Entries

マット死訴訟:元生徒2人に再び賠償命令 山形地裁


マット死訴訟:元生徒2人に再び賠償命令 山形地裁

 山形県新庄市立明倫中で1993年、1年生の児玉有平さん(当時13歳)が体育マットの中で死亡した事件を巡り、確定した損害賠償約5760万円を支払うよう遺族が再度求めた訴訟で、山形地裁は23日、元生徒2人に請求通り支払うよう命じる判決を言い渡した。遅延損害金を含めると、支払総額は計約1億2400万円。

 松下貴彦裁判長は「請求権の時効中断のため、改めて判決を得る必要がある」と指摘した。事件では2人を含め元生徒7人が逮捕・補導され、全員の関与を認定し賠償を命じた仙台高裁判決が2005年9月に確定している。松下裁判長は「無実」を訴える元生徒側の主張に対し、「高裁判決と矛盾する判断はできない」と述べた。

 判決確定後、遺族は請求権が時効を迎える昨年9月までに元生徒4人の債権を差し押さえる措置を取った。しかし残る3人は差し押さえが進まず、時効成立を防ぐため今年1月に再提訴。その後、1人は給料を差し押さえ訴えを取り下げた。

 事件は93年1月、マットの中で窒息死した児玉さんが見つかり、県警が監禁致死などの容疑で当時の上級生ら7人を逮捕・補導した。うち3人は家裁送致され無罪に当たる不処分となっていた。【松尾知典】



93年1月・・・事件
2005年9月・民事判決確定
2015年9月・4人分差し押さえ
今年1月・・・・再提訴
今年8月・・・再判決

93年→(12年経過)→05年→(11年経過)→16年

足掛け23年

損害賠償約5760万円→支払総額は計約1億2400万円

遅延利息で倍になったのね

これって、支払っていなかった二人の総額?
違うよね
7人全員だよね?

今年で漸く、5人分差し押さえ

支払総額が倍になるってことは、ほぼ全員に近い人数が支払いをしていなかったのか

超単純計算で1億2400万を7人で割ると
1人当たり約1770万円
これを定年までの25年で割ると
1人当たり年間70万
70万を12か月で割ると、
一ヶ月5万9千円

約6万としても

実際、収入の4分の一までしか給与差し押さえが出来ないから
24万円以上の収入が月々あれば
6万円は強制引き去り出来る

賞与があればそれも引き去り出来る

25年かけて月々払うには
なんとも
現実的な金額ではある
判決金額自体は、
遅延しなければ
月々3万円くらいで済んだ
安すぎる命の対価

いや
それ以上に
遺族の心労と労力に対しても
安すぎる

余りにも

この民事訴訟は、刑事訴訟とは違う
懲罰的意味合いがあるそうな

生涯かけて
自分の働いたお金で
償え

毎月忘れることなく
反省しろ

という意味合いもある
民事のお金による賠償請求

だが

今迄差し押さえにこれだけの時間がかかったのは
住所不定だったり
無職だったり
仕事をころころ変えたり
姿をくらましたり
色々あったんだろうな

そう思うと
かかった年数を鑑みれば
何と苦しい時間だろう

この事件の刑事訴訟では
いじめの事実はないとか言う
更に無罪とか
世間も驚くすんごい生ぬるい判決で
まるで
被害者が、自らマットに逆さまに簀巻きになったかのような判決だった

判決文が、
加害者が被害者を
マットに簀巻きにした事実はないとかなんとか
そんな内容で

自分で入ったとでもいうのかと
世論がざわついた
久米宏の報道番組で
久米が怒っていたのを覚えている

この刑事訴訟では無罪な奴が3人も出たりと
有りえない判決に
遺族が民事で訴えたという記憶があるわ

結局
遺族は、
子供を失っただけでなく、
法の裁きの仕打ちにも、
加害者支援団という謎の組織による誹謗中傷にも耐えなければならない上、
こんな長い時間
お金と労力をかけて
民事による判決を勝ち取り、且つ、差し押さえの執行をも
根気と執念で勝ち取らなければならないなんて

辛すぎる

学校という子供の教育を管理しなければならない環境の中で起きた
日本史上に残る残虐な犯罪で
子供の一生を奪われた遺族の苦しみは
想像を超えるものだろう

こういう残虐な事件で
不当な判決までうける遺族と被害者を想えば

古代ハムラビ法典の
「目には目を歯には歯を」を思い出す

196条 もし人が人の息の眼を潰した時は彼の眼を潰す。
197条 もし人の息の骨を折った時は彼の骨を折る。
198条 もし賎民の眼を潰し、または賎民の骨を折った時は、銀1マヌーを支払う。
199条 もし奴隷の眼を潰し、あるいは人の奴隷の骨を折った時は、その価格の半額を支払う。
200条 もし人が彼と同格の人の歯を落とした時は彼の歯を落とす。
201条 もし賎民の歯を落とした時は、銀1/3マヌーを支払う。
202条 もし人が彼とよりも豪い人の頬を打った時は、民会に於いて牛鞭にて1シュシュム度(60回)打たれる。

これによると

同等身分の者には、加害した行為と同じ罰を
同等未満の身分の者には、被害者の身分にあった「金銭」で
身分の高い者にした加害は、その何十倍もの罰を受ける

という
身分制度時代の刑法

当時同じ中学生
上級生もいれば同級生もいたはず

それ当てはめれば

同じ様に逆さでマットに簀巻きで放置

これが、ハムラビ法典時代の考え方だ

しかし、成熟したと言われる現代社会においては
死刑があって
漸く、
目には目を歯には歯を

同じ身分の者同士の裁きとなるんだな

江原氏が言う
死刑はスピリチュアル的に良くない
それは、
死刑という殺人によって
この世に念が残るからとか何とか
この世に生きて、反省して、罪を償う事が良い

私にはこういう
死刑廃止論者の考えが
分からない

私が未熟者で
スピリチュアル的な人間ではないからかもしれない

だけど

それなら、
生の志中半で、不当に、残虐に殺された被害者の念は?
一生の大半を、遺族として戦わなければならない苦しみの念は?

どうなの?って
思う

光市母子殺害事件で
極刑まで戦ったご主人は
妻と娘の墓前に手を合わせ
勝ち取った刑を報告し、成仏を祈ったわけで

マット死事件の場合、
未だ差し押さえ出来ずに残る二人にも
更に、差し押さえが出来た加害者から引き去り続けなければならない
「お金」という
まるで
我子が
加害者より身分の低い者であるかのような
しかも
少なすぎる命の対価という
今は、そういう金銭に替えた
法の裁きの手段でしか戦う術の無い
遺族の
無念さ
23年もかけて、漸く、差し押さえる
加害者のすべき「今生での反省と償い」を取り付けるまで
遺族がここまでしなければならないのか
なんという苦しさ
それが
これからもまだ続く
生き地獄

やはり私は
死刑は必要悪だと
考えている
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2788-67f040ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード