FC2ブログ

Entries

ある日突然、子どもが「学校に行きたくない」と言い出したら

2018年11月9日

 ある日突然、子どもが「学校に行きたくない」と言い出したら、親はどうしたらいいだろう。昨年度の文部科学省の調査では、不登校の小中学生は十四万四千人で、調査を開始した一九九一年度以降で最多だった。専門家は、不登校にはいじめが関わっている可能性が高いとし「無理に行かせるのではなく、まずは休ませてあげて」とアドバイスする。 (細川暁子)

 「不登校は子どもが自分の身を守る手段。学校に通えないのは、その子や親に問題があるからではなく、学校がその子に合っていないから。学校に行きたがらない時は、とにかく休ませて『家にいれば、何があっても安全』と言い聞かせてほしい」。岐阜県立希望が丘こども医療福祉センターの児童精神科部長・高岡健さん(65)は、こう話す。

 高岡さんによると、不登校は小学校でも中学校でもいじめが引き金となることが多い。だが、子どもは自分がいじめられていると認めると、今度はそのこと自体に傷つくため、親が学校に行きたくない理由を聞いても、答えたがらないことが多い。そんな時、親はつい「誰かにいじめられているの?」「理由を言わないと分からないじゃない」などと、子どもを問い詰めがちだ。だが、そうなると子どもは、余計に本音を言いづらくなる。

 無理に子どもを学校に行かせようとすることも逆効果だ。「親を困らせて、言うことを聞けない自分はだめな子だ」と感じると、自殺まで考えてしまうこともあり得る。「子どもが自分から、今後どうしたいのか話せるようになる時が必ず来る。その時に子どもの話をしっかり聞いて、親子で対策を考えてほしい」と高岡さんは言う。

 文科省の調査では、小中学生の不登校は昨年度まで五年連続で増加している。高岡さんは「不登校を経て学校に戻る子もいれば、フリースクールが認知されるようになり、通う子もいる。家にいる間は親子ともに息が詰まるので、親も心配しすぎずに外出するなど、息抜きをしてほしい」とアドバイスする。

◆行事多い2学期は要注意

 いじめ対策について講演などをしているNPO法人「ストップいじめ!ナビ」(東京都)副代表の須永祐慈さん(39)は「運動会や文化祭などの学校行事が多く、グループができやすい2学期は、いじめに注意が必要」と話す。

 2011年にあった中学2年男子生徒の自殺をきっかけに、大津市は同法人の協力も得て市内の小4から中3を対象に毎年、いじめに関する調査を実施している。発生が最も多い時期は、中学生は10月だった。

 須永さん自身も小学4年の時にいじめが原因で、不登校になった。2年ほど家にひきこもったが、6年の時にフリースクールに通い始めた。

 不登校の親子を対象にしたサークルなどにも参加し、次第に家から外に出られるようになっていったという。

 「家やフリースクールなど、親や周囲の大人が、子どもが安心できる居場所をつくっていくことが大事」と話す。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201811/CK2018110902000216.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201811/images/PK2018110902100149_size0.jpg


こんな記事があったなぁ
Aさんの長男は今年35歳になるが、これまで一度も就職したことがない。20代の頃はコンビニなどで
アルバイトをしていたこともあった。しかし、どれも長続きせず、この数年は「オレは仕事に向いていない
と部屋に閉じ籠もり、ネットやゲームをしてばかりいる。
「大学を卒業したばかりの頃は、“そのうちやりたいことが見つかればいい”と呑気に構えていた。
それがいけなかったのか、本人は親のスネをかじるのが当たり前のような感覚になっていて、
危機感が全然ない。
私は定年延長であと2年は働けますが、その後は年金暮らし。収入は格段に低くなります。
もし私と妻が死んだら、その年金すらなくなってしまう。そうなったら子供の生活の面倒は誰が見るのか。
そう思うと、不安で夜も眠れません」(Aさん)


責任転嫁の果てにあるものは

共依存

そのいい例ですね
これは

35歳になっても
子ども扱いしつづける親の目的は

面倒を見てあげる自分等親の存在なくては生きられない子供のままにしておくのは
自分達が子の生活を支配する親の立場であり続けたいというエゴにあるわけで

不登校の原因の多くは
その親のエゴが子どもに対して

甘やかし

という行動に出ることに起因する

それを

①不登校にはいじめが関わっている可能性が高い

②学校に通えないのは、その子や親に問題があるからではなく、学校がその子に合っていないから


という
親が原因論から、「他者(他人のいじめ行為や学校という環境)」に原因をすり替える論調は

何より
不登校の原因である親を喜ばせる

そうやって原因を解決しないどころか
原因をすり替え、悪化させていく方向へ助長する論調を展開し取り上げるのは

そこに「教育破壊」「家族制度の破壊」といった国家解体の目的があるから

かつての
ゆとり教育や
校内暴力
男女共学

その沿線上にある同系統のものに変わりない

もう10年以上前になるが
フリースクールの運営側とあれこれ議論したことがあるが
この人達って

まずは、現行の学校制度への否定があっての思想から
フリースクールを運営している

ってことがわかったわけ

強制的学校制度から子どもを救いたいとか
子供一人一人にあった教育とかいうフレーズは
自分等の反社会的思想の為のキャッチコピーでしかないということ

ノーベル文学賞なんかとtっちゃったもんだから
昔やたら持ち上げられていた大江健三郎の
「学校に行かない権利」だったかな?
そういう反社会思想そのものなのね


はっきりいって
子どもを自分等の思想に利用しているに過ぎない
そういうフリースクール産業がある

そりゃ普通の学校に通う方が将来的にいい日本ではイマイチなフリースクール
よっぽど特殊な能力や才能があってというならアレだけど

勿論、全てのフリースクールを指すわけでは無いが
高機能自閉症とも発達障害とも言われる黒柳トットが通っていたトモエ学園を見れば、
社会に馴染むには普通とはちょっと違う環境が必要な子供がいるのは当然で
日本の画一的な学校制度や欧米の能力主義の学校制度や伝統的な身分制度重視の学校では対応できない、
「特別な支援のいる」子供らを受け入れる学校は「ある程度の数」は必要である。
それは、特殊学級や養護学校、盲学校などの分野に相当するからだ。

そこに、制度として確立していないフリースクールという形態に乗っ取る形で
反社会的思想家がいるというのも事実である

さて、話を戻して

不登校児の不登校理由の実態を調査する時は
必ず、不登校児の部屋と家庭環境を調べないとね

完全個室の有無
個室にある電化製品(ゲームやPC)
本人が自由に使える小遣いの有無とその金額

そして、その個室に親がどこまで介入出来ているか

ですわね

③学校に行きたがらない時は、とにかく休ませて『家にいれば、何があっても安全』と言い聞かせてほしい


社会に出たら
そうはいかんだろ

学校は将来「社会」で生きていくための予備校なのだから

行きたがらない「原因」を理解できない親だからこそ
行かなくて済む環境を作る



この個室の環境にいれば

退屈しない

自分の好きなことだけやっていられる

エゴでいられる世界

不登校の最大の原因は

親の甘やかしと

親の無関心

過去エントリーで取り上げた
30代になっても引きこもり続ける息子の将来を心配する親のエピや
無職引きこもりの40代の息子に
毎月6万円の小遣いを与え続ける親
何れの「大人子ども」は親の年金生活を困窮させている

そもそもの原因を理解せず
他者依存で思想的フリースクールに通わせても
その場しのぎで学校を休ませても
言われるままに息抜き外出した所で
結局は

親と子の共依存は変わらない
それは
親がそれを望みそれを願いそれに執着して子どもを育てているからだ


>ある日突然、子どもが「学校に行きたくない」と言い出したら

聞けばいいじゃんね

なんで?って

まずは無理に行かせずって
親が何もしてないだけじゃん
関連記事

コメント

[C8466] 遣る事やってからの話

私の子供達は結構な虐めに遭って居る。
でもね、不登校には成らなかった。
私自身は何が何でも行かなきゃいけないなんては思って居なかった。
休んだら、休んだ分の努力しないといけないよっては言い聞かしていた。
虐めに遭って居ると判断した時は、子供なんかすっ飛ばして学校へGO!
ボディガードとして、出来る限り子供に付き添う。
形振り構わず子供を守る事に徹した。
其のうち、子供は「母さんは徹底的に遣るから、こっちが大変W」となって、自分達で解決を図るようになっていった。
親が子供の為に形振り構わず行動しなければ、子供の魂には響かないのだ。
親がイイ人をかなぐり捨てる勇気を持たなければ、子供は自立しないのではないかしら。
(注)闇雲にルールを変えさせようとしたり、自分の都合を押し通そうとするモンスターペアレンツとは違いますよ。

どうにも最近のこの類の話の親は、親自身が自立していないように感じる。

  • 2018-11-10 17:12
  • 雑草
  • URL
  • 編集

[C8465] 無理矢理追い出された

私、中学生の頃、どうしても学校に行きたくない時期がありましたが、母に言っても聞いてももらえず、家から無理矢理追い出されました。
部活の先輩から結構酷いいじめにあっていたり、その影響を気にした同じ部活の同級生からの総シカトから、辛かったのですが、一切聞いて貰えませんでした。
全て自分でケリをつけた後に、母に話したら、『何で言ってくれなかったの!?相談してよ』と言われましたが、話そうと思っても自分の話を被せて話して来るので、話す気持ちが折れてしまうんですよね💦
未だに自分の話、自分の気持ちが優先の、いわゆる毒母です。
私への依存が強く、それを最近私から無理矢理断ち切ったのもあって、以前にも増して、『私、私』が強く来るのでしんどいです。
  • 2018-11-10 15:26
  • あや
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/3234-76370c76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード