FC2ブログ

Entries

安室奈美恵と浜崎あゆみ

我々の文化のおいて、弱さは非常に強くて権力がある

心理学者の名言


この
弱さを武器に、優位性を得ようとする

例えば
不幸自慢なんかがそれ

浜崎あゆみにとって最大の売りだった

可哀想な過去
そこから
成功した私

これで1セットだったわけだから
20代はそれで良かった
成功した私が「売れた」わけだから



そこからが問題

いつも同じ歌唱
相変わらずな等身大歌詞
変らない曲調
ワンパターンな舞台
いつも話題の為だけのマスコミ向けのスキャンダル

それが30代

そして

デブった今

成功した「社会的強みの本業」を伸ばす努力をしなかった
40になる彼女に
幼少期の不幸な生い立ち
そこから成功したことも

何れも過去の事

本業での
現在進行形の物が問われているのに
過去の出来事を繰り返し見せても
何の価値も無い

田原俊彦が
過去の新人賞の盾を見せても
何の価値も無いように

何の価値も無い

価値があるのは
現在進行形の「本業」でのプロフェッショナルさだ

一方の


10代の頃から
ずば抜けた歌唱力とリズム感の持ち主だった
安室奈美恵の場合

小室ブームではあったが
本人の実力がそれを上回っていたと思う
その
社会的強みの本業でブレイク

18の時
とんえるずの食わず嫌いで

「18でこんなに(売れて)なっていいのかな、って
こんな風になっちゃってどうしようって、これからどうなるかわかんない」

そう言って
不安を隠さなかったのを覚えている

18歳のレベルでこんなに売れたら
20歳25歳になったら
どんだけレベルを上げなきゃならなくなるかって
ことでしょ?ってなニュアンスで
とんねるずに言いたい事の解釈をフォローされてた

その時の印象から
安室奈美恵は
売れた者が勝ちでもなく
売れたらそれでよしでもない

売れるだけの実力と
売った物に対してそrで終わりではなく、次に売る物をそれ以上の価値にする
購買者たちの期待を裏切らない責任を
18で感じていたと

その後に
出来婚
出産後に復帰したものの

10代の延長上にあるような衣装を着て
踊りながら歌う彼女の
どこか
何か場違いな恥ずかしさを感じているような
当時の歌唱を見てた時
そんな感じがした

そこから
「過去の人」と言われた低迷期に

世は、宇多田VS浜崎のCD黄金期時代

華やかな表舞台の陰で
只管続けた
ドサ周り地方でのライブ活動と
体幹を鍛えるダンスと歌のレッスンの日々

購買層の期待を裏切らないパフォーマンスを身につける
という

努力し続ける姿

その生き様が
社会的弱さの「過去」を利用せず
社会的強みの「本業」で只管努力し続けた事だと
それが
実力となって
現在進行形で
多くのファンの支持を得ている姿にあると

安室奈美恵と浜崎あゆみ

二人は正反対

過去こそが自分である浜崎あゆみと
現在進行形の安室奈美恵

それは
怠惰と努力

つまり
過去は怠惰
現在進行形が努力

それが
容姿の差となり
売上の差となる

今の立ち位置の差となった


4年くらい前の
安室奈美恵の
アニバーサリーツアーをドームに見に行ったが
あの時点で

普通の人よりは断然細いが
かつての針金のような体型ではなくなっていた
遠くからでも
二の腕から背中にかけての肉付きがわかるほど
体型に変化があった

だが
歌唱力は抜群だった
歌って踊ってノンストップは凄いと思う

休む暇なし

これを
40代50代も同じようなレベルを保つのは
やはり困難だろうか
同じ路線では飽きられる
違うタイプでパフォーマンスを
模索する時間も必要だろう

高校生までは母親をやると言ってた
息子が大学生になり
40代を前に
自分の新たな時間を得て
これからの自分を考えるには
良い転換期

一方の浜崎あゆみは
これから
何をする人ぞ

中居くんが
大昔
ラジオで言ってたっけな

「ジュース飲むのに手をかざしてもらわなくたっていいだろう」
「大勢のスタッフ引き連れて云々」

そして
別の記事に

「現場に来る時の周囲のスタッフが減っていくことで
そのタレントの落ち目途が一目でわかる」

不幸な過去にすがる人間は
過去の栄光にもすがる

過去にすがるという行為は

現在の自分を受け入れられないということ

現在の自分を受け入れなければ
未来には進まない

故に

過去にすがるのは
怠惰

なのである

これは
生きる上での最大の苦しみ

劣等感

太った姿で登場し
過去の栄光自慢をする姿は

過去にしがみつくのは
自らを劣等感の鎖で縛りつけているようなもの

安室奈美恵の
40の引退予告宣言
まるで
引退までの準備を着々としてきたキャンディーズの様だ

恐らく、この芸能界という業界においては
契約期間など周囲にとって精算できる最低時間が1年なのだろうか

子供が大学生になった事

40歳という中年になる自分

1年という時間的猶予の段取りで早期に退く決断
決して衝動的決断ではあるまい

こういうのを
社会的な大人な対応という

現在進行形の努力という「自己受容」の

努力を

社会的な意味で

したかしないか

二人の違いは
そこだと思う

この記事を書いてて思い当たること

雅子が
そう遠くない未来に

嗚咽を上げて泣いているという
粗末な服装で泣いているという

あの霊視

皇族の気持ちのままあの世に逝くという
雅子の魂

泣いている理由は
歪んだ雅子の人格ゆえ
私たちには理解しがたいという
あれは

この

ありのままの現在進行形の自分を受け入れる
自己受容が出来ない故の
先に進めない
成長できない
過去の栄光を忘れられない

その苦しみが

雅子の嗚咽をあげた泣き姿なのかもしれない
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/2972-70d3a941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード