FC2ブログ

Entries

2018年のアテクシゴト~病は気から編 負のスパイラル

身体には身体としての統合性があり、たいていの病気は単にバランスが崩れたことを知らせる自然な合図にすぎません。つまりあなたが耳を傾け、それに従って内側を調整すべきだという身体からのメッセージなのです。こうした調整が常に外部からなされてしまうと身体に備わる一貫性が危うくなり、身体と心との深い結びつきが乱されます。そのうえ身体の自然治癒力が鈍化します。

健康を害することはないと信じていれば、病気に罹ることはありません。これはまったく現実的なことです。あなたにはエネルギーと生命力に満ちた身体全体の意識があり、それはどんなアンバランスをも自動的に正します。その身体の意識には、あなたの意識的な観念もまた作用しています。筋肉は、あなたが筋肉に告げることをそのまま信じます。身体のどんな部分もすべてそうです。

自分は心臓が悪いと思っている人は結局、自らの心配によって身体の無意識的なシステムの機能に影響を及ぼし、その観念が調べられなければ心臓は害されるでしょう。自分が元気だと思っていれば病気にはなりません。




私は痛み止めを飲まない
飲まないようにしてから
数年経った今、
全く飲む必要が無くなった

片頭痛や腹痛でも

病は気から

己の自然治癒力を確信しているので

飲まないで済んでいる

周囲の女性たちは
もう生理痛に悩まされることが無くなった年になっても
痛み止めを常備して
毎日のように服用している

頭痛が
目が
肩が
腰が

と言っては
飲んでいる

私が
体の自然治癒力を信じて
ちょっとやそっとの痛みを数時間我慢したら
一年とたたないうちに薬を飲まないで済むように体を整える事が
自然と出来るようになる
と伝えても

「1年も我慢できない!」


真っ向から否定される

一年中毎日痛いわけでは無いだろうに
痛みを感じても
数時間、寝るなり、他の事に没頭するなりして気を紛らわせたら
その内、我慢しなくても乗り越えられることに気が付くよと

強く訴えても

出来ない!我慢は嫌だ!

という

冒頭にあるように
知らせの合図でしかない「初めの痛み」に
突然、強いロキソニンを投入してしまう

原因も考えずに

そういう人たちは、
具体的な診断はないが
頭痛持ちだとか
目が、肩こりがと
必ず理由付けを引っ張り出して並べる

仕事上はネガティブではないのに
身体となると、
急にネガティブになる
薬に依存するのは

何より


楽な草だから



西洋医学の薬物を体に入れると
新陳代謝が鈍化する
体の機能を鈍化させ、麻痺ささえることで
痛みから逃れると
それでよしとしている

それを長年繰り返しているから
体が薬になれて効かなくなり
更に、大量に摂取する

私自身
日常的頓服をやめてから
常備薬を買う必要が無くなった

精々、絆創膏くらい

私の友人に、この上ない病気好きがいる

市から無料の子宮頸がん診察券が配布されると
近所のママ友とツアー組んで受診旅行に出る
陰性の診断なのに、経過観察と言われると
その矛盾に気づくどころか

「経過観察しないといけないんだって!」

と報告してくる

先日は、「心臓病になった」と言ってきた
看護婦が、数値見て慌てて車椅子を出してきたので
これは相当重傷だと驚いたらしく
「家では犬の世話は私がいないと困る、私しかいない!」と訴えたら
医師の診断は

「別に入院する必要はない」と言ったそうな

最初それはヲチなのかと思った

黙って聞いている分には

何一人で勝手に騒いでいるの????

という状態にしか見えないわけだけど
本人は、まるで今日死ぬ明日死ぬかの勢いで
具合が悪い、苦しいわーと
元気いっぱいに報告してくる

心臓については
「母方家系はみんな心臓が悪いみたい」という

いやいや
あなたも含めて、あなたの母親もその姉妹、その母親も
皆、ヒステリックで騒がしく支配的だからよと
流石に口には出さないが
そうだと思う

そういう彼女は、直ぐ薬を飲む
子供らにも薬を直ぐに処方させる
そればかりか、ペットの犬にまで薬を飲ませて
いつもいつも

今日も薬手放せないのと報告してくる

また、職場で鬱らしい同僚は
時系列滅茶苦茶の話をするので
結局、どうしたいのか?
退職したいのか?
休職したいのか?
時短勤務にしたいのか?
なんだか、さっぱりわからない

病院は行ってるの?医師の診断書は取れるの?と聞くと

「いっぱい行ってる」

薬は飲んでるの?と聞くと

「いっぱいいっぱい色んな薬を色んな所から出してもらってる」

という

もうこれだけで、あかんわーと思うのだが
話はただただ迷宮の中をぐるぐる回って

あれだと困る
これだとダメに決まってる
どうしたらいいのかわからない
でも会社に行けない
長く休むかもしれない

こればかりを繰り返す
そうなると

上司も
「どうしたいの?」と聞かざるを得ない

すると
本人
「どうしたらいいのかわからない」と泣く

どうしようもなくなるから
とりあえず、数日お休みさせることになったのだが

休むなら5日間まで
それ以上は、医師の診断書の提出が必要
年休以上の休職は、契約更新なし
時短勤務にするなら、診断書の提出と面接
その条件のどれを適用するか
それを決めるのは自分なのだが
決められなくて
「孤独だ」「孤立してる」「泣き崩れた」と訴えてくる

いやいや
お給料もらうために働いてるのであって
孤独とか孤立とか関係ないのでは?
みんな手伝ってくれたり、気にかけて心配してくれてるでしょうに

鬱だと、もうどうにもならないくらいに、何していいのかわからずに
自分で何も決められない様子

この例に挙げた三者三様の状況は
どれもそれで

死ぬ事はない

それではね、
死ぬに値するような「病気」ではない
ただ
自分でそうしているだけ

あの世で決めた寿命のタイマー以外
それらが理由で死ぬことはない

それならそれで、快適に生きた方がいいのに
自らの意思で自分の身体を鞭打つかのように不快な状態に置く

不安と依存

自ら作り出している「不安」に対し
薬という物質的なものに、「依存」をして
誤ったバランスをとろうとしているように見える

職場関係のある婦人は、脚に原因不明の水が溜まる病気になった
何度も手術で水を抜くが、また溜まるの繰り返し
足が痛くて歩けなくなり、救急車で運ばれることもしばしば

ところが、

初孫が生まれた途端

足に水が溜まるどころか
走って孫の家に通うようになったという

孫が生まれて15年経った今
一度も、水が溜まる事も、歩けなくなることも、痛みすらも出た事が無いという

私の病気好きの友人も
恐らく、孫が出来たら
孫に密着するのが忙しくなり
あれやこれや病気探しのツアーをすることもなくなるだろう

ただ
それではダメなのだ

自分で自覚して
自ら自分の体の為の精神バランスを鍛える努力があってこそ
そうでなければ
犬や孫も
実は薬と同じ
単なる

依存の対象

犬が死んだり
孫が成長して自立して居なくなったら

また
同じことが繰り返されるのだろうなーと
思うわ

どうして
そんなに不安を抱えているのか
何が不安なのか

って

そりゃもう

執着だわ

執着を手放せないから
不安になって
依存が生まれる

解放

執着を手放すと不安から解放される

そうやって
自分で自分を楽にしてあげると
依存をしなくなる

子どもを支配している母親の立ち位置に執着しているから
子離れできないでいる友人の不安も

お金に執着しているから、身の振り方を決められず
ただただ頭が混乱して、仕事が手につかず失職する恐怖に怯える同僚の不安

執着を手放すこと

それが、全ての解決の第一歩
心を開放し
不安を消し去り
依存をせずに

それにより、
何にも縛られずに心身ともに自立する

私ら中高年は
更年期といわれるハードルをどうしたって乗り越えなきゃならないわけで
そういう心身のバランスの崩れ安い時に
執着に縛られるのって
バッカバカしいと思わない?

シャンプー的私見だけどね
私はそう思うわ
関連記事

コメント

[C8460] メメントモリ―

死ぬまで健康で元気で、自分の好きな事をして居たい。
そりゃね、確かにそうなのよ。
誰だってそう思う。
でもね、其れを口に出して騒ぐ人程、斜め上の努力をしてると思う。
死ぬまで元気で居たいから、此方のサプリ、彼方のサプリとサプリジプシー。
効かないみたいだと言って、不満ばかり口にする。これじゃプラシーボ効果すらない。
死ぬまで綺麗で居たいからと、ダイエットジプシー☞更なるリバウンド。

毎日の食生活や生活習慣を節制していれば、何方も確実に手に入ると思う。
決して無理な節制では無くて、朝起きて窓を開けて室内に新しい空気をいれる。
好きな物だけでなく、苦手な物でも少しずつ摂って、なるべく偏りの無い食生活を心掛ける。たったこれだけでも普通に健康な体になるし、普通に綺麗な人になれる筈。

飽食と偏食。放埓と安逸。
どちらも絶対に手放したくないから、安易な方向に走って、お金も健康も無駄にしている。
此の人は、私の反面教師である。
こういう人は、忠告してくれる相手を妬むか恨むかの場合が多い。
触らぬ神に祟りなし。段々と付き合いも薄くなる。

結局は自分で気付くしかないのかな?
  • 2018-11-06 13:58
  • 雑草
  • URL
  • 編集

[C8457]

自分はサプリメントも飲まない。食品で採れば良いだけでは?ずっと整腸剤が習慣の旦那に「ヨーグルトで充分じゃん」と毎日食べさせ 直ぐに「調子いいわ~!安上がりだし」だって、

[C8456]

確かにそうですね
薬に頼らないで健康を保つ、理想的な生活だと思います。
多分、主様の周りの方々もこれではいけないと薄々思っているのではないでしょうか。
アドバイスしてあげるのもいいかと思います。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/3229-124ec709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード