FC2ブログ

Entries

ペテン

オウムの麻原、井上、土谷、新実ら死刑囚の最期の瞬間「その後、仕事できず」と検察幹部
2018/07/15 13:04

 地下鉄サリン事件など、オウム真理教の一連の事件で死刑が確定、麻原彰晃元死刑囚ら教団幹部7人の死刑が執行されて1週間が経過した。麻原はじめ、元死刑囚らの執行時の様子が次第に明らかになってきた。
「死刑執行の2、3週間前から『刑場の清掃がはじまった』という話が聞こえてきました。死刑がある前には、必ず念入りに数回、清掃があるのです。そして『テストもやっている』という声も入りました。テストというのは、死刑執行の装置、踏み台などが正常に作動して落ちるのかなど、確認作業をすることです。拘置所の職員の間では、正直、自分たちが担当になるかならないか、緊張感がありましたね。今回はオウム真理教の死刑囚であることは、容易に想定できましたから」(大阪拘置所関係者)
 死刑執行された7月6日、麻原元死刑囚は、毎朝7時の起床に合わせて、東京拘置所の独居房で目を覚ましたという。その後、朝食をすべて食べて食器を戻してほどなく、刑務官から
「出房」
という声がかかった。
 日常、運動も拒否し、独居房から出ることがない麻原元死刑囚。刑務官の声にも、ほとんど反応しなかった。だが、この日は複数の刑務官が麻原元死刑囚の独居房に入り、
「連行」
と声をかけ、連れ出した。
 通常、収容者が使用しない通路を通って、麻原元死刑囚は刑場へと向かったという。そこには「万が一」に備えて、複数の刑務官が通路には立ちは警戒していたそうだ。その時、麻原元死刑囚はさしたる反応がなかったという。
 刑場の前にある「教誨室」で椅子に座るように促された、麻原元死刑囚。
「今日、お別れの日がきました。教誨、どうしますか」
 教誨とは、死刑執行前に、僧侶や牧師から講話を受けること。そう聞かれたが、無反応で何も語らない麻原元死刑囚。設置されている、仏壇に手を合わせることもなかったという。何度も、同じことを聞かれたが、何も答えなかったという。
 遺書を書くかと聞かれたが、それにも
「……」
と返事はなかった。
「麻原元死刑囚は、普段は一日中、独居房の壁にもたれかかり、うつろな顔でボーっとしているだけ。しかし、3度の食事は食べます。この日、教誨室で死刑執行を知った時は、本当か?という感じで、キョトンとして信じられないという表情だったそうです」(法務省関係者)
 そして、遺体や遺品の引き取りについて尋ねられたが、そこでも答えはなし。
 そこで、刑務官が妻や長女ら、家族を具体的にあげて聞いた。
「四女」
そう麻原元死刑囚は、話したという。
ハッキリ聞こえなかったので、再度、刑務官が
「四女でいいのか?」
「四女なんだな?」
と何度か確認すると、うなずいたという。
 そして、刑務官が両脇を抱えるようにして、麻原元死刑囚を刑場の前にある「前室」に連れて行く。線香がたかれ、そのにおいが充満した「前室」で拘置所の所長が麻原元死刑囚に指揮書を読み上げて、死刑執行を告げた。
「麻原元死刑囚は、暴れたり、声を発することはなかった。だが、前室で目隠しをされ、両足を固定されたときには死刑が現実のものとわかったのか、顔がやや紅潮してみえたそうです」(前出・法務省関係者)

© Asahi Shimbun Publications Inc. 提供 井上嘉浩元死刑囚 (c)朝日新聞
 そして、麻原元死刑囚は刑場へと消えたという。
 この日、東京拘置所では麻原元死刑囚だけではなく、遠藤誠一元死刑囚と土谷正実元死刑囚も執行された。
「通常、死刑執行は1日に2人まで。3人というのは異例です。麻原元死刑囚の執行の間に次の準備に取り掛かかり、とても慌ただしい状態でした。土谷元死刑囚は、執行前から精神的に安定しない日々で、執行を告げられてかなり驚いていたそうです」(前出・法務省関係者)
 大阪拘置所では、井上嘉浩元死刑囚と新実智光元死刑囚の死刑が執行された。
「井上元死刑囚は死刑執行が近いと思っていたのか、独居房でもせかせかした感じでいろいろノートに書いていましたね。新実元死刑囚は大阪拘置所に移送された後、毎日、獄中結婚した妻が面会に来てくれるのを心待ちにしていた。面会室では新婚のカップルのようにみえたという。だが、新実元死刑囚は精神的には、落ち着かない日々で、ソワソワしていて、『どうなるのだろう』とこぼすこともあった。東京拘置所では、独居房で瞑想したそうだが、大阪拘置所ではそんな余裕もなかったようだ」(大阪拘置所関係者)
 井上元死刑囚は、死刑執行の直前、最後の言葉として、自分の両親に
「心配しないでと伝えてください」
「ありがとうございました」
と述べた。
「こんなことになるとは思っていなかった」
 その言葉の意味が、オウム真理教に入信し、麻原元死刑囚と行動をともにしたことのなのか、それとも最近になって再審請求をしたので、まだ死刑執行はないと思い込んでいたのか、詳細はわからない。そして、2人の刑務官にはさまれるようにして、自ら刑場に歩を進めたという。
 その遺体は、両親に引き取られて、故郷で荼毘に付されたという。
 死刑執行には、検察庁の幹部が立ち会う。一般的には、高等検察庁の部長クラスが選ばれるという。
「死刑当日、執行に立ち会った幹部は検察庁に戻るなり、足元に塩をまかれてお清め。すぐ自宅に帰ったそうです。さすがに、そのまま仕事はできませんよね」(ある検察庁の幹部)
 残る6人のオウム死刑囚の執行は年内とされている。
※週刊朝日オンライン限定記事


拘置所での麻原は

よく食べ
よく寝て
風呂に入る時は、自発的で自ら歩いて行くという

それ以外の、運動や面会などは

しない

と言われていた

 東京拘置所「衛生夫」が語った! オウム首魁「麻原彰晃」 闇の房
『週刊新潮』2014年2月6日号
〈独房の中にトイレがあるのに、わざと大小便を布団の上に垂れ流して、迷惑をかけていた〉
 〈食事は、すべてのおかずをご飯の上に乗せて出され、それをレンゲを使って食べるのです。時々、プリンなどのデザートが出ることもありますが、お構いなしにご飯の上に乗せる。でも、どんなものが出ようと、彼は平らげます〉
<中略>
オウム事件では、平田被告らの裁判がまだ当分は続く見通しであり、「東アジア反日武装戦線」についても共犯者が未だ指名手配中。これらが解決するまで、彼らの執行は行われないのが前提だし、過去に適用された例はないものの、刑事訴訟法479条には、死刑判決を受けた者が心神喪失の状態にある時は執行を停止する、と明記されいる。彼らがそれに当たるかどうかは別にして、当局がその執行に慎重な判断を取ることは想像に難くない。麻原らの死刑のハードルはまだまだ高いのだ。
 だから、
 「死刑執行のニュースが流れた後も、大道寺はいつも落ち着いていました。自分の執行などないと思っているからこそでしょう。麻原、片岡も含め、みな、死刑の恐怖とは無縁のところにいるわけです」


この記事から4年
平成終わりを前に
準備着々の他の死刑囚の移送後、
死刑執行

移送を
誰とも面会をしなかったのなら
麻原は知らないだろう

皮肉にも
執行までの死の恐怖を味わうのは、
移送された他の死刑囚等であって
精神喪失を演じ続けた麻原ではなかった

逮捕・起訴され和歌山刑務所で
服役をしていた嫁の松本知子は
2002年の10月15日に出所

今でも松本母子は教団へ影響力が大いにあり、
2007年の報道では
松本家の子供たちに
住居提供、私立学校学費、海外旅行のための費用まで
教団信者からの資金提供を受けているという

また、松本知子が作成した絵画への使用料という名目で
教団が資金提供を継続的に行っていることも報道されている

応えることも拒否していた麻原が、
最後の最後に

四女

と言ったのは


あの気の強い嫁と三女が
自分を利用して

金儲け

するのを
分かってた

散々信者に自分の残り湯だの垢だの高額で売り付けけてきた麻原だもの
死に逝く自分の利益にならない上、
あれらが自分の遺灰を
高額な商品にするのも分かってのことだろう

だから
あれらの敵対する

四女を指名した


勝手に類推

類推通りだとしたら、
実にトンデモ商法やってた麻原らしい人選

ということで、
心神喪失なんぞではない!
考えてる!
という
証拠

そして、
マスコミに顔出しで登場した三女

ドリョクノアテクシ
シンリガクノアテクシ
ガッコウニイキタカッタダケナノナアテクシ

これらを前面に出して
世論の印象操作を目論んでの
死刑執行伸ばし工作は明らかで

自分は子供だったから、教団の犯罪には無関係

というスタンスで
教団の資金=信者のお布施で
暮らしている
オウム真理教団の人間なのである

麻原の遺灰が欲しいのは

娘として「父親を愛しているから」

という
大義名分な売出文句

全部、

全部全部全部

印象操作
世論を騙す

これが
心理学を学んだ根拠とも言えるだろう

そう

麻原彰晃は何だったのか

それは

ペテン師だった


オウムとは何だったのか

それは、
騙す側と
騙される側が混在した
ペテン集団だったた

ということ

つまり
そこから恩恵を受けて生活をし
今もその活動を生業としている
オウムの申し子三女の発言も行動も

全て

ペテンなのである

先日放送された
坂上SPで
林郁夫無期懲役囚のドラマを見て
当時を思い出しながら考えていくと

そこに登場する
青山元弁護士も
ああいえば上祐も

皆、
ペテン師なのだ

やってることが
如何に、口八丁手八丁で
人を騙すか

それだけに衆知しているのがわかる

それは、教団そのものに対しても騙していく
明らかな自己中心的保身行為そのものだった

自分の立場を守り
自分の財産を守り
自分だけの安全を守る

麻原の心神喪失三文芝居も
幹部や信者の所為にし続けた証言も
全てその目的あってのこと

拘留中の林郁夫に
昇進をチラつかせたり
オウムが狙われていると思い込ませたり

どれも
滑稽な茶番だと思うのは
三文芝居のペテンだから

子どもの頃から思いやりがあると言われ
勤務先の病院でも部下や患者に慕われる医師が
この茶番なペテンにまんまと引っかかった

なぜこうなったのかと取り調べの問いに

閉塞感

と供述

それに対し
現代の社会はがんじがらめで
日大のアメフト部の例の事件にもつながるとの
論調には頷けるのだが

その閉塞感を感じることそのものが問題ではなく
閉塞感の回避の仕方、対応の仕方に大きな問題があったという事

全く別の番組で取り上げられていた英国人の話で
彼は上司と仕事のやり方で上手くいっておらず、売り上げもなく会社に貢献できずにいた
その結果、その上司から解雇を通告された時
これでよかったと
自由業に転身し収入は少ないタクシードライバーになったが
上司に口うるさく言われずに済むようになった開放感が、
これで良かったと思える自分の人生を変えたという
そういう番組があった
これは、資本主義の雇用に関する番組だったと記憶する

林郁夫の取調官は
この英国人の話にあるような「解雇通告」を恐れというべき
会社から社会からはじき出される恐れこそが閉塞感だという
この閉塞感は雁字搦めの社会にあるという

しかし、果たしてそうだろうか
社会が作り出したという閉塞感に雁字搦めになったとしても
シャンプー的な私見だが
その閉塞感は
こうしなくてはいけないという社会ではなく
自分の内なる
自信喪失からくるものではないのかと

そこから逃避の仕方、乗り越え方で行動が大きく変わってくる

医師として救えない患者の死に直面して行くうちに
手術は出来ても人の心は救えないと悩んでいた
という林郁夫だが

人の心を救うとは、死の恐怖からの解放なのだろうか
遺族の悲しみからの解放なのだろうか
医師は、それすらも出来る者だという極端な思い込みが
全く無関係な人々を大量死させても、それが救済になるという極端な発想に走ってしまう原因だったのだろうか

解説では、職場や社会の中での雁字搦めというのだが
私はそうは思えない

単純で身勝手な思い込みこそが閉塞感であり
それで
自分を雁字搦めにしているに過ぎないと

自分が作り出す自分の世界観に
雁字搦めになっているだけだと

この英国人の番組を見ていて
痛烈に感じた

医師として
例えば、死後の世界を理解し
人間は輪廻転生を繰り返す魂だという
そういう面では、麻原のナンチャッテ教義ではなく、本来の釈迦の教えとも言うべき輪廻転生の仏教的思想を受け入れる事が出来ると
死を絶望的な終わりという思い込みから抜け出し
豊かな死の迎え方を考え、患者に処方する医師になれただろうと
私は思う

麻原に傾倒したのは
自分で自分を雁字搦めにする許容の無い自分
その閉塞感を

オウムでは解放してくれるのでは

という解放感を錯覚したからだろう

林郁夫は出家後のオウムビデオで
「自分の望んでいた本当の自分でいることが出来る、充実した環境にいる」
というような事を語っていた

それが、思い込みたいという錯覚そのもの

まともなら、そんな馬鹿なと思うような環境なのに、やってる事への疑問があるだろうに

そう

それが
ペテン師麻原の天才的話術を受け入れたいと自ら思う
自らが望んだ自分自身が作り出した都合のいい世界観なのだ

教団内で権力を得た頃から、教団のやり方に疑問を持ち始めた妻や元愛人に対し暴力的になったというのも
暴力という誤った力の使い方で、
自分を苦しめてきた閉塞感が自分の作り出したものであり、
教団の虚構の世界の中で、自分を見つけた気になってしまった「偽りの自信」を正当化したかったからだろうと

長い文章になったが
冒頭から
麻原のペテン

そのペテンに乗っかった幹部たち
そして、
今もペテンを続ける嫁と三女のペテン

そして、また新たなペテンを生業として
堂々と
いや
図々しく生きる上祐ペテン師

刑期を終えたからというだけで
名前さえ放送されなかったオウムの財産を取られないよう名義を変え隠した青山元弁護士は
数々の番組で虚偽の説明ばかりしていたペテン師


既に72歳になった林郁夫

昔の逮捕時の写真が報道に使われるため
今でも40代の姿が思い浮かぶので
改めて、その年齢に驚く

事件から長い年月が経った

彼は、独房の中で麻原彰晃の死刑執行を聞いて
こうなった理由の「閉塞感」から解放されたと感じるのだろうか

元幹部も服役中に病で死んでいった者もいる
無期懲役の彼もまた、そうなる一人であるのだろうが

彼は、医師として乗り越えられず受け入れられなかった患者の「死」を
殺害という形で実行した被害者の供養をし
死刑という形で実行犯らの生末を見る事になり
恐らく、病死という形で自分の死を迎える

狭い独房の中で死ぬまで生を全うする償いの人生の終わりの
その時に、彼は本当の意味での「閉塞感」が何であったのかをわかるのだろうか

彼が、今でも交流を続けているという取調官に
その事を語ることがあるのだろうか

そう思うのは、
飯田 エリ子
誕生1961年1月18日(57歳)教団での役職東信徒庁長官
判決 懲役6年6ヶ月(控訴棄却)
1995年の目黒公証人役場事務長拉致監禁致死事件では逮捕監禁致死罪に問われ同年5月29日に逮捕、起訴された[1]。
裁判では井上嘉浩が飯田も拉致事件に関与していたと主張[4]1996年10月26日の第一審では懲役7年、1998年9月10日の控訴審では懲役6年6ヶ月の判決が下された。上告をせず刑が確定し、2002年8月25日に刑期満了で出所した[5]。一審後にノイローゼ、聴覚過敏の症状が発生、服役中の2002年3月には脳内出血で倒れ、二度の手術により車椅子に乗れるほどに回復したが、記憶に深刻な障害を負っているという


病で
こうなってしまう人がいるということ

この人、取り調べ官に「刑事さんごめんなさい」と涙した人だったはず
オウム事件で表に出てた人
かわいい感じの人だった記憶がある
事件当時、20代
今は、57歳

記憶の深刻な障害というのは
心身とも障碍者となってしまったということで
元オウム信者だったことも会話でも何も
出来ないという事なのか
それは、彼女が罪の苦しみからの解放なのだろうか
それとも、肉体的苦痛であって、魂は贖罪の中にあるのだろうか


罪の苦痛の中にいる今生きているオウムの人たち
そして
自身の執着から解放されないまま死刑執行されたオウムの幹部たち

殺された被害者たち
そして、その遺族

生きながらサリンや薬品による後遺症で苦しむ被害者たち


そういう人たちが大勢いる中で

まだ
ペテンを続ける
松本母子
上祐
元オウム信者たち

これこそが
自分こそが全てだという
ペテンで装飾した思い込みに雁字搦めになった生への執着の見本だろう

この事件を思い起こしながら
自分の年齢を重ね
人生という「時間」は
如何に長く、そして短い
その中で

如何に経験を積み
そして、喜怒哀楽を感じ乗り越え踏みしめていくことが
生き様であり
生きる意味なのだと

そう考えるに
人生の大人の部分の大半を
教団に陶酔し
閉鎖的な世界の中で
経験をそぎ取り
自己中心的な喜怒哀楽を追及していったがための
愚行の結末が

独房での生活とそこで迎える死だとしたら

彼らは生涯にわたり

社会との関りを
殆ど経験しないまま
今生を終える事になる

閉塞感とは
自分自身が作り出す自分の世界観でしかなく
ここからの解放は他人によってなされることはない
自らの経験からの学びと気づきで、解放が得られるものであって
それが向上なのだということ

死刑囚や
林郁夫がそれを実現できるか否か、出来たのか否かは知り様も無いが

独房から出て
社会の中で生きている
上祐や青山弁護士、松本母子等も全く同じ

自由好き勝手に見えても
彼らは自分の世界に囚われている
それは、自ら作り出した監獄に囚われている囚人なのだ

自分の世界を変える作らんとして地獄に落ちた聖人パウロのように
自ら望んで地獄に落ちていくのだろう



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/3143-8106580f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード