Entries

「小学二年生」が休刊へ 看板雑誌「小学一年生」だけに

小学館が刊行する「小学二年生」が、部数の低迷などから12月発売の2017年2・3月合併号で休刊することがわかった。「小学三年生」から「小学六年生」まではすでに休刊しており、かつて同社の看板雑誌だった学年誌は「小学一年生」を残すのみとなる

へー

そーだったんだ

あっし等の時代が
部数ピークな時代だったんだ
小学館の小2から小6まで読んでたわ

なんたって
藤子不二雄「ドラえもん」「バケルくん」が同時連載されていた
手塚治虫の書き下ろし短編漫画が付録だったり
小公女とスポコンが合体した「ガラスの靴」
各学年コースに存在していた「うわさの姫子」
小説ドラえもん
高学年になるとちょいエロな性教育小説

なんつー贅沢な時代だったんだろう

10年くらい前
娘たちが小学生だった頃
何十年ぶりかで立ち読みしたら

くっそ面白くもないスパークばっかりの漫画
がちゃがちゃと騒がしい紙面構成
ファッションだゲームだと宣伝広告ばりの中身にびっくりした記憶がある


そういえば見かけないか
書店の入り口の棚にあった
小1~小6までずらっと表紙が並んでた棚

そうだったんか

学研の科学と学習も付録で
保護者から難しいからとか面倒だからとか
根気のいる実験道具は不人気だとか

時代は変わったんだな

私が子どもの頃は
我が家は漫画禁止な家で
この小学○年生シリーズだけが
唯一の漫画を買ってもらっているといって良い媒体だった

昭和の思い出が
ちょっとづつ消えてったのね
関連記事

コメント

[C6877] 愉しみ方の移り変わり...

私の子供の頃の楽しみは本とテレビ位で、
その一つが私も小学○年生。
私もそれが月に一度のお愉しみでしたね。
(6年生まで買っもらって、その後は 中一時代とか中一コース?へ進みましたw)
学研の科学と学習も、自分は科学の方が好きでしたが、付録が面倒とか思ったこともなかったし、
親に尋ねることもほとんどなかった。
(難しい、とか言ったものなら、じゃぁやめる?となり兼ねない。。)

今は、学習するのもタブレット、
デジタルピコピコ(も古いか)ゲームやら。
相談系はネットの質問箱。
少女コミック系も付録も大人ファッション誌の子供版みたいだし。

少子化だけが原因ではなく、
他の雑誌と同じく 廃刊・休刊の時代。
理解もしますが、
まるが様と同じく、自分にとっても淋しいニュースでした。

"いろんなもの"が終わる・・・2016年かもしれないですね。
  • 2016-10-05 22:31
  • 猫ねこ
  • URL
  • 編集

[C6876]

懐かしいです!
この本でノストラダムスを知りましたw
昭和の頃、小学○年生は読み物もふろくも充実していて、マンガ嫌いなうちの両親もこれだけは毎号買ってくれました
リトル巨人くん、あさりちゃん、ドラえもん、おはよう姫子…
ドラマのケンちゃんシリーズの短い小説版もありましたっけ
ふろくもかなり豪華でしたが、目玉の組み立て物は大体男の子向けだったのでそこが唯一不満だったかなw
作り手さんたちも「子供たちのために!」という使命感と愛でいっぱいだったんだろうと今なら分かります
いい雑誌でしたが廃刊とは、これも時代の流れでしょうか
新刊が届くたびわくわくしながら開いていたのも懐かしい思い出ですね
  • 2016-10-05 16:45
  • 名無しの壺
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2833-d408baaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード