Entries

②シャンプー的心理解説~「中絶相談も応じてもらえず」赤ちゃんを山中に…事件

コメント欄より
> 愛された経験が無いと、愛し方はわからないのではないかと思います。

> 同じように、誰かに助けられたことが無ければ、助けを求めることすら思いつかないかも知れません。


→愛されていることに気づく心が無いと、いくら愛されていても、それがわからない

→同じように、助けを求めている人を見た時、何とか助けたいという感情が自然に出て来なければ、自分がいつも誰かに助けられていることすら気づかないのかもしれない。

赤字の所をよく考えてみれば
自己中心
自己愛
が分かると思う

○○してもらえなかったから、○○が出来ない人間になった

というのなら、
子どもの内の
どの年齢までに
それを経験していなければならなかったのだろう?

という疑問が出てくる

人格形成期までに?

脳の発達が終了するまでに?

受け身が全てを決定づけるのか

それとも

その魂の本質とレベルによるものなのか

受け身でなければ
愛情も関わりも習得できないのであれば

恐らく、人間は向上していく事が出来ない気がする

与えられているのは
自由意志

報道だけではわからない事が多すぎるけど
この娘は
母親との金銭トラブルから
家を出て知人宅に身を寄せたという
自由意志があったのなら

妊娠や出産後
遡れば
性的関係を継続させられていた時にも
その自由意志は遂行できたのではないか

憶測でしか語れないけど
この娘が欲していたのは
母親の関心
母親からの愛情で
その為に
義父との性関係
は勿論
妊娠出産も
母親には相談も告知もしていなかった
のかも

だとしたら

赤ん坊殺しは

自分の為

娘の生い立ちは不遇で不幸であったとしても

赤ん坊殺しは

自分の自由意志

知人宅に身を寄せたのは
寵愛を受けたいと思っていた母親に
金銭問題で追い出された形になったから?
母親の呪縛から放れて
初めて出来たことなのかもしれない

憶測だけどね

②愛と恐怖


「中絶相談も応じてもらえず」赤ちゃんを山中に…

テレビ朝日系(ANN) 4月27日(水)17時16分配信
 殺害した赤ちゃんを近くの山中に遺棄した可能性があります。

 新潟県糸魚川市の中村栄志容疑者(65)と義理の娘の一美容疑者(28)はおととし夏ごろ、2人の間に産まれた男の赤ちゃんの首を刃物で切って殺害した疑いが持たれています。栄志容疑者は遺体を遺棄した疑いも持たれていますが、栄志容疑者は運転免許や車を持っていないことから、警察は自宅から比較的近い山の中に遺棄した可能性があるとみています。一美容疑者は警察に対し、「中絶を相談したが応じてもらえなかった」と容疑を認めていて、栄志容疑者は否認を続けています。.
最終更新:4月27日(水)17時16分


んなこったろうと思ったけど

誰に相談したの?

再婚した義理の父親に

でしょ?

連れ子を妊娠させる
アルバイトの65の男に
中絶費用負担なんて意思が
あろうはずもないだろ
そんな金
出す気ないべ

だから

母親と金銭トラブルになったんだべ?

そこらの経緯

はっきりさせなきゃ

相談できる相手がいないと言いながら
母親との金銭トラブルの後
逃げ込んで
自首を促された知人女性は

相談できる相手ではなかったのか?

この娘自身に
どういう問題(発達等も含めた成育歴)があったのか

この事件
娘側から見たら
あの事件に似ている

ほら
母子家庭の息子が
母親に祖父から金を借りてくるように強要されて
結果、祖父を殺害した事件

過去に書いたけど
あの事件の長男と
えらく似てる

自分で判断できない
親の言いなり
外の世界を知らなすぎる
親の寵愛を求めすぎる

ニュース映像で映されたボロ家
二階の窓から見える部屋の中は
無人の倉庫のようなガラクタで埋まった汚さ
いつからそうだったのか?
明らかに
普通ではないかもな生活でも

中学までは通ってたんでしょ?

そこが
外の世界との接点なら

外の世界を知らないわけではない

北朝鮮のような
洗脳国家で教育されたわけでもない

それでも
そこから自立の思考回路は
成長しなかったのか
再婚当時
15歳だったと言っても

ホステスだった母親が
アルコールの影響で車いす生活になるようなら
その前から
真面な家庭環境ではなかった
ということなのだろうが

昔あった番組で
自分の主張を会場の観客に共感と賛同を得て
その数だけお金がもらえる為に
クイズに答えてゲットするという
和田アキ子の番組があった

そこに当時既に20代の
垢ぬけない女性が登場して
母親の再婚相手と
小学校高学年頃からだったかな?
性的関係をもって

云々ってな主張で


結局、駄目だったんだよ

頭弱いのさね

で、アッコに聞かれるの
どうして
成長してもそういう関係を持ったのかだったかな?

そしたら

最初は無理やりだか何だかでも

「やっぱり(体の関係を)求められると、断れなくて」

って
なんていうか

にこにこしながら
頭弱そうな顔で
応えているのを見て

ああ

こうだからなのかな

って
その時思った

テレビだから
やらせもあったのかもしれないけど
まんざら嘘でもなさげ

その時その義父が生存していたのか知らないけど
既に別居していたのかもしれないけど

言えるのは
こうやってテレビに出てきて話をして
大金ゲットしても
テレビに出した人
生きていたらその義父
母親や関係者に
あっというまに採取されちゃってたでしょ

印象的だったのは
生い立ちの「不幸」さではなく

「求められたら、断れない」

この感覚は
あの祖父殺しの少年が
母親の身勝手な金銭の無心の要求を断れないのと
全く同じ

少年は
まともに通学も出来ないまま
成長して
外の世界と
母親の寵愛の狭間で
幼児のままだった

この幼児性

外の世界と接していても
幼児のまま

アメリカでは
母子家庭となった母親の
別れた夫に幼い子供が連れ去られるという強迫観念から
未就学児の兄と妹を一歩も家から出さず
加えて
心配して様子を見に来た自分の両親さえも家に監禁し
子等が20になって
子の母親が末期癌による心不全で突然死ぬまで
外界と隔離されていた事件

この長男は
20まで
ガンプラみたいなおもちゃで遊んでいたという

窓から見える
自分の家の庭と隣家だけが
外の世界

母親と
隣家の人との立ち話で
自分たち(子ども)は今、家に居ないと嘘を言うのが聞こえてきて
何故、そんなウソを言うのだろう?と不思議に思った事なども
解放され保護された後の供述で話していたという

だけどね、
この母親の両親もどうかしている
家の中では自由に動けて
母親が買い出しや病院に出かけたすきを狙えばいいのに
なぜ、家で監禁されたままだったのか

恐怖心

と分析されていたけど

子どもの頃から監禁されていたわけでもあるまいに

オカシナ事件

大人でも
その強要する者に対する

服従心

とでもいうのか
なぜ、そういうものが芽生えるのか

脅迫者に対して
脅迫者からの「寵愛」を求めている
若しくは
拒絶されたくない
拒絶したくない
関心を持たれたい

大人であっても
親であっても

そこに

愛はないよなって
思うのは

愛に「代償」はない
愛は「無償」のものであってこそなのに

事件の背景に
服従という「代償」があるから

このアメリカの事件は
脅迫者になった母親の両親にも
娘や孫に対する「愛」より
自分自身への「自己愛」が大きかった
ということなのだろうか

その脅迫者となった娘も
自分の子どもや両親より
自身の自己愛が大きかったのか

今回の赤ん坊殺しの娘も義父も
それぞれ
自己愛の塊だった

幼児性から抜け出せない
幼児のままというのは

自己愛の本質

この自己愛の塊である幼児性が

脅迫者に「服従」するという行為の原因になる

それは
既に幼児ではない年齢なのに
無力な幼児と同じでいる為に

「服従」という代償行為で

愛を獲得しようとしている

それは
愛ではないのに

代償で得るのは
愛ではない

だから
いくら服従しても
服従し続けても
充足されることが無い

こういう行為が長期化されるのは
充足されないまがい物だから

だと
私は思う

そのまがい物
愛ではない
まがい物とは

どの事件をとってみても
脅迫者に服従する「被害者」たち
そして
脅迫者自身は、自分の「恐怖」に服従している

これは
愛と真っ向から衝突する
相反する「敵」

愛と恐怖の闘い

愛の反対は無関心というが
この
「無関心」というのは

恐怖からの「現実逃避」そのものなのだということ

そして、もう一つ
恐怖心が生み出すものは

「支配欲」

この
無関心と支配欲の源は

恐怖

恐怖の源は

不安

それが
今まで書いてきたエントリーにいくつもある
シャンプー的心理解説なのじゃが
私は
そう断言するわ

こういった事件は
殺人という
最短最悪の結果となって表れたものだが
表面化しないものの方が
世の中多い
それぞれの家庭や親子関係にも
大なり小なりいくつも存在している

ここを読んでいる読者の方々も
自分の家庭、親子関係
周囲との関係
どれも
人間関係なのだが
よーく考えてみそ

ハタと気付くこと
思い当たること
あるはず

①母親の無償の愛と母親の自己愛

 生まれたばかりの赤ちゃんを殺害したなどとして、新潟県警は25日、同県糸魚川市歌、アルバイト作業員中村栄志被告(65)(傷害罪で起訴)を殺人と死体遺棄の疑いで、長女の愛知県半田市幸町、無職一美かずみ容疑者(28)を殺人の疑いで逮捕した。

 発表では、2人は2014年夏頃、当時同居していた糸魚川市歌の自宅で、一美容疑者が出産した男児の首を刃物で切り、殺害した疑い。
中村被告はその翌日頃、国内のどこかに遺体を遺棄した疑い。調べに対し、中村被告は「否認する」、一美容疑者は「(中村被告に)指示された」と話しているという。

 県警幹部によると、中村被告は2001年春頃、一美容疑者の母親と再婚し、事件当時は3人で暮らしていた。
一美容疑者は母親との間に金銭トラブルがあり、今年2月に知人女性を頼って半田市に転居。この女性に促され、同25日に愛知県警に自首していた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160425-OYT1T50081.html
2016年04月25日 20時35分

【別ソース】
一美容疑者は栄志容疑者の結婚相手の子どもで、男児は両容疑者の子どもだったという。
http://www.asahi.com/articles/ASJ4T5H28J4TUOHB00Q.html
2016年4月25日17時04分

一美容疑者は、当時、母親の再婚相手である栄志容疑者と一緒に住んでいましたが、事件後のことし2月、愛知県に移り住んで知り合いの女性に赤ちゃんを殺害したと打ち明け、
愛知県内の警察署に自首しました。
警察によりますと一美容疑者は殺害容疑を認めていますが、栄志容疑者は、否認しているということです。
また、栄志容疑者は、ことし2月に一美容疑者を迎えに来た知りあいの女性に殴るなどの暴行を加え、けがをさせたとして傷害の罪で起訴されています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160425/k10010498261000.html
4月25日 20時40分



この二人の容疑者の接点となってる「妻であり母親」は

なんなの?

って

いっつも思うわ

例の
連れ子の小学女児に多額の保険金かけて
入浴中に火災で死なせて
って
在日夫にその女児は
性的虐待を受けていたんだよね

共通しているのは

子どもを死なせるというのと
性的虐待があったということ
それも
継続的に

私の同級生も
母親の再婚相手に
襲われそうになったことあったよ
その時は、20になった時だったから
逃げ切ったそうだけど

私はそういう経験ないけど
自分が
例え
信用しきって再婚した相手であっても

自分の娘と二人きりで留守番させたり
なんか
させらんない

自分が娘だったら
お父さんとして
よっぽど懐いているか
実父と信じていたら
わかんないけど

母親の立場で
戸籍上は親子であっても
所詮他人だもの
やっぱ心配になるわ
間違いがおきやしないかって

だから

この母親

知ってたんでしょ?
娘が妊娠したこと
産んだことも

知らないわけないだろうに

昔から
こういうのあった事件

非力なのは

赤ちゃん

こういう時にこそ
赤ちゃんポストって
役立つべきだろうに

確か過去エントリーでも
その存在を反対した記憶があるが、

この赤ちゃんポストだけど

こういうね
頭の弱い大人の為に
必要なのかとも思うけど
頭が弱いから
調べたり
考えたりして
利用することも出来ないだろうな
結局ね

産んだ娘は

既に28

28で
まるで
10代の子どもの様

無職というのも
ずっと
無職だったのか
妊娠したから
無職になったのか
経緯は不明だが

13年前の再婚当時は
15歳

となったら

その頃からでしょ?

きっと

母親との金銭トラブルって
一家の家系を支えていたのは
誰?

娘妊婦で無職なら
母親?
継父は65でバイトなら
収入は知れている

中絶費用か


健保未加入だろうから
考えにくいが出産費用

何れかの為にほしくて
とか

わからんが

28だぜ?

妊娠が分かった時点で
誰も手を打つことが出来ない
いい年下大人たち

中絶費用が無かったんだろうな

やることだけやって
責任も
後始末も
真面に出来ない
愚かな大人たち

父親の方は犯行を否認
娘の方は認めいるが
父親の指示だというところを見ても

娘一人の犯行ではないわな

そんな判断が出来る娘ではな無さげ

父親は
全部娘に罪をかぶせて
自分だけ助かろうとしているようにしか見えん
多分
いや
間違いなく
そうだろう


いちばんまともに見えるのが

自首を促してくれた
知人女性

子ども産め産め政策には

経済的に自立できる大人の教育が
何時の時代も不可欠だわ

わたしゃ
再婚したこの母親の考えや
娘にとっての存在価値を
一番知りたいわ

自分の娘を

どう
思っていたんだろう

って

あの
尼崎の
保険金殺人の疑いの事件も
そう

自分の娘を
どう思っていたんだろう

って

母親としての
愛情が

あったのかな

って
関連記事

コメント

[C6318]

初めまして、まるがさん。

愛された経験が無いと、愛し方はわからないのではないかと思います。

同じように、誰かに助けられたことが無ければ、助けを求めることすら思いつかないかも知れません。

DVや虐待はこんな風に連鎖してゆくのだなぁ…と改めて感じる事件ですね。
刑罰ではなく、連鎖を断ち切る勇気や努力について教育してあげられれば良いのでしょうが。
  • 2016-04-29 10:30
  • URL
  • 編集

[C6315] 夜叉御前

山岸凉子さんの「夜叉御前」という作品も、父(こちらは実父…)に犯される娘…

犯されている事実を現実逃避して、何とか一般的な生活を送ろうとしている!?

やがて彼女は妊娠するが、妊娠さえも逃避により誰かに動けなくさせられていると自己判断している脆い感情…




最後は、父と娘のその場に母が乗り込み、斧を夫の脳天に降り下ろす!!


逃げる娘にも「のりこ、あんたも死ぬんだよ!!」と絶叫し追いかける母…


この事実を知っていて、ただ嘆き悲しむ祖母…




今回の事件と血縁関係の違いがありますが、この事件を聞いた時に咄嗟に思い浮かびました…
  • 2016-04-29 01:23
  • URL
  • 編集

[C6314] 母親の気持ち?

母親は車いす生活なので、1階。
父親と娘が2階で暮らしていたとのこと。

母親は障害者年金があるでしょうね。
でも1階にいたら、2階でまぐわってる気配は分かるでしょう。
とてもぼろい家で、防音なんてない様子ですから。
それをどう思っていたのだろうと思います。
障碍があって十分稼げないから結婚したのだろうけど、多分それが間違い。
父親ははなから娘が目的だった可能性が高いのでは?
つまり愛があって結婚したわけではないのでしょう。
  • 2016-04-28 13:33
  • 山猫さん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2701-12154743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード