Entries

【追記版】小林麻央「どうにかしてこの薬から逃げたい」 抗がん剤への葛藤明かす

 歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で、乳がんで闘病中の小林麻央(34)が9月29日、自身のブログを更新、抗がん剤治療についての思いを明かした。
 「ひとりではないこと」と題したこの日の投稿で麻央がつづったのは、初めて抗がん剤 治療をしたときのことだった。過去に乳がんを患っていた実母から、こんなことを言われたという。

<初めて抗がん剤を投与する前に、母から、「抗がん剤とお友達になるのよ」と言われました。私なりに解釈して、薬に向かって話しかけることにしました。『初めまして。どうか、私の癌を小さくして下さい。私はあなたに期待しています。』と、口に出して。そうしたら、看護師さんも一緒にお願いしてくれました。「麻央さんの身体からどうか癌を消して下さい。」>(原文ママ)

 こうすることによって、麻央は抗がん剤への思いが変わってきたといい、次のようにつづっている。

<怖く思えていた薬にも感謝がわいてきました。この薬にも治験があって、たくさんの人の涙や苦しみ、悔しさ、喜び、勇気、努力があったから、私はこの薬を今、こうして投与できるのだと思うと、本当に一人で闘うのではないなと思えました。>

 しかし一方で、投薬治療が続くなかで葛藤があったことも明かしている。

<けれど、5回目の投与をしたときには、次回はどうにかしてこの薬から逃げたいと思いました。逃げる方法はないかと真剣に考えました。ずっとポジティブは続きません。そんなとき、私と同じ薬を投与して、ご飯が食べられなくなってしまった患者さんのことを知りました。私は祈りました。どうか、ご飯が少しでも食べられますように。苦しいのは私一人ではないんだ。また、そう思えたら、がんばろう!と、力が湧きました。>

 ブログの最後は「私は、たとえ会ったことのない人でも一人ではないと思えるときとても救われます。コメントを読むと、いつも、そんな気持ちになります。本当にありがとうございます。」と、ブログにコメントを寄せる人々への感謝の思いをつづった。


抗がん剤は猛毒

薬は毒物なのは常識なのだが

抗がん剤に関しては

猛毒

自分の細胞である「癌」を攻撃するとされている「猛毒」抗がん剤

現在の医療で、

癌細胞だけを攻撃する医療は、存在しない

先進医療でもその命中率は至って低く、完全ではないとされている

ということは
抗がん剤は
自身の正常細胞も攻撃することになるわけで

つまり、自分の身体全体を攻撃し弱らせ死なせようとする

体の中の極極一部の「癌細胞」の為に
大半を占める健康な部分までも弱らせる

本当に、

本当に

抗がん剤治療は正しいのか?

猛毒な抗がん剤治療は

生き急ぐことになっていないか?

考えてみる必要があるのではないだろうか
ただ
それは
自分の判断

自己責任

自分が選択すること

「猛毒抗がん剤」を友達にするのではなく

自分の分身である「癌」を
自分の細胞から生まれた自分の子どもと捉えてみたらどうだろう
腕白で
反抗期で
破壊的で
実際、そうなのだから

だけど

抗がん剤攻撃するまでは

大人しくしていたのだから

「何のための時間でしようか。
問題はなんのために時間をつかうかということです。
何をする時間がほしいのですが。
子供と過ごす時間?
家族と過ごす時間?
友人と過ごす時間?
あるいは自分の人生を生きる時間?
それならOKです。
それとももっと働いでもっとお金を稼ぐための時間が欲しいのですか?
それは消費社会に支配されています。
人生は一度きりで瞬く間に過ぎていきます。
人間としての時間をどう使うべきか。
人生は時計のようなものです。ぜんまいはやがて止まります。
だから何に時間を使うのか一人一人が自分に問いかけるべきなのです。
なぜなら生きることは死にむかうことだから。
それ変えようのない事実であり、私たちの存在において最も大事なことなのです」


「世界で一番貧しい大統領」といわれている
南米ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領の言葉より

子どもは雑菌があるから
体力弱って免疫低下している時に
触れ合う事はタブー

とかどっかで読んだ

体力を弱らせ
免疫低下させているのは

癌ではない

抗がん剤によるものだ

食欲があったとか
全部食べたとか綴っている時は

抗がん剤はしていなかったのかな?

それなら、
身体は正常に回復しようとしている

なのに
抗がん剤で
大半を占める健康な細胞まで殺そうとする抗がん剤治療を選択した真意は何だろう?

癌も自分の細胞故
がんと共に生きることを前エントリーで書いた

新薬開発した宣伝で登場した製薬会社が
効果が無い場合は他の抗がん剤と併用を勧める
とんでも記事も載せた

なぜ、健康な体を壊してまで、
悪さをしていなかった癌細胞を見つけたからと
抗がん剤治療をするのだろう?

抗がん剤は猛毒

効果がない事は製薬会社も認めている

一部の悪性リンパ腫や血液の癌には効果がみられる場合もあるらしいが
乳がん、肺がん、骨の癌で効果があるとはどこの報告だろう?



身体もけっきょくは、栄養素と老廃物の循環、あるいは酸素と二酸化炭素の交換がうまくいかなくなって、細胞が死んでしまい、組織が死に、やがて体全体が死んでしまうことになるのです。つまり、がんによる直接死というものはないのです。がんが直接の原因で人が死ぬことはない、ということは、意外に知られていない事実なのです。

がんから確実に生還できる保障があるのならば、いかなる代償を支払っても、その苦しみや忍耐は報われるかもしれませんが、現在、一般的におこなわれているがん治療を公正に評価してみても、得られるものに比較して、失われる犠牲の方があまりにも大きいのではないでしょうか。心配しなくても大丈夫、がんならドクターに任せておけ、とは言えないのが恥ずかしいのですが、現実なのです。
eクリニックより

彼女が失っているのは
幼い子どもたちと過ごす時間

なぜ、それを失ってまで
猛毒な抗がん剤治療を選択するのだろうか

そこに
原因がある

この件について最初に取り上げたブログ記述の
後悔がある
という内容
あの時、信じなければ
あの時、あの時と書いた
医師への怒り

そこから発している

医療や病院の所為ではない
家族や社会の所為でもない

彼女の魂の中にある
他者への怒り

この怒りが
抗がん剤治療を選択している

医師の誤診を信じたために
医師に騙されたと

それにより、夫、子ども、得てきたものを
手放さなくてはならなくなる

という怒り

彼女の選択肢を変えるには
彼女の怒りの感情そのものを根本的に覆すこと
それは
新薬でもなけれな
放射線治療でもない
経済的な問題でもなければ
家族の説得でもない

彼女自身の稚拙さと未熟さ
これが
大人にならなくては
自分の現状を受けいることが出来ないまま
苦しいだけの高額な治療にしがみつき
大事な子供と過ごす時間を失い続ける

そもそも
癌を見つけるまで
その癌は

何か悪さをしていたのだろうか?

しこりがあった

それだけで
殺せ殺せと猛毒攻撃をして
若く健康で元気な細胞まで殺そうとする
猛毒で撃たれても、食欲が沸き回復できる健康な細胞なのに

癌を見つけたからには殺さなくてはならないのは

何故だろう?

そもそも

癌そのもので
人は死なない

癌細胞が栄養を吸い取り過ぎることで
他の健康な細胞が栄養失調になったり
血液の循環が滞ったりするからだという
だから、
健康な細胞にも栄養を送るために
血液の循環を良くし、栄養と睡眠をたっぷりとること

そして、健康ない細胞を弱らせることなく
癌細胞を元気にしない生活

そう
ストレスを抱えない生活を送る

癌と共に生きるというのは
そういうことだろうと

なのに
抗がん剤治療を選択するのは

それは、5年生存率とか
余命何か月といわれているからなのだろうか

その生存率を上げる為
余命を伸ばす延命

だとしたら

それでも

失うものが大きすぎる

例え抗がん剤が効いたと仮定して
辛い苦しい延命治療で5年延びたとしても
健康に暮らす5年ではないだろう

ただ

隔離され
ぽっちの病室で
苦しい抗がん剤で
生きているのだとしたら

もし
1年でも
雑菌に打ち勝つだけの回復力のある健康な細胞で
子どもたちと戯れて暮らし
夫を送り出し
梨園の妻としての気難しい関係者への挨拶などは
体力消耗を理由に免除してもらって
その分、子どもたちとの時間に全力で費やす
陰口叩かれようと、非難されようとどこ吹く風で
子ども優先での生活を満喫する

身体の自由が利かなくなるまで
思いっきり母親として妻としての生活に没頭出来たら

案外

ストレスない生活環境によって
癌消えたりするかもだし

1年で幕を閉じたとしても

わが人生に悔いなしを貫ければ

それはそれで
人生を完結することになる

この悔いなし人生こそ
今生の人生舞台の幕の閉じ方

これは
癌だろうと
事故だろうと
今生に生まれた者誰しも言えること

恨みや
心残りや
心配事を

片隅にでも抱くような生活を
送らないこと

癌が見つかるまで
順風満帆に外からは見える人生であっても

どこかで
家族に対し
周囲に対し
恨みや心配事を抱いているものである

もし
それが
癌を育てる栄養源になっていたとしたら

その原因の魂の心の持ちようを
どこかで見直してみることも
必要だろうと

癌は諫言だという

いみじくも
長男と同じ読み

もし
このような状態になっていなければ
夫も変わらなかっただろう

後悔の数を数えるのではなく

今しかできないこと
今できる事の数を数えてみたら

忙しくて
暇を持て余していられないだろうと思う

それくらい
体力がある内なら
出来る事が沢山あるはずだから







関連記事

コメント

[C6871]

まるがさんのお考えに、いつも人生のヒントを頂いています。
以前仰っていた医者が病名診断することで病気を作る、がここにもあったんですね。
  • 2016-10-03 09:12
  • さ(・v・)ノ
  • URL
  • 編集

[C6864] Re: タイトルなし

> 暫く前にテレビで見ました。
> ある男性ががんで余命宣告を受け入院していたのだけれど、暑い季節に片道1時間もかけて毎日自転車で通ってきてくれる妻の姿を見て、病院を飛び出し、趣味だった登山を妻と一緒にする日々を過ごしていたら、いつの間にか癌がなくなり、17年経った今でも生きているという。

そうなの

癌を成長させる原因は
ストレス

そういわれるのを耳にするけど
確かにそうだと思う

彼女も
がん発見前から
夫の事
跡継ぎの事
色んな事でストレス抱えてただろうって

そして
今度は
抗がん剤治療で莫大なストレス抱えている

悪くなる一方だもの
これなら
  • 2016-10-01 20:45
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C6863]

暫く前にテレビで見ました。
ある男性ががんで余命宣告を受け入院していたのだけれど、暑い季節に片道1時間もかけて毎日自転車で通ってきてくれる妻の姿を見て、病院を飛び出し、趣味だった登山を妻と一緒にする日々を過ごしていたら、いつの間にか癌がなくなり、17年経った今でも生きているという。
  • 2016-10-01 18:50
  • 山猫さん
  • URL
  • 編集

[C6861]

大都市東京で裕福な家に育ち、姉妹仲もよく、成績優秀眉目秀麗でTV局に就職
その後梨園に嫁ぎ、子供も二人もうけ、さあこれからって時に大病を患った
悲しいけどこれが現実なんですよね
そしてこれも人生のひとつのケースに過ぎないんですよね
世の中麻央さんみたいに何もかも恵まれた女性は少ないですけど
それでも最期の瞬間まで全力で生きていくことに違いはないと思います
贅沢や浪費するだけが人生の目標じゃない
たとえ短い期間でも子供をいつくしみ、家族を大事にしていくことも尊い目的のひとつです
願わくば、彼女の最期の瞬間は幸福に満ちたものであらんことを
  • 2016-10-01 16:30
  • 名無しの壺
  • URL
  • 編集

[C6858]

仰る通りだと思います。
優先順位の一番上は母であることですから。

極わずかな可能性に命を託して毎日をベットで生きていく選択をされたのでしょう・・

私の母は末期で自宅にいました。
3歳1か月であった私が覚えていることは
一緒にお風呂の入ったこと
洗濯ものを一緒に畳んだこと
具合が悪くなり父の車で病院に行ったこと
次の日、母は棺桶に入って自宅に帰ってきたこと

これから待ち受けるであろう
子供たちの悲しみ、困難を想像しますが
麻央さんは きっと違う形で
子供たちに何かを伝えてたい、
普通の家庭の主婦ではできないことを
しようとされているのでしょうね。

辛い現実を
癌になった母親はどのように時間を過ごしていくことがいいのかを提案できる医療も必要ですね


  • 2016-10-01 14:26
  • 今出川
  • URL
  • 編集

[C6855] さだめ

「標準治療(手術・抗癌剤・放射線)をうけず、自然治療に走った人は結局治らないといって標準治療に流れてくるけど、すでに手遅れなことが多いんですよ。最初から標準治療を選んでおればもっと長く生きることができたのに」ってワイドショーで必死な医者がいましたなw  なお美を俎上にのせて「あんなふうになってからではなんの手出しもできなくなるんですよ、おいたわしい」と煽る煽る。有名人はここぞとばかり、こういう医療あきんどにいたぶられてしまいます。

切ないですね。「自分ではこうしたい」という治療法や今後の方針があったかもしれないのに、タニマチやら周囲の「すすめ」によって断り切れず自分の意志ではないこともやらざるを得ないのでしょうか。

ありのままに生きる、ということで始めたブログに書いていることが、まさに今現在のことだったらいいですね。
年端のいかない子供に会えず、見えない明日を過ごすのは本当にお気の毒なことです。本来ならば「母」が一番多忙な時期なのに。
  • 2016-09-30 19:36
  • ming
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2828-ce64e8eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード