Entries

【完成版】皇室の行方シリーズ2016~魂の動機

コメントより抜粋
> 10月11~14日にベルギー国王両陛下が国賓で来日すると官邸HPに載ってるそうです、そして11月の秋の園遊会では皇族の女性方が和装で出席される予定だそうですがマサコの姿はないそうです、もう皇太子妃殿下ではないからだそうです(東宮御所を退去させられるとか)、楽しみで仕方ありません。

ふむふむふーむ。
10月に雅子、東宮御所を出る(帰ってこない、戻る時は、別の居へいく)
ついにか

長かった25年
あっという間のこの時

髪振り乱して懇願する雅子の姿が視えるという霊視

「出ていかないわー、ギャー」

そんな声が聞こえてきそうな想像図

過去から何度も書いてきたけど
ただ
霊視のカキコで書かれていないことの一つに

その時の

徳仁

何してんだろ?




髪振り乱す雅子を見ても


アトヨロ


してそう



自分は皇族だし親王だし
自分の地位さえ安泰なら
雅子の生活も保障されると
そう言って
雅子を切り捨てたのは
何年前だったかな

そんな徳仁も
間もなく強制入院deGO!

最後に残った可愛いお人形
飾るお部屋が見当たらない

本当に
そうなってしまうのねぇ
怖いお伽噺の様




雅子の強制入院の理由になる病気は
統合失調症ではなく

糖尿病

メタボ

高血糖

規則正しい生活習慣で改善される病気だけど
ゆくゆくは右足を失うというのなら
もうかなり進行しているか
医師の指示なんか守れない守らない出来ない雅子

身体の方の問題でGO!

では

噂されている頭の方は
というと

うつ病でもなく
新型でもなく

所謂

統合失調症

この統合失調症
昔でいう所の、精神分裂病は

1、麻薬に近い物質が脳内で過剰にでる。
2、社会的なストレスへの対処が脳内でできない。
3、1の物質が過剰に出過ぎた際の中和が脳細胞内で出来ない。

こういう人が、生活の中の社会的なストレスを、間違った方向に処理しようとする
一応?病気なのだそう
ただ、程度の問題もある
なんでも、病気
ではないと

この事由を読んでみると
なるほど

2、社会的なストレスへの対処が脳内でできない←ココ!

「オトーサマに言いつけてやる」

これがまさにソレ

適応障害なんていう新語を生み出した
雅子の低スペックの一つ
脳内で対処できない

そのストレスへの誤った対処方法が
これまた超絶低レベルな
完全依存のオトーサマに
言いつけてやるという脅しているつもりの誤った行為なのだという
救い様の無い低レベルな世界でメビウスの輪のようにぐるぐるぐる回るだけ

これを病気と片づけるのは
私個人の意見としては
正直頷けない

高度な技術や知識を見についていても
例えば、医師や弁護士や学者、技術者等専門家、プロ
その高度な技術や知識を
汚職や殺人、法律違反、反社会活動に利用する事は
誤った行為そのもの
2の理屈で行くと、

反社会活動家や犯罪者は「病気」ということになってしまう

それは、違うだろう
私は、性善説だとは思わない
その個々の魂の「質」だと思っている

現世に向上を目指して生まれてきても
そこでの環境は
その魂が選んだもの故
そこで修行して向上するか、堕落していくかは
その魂の「質」にかかっていると思っている

この「2」でいう
「誤った行動」とは、
雅子の低レベルな「オトーサマに言いつけてやる」という
脅し文句が

どの部分から発しているか?

ということだと思う

私は脳内からではなく
魂の「動機」が
脳というツールを通じて
言動や行動になるのだと

脳は、言うなれば「翻訳スピーカー」
魂の「動機」を言動行動に「翻訳」する装置なのだということ

雅子の翻訳された言動である「オトーサマに言いつけてやる」は
魂のどんな「動機」なのかを考えてみればいい

大人になってコネで箔付け登録だけの人生において
使い続けてきた常套句

父が振りかざしてきた横暴な権力行使を
自分も利用できる、自分の力、権力であると
これは錯覚ではなく(実際に振りかざしているから)

同化

自分が親に選んだ
その親との同化

それは、この親自身の優美子も例外なく持ち合わせている
他者と自分との境界線の欠落

それ故の同化
この部分が、一番の境界線の無さ
親子ともども

そして
その横暴に振る舞えると捉えている身勝手な権力行使を
脅し文句に使う「動機」は

偏に、相手を「力」で服従させようとする「支配欲」

「相手の上目遣い」な視線が好みという雅子の不気味な趣向

自分に媚びを売る他人の姿を好むエゲツなさ

この趣向

これこそ、雅子の自信の無さ、己が出来ない人間だという事を
この他人の行為で、自己満足しようとする
このストレス回避の対処方法
これが、この魂の動機、なのである

「オトーサマに言いつけてやる」

この脅し文句は、相手を自分に服従させようとする目的があって動機によるもの
言い放った時に
相手が困惑し、自分に媚を売るのを期待している
そういう行為なのだということ
これが、雅子流
2、の魂の動機を脳内で翻訳しスピーカーで表に出した
行為なのである

それ故、私は、この2、の要件は

病気ではない!

と断言する


さて、
私の身近にいた
1、2、3の要件を持つ人の事例を紹介

職場にいた事務の女で、極端にいつも慌てる、何か起きると落ち着いて考える事も出来ない
何か頼まれるだけでなく
日常の自分の誕問う職務さえも、私出来ない忙しいどうしようわーってなる、そして、周囲にこれやってあれやってがはじまる。
そのくせ、何でも人の所為、悪口陰口のオンパレードの迷惑極まりない人
だけど、目の前に大きな仕事を任されかねないとなった途端、「会社辞めます」で、
引き継ぎもろくにしないで、文句ばっかり言って、迷惑だけかけまくって辞めていった人がいた

周囲から「今まで、あれで給料もらってたの?あの人」と言われ
引き継ぎされた人は、「わからないから聞いただけで、怒鳴り返すし、一体この人、どう言う人なの?って思ったわ!」と
ハッキリ本人に言った

しかし、ここまではっきり面と向かって言われても

自分が、何を言われているのかすらわからず、きょとんとした表情をして
自分語りのどうでもいい話をしたり、ちぐはぐとんちんかんな会話で返しているのを
私は目の前で見た

自分の行為言動が
相手にどう受け止められるかという事を
全く考えることも無く生きてきたとしか思えない反応
既に50になるおばさんなのに

辞めて1年以上経つが
彼女の仕事周りを事あるごとに、私が黙々と一人で片づけをしてきたのだが
どうでもいい書類、廃棄期限のとっくにきれた書類、同じものをあちこちに分散して置いていたり
整理整頓のせの字も無い有様は、段ボールにつめて廃棄に回したのが10数箱になった。

他人に対する媚び諂い方は凄まじく
親分視しているリーダーには、おどおどぺこぺこご機嫌取り
後から部署に異動してきた私には、
なかなかどうして凄まじい意地の悪さを開始する
勿論、私に対してだけではなく
媚び諂うリーダーが嫌う他の職員に対しても同様だ
そういう姿を垣間見ることが出来たので、
以後、どんなに忙しくしていようと
こちらからフォローの手を貸さないことに
仕事を振ってきたら
出来ない時、出来ない事は、きっぱり言葉ではっきり断り
出来るものは、出来る範疇で時間制限でやる、それ以外は干渉しない
裏だろうと表でだろうと
どんな陰口を叩かれようとも、一切反応しない無視無反応で対応
嘘偽りを吹聴されても、一切、挑発にも乗らない
自分の職務を真摯に全うすることに専念
ただし、どんな相手にせよ挨拶だけはきちっとすることをモットーに
何をされても揚げ足を取られないようにする
隙を見せない、作らない

これらで分かった事は
こういう人は
100%周囲の空気を読めない
どんなに周囲から白い目で見られていようとも
自分は「みんなに仲間とみられている」と思っている
その信念たるや、鋼の錯覚ぶりだ

その根拠となるものは、
自分本位の世界観でのみ周りを見ているから
つまり自己中心
故に、迷惑をかけている自覚が無く
しかも、どうしたら相手の迷惑になるかという分析も思考も無い

雅子の地位が、夫の存在あっての事というのが理解できていないのと同じ
自分単独の血統的な絶対的地位だと錯覚しているようにしか見えないのは
今迄、父親の横暴的な権力行使に「同化」してきたからだろうと
私は思う
相手が天皇陛下であれ、自分家に雇っていたお手伝いさんに対してであれ
旧華族皇族の長老方に対してでも、創価鳳会のOBに対しても、皆、いっしょくた
違いも区別もわからない
自分と他人の境界線が無い典型
単なるADHDというだけでなく
良心の欠如
それが、魂の動機を決定していることが、雅子の問題の根源なのだ

自分が出来ない事は自分の所為ではなく
仕事の量の所為
周囲の対応の所為
そういう頭だから、何をどう引き継ぐべきかもわからない
段取りもわからない、相手に伝える、教える
そう言う事が全くできない
相手に伝えられずに、伝わらないことに一方的にヒステリー起こしている

そして、周囲から引き継ぎを迫られると
わからない、できない、騒ぎまくる
仲間だ仲良しだと思っている相手を呼び出し、
陰に連れ込んで「私が仕事していないとでもいうの!!」と責めたてるのだそう

見境ない「他者への攻撃」
言いがかり
いや、実際仕事してないし出来てもいないから正しい現実なのだが
その自覚が皆無

凄まじいパニックぶりと
他人の所為攻撃
そこまでやっておきながら、

責めたてた相手を
「私、あの人の事、心配しているの、私のいなくなった後、大丈夫かな
大変な目に合わされていないかなって」

わざわざ媚びていたリーダー経由で言ってきたそうな

それを聞いて
責めたてられたその人と
私は顔を見合わせ

「は?」

そして
こみ上げる怒りと呆れの感情の波w

自分のしていることが
全く分からない人って
いるんだなぁ

そんな会話を私たちの間で何度繰り返されたか

大変な目に合わせていたのが自分だって
わかんないって
多分、きっと恐らく、幸せなことだろうなぁ
この人だけ限定でだけど

そういう人を目の当たりにすると

雅子は
ずっと
そういう風に生きてきたのだろうなと

ハバド大学時代に
真夜中でも教授の家に電話をしてきたり
どっかの研究室のバイトでも
遅刻もするし、何をやらせても出来ない
メイクが狸メイクだったから、あだ名は狸
完全に馬鹿にされている扱いなのがわかる
研究室の教授にも
「使えない」と言われていた

辞めた職場のその人も
ガタイがデカくデブ、腫れぼったい瞼にべったり青のアイシャドウ、
不潔感漂うちぐはぐなメイクに、やる事成すこと、雅子風味
歩く足音も、カーペットの上なのにドタバタ物凄い音
引き出しの開け閉めもガシャンバタン
立てつけの悪いロッカーは、ガンガン蹴る
こちらが電話していようとも
真横ででっかい声で話す超絶無神経ぶり

「居なくなって良かったね」
未だにそう囁かれる人

そう言えば、雅子も入内が決まり退職となった時
同じ北米二課の人たちが
万歳三唱をしていたとか言うスネークあったっけな


先日、2センチくらいの厚さでもあけられる二穴パンチを使っていたら
ハンドルが下りなくなった
オカシイな?と思い、クンクンと軽く押してみたら、ピンに紙が詰まっている感覚
取り外してみると、5センチほどの鉄のピンの穴に、紙がびっしり
物凄い圧縮状態だったので、めうちで一枚一間剥がすようにしながら、中身を取り出した
それで、元通り使えるようになったのだが

一年前
彼女がこのピンを真っ二つにヒビを入れ、かつへし曲げた事件があった
「できなーい、うごかなーい」と騒ぎ出し、「こわれたー、大急ぎで新しいの購入しするように部長に申請して!」
と、また人にやらせる
一台2万円近くするのを、自分が壊して人にやらせるってなんなんだ?
誰も反応しないので、私が分解してみたら
亀裂が入り変形して中の圧縮された鋼鉄のように硬い紙が少しはみ出てた

事務用品のカタログを見たら、部品だけ取り寄せられることがわかり
それを注文
僅か数百円の品物なので、申請無しで即購入できたので、翌日には使えるようになった

その事件から一年
私が使っている時にも同じ現象に
ただ、目詰まりした紙をめうちで取り出すだけで、問題なく再開

あの一年前
目詰まりした鉄のピンを
恐らく
目いっぱいガタイのでかいデブった体重で
ハンドルにのしかかって、無理やり穴をあけようとして折ったんだなと想像
あの鉄の硬く太いピンを折るだけの体重のかけ方
そこまでしないと、紙に穴があけられないわけないだろう?という
想像力を働かせる知恵すらも

無かった

そんな低スペックな女だったからこそ
何でもすぐパニックになり
大騒ぎする
物が壊れるまで過度に力を入れる限度知らず

普通、
あれ?ハンドルが下りない
オカシイって
中はどうなってるのかなって
考えるだろうに

鋼鉄のピンが折れるまで力を入れ続ける限度無しの破壊力といい
それ以前の、考えなしの行動は

どの場面でも
空気の読めなさに通じるものがあるんだな



それは、
関連付けや
しくみに想像を働かせられない
想像力の欠落

同じく
自分の行為と他者との関連付け
組織の中での立場や仕事の流れ図に
想像を働かせられない
だから
段取りも
伝える事も
支離滅裂になる

当時の亀裂が入り変形し折れた鋼鉄のピンを思いだす度
何故か、雅子の事も同時に脳内リンク

鴨場で鴨を放す行事で
鴨の羽を骨折させた力加減の出来なさなどが同時に思い浮かぶ

どれくらいの力でどうやって持ったらいいかしら?というような
思考回路は皆無で
持つとなったら、コンクリでも鴨でも関係ない持ち方になるんだな

パンチの鋼鉄ピンを、考えなしで全体体重かけてへし折る女と同じ

大丈夫かしら?どうしてかしら?

なんて微塵も考えない
機械的な本能
押して穴をあけるとなったら、ただただ全力で押すだけ
なのと
持つといったら生き物への負荷を無視してただ力任せに持つだけ

また
脳細胞の神経伝達に必要なシナプスが少ないのに
麻薬物質が過剰に出てるというのは、

雅子がカッとして
車で飛び出し
御所の敷地内で脱輪して
大迷惑をかけた事件がリンクする

これも、精神医学的には
ストレスに「脳内で」対応できずに
間違った方向にストレス解消対処の「行動」に出たのが原因
という所なのだろうが

違う

シャンプー的見解を言えば

社会や環境からくるストレスに対し
魂の動機➡(相手を困らせてやる!!)
その個体が会得している「方法」➡(小和田父の横暴な権力行使)によって
脳内翻訳され➡(車で逃走)
その個体の肉体が声、行動というスピーカー発信➡(制限なしの衝動性が大暴走&脱輪という結果に)する

のだと

暴走脱輪事件は
何か進言苦言等、雅子にとって面白くないことが
社会的環境的ストレスとなって与えられたことにより
「逃げ出してやる事で、相手を困らせる」
「車を使えば、相手に捕まらずに自分は楽に逃げられる」
そういう浅はかで衝動的な魂の動機
相手を困らせるという動機から、
雅子の低スペックな脳で翻訳すると
キーを持っていることで「車で逃亡」が選択され
「スピーカー=暴走&脱輪」となった

分かるでしょう?
病気じゃない
脳内翻訳機能の性能がすこぶる悪い低品質だということが
理解できるでしょう?
その脳内翻訳にかける元の素材、原料である
魂の動機が
超自己中心
ということが

正に、世間から見ての「間違った方法での行動」というのは、
こういう原理があってこそだというのが
私個人の持論である
故に、雅子的には「間違った方法ではない」ということ

職場の辞めた迷惑女も
雅子も

共通しているのは

学びの向上や取り組みを回避し
自分がやった事のある出来ることだけ繰り返しやるばかりだから

いつまでも、出来ないまま

ということ
15年務めて全く自分の仕事ができなかった迷惑女
25年皇室に居て、マナーも公務も何一つマスターできない雅子

そっくりだ

辞めたその人は、
媚び諂う割には何度リーダーに注意されても
一本も電話を取らない
だから、いつまでも色んなものに対応できないし
何より学ばない
媚び諂う相手より、出来ない自分からの逃避が優先する
どこまでも自己中心


脳内物質が過剰に出て
そして、間違った方向で対応しようとするという
間違った方向とは

アルコール依存や盗癖、ヒステリーやパニック、引きこもり等‥を言うようだが

職場の人はここで言う
ヒステリーやパニック、他者攻撃
雅子と同じ
「私辞めます」で退職
ただの逃避の様でいて
実はこれも、他者攻撃
あんたたちの所為で弱い私は辞めるのよ!
仕事を増やして大変にしてやる!

そう言う動機があってのことなのだが
実際は全く仕事をしていない人だったわけで
引き継ぎ期間が、その人の大暴れの所為でみんな迷惑していたが
居なくなった途端、全員定時終了で帰れるように
人員が一名減ったのに、仕事の割り振りが増えても楽になったという現象こそ

迷惑かけてやる!

という
その人の魂の質からくる動機に原因があった

そういって良いだろう
いや
そうとしか思えない


雅子の場合
自分から辞めないから
結局、辞めさせられるのだけどね
本人、置かれている立場を知ったところで、
その原因である自分の中の「魂の動機」を理解できないから
髪振り乱して懇願するのだろう

この魂の動機を理解し、見つめ直して改善していかなければ
永遠に、救われない人のまま
関連記事

コメント

[C6820] 本当になるのですね

何度も何度も、今か今かと待っていました。今度こそ本当に廃妃決定~しかもすぐにですね。これで何もかもすっきりするでしょう。
  • 2016-09-20 08:42
  • 通りすがり
  • URL
  • 編集

[C6819]

待ちにまった
廃太子 廃妃

長くかった、、、、、

[C6818] 無理なものは無理

御公務をテキパキ出来ないのは心苦しいと仰せでした。
それは皆判っているようですね。
つまり、公務をテキパキ出来なきゃ、天皇という御位にはふさわしくないということ。
オランダ公務~失敗w
園遊会公務~20mしか歩けなくて~失敗w
その他諸々も~失敗w

もう、一般国民の殆どが現東宮家には無理と思っているんでしょうね。
今までは、「もー、皇太子さんにやってもらえばいいのに~」と言っていたお花畑さんの男性が、「もー、出来る人にやってもらえばいいのに~」に変わっていました。
「出来る人」ってねえ、もう言わなくてもわかってますでしょう?
  • 2016-09-19 19:59
  • 雑草
  • URL
  • 編集

[C6817] 西尾幹二氏の感想と何ら変わりない

昨日西尾幹二氏著書の『皇太子さまへの御忠言』を読みました。
東大卒の文学博士と、自分の雅子妃殿下に対する認識に隔たりが無いことに驚いたというのが正直な感想です。この本の初版発行は 2012年、それから6年経ち雅子妃殿下は何も変わらず、でも、世論は具体的に動いていると思います。
西尾幹二氏も書いていますが、国民は妃殿下の病状を知る権利がある。
そして、それが病理なのかご性格なのか、医師によるきちんとした見解が欲しいです。
さもないと、真面目に生きる精神病を患う私達は、病理に対する世間の誤解の中で苦しい立場に置かれてしまう原因の一つになってしまうでしょう。
  • 2016-09-19 17:21
  • ぴのき
  • URL
  • 編集

[C6816]

今から考えたら、マザゴはよく愛子さんを○さなかったなあと
暴力的かつ力の入れ加減が分からぬ者が、子供をもうけてるのに大過なく済んだなんて奇跡に等しいです
おそらくマザゴのことですから、市井の母親がよくやるように、我が子のあまりの可愛さにたまらなくなって抱きしめたり…とかしたことないんでしょうが
鴨場での行動と同じようなことしてたら、赤ちゃん確実に潰されてそう
ていうかバカ両親は二人ともそこまで愛子さんに興味ないし、ハグや頬ずりも数えるほどしかしたことないんでしょうね
まあ結局愛子さんを、外側からではなく内側から壊してしまった罪は消えないのですが
天界的にはこっちの方が罪は重そうですね…
  • 2016-09-19 16:27
  • 名無しの壺
  • URL
  • 編集

[C6815] 色々捉え方があるけど

お気持ちを公表してから、アレラは公務と呼べるようなことをしていません。あのテレビ中継は、これからも天皇としてやるべきことはやりますが、なにぶん二人とも高齢なので、きびきびとはいかなくなります、ご了承下さい。それと、うちらも大変だが、他の宮家も大変なんだよ、これだけ言っても分からぬか?という気持ちもあったのでは?後に、お子様方3人を呼んで食事した時、相変わらずボクチンはマタ子とアイコが大事なんてボケてるから、ダメだこりゃとさっさと帰らせたんでしょうね。
  • 2016-09-19 10:43
  • みさえ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2820-7cd23453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード