すばかりで
結婚支援なんかいくらやったって
晩婚
中絶
横行するものさ

自力で生きていかねばならない苦難の時代こそ
協力者が必要になるから男も女も結婚するし
それが若い年齢で有ればこそ
子供も多く生まれるようになる
これからの老人(私ら世代)は再雇用と言って定年後も働くし、
払い損のショボイ年金を貰う前に死ぬから、放っといていいよ

それより健康保険制度だね

今の様に
病院、医者に湯水のようにお金が流れていたら
私ら世代が死ぬまでにかかる医療費で破綻する

民間生命保険会社に医療費をスライドしようにも
あちらは営利目的だから、支払い限度というものがある
20年位前に国が介護制度やるからって
民間生保の介護特約やめさせた理由が、さっぱりわからん
そもそも
国と同じ事をやったら、かつての様に倒産が相次ぐことになる
保険料収入より、給付、保険金支払いの方が多くなるから
当時の年金保険は全て逆ザヤになったし
いい加減
民間生保の保険料控除制度辞めていいと思うわ
増税してるのに
生命保険なんて、皆、飽和状態よ

アベノミクスならぬ
マルガミクスは

若い内は必死になって働いて
自力で子育てする事
頼る時は、政府や国では無く
自分の親
その為にも、なるべく晩婚は避ける事

高齢者は自立する事
小食をモットーに自分で健康維持管理し
病院や薬にに頼らない事
いつ死んでも、極力迷惑がかからないように
いつでも死に支度を整えておく事

50年後は縮小国家を目指す事
人多過ぎ
マイノリティにならない事を前提に
労働は日本国内で自給自足
生保は現物支給と強制労働付き
在日・難民・移民
永住受入れ禁止

こんな感じかなw








【完結編⑤】マタハラ裁判再び

コメント欄から回答をエントリーに挙げまふ。

> いつも見ているのですが、初めてレスさせて頂きます.ニュースでマタハラ裁判の判決を見て納得できませんでした.妊婦さんが「負担になるから業務を減らして欲しい」と言ったら降格になった、仕事が減るなら降格仕方ないだろは認められないのですね.仕事が減るのに肩書きはそのままのほうがおかしいと思うのですが、一般的ではないのでしょうか。

ここに訴訟の内容についてのっていたくりっく

部分抜粋
女性は、リハビリ科で働いていた。当時、リハビリ科は、患者の自宅訪問をするチームと、病院内のリハビリチームとに分かれており、女性は訪問チームに所属。その後、病院内チームに異動し、勤続10年を経て副主任に昇格した。第一子の妊娠出産後時は病院内チームだったが、復帰後は再び訪問チームに異動、訪問チームから今度は訪問看護施設へ転属後も、やはり副主任として子育てをしながら働き続けていた。

女性は2008年、第二子を妊娠したことから、労働基準法65条3項に基いて、軽い業務への転換を請求したが、病院内チームへ異動した後、副主任を解かれてしまう。第二子を出産、職場復帰した女性を、病院側は再び訪問看護施設へと異動させた。その当時、女性よりも職歴が6年も短い職員が副主任に任ぜられていたことを理由に、女性が再び副主任に命ぜられることはなかった



上を読んでみて
も一回、修正加筆するわ


降格=減給

仕事を減らして
役職=給料は変わらず(高いまま)
という要求をしている今回の訴訟←ニュースではここまでだったと思う

かと思いきや

10年かけて掴んだ「役職」に戻してもらえない
=6年も短い社歴の後輩に地位が抜かれた

これを訴えていたのか

それが、「妊娠が原因でマタハラ被害」訴訟の全容

強調しているのが

10年かけて付いた役職が解かれ
社歴が短い6年後輩に役職を取られた
若しくは、後輩の下に付くのが

我慢ならん

という言い分

つまり、
女同士の戦い

その後輩の副主任は

男性?

明記されていないから

女性でしょ

この流れから

原告の女が休んでいる間に6年後輩の職員が副主任に就任したのか?
はたまた
原告者と関係無く、既に、後輩が副主任だったのか?

職場の回答から
一つの部署に副主任のポストは1人っぽい。

原告は
どうしろと訴えているのか?

①6年後輩の新役職者の職務を解き
自分がそこに就任したいと言っているのか?

②ポストの空きが無くても
元のポストに原告を戻せと?


何れにしても
原告者一人の給与維持の為に?

考えれば考えるほど
原告の言い分が自己中心過ぎる
そこまで
たった1人の為に、人事を考えなくちゃならん理由とは何ぞ???

労働という対価を除外した
不当な金銭の要求と何ら変わらん

訴えでは、
職場の業務量の軽減がハッキリしない曖昧だ
と言うが

外勤→内勤で「降格」
復職後は
内勤→外勤でも「降格のまま」

そもそも仕事を軽減させろと言う言い分が勝手すぎるが
それでも、内務の部署に異動させてもらったんでしょ?
部署が違えばやってる仕事も違うだろうに
元の外勤部署に戻っても
副主任という立場ではないのに、
副主任と全く同じ責務を負わされているとでもいうのかね?
訴状からも
職場の回答からも
そういう文言は見受けられないし、

訴えそのものが

この外勤チームに戻ったのだから
「降格のまま」はオカシイ、不当だ
元の副主任に地位に戻せというわけだわね?

既に副主任が居ようと
自分は、元々副主任だった
という言い分なわけだ


どっちかって言うと
給料減になったままの不満は↓

自分のポストを維持しろ
後輩の下に付くのは我慢ならん
自分こそ、副主任だったのにぃぃぃ
なんで、あんたより給料少ないのぉぉぉ

っていう訴訟に思える

この争点は

恐らく同じくどちらも女と思われる事から

女同士のガチンコ対決なのではないか?
昇進の遅い10年女と
昇進の早い6年女の

ポスト

の争奪問題

そういうことでしょ?

ねぇ?

労働基準法というか、世間一般常識
巷のブラックバイトは、
労働しているのに、対価の賃金が払われていない事が問題
それは、違法だ

だが、今回のは
「妊婦」であることが「降格」の原因になったのはオカシイ「降格を取り消せ」
という訴訟だけであるかのように
ニュースでは取り上げるけど、

報道とその内容は全く違うわな
報道は、作為的に世間に誤解させようとしている

妊娠を理由に降格されるのは不当と言うなら
妊娠を理由に仕事量減を申し出る方が不当
その不当に、会社は降格させて異動という対処で「希望」に応じた

そこまでは不満は無かったんでしょ?
仕方が無い事だと
一方的に移動や仕事減にされたのではなく
自分から申し出たわけだから

だけど、元の所属に戻ったのに
その役職に戻れない
その理由が
6年も職歴の短い後輩が副主任の地位についていたがため

これが

許せんのだべ?

どうやら
後輩主任は妊婦で無さげ
だから
必殺技
「妊婦でマタハラ」を利用して
訴訟でポスト奪還を狙った

とか?
違うかえ?

私には
そうとしか見えないわ

マタニティマークと同じ匂いがするのは
妊娠初期妊婦と臨月妊婦との
電車の椅子取りゲーム対決を連想するからww
でも、その連想は
あくまで
訴えている
原告女側から臭うモノ

それにね
これが、妊娠を理由に自ら仕事減を申し出た事が原因はなく
本人の体調不良や介護が理由だったら
仕方が無いのかな?
問題ではないのかな?
それとも、

妊娠を理由にした時だけ!?



特別待遇に値するのか?

これだよね
本当の争点は

政府が少子化対策と銘打って、
税収目当てに
妊婦を持ち上げるから
こういう勘違いした集り根性の馬鹿が出てくる
障害者枠もそう

業務まわんないっつーの

そしてね

この6年後輩の立場って
どうなの?

最高裁は
この原告たった一人の為に、
さほど大きな企業でも無さそうな職場に
もう一つ副主任のポストを作れと言う
「コスト」負担の命令を出す権限でもあるの?

たったひとりの妊婦ではなくなった復職>>越えられない壁>>企業

なの?

それにね、
この6年短い社歴の後輩副主任も
この原告者を応援しているのかな??????????

憶測だけど
そうとは思えんわ

もし、ポストの限りがある事を理由に
自分が役職を解かれるような事になったら
どうなるの?

マタハラによる逆差別を受けた!
って事になる?

職場の同僚は
どう思っているのだろう?

だってね
原告は
10年かけて掴んだ「役職」だって言うけど

社歴が6年も短い後輩がその地位についているって事は

そこの職場は年功序列ではなく
若しくは、年功序列を廃止して

能力で就任させているのでは?

職場の仲間が一番よく分かっているんじゃないかね?

原告は、この後輩より
役職者としての能力が

劣っている

と言うことえはないのかな?

つまり、
妊娠による業務軽減の為の降格と
実際に、
役職に復職できない事とは

全く別問題なんじゃないのかえ?

過去の
男女雇用均等法で

深夜勤務や
危険な職務への参戦が義務となって、
女性の優遇処置を自ら捨てた女達は

今度は
マタハラで特権を得ようと
新たな「女性特権」を模索しているようにも見える

次は介護か?孫育か?

男が言うと
風当たり強いだろうけど

実は、このマタハラに一番敏感なのは
他の女性職員達だってことを
この田嶋臭がするマタハラnetの女達って
分かってないっぽい気がするのは
私だけではあるまい

女にとって
一番の敵は




そゆことさね


【完結編④】どうやら「生まれてこないようにさせる」と捉えられ

http://livedoor.blogimg.jp/yukawanet/imgs/1/7/17a10d41.jpg

何かと世間では「愚問」になりやすい「障害」を持った子どもたちですが、 現在も出生前診断というものがある程度可能では有りますが、やむを得ず障害となってしまう子たちはたくさんおります。
それは脳の問題、体の問題、そして見た目ではわからない問題様々ですが、茨木教育委員会の発言が物議をかもしております。

朝日新聞の報道によりますと、教育委員である長谷川智恵子氏は障害児について「生まれてきてからじゃ本当に大変」「茨城県では減らしていける方向になったらいい」などと発言しているという。
この発言が物議をかもし、どうやら「生まれてこないようにさせる」と捉えられ、健常者だけでなく、障害者である「乙武洋匡」さんからも

「生まれてこないほうが良かったですかね?」と、今回の発言に残念な気持ちをつのらせている。

橋本昌知事は長谷川氏の発言に問題ないとしているが果たしてこの問題は本当に問題のないものなのだろうか。



>教育委員である長谷川智恵子氏は障害児について「生まれてきてからじゃ本当に大変」「茨城県では減らしていける方向になったらいい」などと発言しているという

などと?

٩( ᐛ )وキリトリダ-

ここの部分だけで?

٩( ᐛ )و アサヒダモノ-

どうして物議に?

٩( ᐛ )وヲツタケキタモノ

発言の全文ってどこにあるのか
知ってる人いたら教えてくらはい

話はそれからだっw(゚o゚)wtt


【完結編③】マタニティハラスメントの被害者は企業

「育児休業が取れない」「妊娠したら解雇された」。妊娠や出産をきっかけに不当な扱いを受けるマタニティハラスメントが働く女性を苦しめています。

 「夫が遅いときは、私が2人を連れて帰る」(マタハラ被害 Aさん)

 都内に住む2人の子どもがいるAさん(39)。5年前、派遣社員としてIT関係の仕事をしていたとき、マタハラにあいました。

 「『体調が悪くて休んだりしてもいけないので、どうなるか分からないので契約を短めにしませんか』と提案された」(マタハラ被害 Aさん)

 派遣元の会社に妊娠を報告すると、返ってきたのは「契約期間の短縮」でした。さらに、育児休業について相談をすると、会社からは就業規則を理由に「育休は取れない」と説明されました。

 「会社の就業規則より、法律の方が強くないですかと言ったが、最終的に偉い人が出てきて・・・」(マタハラ被害 Aさん)

 育児休業を求めるAさんに、会社は思わぬ言葉を突きつけました。
 「育児休業は前例がないし、前例を作るつもりもない」

 「『前例がないなら1回目になるのは、だめですか?』と再三言ったが、『前例を作るつもりがない』と。言い返す気力が無くなって『分かりました』と言ってしまった」(マタハラ被害 Aさん)

 その後、Aさんは、育休を取れないまま、雇い止めとなりました。このようなマタハラの実態について、厚生労働省は12日、初の調査結果(速報値)を公表しました。マタハラを経験した女性は、派遣社員では48%と2人に1人の割合で、正社員では21%、契約社員では13%でした。被害は、Aさんのような派遣社員について、特に深刻で、そのおよそ3割が妊娠を理由に契約の打ち切りにあっていました。

 非正規の社員が育児休業を取るには法律上、「子どもが1歳になった以降も雇用が続くことが見込まれること」などの要件があります。「マタハラ対策ネット」は、これらの要件がマタハラ被害を生じやすくしていると指摘します。

 「非正規は育休が取れないと企業側が思い込んでいる。だから妊娠した時点で『辞めれば』となって、妊娠報告時点でのマタハラが多い。産休、育休で長期休みを取る、子どもの突然の発熱で急に休んだりする働き方を企業が受け止められないかぎり、いつも人を切っていくことになる」(マタハラ対策ネット 小酒部さやか代表)

 「マタハラ対策ネット」は署名活動などを通じて制度の見直しを求めていて、厚労省もマタハラの防止に向けて、非正規の女性が育児休業を取りやすくなることなどの法改正を検討しています。

 マタハラ被害を受けたとき、お腹にいたAさんの長男は5歳になりました。

 「これからの人が同じようにつらいままだと、子どもは多分増えない。みんな平等に子どもができたら、育休が取れて、同じ条件で産み育てられるようになったらいいな」(マタハラ被害 Aさん)

 【マタハラ対策ネット】
www.mataharanet.org
(12日14:32)



過去エントリーにも書いたけど
うちの職場で正規も非正規にも、産休育休が同じく与えられて
拠点が、在籍者数は満たしていても、実労働者数が激しく減になっていて
人員不足で女子事務員の負担が増したり
地方の田舎の支店では、産休育休の間の代用雇用に応募が無く、
人事配置に混乱している

ということを実例で挙げた

世界的大手の某金融機関は
非正規雇用の地方常駐員の産休育休は、雇用契約時点で認められておらず退職となる
その方が、産休育休期間だけの臨時募集にかかるコスト等を考えれば、尤もな対策であると思う。

ところが、
引用した上の記事を見ると

育児休業について相談をすると、会社からは就業規則を理由に「育休は取れない」と説明されました。

これ

雇用条件時点で、そういう扱いになってたってことでしょ?
なのに、

「会社の就業規則より、法律の方が強くないですか」

企業には企業の状況というものがある
1人しかいない事務員の職場なら、代わりの事務員が必要になる
休む度に、代用を置かなければならなくなる
うちの職場の地方の支店なんかまさにソレ

その1人の産休育休の為に、会社が
代用者のt募集から採用、教育指導から退職までの一切のコストを
何度もやらなければならなくなる
それを、あちこちで発生されると、仕事が回らなくなる。
実際、代用の募集で採用にまでもっていけず、
欠員状態の支店がいくつか出てきて、職務上、営業が出来ない支店があるのだ。

これは、会社にとって大問題

臨時ではなく、非正規でも長期常駐なら募集をかけても応募者が居る

都心の事務所と
地方の田舎の小規模な店舗との違いというモノがある

仮にだね
代用で採用した人がいて
その代用者が、前任の産休育休の1年半、若しくは二年の間にだね
妊娠して、産休育休をとる権利ガー、法律ガー

なんてやりだしたら
会社は、産休育休目的の人の為の採用をしているのと同じ
折半で負担する社会保険料とか、採用や雇用のコストとか
もうね
正常に業務が回りませんってことになる

この記事の

「マタハラ被害者」ってアフォか

タイトルにした「被害者」とは
企業側ともいえる事態の方が
実は深刻だったりする

夫が遅い時はって

そりゃ
お前ん家の問題だろ

本当に子供を育てるのに必要な環境っていうのは
子供が就学児童生徒になる年齢まで
母親が、外で働かなくても充分扶養出来るだけの「夫の収入」と
母親が、就労しようと思った時に
充分な就職口がある社会経済の「景気」ではないのか?

雇用促進というのは、働きたい時に、就職口がある事だと思うわ
働けない間も雇用契約を継続しておくことだけに、雇用問題の解決策だとするのなら
それは、大きな間違い

そもそも少子化の原因は

「豊かな社会」にあるという

貧困社会の中では、子供の数は増える傾向にあるそうだ

先進国はどこも少子化問題に頭を悩ましているが
発展途上国、後進国に少子化問題って聞いた事が無い
(中国の一人っ子政策の弊害は除く)

どこだったか
育休10年とかほざいていた企業があったが
何処の企業も、産休は無給で育休は認めなければ
辞めざるを得ない人が出てくる分、実はそこに新たな雇用が生まれるという現実



それを考えてみろやということだ







【完結編②】「小さなお子様をお連れの親御様へ」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151111-00000001-withnews-l26
11月11日(水)14時16分配信

世界遺産にも登録されている京都の「宇治上神社」。この神社が作った参拝者向けの紙が話題になっています。
「小さなお子様をお連れの親御様へ」と題したメッセージ。内容についてネット上では「当然のこと」「ここまでの注意書きが必要とは」といった声が上がっています。
神職はどんな思いで書いたのか? 話を聞きました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151111-00000001-withnews-l26.view-000

A4サイズの1枚の紙

神社建築では日本最古の本殿がある宇治上神社。お守りなどが並んでいる棚のあたりに、神社の説明文などとともにA4サイズの紙が置いてあります。そこには、こう描かれています。
「ここは神社です。皆様が心を静めてお参りをされる場所です。テーマパークでもファミリーレストランでもありません。
サービス業ではないのです。『お客様は神様』の自論は通用しません。本当の神様は目の前においでです。当然、不敬な行動は叱ります。
親御さんがお子様をしっかり御監督なさって下さい。お子様を叱るのは、親の責任ですし、親が不行き届きで、周りの人に叱っていただいたなら、
逆切れではなく、『ありがとうございます』です。自分本位な考えの大人になられないように、正しい教育で共にお子様の健やかなる成長を見守りましょう」

※ネット上の反応は
この貼り紙に対して、ネット上では以下のような声が上がっています。

「まったくもってその通り」
「全参拝者が読むべき」
「当たり前のことを掲示しなければいけない悲しさ」
「神社にこんな貼り紙がしてあるって本来異常なことだよね」
「神社だけでなくサービス業の店員であっても注意すべきだと思う」
書いた神職に聞きました

この貼り紙、どんな思いで書かれたものなのか? 神職の片岡剛さんに話を聞きました。

――書いたきっかけを教えてください

「世界遺産になってから参拝者も増えています。そんな中、私たちが子どもを注意すると、逆にその親から苦情を言われるケースが増えてきたためです。他の参拝者のためにも、守っていただきたい一般的なことを書きました」

――どんな思いを込めたのでしょうか

「子どもの頃にやりたいことをやって、そのまま大きくなったら大変なことになりかねません。子どものうちに、しっかりと親や周囲の大人が教えることが必要だということが伝わればと思っています」

――文字の色やフォントを変えたり、「お客様は神様」という表現を引き合いに出したり、工夫されていますね

「当たり前のことを当たり前に書いても読んでもらえないと思ったからです。気にとめてもらえないし、堅い内容だと読むのがしんどくなりますから。ただ、この紙は神社の紹介文などと一緒に置いてあるもので、大々的に訴えているわけではありません」

――「神社に限らず、世間一般に当てはまる指摘だ」といった声もあります

「子どもたちは宝です。健全に育つように周りの大人が見守っていける、そんな社会であったらいいなと思います」
1=2015/11/11(水) 16:29:10.97



神社や
勿論、神様とか
世界遺産とか

そういう特別な場だけではなく
下記に書いた中で取り上げた
妊婦マークも
飛行機の中での赤ん坊論も然り
公共の場においての

立ち振る舞いの責任の問題が何なのか?

自己中心

このことが諸悪の原因

子供を連れてきたのは親
そこで、野放し勝手気ままにするのも親
躾けられない
管理できないのなら
連れてきてはいけない
同伴させて行けない

その事すらわからない

帰省でも
旅行でも
外出でも

赤ん坊でも
小中学生でも
子供に関しては

親の責任

子供が叱られると言うのは
その親が
叱られているわけだ

文句を言う親は
それが
我慢ならんわけだね

かつて
アグネス論争というのがあってだな

アグネスが
いきなり遠出先のレストランに
幼児だった子連れで出向いて
入店を断られて
逆切れ事件が発生

「うちの子は大人しいから大丈夫なのに」
「遠くからわざわざ来たのに」

と自己中心論を展開


どっかで聞いた話に似ている

そう

乙武の
二階に抱いて連れて行け
断ったら世間に是非を問うぞと逆切れ

全く同じ理屈


神社の張り紙は

ゴミの散らかし
騒いで迷惑

具体的には、
そういったものに対してだろうか?


張り紙があると言う事は
それが守られていないと言う事

最初に書いた
諸悪の元凶

「自己中心」

自己中心なまま大人になった
稚拙な親

それがね
問題なわけ

これが
場所や状況によって
様々な具体例になることを
その稚拙な親が
貼り紙読んで
何を指して言っているのか

理解出来るのかな????

乙武
アグネス陳美麗が

その

「あたり前」が
理解出来ないヒトモドキなわけで

こういう抽象的な表現で書いて
果たして理解出来るのだろうか?

例えば、具体的に
というのは

乙武例

「当店は、介護要員をおいておりません。
老若男女問わず、自力で二階へ階段で移動できないお客様は
一階席が満席の場合、入店をお断りさせていただく場合がございます。
予めご予約いただくか、一階席に余裕がある時改めてご来店ください。

相手がどうであろうが、
障害者の要求を断わるのは世間が許さないという思い込みと
障害者の要求が何でも通るという思い上がりの
ネットで曝してやるぞという

逆切れではなく、『ありがとうございます』です。
障害者本位な考えの大人になられないように、
正しい利用で、健常者も障害者も共に楽しめる店内飲食環境を守りましょう」

アグネス陳美麗例

「当店は、ファミリーレストランや大衆食堂ではありません。
代金を払って大人が当店の雰囲気の中で飲食を楽しむレストランです。
騒ぐ立ち歩く等の行為が無くても、未就学児、及び児童の入店をお断りさせて頂いております。
当店はこのサービスを提供することを主旨にした飲食店ですので、
ご理解頂けない方のご入店も、遠方近郊問わず、お断りさせて頂いております。
ご不明な点がございましたら、ご来店前に予めお問合せ願います。
ご予約無しのご来店の場合は、ご対応いたしかねる場合がございますので、ご了承願います。

予約も問い合わせもせずに、いきなり子連れでやってきて
乳幼児の入室を断られた途端、うちの子ガーの

逆切れではなく、『ありがとうございます』です。
自分本位な考えの大人になられないように、
まずは事前確認と
正しい社会常識で子連れがまかり通らない場所がある事を学びましょう」


飛行機の赤ん坊の例

「当社は、ご利用されるお客様に、安全で安心出来る快適な空の旅を提供する航空会社です。
エコノミーからファーストまで、座席料金の差に関係無く、ご利用いただくお客様全てに
そのサービスをご提供させて頂いております。
その為、座席料金を頂いていない乳幼児のお子様については、その同伴されているお客様ご自身の責任において
他のお客様のご迷惑とならないようご配慮願います。
また、当社は、機内に医師や看護婦などを常駐させておりません。
安全性や対応の問題から、妊婦や健康上の問題がある方、伝染病や病気の方の搭乗は、
予めお断りさせていただく場合がございます。
それにより、緊急着陸や離陸遅延等で、
他のお客様に多大なご迷惑をおかけする場合が生じるなどの事態が発生した場合、
損害賠償を頂く場合がございますので、予めご了承願います。

損害賠償参考例: 

Aコース 緊急着陸 一回につき 約1200万円~
            
Bコース お客様の中に「お医者様いませんか?」 
 (オプションをお選びください)

 診察一回に付き 実費 約1万円~
 応急処置一回につき  約5万円~ 
 緊急出産一回に付き  約30万円~
  ◆お産婆要因 スッチー1人に付き 20万円~
  ◆紙おむつ代 実費(パンパース等メーカーにより変動あり)

Cコース 無認可保育料「すこやか」1フライトにつき

 乳児1人・・・2万円
 1歳児・…1万8千円
 2歳児・・・1万5千円
 3歳児・・・1万3千円 
 4・5歳児・・1万円
 
オヤツ、食事、おむつ、ミルクは別途実費
保育士の資格を持ったスッチーが対応します
Cコースを選択しなくとも、機内で泣きだしたりグズった場合、
自動的にコース選択となりますのでご了承願います。
            
 *注意!社会保険、国内旅行保険、海外旅行保険の対象外
 *全て実費で、お降り際に清算して頂きます。現金・クレジットカード可

周囲の配慮ガーな

逆切れではなく、『ありがとうございます』です。
自分本位な考えで周囲の配慮ばかりあてにしないように、
なにごとも、サービス提供は自腹です。
安全安心な搭乗方法で共に楽しい空の旅をいたしましょう」

世界遺産の神社例

「ゴミのポイ捨て、騒音等、他の参拝者や祈祷などの行事に迷惑行為をする者は、
老若男女国籍問わず、罰金及び即退場いただきますので、予めご了承願います。

罰金:ゴミのポイ捨て大きさに関わらず 1個=1万円
騒音:奇声 1デシベルにつき=1万円
危険行為:走行 1ダッシュにつき=1万円

◆お支払いはお賽銭コーナーでお願いたします
 クレジット不可、現金のみとなります。

逆切れではなく、『ありがとうございます』です。
自分本位な考えの大人になられないように、
正しい参拝で共にお子様の健やかなる成長を見守りましょう」

とかね

こういう具体的な張り紙がないと
わかんないんじゃないか?

なんでも、タダじゃないって事も
分からせた方がいいと思うわ



【完結編】 経済的平等って、何?

乙武氏が、何かに見えるなって
思ってたら

キツネだった

象徴的な意味でのキツネ

だんだんと
その形相がキツネに似てきているな



五体不満足で一世風靡して
スポーツライターや教師やら
色んな仕事に挑戦してきた氏は
始球式にも登場し
投球した姿は、感動的でさえあった




数年前の

「抱きかかえて2階に連れて行ってほしい」という要求を
予約をしたわけでもないレストランで断られ
激怒

この自分の言い分を通さないのは
世間が許さないだろうと言う意気込みで
ネットで公開し、自爆

この騒動で
本性が見えた

四肢不自由な姿から
周囲の対応を含む
自身を取巻く全ての事柄が

いつだって
特別待遇
特別配慮
してもらってる

それが

「当たり前」

そういう認識に裏付けされた

そういう生き方をしてきた人だった

という事が、
ハッキリ見えたエピソード

自分がどれだけ周りに配慮してもらってきたか

全く自覚無く大人になってしまった哀れな人

他に
飛行機で泣く赤ん坊に腹を立てた人の事や
先日は、
マタニティーマークの必要性についてテレビで話していた

でも
どれも

「赤ん坊」を抱えた親に
また
「初期の妊婦」に
周囲がしてやんなきゃいけない事ばかり

そんな幼子を、本当に飛行機に乗せなきゃならないのか?
全部親の都合だろう?
企業は、集客を見込むなら、赤ん坊用の設備を考えないのか?
この事は、論争になった当時の過去エントリーに書いた

狭い機内でむずがる「赤ん坊」に配慮してやんなきゃならんのは
赤ん坊を乗せたその「親」と
その親は、赤子を乗り込ませる事で周囲に配慮をしなきゃならんだろ
そして、
顧客であるその親と周囲の乗客に対して配慮するのが「企業(航空会社)」

人としての思いやりの連鎖

相互の思いやり泣配慮の心があって
はじめて、優しい社会となるわけで

赤子を抱えただけでの圧とか

何様

初期の妊婦に至っては、責任の所在は「妊婦本人」であり、
一歩外に出た等、周囲に迷惑かけない配慮が必要だろ

ということ


また、
席を云々の妊婦マークに至っては

妊婦が自分で自分の管理をしろ

ということだ
妊婦は、初期であれ後期であれ
「障害者」でもなく「知恵遅れ」でもなく
「病気」でもない
休みたいだけでも、
例え、具合が悪くなってたとしも
自分で言えないのなら、

席を期待するな!!

口を利ける「自立した大人」だろう?

「周囲が配慮すべきで、妊婦にに配慮させるなんて逆だろ」と乙武氏

妊婦だからといって
何時から周囲に対して「配慮」をしなくていい存在になったのだ????

配慮配慮って
どんな配慮を通りすがりの一般ピーポーな赤の他人に求めているか
漠然としすぎるほどの「自己中心」的ご都合主義の「圧」だろうが

悪阻で嘔吐が止まらない程酷いなら
公共の場に出てくるな
そもそも、つわりかどうかなんて誰が分かる?
そんなんで嘔吐しても死なないよ
心臓発作で倒れた方が死の危険が高いだろうに
心臓発作マークの方がより実用的じゃないか
AEDを探して則応急処置できるモノ

女アナが
「私もマーク付けてた、つわりがひどくてー、
目の前真っ暗になって路上でうずくまったりした」って

そら貧血だ

で、マーク付けて妊婦だと周囲に分かってもらったら

どうしてもらったんだ?

あんたはどうして貰ったのか?



何かして貰ったのか?マークのお陰で???
何も言わないのは何故だ?
何もして貰えなかったのか?
マーク付けて、うずくまっても
路上だろ?

譲ってもらう様な席なんて無いぞ?

周囲の人達が
どーにかすべきって

どうしろというのだ?

どんな配慮をしろというのだ?

妊婦なら「つわり」と相場決まっていると?
だから

「放っておけ」マークなのか?

それとも、

お腹の赤ちゃんに何かがあったら大変だから

「周囲」の人達が

どーにかしてあげなきゃんらんということか?

放置で無い「どうにか」ってなんだ?

テキパキと救急車を呼んだり
わしの嫁もそうじゃったと大騒ぎでもしないと

どうにかしたことにならんのか?

それは、居合わせた周囲の責任なのか?

それとも、
出歩いた妊婦は
そうやって周囲の関心を集めたいだけなのではないか?


「大丈夫ですかぁぁぁ!?」と声をかけられるのを待ち望み

「ええ!悪阻で苦しいだけです、
本当はただの貧血かもだけど、
妊婦なのでつわりに決まってますから」

そう言われたら

どうしたらいいのだ?

放っておくのか?
救急車呼ぶのか?
電車を止めるのか?
ランチでもごちそうするのか?

「周囲が気遣ってくれるの」チヤホヤな図
と言うシュチュエーションを求めているだけなのか?

何度も聞くが

具体的な配慮って
何だ?
つわりなら列車を止めないで済むとか
お腹の赤ちゃんに何かあったら大変だからと言いながら
悪阻なら列車を止めないで済むとか意味不明な
無茶苦茶な支離滅裂ドへ理屈もコメントがあったが

大体にして
あのマーク
「席を譲れ」圧くらしかないだろ?
席の無い
路上では
周囲に対して、一体どんな圧が出来ると言うのだ?

つまりそういうこと

その妊婦が

「周囲に求める配慮」そのものが

曖昧な、具体性に欠けた差別思想

妊婦だからって
病人やけが人や障害者や
お年寄り等その他の人達と「差別化」するものではない

ということ

ハッキリ言えば

周囲の関心を求めているだけのマーク

そういうこった

だから、誰もしないんだよ

非現実的な「一方的な要求」マーク=期間限定の目立ちたい!でしか無いから

恥を知るとはそういうこと

そもそも

妊婦は休んで居なければならない@乙武論

そんな定義はないぞ

公共の場に出てくるのも妊婦自身の責任こそ
大人としての自己責任であり、
そこに差別化を計る必要なんて、あるわけないだろ!

妊婦が何様だと言うのだ

途中下車して、休むなり
タクシーでいくなり
行き先が会社なら、遅刻等の連絡するなり
自分で自分の行動の対策考えて然るべき

大の大人のはずの妊婦の「自己責任能力」を取り上げるべきだろう?

妊婦である以上、それだけでも
どれだけ周囲の手助けや関わりを社会を通じて得ているか知らんのか?

病院も
妊婦指導講習も
出産手当も
産休、育休制度も
その間の職場でのフォローも
妊婦や育児の雑誌やグッズも
娯楽や紙おむつに至るまで
今の世の中、どれだけ恵まれているか
学んで学習して自己管理能力高め
周囲に迷惑かけないよう自分の身体を思いやるのも
妊婦自身なんだってこと

もっと言えば

「妊婦」を舐めるな!

ということだ
体重も体調も、
遺伝的な妊娠トラブルも悪阻も
私は経験と計画的自己管理で乗りきったが
体調を考えて、
行動を差し控えたり
最悪の場合を考えたり
行動を抑制出来る自立した大人な妊婦などいっぱいいる

さらに言えばだね

「妊婦マークを付けていると、不妊治療をしている様な人から
嫌味
を言われる事が発生している」

って言った女

あんたね
世界中の不妊治療や子供が出来ない女性を、冒とくしてるぞ

羊水腐る発言だけであんだけ泣いて大騒ぎした
マスコミ世間や
女を子生みマシーンにするなと言うフェミナチが
なぜ、その女の発言に反発しない?

そこまで、妊婦擁護が最優先すること自体
差別と偏見そのものだ

こういう思考回路の自己中な女たちが

「周囲の配慮が必要な身体だから、つけるべき」という妊婦マーク

私なら
このマークを見たら
避ける
遠ざかる
関わらない
だな

「車の初心者マーク」と同じ

いつ急ブレーキかけたり
車線変更するかわからんから

避けるでしょ?
車間距離開けるでしょ?

それと同じ

周囲が気を使えーって
いつその演出を求めてくるかわからんから

知識も無いこっちに責任負わされても困るし
ましてや通勤途中なら
急いでいるし、暇じゃないし、
対応出来ないもの

この妊婦マークを見た等回避する
それこそ、周囲の配慮だと思うわ

こういうグッズを作ってみましたと言う
政府や自治体の「少子化対策の思惑」が

理論場支離滅裂で破綻しているって事くらい
いい大人なら
いい加減わかれよと


そして、今回のひとり親手当増額論

ふ・ざ・け・る・な

である
怒りを覚えるのは

ひとり親=経済的に貧しい

という決めつけだけでなく
もっと酷い

ひとり親は
我が子に
2人親家庭より

「してやれないでいる」

と断言している事だ

つまり
2人親より
子供に対して

経済的不自由により
「してやれない」親だと

「劣っている」



言っているのである

舐めんなよ

馬鹿にすんなよ

頑張ってる
ひとり親母さん、
ひとり親父さん
世の中沢山いる
そういう人達は
我が子にしっかりしてやっているから
金くれくれ活動になんか出て来ない
そんなことしているくらいなら
一生懸命稼いで、子供と過ごし、子供に与える時間に使うだろう

育児中であろうと
妊婦だろうと
ひとり親だろうと

成熟した社会において
何も「特別」などではない

人間の
生き物としての
ごく当然の生命の営みであって
それで、社会が構築されている
当たり前の存在

そして、人は何かをするしても
必ず、何かしらの手助けや関わりを得ているから
出来ると言う事

どんな人でもだ

そういう周囲の手助けや関わりを忘れ
何もかも自分でやっているつもりになって
助けてくれている周囲を見下す

乙武氏は
そういう
自分の「特別」思考で
周囲を見下している

だから

類は友を呼び
そういう団体や人が集まってくる

そういう人達が集まるのも
その声を鵜呑みにするのも
本人にそういう「特別」思考があるからだ

「妊婦が周囲に気遣ってどーする!
逆だろう?!周囲が妊婦に気遣うべきだろう」

この理屈

正に、あの抱きかかえて二階に運んでくれと障害者様が求めているのに
それを拒否するなんて

「障害者への配慮が足りない行為」だから
世間に聞いてみろ!

と自らネットにぶち上げて自爆した

あのへ理屈と全く同じ

あの自爆論争から
この乙武という障害者であることで世に出て来た人物は

何一つ

変わっていなかった

成長も学習も
何も無い

今迄
どれだけ
特別待遇と特別配慮の恩恵で
今自分がこうして居られるか
自分が何故、こうやってテレビやマスコミで仕事をして居られるか
周囲の目がどういうものか

五体満足の健常者だったら

誰も注目しないただの人だったと言う事

それが分からない自己中なまま
稚拙な大人になってしまった

そういう姿が
キツネに見えるのである









【以下、本文】


児童扶養手当の増額は「低所得者への逆差別」?橋下市長と乙武さんがツイッターで激論

弁護士ドットコム 10月26日(月)12時55分配信

橋下徹市長と乙武洋匡さんが議論を交わした

ひとり親世帯に対して政府が支給する「児童扶養手当」。その2人目以降の子どもへの支給額の増加を要望するインターネット署名活動が10月22日に始まった。この日、署名を呼びかけている有志らは、東京・霞ヶ関の厚生労働省記者クラブで記者会見を開いた。その中には、作家で教員経験がある乙武洋匡さんの姿もあった。

弁護士ドットコムニュースは、記者会見の模様を取材し、同日、記事を掲載した。記事の中では、乙武さんのコメントを紹介。「経済的理由で子どもたちのスタートラインにばらつきがあることに対して、現場でもどかしさを感じていた。他者と同じだけのチャンスが平等に与えられる、本当の意味で豊かな社会を作るためにも、このキャンペーンを成功させたい」という言葉を伝えた。

この記事について、翌23日の午前9時ごろ、大阪市の橋下徹市長が「これは気を付けないと低所得者に対しての逆差別になります。ひとり親かどうかではなく所得を基準とすべきです」と批判的なツイートをした。これに対して、乙武さんが「そこまで大がかりな制度転換は困難」などと反論し、ツイッター上で熱い議論が交わされた。

●乙武さん「大がかりな制度転換は困難で、時間がかかる」

橋下市長のツイートに対して、乙武さんは約2時間後に反応。「ひとり親家庭のなかにも経済的に困ってない層は存在しており、そうした世帯への支給まで増やすことは逆差別につながるのではというご指摘よくわかります」と理解を示した。

その一方で、「所得」を基準に給付する制度の難しさについて投稿を続けていった。

「もしフリーハンドで制度設計できる権限があり、ゼロから理想の仕組みをつくることができるのであれば、市長ご提案の通り、あくまで『所得』を基準に給付をすべきなのかもしれません。しかし、そこまで大がかりな制度転換は困難をきわめ、また可能だとしても長い時間を要します」

「そうしたなかで、官邸が『子どもの貧困』を政治的課題と捉え、解決に向けて取り組む動きを示し始めました。それに呼応するように、厚労省も貧困率が5割を越えるひとり親家庭の支援額を増やすことに対して、前向きな検討を始めました。これは今までになかった大きな変化です」

「理想を追い求め、その実現に向けて努力をすることは重要です。しかし、たとえ理想形ではなくとも、いま目の前にある現実をしっかりと見つめ、そこへの解決策をスピーディーに実行し、人々の暮らしをわずかでも改善していく。これもまた重要なことではないかと考えております」

●橋下市長「両親があっても低所得の世帯にも同じようにサポートしましょう」

乙武さんの一連のツイートに対して、橋下市長は「すみません、言葉足らずでした。ひとり親支援大賛成です。大阪市も相当力を入れています。ただ根本的に突き詰めると所得を基準にしないと、両親のある家庭でより低所得の世帯が救われないことに気付きました」と釈明するツイートを返し、次のように続けた。

「ひとり親であることの不便をサポートする話と所得を補う話は別個ではないかとの結論に自分なりに至りました。サポートすることは大賛成ですが、金銭サポートは両親のある低所得者世帯との公平性も考えなければならないと」

「ひとり親だけでなく両親があっても低所得の世帯にも同じようにサポートしましょうという考えです」

乙武さんが言及した制度転換の難しさについては、「制度転換は難しくはない」との持論を展開した。

「世帯所得で児童手当の額を決めればいいだけ。問題は財源。今回ひとり親世帯には対応していますが、両親世帯の子どもが救えていません。そうであれば一世帯の給付額は薄くなるかもしれませんが世帯所得で決める方が公平とういのが持論です」(原文ママ)

●橋下市長「生まれてから大学まで教育費完全無償化の国を目指したい」

さらに橋下市長は、「僕は低所得者世帯の子どもの教育環境を何とか改善したいという思いでやってきました」として、大阪市が全国で初めて取り組んでいる「教育バウチャー制度」に言及した。

「一月一万円の教育バウチャー制度を始めています。これで塾に通ってくれています。ひとり親のみならず低所得世帯の子どものサポート。政治の仕事です」

「僕は低所得世帯に限らず、生まれてから大学まで教育費完全無償化の国を目指したいですね。日本のあらゆる課題解決に繋がると考えております。またお話しさせて下さい」

これをうけて乙武さんは「市長ご指摘の通り、ひとり親家庭に限らず、苦しい立場にある人に適切な支援が行われることが何より肝要と考えます」「私も教育の力を信じ、私にできるかぎりの尽力をしてまいりたいと思います」とツイートした。

橋下市長も「お会いできるのを楽しみにしております」とツイートし、2人の意見交換は終了した。

乙武さんと橋下市長のやりとりに対して、ネット上では「『子供に平等なチャンスを』橋下さんも乙武さんも、根っこは同じなんだと思った」「橋下さんと乙武さんの様に、知的に情熱込めて意見を交わされたら、世の中もっと建設的に変化しそう」といった反応が見られた。
.
弁護士ドットコムニュース編集部


【関連記事】
乙武さん「子どもに平等なチャンスを」 児童扶養手当の増額求める「ネット署名」開始
道具が買えなくて部活を辞める・・・「家が貧しいから」と言えない日本の子どもたち
夫以外の「セカンドパートナー」がいるから結婚生活が安定――そんな主張は許される?
ラーメン屋で「1杯130円」のライスだけ注文する客・・・店は断ることができる?
オリックス中島選手、相沢紗世さん「生まれちゃった婚」子どもに不利益はないの?

最終更新:10月26日(月)12時55分



不毛

不毛過ぎる

この乙武氏の言う事は、本人の思い込みが酷過ぎないだろうか?
例えば、
目の前の生徒の誰かが、母子家庭で経済的に余裕が無いから、出来ない事(部活や通塾、進学)があったとして
その生徒の言い分に、乙武氏自身が情緒介入し過ぎて、
それで
「全ひとり親がそうに違いない!」と
「ひとり親だからそうなんだ」と

そして、その生徒が再来年にでも進学したいとか、今すぐ部活をしたいとか、塾に行か無いと成績が上がらないと
急いでほしい、急がないと間に合わない、今すぐにでもそうしてほしい

というような要望を懇願された(若しくは、演じた)

何かしら、そういう状況を類推させるだけの偏った言い分ではないだろうか?

この人の言い分は、この記事しか読んでいないが

それでも、日本は充分過ぎるくらい
親の経済力関係無しに、富める者も貧しき者も皆、義務教育を12年間受ける事が出来
最近は、義務教育化していると言われている高校も、公立は無償、
私学も助成金で一部の専攻科を除けばタダみたいなもん

それでも、貧しいとされるひとり親家庭の子は「他の子より」チャンスが与えられない

って

何ぞ???

与えられているよ

充分

塾に行けないから?
音楽科など高い施設費がかかる専攻科に行けないから?

他の子って、ひとり親以外の子ってこと?

両親揃ってたら与えられて、ひとり親だと与えられないチャンスって

何ぞ??????????

現場でモドカシク感じた「経済的理由」って、何ぞな????????


何故、所得制にすると
「困難で」「時間がかかり」「大掛かりな制度改定」になり
ひとり親制にすると
「スピーディ」で「少しでも生活改善に」なるのか?

無茶苦茶な思い込みと
根拠のない身勝手な理想論ではないか?

かなーり昔の過去エントリーに
就労している母子家庭の母親等と
生活保護受給している無職の母子家庭母等の事を書いた事がある

どこにいったっけかな?
興味ある人は探してみそ

どっちも金金言ってて、
結局はね、

物乞い根性だったか
乞食根性だ

と書いた記憶がある

その当時はね、
母子家庭
父子家庭
って言われてて
「ひとり親家庭」という言葉は無かった

母子家庭手当はあっても、
父子家庭手当は無く

かなり、差別化されていた時代

つい
15年くらい前の事


以前、
母子福祉手当をくれくれ言う人達が余りにも
強く訴えている人達が居るので

果たして、今の時代(当時)に
母子家庭であることで、どんなデメリットや差別があるのか
是非知りたいと思い

保育園や職場や大学の教授の紹介やらで
そういう集いに出た事がある

生活保護世帯もいたが、その集会に出ているのは自力で稼いだ所得で生活している母さんたちが殆ど
中には、偽装母子家庭もいた

ただ

どの人の口からも

「母子家庭」であることに
社会的デメリットがあると言う言葉は、ついぞ出て来なかった

出てくる言葉は

「のびのび育てたいのよね」

「お金はあればあるだけ助かる」

というモノばかり

これって、一般家庭と同じだろう?!
世の親は皆そう思っとるわい

って驚いたが
更に、

「離別母子は、子供が18歳を過ぎたら『寡婦』ではなくなるの、ただの独身女性になるから
手当や色んなものが無くなるの、それって損だから、お金をためないと老後が心配」

って
おいおいおいおいおいおい

子供の養育で経済的困窮とかでは無くて
自分の老後かよ!?って

正直驚愕した記憶がある

当時は、その母子家庭の会の会長が
超高齢だったので、
「寡婦」なのか聞いたら
寡婦だと言う
この年齢で、寡婦って当たり前な気がして
いつ夫が無くなったのか聞いたら

幹部の婆さん達が、皆、「戦争未亡人」だったことに驚いた

第二次世界大戦での寡婦だとさ

15年前まで、戦争未亡人の生き残り達が

「母子家庭」の会の幹部や会長として、世界中飛び回っていたんだという驚き

世界中って何?って聞いたら、
世界の女性活動の会みたいなのに参加しに、飛び回っているんだと

おいおいおいおいおい

とっくのとおの半世紀前に子育て終わった婆さんが
未だに母子会を仕切っていたという事に、本当に驚いたもんさね

例えば、母子の低所得に対する支援対策に、資格取得の為の講座や奨学金の給付を訴えても
婆さんたちの興味は、老後の生活支援の事が優先して、却下され続けていたそうな

そりゃオカシイだろ?と
子育ての終わった寡婦と
子育て中の母子の活動は違うのだから
組織を分けるべきと提案したら
翌年から、あっさり分離したそうな

なんで、今の今までやらなんだ?

そこも変だったけど

ひとり親でも様々で
主婦業が出来ない父子家庭の方が悲惨だったり
高収入な母子は、ゆとりの子育て出来ていたり
就労する気ゼロの風呂に何日も入っていない頭で参加していた母子家庭の母親がいたり

最終的に出た「母子家庭の問題点」が

「子供の長電話」だったというお粗末ぶり

区の大きな会館で、数百人以上の参加があったと記憶するが

幹部等が、皆、戦争未亡人達で
老後の生活支援の事ばかりが話題で、
それよりは若い、現役子育て世代からは
子供の長電話(携帯電話がまだ無かった時代)

これが、現実なのかと実際に見聞きして

折角、紹介して頂いた会合ではあったが
それきりの参加となり

教授の知り合いの母さん達で結成した母子家庭の分会も

母子家庭であることのデメリットや問題点が出ることなく
だんだん参加者が減り、なにをしたらのいいのか主催者の母さん達も分からないと言い出し
結局、一年ほどで解散したとのこと


ひとり親の問題点って

うちの親の代に聞くと
社会から差別される
就職出来ない
白い目で見られる

と未だに言うのだが


ないよ

んなこと

生活保護受けても堂々としている時代だもの
離婚も多くて、職場にいっぱいいるもの
保育園だっていっぱいいる

経済力も、みんな頑張ってやってるし
職場の母子家庭を見ても、大学まで行かせている人100%だ

そういう母子家庭母さん達は、我が子にチャンスが無いなんて
誰も言わんぜよ

金無い
仕事無い
チャンスが無い

そういう言葉を吐くのは

本当に困っている人とは到底思えない母さんたちばかりだった

今の日本の贅沢さを自覚していない
贅沢ばかり追い求めているのが、理想とばかりに
金金言ってる

というのが
あくまでも
私個人の所見だ




中には
自分の母親が寝たきりになって
24時間の介護を強いられても
生活保護も
介護も受け付けてくれなかった役所に怒り心頭の母さんが
幼いわが子を育てながら
絶対、社会に頼らない、と宣言して
自分で親を介護し、看取ったという話をしていた

実母と自分のどっちが先に倒れるか
空きが無い、介護する家族がいるならと
当時は、施設に入れてはもらえないまま
追い詰められていたと語っていた
パートで日中働くも、夜は介護と育児
体力も気力も経済力も全てが、限界を越えていたと
事件や事故にならなかった事が奇跡だったのかもしれないが
それは、正しい頑張りではなかったと思うが
彼女はやりきったし
今でも、冷たかった役所の対応は許せないと言う

経済的に困っている人というのは
こういう人の事を言うのだと私は思う

のびのび子育てしたいから、お金はいくらでも欲しいという母子家庭母さんたちではないと

部活や通塾がのびのび子育てなのか
必ず必要な事なのか

本当に、困っている事というのはどういうことなのか

経済的に平等というのとは、違うと言う事

原点に立ち返って考えれば
自ずとわかるのではないだろうか?



ってね、
長々書いたけど
最初の方で書いた

乙武氏の感情移入論

あれね

ぶっちゃけ言えばだね

長々書いたの読んでわかるっしょ?

ひとり親なんちゃら連合会とかね

そういう金金金くれひとり親たちが
乙武氏のバックについてるんじゃね?って
思うわけ

だって

デメリットが無いひとり親家庭で
この論調
メリットあり過ぎるでしょ

所得制限されなきゃ
金貰えるって大喜びする
メリットひとり親がいっぱいいるんだもの

上で書いてきた

のびのび育てるには、金金金
老後の貯金は子供がいるうちに出来る

というね






関連記事

コメント

[C6104] 不倫疑惑議員

言い訳会見をやっていますが、公の場でこんなくだらない話をして、頭おかしいですよ。
まだ育休を請求したことは正義だと言い張っているし、辞めてからまた再起を目指して出直したいとか言っているし(議員に戻りたいという口ぶり)。
「妻は私には政治家としての自覚が足りず資質も疑う、と言っていますし、今の自分は何も言う資格がない人間かも知れませんが、国の将来・子供達の未来を思う気持ちは信じて欲しいです……」とかどの口が言ってるんだい、って感じです。
呆れ果てて、開いた口がふさがらないです。
  • 2016-02-12 11:25
  • きく
  • URL
  • 編集

[C6100]

あの育休議員、結局自分がサボりたいから育休育休と言っていたとしか思えませんね。
こういう人は、子育てを手伝わないんじゃないかな、意識低すぎ。

  • 2016-02-10 14:27
  • あおば
  • URL
  • 編集

[C6036] Re: タイトルなし

> 以前にマタニティマークでまるがさんにぶった切られた者です。電車を止めるありえない妊婦ですw

あ。ども。
ぶった切ったまるがです。

> 権利の主張はします、自分の利益だけは確保します、そして義務は中途半端。これを許しているのはホワイト企業ではなく甘やかし企業ではないでしょうか。労働者としての権利はもちろんありますが、その権利は労働者の義務を果たしてこそ主張出来ると教えるのも、上司の仕事ですよね。


それが言える男性中間管理職なんて
この世にはいませんから

これ言えるのは、結婚し、子育てを成し遂げた女であってこそ

女に厳しいのは男じゃなくて


そして
女を堕落させるのも


この意味
わかりますか?
  • 2016-01-11 21:43
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C6033]

以前にマタニティマークでまるがさんにぶった切られた者です。電車を止めるありえない妊婦ですw

マタニティマークについては意見が違いましたが、基本の考え方はまるがさんや他の方を同じだと思っています。
育休という制度はあって当然の制度ではなく、有能な労働力を確保するための制度だと思っています。
最近増えている育休で保険の金額だけもらってそのまま退職の人には腹が立ちますね。
権利の主張はします、自分の利益だけは確保します、そして義務は中途半端。これを許しているのはホワイト企業ではなく甘やかし企業ではないでしょうか。労働者としての権利はもちろんありますが、その権利は労働者の義務を果たしてこそ主張出来ると教えるのも、上司の仕事ですよね。
  • 2016-01-11 15:37
  • さとう
  • URL
  • 編集

[C6028]

議員が育休?と聞くと確かに??と思ってしまいますね。
選挙で選ばれた任期制なのに。契約違反ななのでは?と思ってしまいます。
上戸彩だって、ずっと子供が欲しいと言ってましたが、仕事に区切りをつけて事務所からOKが出てから妊娠しましたよね。
そういう廻りにたいする配慮が足りないなあと思います。
本来、仕事って不自由なものだと思います。それが嫌なら無職になるしかない。
実は私には苦い経験があります。
当時、病気をしまして勤めていた会社をたびたび休むようになりました。
迷惑をかけたくないというか、正直毎回頭を下げるのもしんどくて会社に退職を申し出たところ、「辞めないでほしい。あなたに合った出勤方法で良いから」と言われました。
病院代や生活費もかかるし実家にも頼りたくなかったので、それに甘えてしまったんです。
でも、当然ですが特別扱いされるということは居心地の良いものじゃなかったです。
体調不良で遅刻・欠勤すると叱責されますし。
当時はなぜ「あなたに合った出勤方法で良い」と言ったのに叱責されるのだろうと思いましたが、
今思えば、会社は解雇できないから優しい対応を取るしかなかったのでしょう。
私は、察せられない、配慮が足りない人間でした。
さっさと己の力量、状況を見極めて退職すべきでした。
自己判断を見誤っていたのです。
その後病気は完治しましたが、結婚を機に退職しました。
主人の転勤があったからですが、自分に甘い私のことですから、この先妊娠したら「やれ、つわりだ」なんだでまた周囲に迷惑をかけるだろうことが容易に予測できたこともあります。
お腹が大きいのに無理をして出勤していた社員が仕事中に倒れて、結局入院・急遽退職になったのを見たこともあります。
その人は健康優良児で無遅刻無欠勤、仕事もできる人でしたが、妊娠を機に青ざめた顔で遅刻が増え、気の毒でした。
間違った責任感は周囲に迷惑をかける。
会社は利益を追及する場である。
結局は自己責任でしかない。

私は結婚してから専業主婦だったので、妊娠・出産・子育てもこなせています。
二足のわらじをはく能力は私にはありません。
子供が1歳になったので週一で在宅仕事を始めましたが、できると判断したからです。
できないことを高望みしても自分も大変だし社会にも迷惑です。恥ずかしながら30過ぎてそれに気づいた次第です。
育休のことですが、それで企業や現場が悲鳴をあげているなら、それは所詮高望みな制度なのでしょう。
個人的には会社に負担をかけてしまうなら、いったん退職して子育てが落ち着いてから再就職しては?と思いますが、
なかなか昨今の経済状況では厳しいのかもしれませんね。
でも「足るを知る」精神で乗り切ることも大切だと思います。


  • 2016-01-09 11:45
  • あおば
  • URL
  • 編集

[C5998] 医大の薬理学教室でアルバイトしていた時

お世話になった助教授が「昭和30年代生まれは長生きできない」説の提唱者でした。
この時代に成長期だった子供だったのに、発ガン性物質を含むような危険な添加物をかなり多量に摂取しているからだそうです。
確かに壮年でのガン罹患率がかなり高くて、早くに亡くなる人も多いですよ。

その後の昭和40~50年代にかけては食品衛生法規が整って国産品に関しては少しまともになったものの、外食産業を介して輸入品でひどいものを知らず知らず食べているので、30年代ほどではないにしろ、寿命は短くなっているとの見解。

昭和10~20年代の人たちが亡くなるにつれて、これから段々寿命は短くなるだろうと。
実際問題第一次ベビーブームの人達が老人で生きている間がピークで、これからは減る一方かと思います。

今年も残り10日あまりとなりました。ご多用とは存じますが、お身体大切になさってください。
今後もご更新ありがたく拝読いたします。
  • 2015-12-21 18:54
  • きく
  • URL
  • 編集

[C5918]

こんばんは。いつの頃から弱者は何を要求してもいいと勝ち馬みたいな意識を持つようになったのでしょうか。差別を叫べば優越感で自己満足できる自己陶酔なのでしょうか?どこぞの民族、いやナルマサメンタルみたいですね。

[C5910]

産むこと、働くこと、産んで働くこと。
その人の能力やキャパ、周囲の環境に合わせて、ズルいことをしない最善を尽くせばいいだけのことだと思います。
自分の武器と弱点を見極めて。長所は短所とも言えますしね。

…何も育児出産だけに限った事ではない、人の生きざまのすべてに通底する話だと思います。

  • 2015-11-23 22:26
  • カオリリン
  • URL
  • 編集

[C5907] Re: タイトルなし

> 10年位前バイトした先で、妊娠して朝の悪阻が酷いのを理由に、自分の朝の始業時間を遅らせて欲しいと上司に訴えにいった女性がいたと聞きました。
> その時、上司がその女性に言ったセリフは
> 「妊娠したのは、アンタの勝手だよ?なんでその為に、会社で決まってる始業時間を遅らせてやらなきゃいけないんだ?」
> 女性の顔も見ず、吐き捨てるような口調だったそうです。
>
> その女性は一応引きさがり、同僚女性には「恥をかいた」と漏らしたそうですが、余り堪えてない顔だったと、その同僚女性ご当人が教えて下さいました。
> 結局、つわりが酷くて辞めたそうですが、普段からあり得ない文句を言う女性だったので、辞めてくれたときは社員一同心から快哉を叫んだそうです。
>
> どうも、このテの女性が屁理屈を進化させて世の中に、はびこり始めたみたいな気がします。
>
> 今では、この上司の対応は、マタハラと言われてしまうのでしょうか?
> 進化させようと、屁理屈は屁理屈でしかないと私は思うのですが。


今ならね
またはら、ぱわはら、くわばらくわばらデス。

取り上げた10年女は、職場でどういう目で見られているか
そこが分かれば
この訴訟の自己中心さ、
判決の有り得なさ
が、ハッキリすると思います。

マスコミは、「マタハラ被害者」という造語を乱用するようになり
ますます

一生懸命働く女性達が

一部の馬鹿女達によって

苦しめられる時代が来たようです。

かつて、テレビタックルで
田嶋洋子が「女性の為」を連呼して自己中心論を展開した時に
小池百合子議員が面と向かって

「あなたのような人が居るから、私たち女性が迷惑するんです!!」と

言い放ったあの瞬間を思い出せば

まさに、一部の馬鹿女が田嶋で
他の女性達が、小池百合子議員に見えてくる

そして田嶋が言ったのは

「私が議会で答弁すると、他の(男性)議員は誰も聞かないのに
小池議員が答弁し始めると、皆(男性)議員が聞き始めるの、
どういうことなのって思うのよね」


田嶋の独特のユーモアの
笑かしもあるだろうけど

正にコレだと思いますわ、奥様っ。
  • 2015-11-22 10:15
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C5906]

10年位前バイトした先で、妊娠して朝の悪阻が酷いのを理由に、自分の朝の始業時間を遅らせて欲しいと上司に訴えにいった女性がいたと聞きました。
その時、上司がその女性に言ったセリフは
「妊娠したのは、アンタの勝手だよ?なんでその為に、会社で決まってる始業時間を遅らせてやらなきゃいけないんだ?」
女性の顔も見ず、吐き捨てるような口調だったそうです。

その女性は一応引きさがり、同僚女性には「恥をかいた」と漏らしたそうですが、余り堪えてない顔だったと、その同僚女性ご当人が教えて下さいました。
結局、つわりが酷くて辞めたそうですが、普段からあり得ない文句を言う女性だったので、辞めてくれたときは社員一同心から快哉を叫んだそうです。

どうも、このテの女性が屁理屈を進化させて世の中に、はびこり始めたみたいな気がします。

今では、この上司の対応は、マタハラと言われてしまうのでしょうか?
進化させようと、屁理屈は屁理屈でしかないと私は思うのですが。
  • 2015-11-22 00:02
  • SIDO
  • URL
  • 編集

[C5905] 初めまして

いつも見ているのですが、初めてレスさせて頂きます.ニュースでマタハラ裁判の判決を見て納得できませんでした.妊婦さんが「負担になるから業務を減らして欲しい」と言ったら降格になった、仕事が減るなら降格仕方ないだろは認められないのですね.仕事が減るのに肩書きはそのままのほうがおかしいと思うのですが、一般的ではないのでしょうか。

[C5888] すだち様

私は30代に、63歳で認知症を患った舅の介護を10年やって、社会復帰したのは40代に入ってからですよ。介護中は、介護鬱を患った姑の愚痴聞き役、食事介助とシモの世話、その間子供らの受験もあり、社会復帰等夢のまた夢・・・なんて自分に言い聞かせて諦め半分でおりました。しかし、それまでやっていたことの鍛錬だけは細々とやり、介護中も夜中にコソコソ「忘れない努力」を継続していました。
結局舅は癌で逝き、くたびれ果てた私は「もう何もしたくない」宣言をして専業主婦で終わろうと思ったのですが周囲がむりやり引っ張り出してくれ、今は正職員となってフルタイム労働してます。働きたいという気持ちがおありなら絶対にあきらめないでください。可能な限り社会に求められるよう努力を続けてください。きっと道が開けますよ。
  • 2015-11-16 10:48
  • ming
  • URL
  • 編集

[C5875] すだちさんへ

すだちさん、
お二人のお子さんを育てつつ、社会復帰を目指しておられるとのこと。
すだちさんのような思慮のあるお母さんが増えれば、
マタハラなんてそもそもないんじゃ?と思います。

ご理解のあるご主人さまがいらっしゃると推察いたします。
お子さんもきっとかわいいお子さんなんでしょうね。

満員バスや電車でベビーカーを畳もうともしない、若いお母さんたち。
当たるとこっちはめちゃくちゃ痛いし、雨だと濡れるし汚れる。
でも、すみませんみたいな雰囲気は皆無で当然のような顔。
ファッションはショートパンツにヒールの高い靴、マツエクにカラコン、
スマホだけ見て、子供には見向きもしない。

前にまるがさんがテーマにしてらしたマタニティーマーク、
あの時は自分自身が母親になれなかったのもあってコメントは控えてましたが、
ホント、権利だけ主張する守ってチャン、多いです。


なぜわたしたちだけが、貴女がたを守らなきゃいけないの?

  • 2015-11-14 21:29
  • せにょ
  • URL
  • 編集

[C5872] 現在2人の子育て中の母から

はじめまして。
私は現在6才と2才の2人の子を育てていますが、最近の「妊婦様」、「子連れ様」の風潮を苦々しく見ています。

上の子を妊娠中に酷いお腹の張りに悩まされ、これまでと同様の働きが難しいのではと退職の道を選びました。
子育て中も公共交通機関利用時は抱っこ紐利用。ただ、さすがに下の子を妊娠中は上の子をベビーカーに乗せざるを得なかったのですが、乗車時はラッシュを避けていました。
公共交通機関利用の時は急ぎの通勤通学の人優先が当然です。

今、子供達はベビーカー不要になりましたが、大人料金の半額の子供は半人前。空席がある時に座らせてもらうのみに留めています。

現在専業主婦の私ですが、いつかは職に就きたいと考えています。それに備え、今は広く書物を読んだり、地域のお役を引き受けたりと、できる範囲で社会の一員でいます。

そんな私から、妊婦様、子連れ様に一言。
「てめぇら、甘えるなっ!」

…失礼しました。
  • 2015-11-14 19:30
  • すだち
  • URL
  • 編集

[C5868]

全くもって、まるがさんのご意見に賛同します。

わたしは晩婚ですので、すでに子作りは諦めですが(笑)、
現在、派遣フルタイムで開発職やっています。

今回のテーマと同じ状況が一年前起こりました。
同じ派遣の立場の女性が妊娠して出産休暇、育休を取ったのです。
当然、わたしも含め、他の人は負担が増しました。


で、何が言いたいかと言うと、
いいんですよ、妊娠、出産。お祝い事ですからね。
だけどその女性も含め、思うのは、


「権利ばっか主張してないで、義務も果たせ」

と。

復職したその彼女は、業務を振ると担当外だの(彼女の休暇中は、その担当外をみんなで分担してたんですが)やれ時短だの、電車遅延の遅刻だの、まともに機能してません。

彼女特有の問題もあるかもしれません。
ただ、彼女だけでなく、自分の権利ばっか主張する女性の多いこと。

ええ、派遣がこのザマですから、プロパーの女性はもっと機能してないです。

使えないプロパーが多いぶん、わたし稼げますが、まー、何だかなー、と言う思いです。
  • 2015-11-14 09:21
  • せにょ
  • URL
  • 編集

[C5864] bubbleのつけ

バカ東宮が結婚したのが、バブル崩壊直後。まだ実感はなく、3高の妻たちは大事にされて当然顔。妻を守るだの、家庭を大事にするだの、変な親子を増やすきっかけを作ったのは、コイツらだ!見ろ!テレビでも、家庭優先のバカ芸能人をあげあげしてやがる。夫は一家の大黒柱、妻は黙って夫に従え。ああ、かつて日本は美しかった。
  • 2015-11-13 06:21
  • ミンクの叫び
  • URL
  • 編集

[C5859] 本当にその通りかと

いつも勉強させていただいております。


本当にその通りだと思います。
誰にも言えず悶々としていたので、拝読してスッキリした気持ちになりました。


「自分のために相手に何かさせても全く気にしない人」「優遇されて当然だと思ってる人」「自己責任能力の低い人」

こんな人が本当に増えました。

あと最近よく耳にする「お子様」という言葉も苦手です。

「子供が、お子様?大人様と言わないのに?」と違和感を感じます。

CMや、テーマパークなど企業の言う「お子様優遇、パパママ優遇」に踊らされている方々を見ますが、「お子様、パパママ優遇」は企業が利益を得るための売り文句であり、決して優遇されて当然ではないと思います。

でもそれに気づかず、踊っている方を多数見かけます。


まるが様の仰ること、深く深く納得です。



子供のまま大人になる人が増えたので、教育がやはり悪いんだなぁという印象です。
個人的には修身の授業を復活させてほしいです。


長文失礼しました。
  • 2015-11-12 17:48
  • なつこ
  • URL
  • 編集

[C5816] Re: マタニティマーク


> でも、人生には取捨選択、優先順位をつけなくてはいけない時があると思います。
> 私はお腹の赤ちゃんの安全を優先しました。
> 妊婦が、他者の配慮を必要とする場に出ること自体がそもそもリスクであると考えます。そして本当の危機の時にマークは何の役にも立たないと思います。

その通りだと思いますわ
奥様

結局は、自己責任

母として、妻として、嫁として、社会人として、大人として

という事なんですよね

シュウイガー
ハイリョガー

って

何歳児だよ?
って話なんですわ
🎵
  • 2015-10-31 17:06
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C5813] マタニティマーク

はじめまして。
去年、長女を出産しました。マタニティマーク、私は付けませんでした。
正直にいいますと、マークをもらった時は嬉しかったんです。
赤ちゃんができた!嬉しい!とマークを付けて自慢したい気持ちになりました。
でも付けると周囲の人に気を使わせるなと思い、付けませんでした。
別に電車で席を譲ってほしいわけではないのに、付けると周囲の人が譲らなくては…と思ってしまうかもしれないので、それは申し訳ないなと。
私は専業主婦で、そんなに電車に乗るわけではなく、妊娠中は感染症を恐れ人混みには行かず、ほとんどを自宅でぬくぬくと過ごしました。
だから、私の意見は的外れなのかもしれません。
でも、人生には取捨選択、優先順位をつけなくてはいけない時があると思います。
私はお腹の赤ちゃんの安全を優先しました。
妊婦が、他者の配慮を必要とする場に出ること自体がそもそもリスクであると考えます。そして本当の危機の時にマークは何の役にも立たないと思います。 🎵
  • 2015-10-30 05:20
  • あおば
  • URL
  • 編集

[C5811] 買い物カゴにお肉が入ってる

退職公務員のくせに生活保護者に対して「ウチなんてお肉食べるの週2回って決めているのに、生活保護の人の買い物籠をのぞいたらお刺身の盛り合わせやタラコが入ってて。何様なんだろうね」と憤っている知人。

心身ともに健康で労働し納税できる国民が一番良くてそうあるべきなのに、なぜかメディアは弱者に大声ださせてデカい顔。本当の日本人をダメにし、日本を貧乏にしたい連中がいるようですね。
それにしても背後にそういうのばかり見え隠れする人ばかり。ウンザリ
  • 2015-10-29 10:56
  • ming
  • URL
  • 編集

[C5808] 一概に決めつけないで

私も母子家庭のなかで子どもを二人育てました。貧者と見られるのが嫌でした。

月収はそこらのサラリーマンをはるかに凌駕していました。

それなのに、夫が亡くなったとたん、奨学金(月額1万円くらいだったかな?)とか授業料免除の申請の書類などを子どもが学校から持ってきました。

そんなの子どもだって嫌だったでしょうし、私も屈辱感を感じました。
夫が亡くなっても困らない(それほど贅沢をしなければちゃんと暮らしていけるだけの)収入がある人だっています。

何より悔しかったのは、上の子どもの結婚式で、奨学金を出してあげるから留学させたらどうか、と相手方の親戚から言われたことです。

我が家はちゃんとどの子も教育したのに・・・。

ステレオタイプで、母子家庭は貧しい、お金を恵んでもらったら、ほいほい喜ぶ人たち、みたいな見方をされることです。

ちゃんと生きている母子家庭に対して失礼千万です。

  • 2015-10-27 14:40
  • 母子家庭の世帯主
  • URL
  • 編集

[C5807]

まるがさん、こんにちは(^^)

乙武さんだけならず、
障害を持っている方って、思考偏ってる人が多いんじゃないかなって感じてます。
前回の妊婦マークの話題ではないですけど、
以前いた会社求人の面接に盲学校から来た方がいたんですよ。
で、開口1番「自分を雇える環境がこの会社にはあるのか?」というような事を面接官に言ったんです。
面接官「」
精一杯頑張りますっていう姿勢は全く見えなかったと、面接した人は言ってました。
この人も含め、
なんか、弱者のお面かぶって世話してもらって当たり前〜みたいな人間がね、結構世の中多いんだなって思います。
そして堂々と権利の主張。

普通に働いて、納税してる方が馬鹿みるんじゃ?
って気になりますよ〜。

納税、しますけどね。
  • 2015-10-27 14:34
  • タタナ
  • URL
  • 編集

[C5805]

自分も以前勤務していた職場に転職してきた男性がいましたが、その男性は ×1で 別れた奥さんのもとに子供2人いると。 それで つい「じゃあ養育費を頑張って稼がなきゃね」と言ったところ…男性は「養育費は月3千円だからラクなんですよ〜」
え? 3千円?何それ?
よくよく話を聞くと、男性もさすがに養育費を増額しようとしたら元奥さんに 元奥さんに 養育費を増額すると生活保護費を減額されるのでやめてくれと…うろ覚えですが その当時 保護費他諸々で母子3人で 月25万以上で勿論 元奥さんは働かずに余裕の生活だとか 。
元奥さんの親兄弟も健在で本人も健康体、子供達も優先的に保育園に入所させて、どんなカラクリがあったのかはわかりませんが、自分らが納めている税金がこんな人達に流れているかと思ったら あくせく働いているのが一瞬アホらしくなりました。
勿論、こんな人ばかりでなく 一生懸命働きながらも生活保護の助けを受けながら子供を育てている人も知っています。子供が中学にあがるまでなんとか生活保護世帯から抜け出したいと話していました。
どんな制度でも抜け穴があります。それを悪用?する輩がおり 入れ知恵する輩がおり それに乗っかる輩がいるということなのでしょう。
  • 2015-10-27 09:52
  • 麦芽
  • URL
  • 編集

[C5803] 母子家庭は小金持ちだよ

以前の職場で二歳の子がいるシングルマザーがいた。
月給12万円の契約社員なのに、レイバンのメガネを掛けて首には1カラットのネックレス。
お昼はイタ飯やら寿司、懐石等の食べ歩き。服も 伊勢丹から買っていると、同僚は教えてくれた。今の行政は、こういう人達に一体いくら補助しているのか具体的に数字を出して教えて欲しいものです。
一般的家庭のつもりの私には、真似したくても出来ない生活ぶりに見えたのを思い出しました。
  • 2015-10-27 01:03
  • 子供三人の母
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2649-ed985757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード