FC2ブログ

Entries

小室圭さん母、夫と義父の死後遺産交渉 代理人の衝撃告白

小室圭さん母、夫と義父の死後遺産交渉 代理人の衝撃告白3/8(金) 7:00配
◆語られなかった「祖母の死」
 小室さんの父・敏勝さんは2002年3月、小室さんが10才のときに亡くなった。
「敏勝さんは、明治大学理工学部建築学科を卒業後、横浜市役所に勤務していました。饒舌な奥さんとは対照的に寡黙なかたでした。ところが、いつからか、仕事が多忙を極めたことと、お金の問題を抱え、弱ってしまったようです」(小室家の知人)
 小室さんが幼少の頃、小室一家は3人でアパート住まいをしていた。その一方で、敏勝さん名義でマンションを購入し、そこに佳代さんの両親を住まわせていた。
「当時、佳代さんの両親と一緒に住むための二世帯住宅を建てる計画があったそうです。公務員である敏勝さんの収入では、バイオリンなどの圭くんの教育費に加え、佳代さんの実家を支えるお金を捻出することが厳しかったのではないでしょうか。
 敏勝さんは体調を崩し、実家に帰って療養するようになった。ある日、佳代さんが圭くんを連れて敏勝さんを迎えに行き、アパートに戻ってきた。それからすぐ、敏勝さんは自ら命を絶ったそうです」(前出・小室家の知人)
 38才という短い生涯を自ら閉じたことで、敏勝さんの両親の落胆ぶりはすさまじかったと、小室家関係者が語る。
「両親共に、とても明るい性格のかたでした。しかし、特に敏勝さんの父親は憔悴しきってしまい、食事がのどを通らなくなってしまった。葬儀が一通り済んだところで、父親も自死したんです」
 一家を襲った悲劇の連鎖。だが、その直後に、佳代さんが意外な行動を取った。
「当時、長男と夫の相次ぐ死で、敏勝さんの母親は心身共に限界でした。そこに、『佳代さんの知人』を名乗る男性から連絡が入ったそうです。聞けば、“父親が亡くなったのなら孫の圭に遺産を相続する権利があるので交渉したい”という話だった。
 たしかに落ち着いたら遺産は整理しなければならないけれど、まだ悲嘆に暮れている母親に対して“よくそんな話ができるな”と親族の間で話題になりました。ある親族は、“佳代さんは本当に怖い”と呟いていました」(前出・小室家関係者)
 その後、敏勝さんの実家で遺産相続の話し合いが行われた。出席者は、敏勝さんの母親と弟、そして佳代さんの知人男性の3人。その結果、小室さんが相当な額の現金を相続することになったという。
 本誌・女性セブンは、佳代さんの知人男性に話を聞いた。
「佳代さんは当時、“住む家がなく、親元に転がり込んで肩身の狭い思いをしている”“夫の実家に連絡しても相手にしてもらえない”と涙を流し、私に遺産交渉の代理人になってほしいと頼みました。私は昔、暴力団に関係していたこともあり、そうした経歴が利用できると思って、近づいてきたんでしょう。
 後から知ったのですが、本当は、敏勝さんが購入したマンションに佳代さんの両親が住んでいたので、“住む家がない”というのは嘘だった。それを、遺産分割の交渉のためなのか、敏勝さんの実家には隠していたようです。
 圭くんに遺産相続がされるとすぐに佳代さんは、私に一言の礼もなく、突然、“この件から一切、手を引いてくれ”と言ってきました。それ以来、絶交しています」

 敏勝さんと父親の2人の墓は、冒頭の寺院にある。墓石には施主として、母親の名前が刻まれている。別の小室家の知人が語る。
「お母さんは気丈で明るいかたでした。しかし、2人の家族の死から1年経った頃でしょうか、お母さんも2人の後を追って自ら命を絶ったんです。小室家の墓には、今は3人が眠っています」
 一方で、遺産を得た小室さんは順風満帆なキャリアをスタートさせる。父の死から2年後、東京・品川にあるインターナショナルスクールに進学した。カナダのカリキュラムに則って学ぶ中高一貫の学校で、授業料は年間200万円、6年間で軽く1000万円を超えるという。
 大学は国際基督教大学(ICU)に進学。その際の入学金や授業料は、佳代さんの元婚約者が出し、今に至る金銭トラブルのもとになったのは、周知の通りだ。
※女性セブン2019年3月21日号


破談に繋がるkk母ネタって
これのことだったのか

借金の返済問題ではなく

今迄の「金の出何処」問題
眞子様との交際以前の話

父、祖父、祖母
三人もkk母によって自殺に追い込まれてるって事
このインパクトに加え
相続の交渉に乗り込むkk母の知人男性って

普通に考えて
尼崎事件の角田レベル

kk父親族から

佳代さんは本当に怖い

って
言われるような所に
娘に大金持たせて嫁がせる親なんておらんだろ
鴨が葱を背負うどころか
億の預金通帳と判子と遺言状と焼身自殺用のガソリン缶持って殺されに行くようなもん

婚約前から
婚約者になってもいない娘の実家に借金弁済を強請る母親である
どんなど庶民でも
誰がこんなとこに娘を嫁がすかと
末恐ろしいとは
このことよ

これだったんだね
ネタは

今も尚、
頑として結婚の意思を覆さないと言われている眞子様

家族としては厳しい状態とまで
紀子妃を言わしめるのは

我欲そのものを剥き出し状態になられているのね

眞子様の我欲とは
公務をしながらも
大切にしてきたという「プライベート」のこと

そのプライベートが
「私のせいで、こんなに(世間に)晒されて」と言うのは
晒されたことそのものに問題視されていて
晒された内容を問題視されていないということなのね

kk母子の「ヤバイネタそのもの」にお悩みなのではなく
ヤバいネタを「晒されたこと」で「大切にしてきたプライベート」が手に入れられなくなることにお悩みなら

なるほど

お父様の秋篠宮殿下が
大鉈を振るわれたのの真意が漸く見えてくる

大決断
大判断
だったのだろうと
そして
その事で
紀子様が少し傷つかれたというのも

なるほどである

娘の眞子様の婚約騒動のことだったのかと


495 :本当にあった怖い名無し:2009/11/28(土) 20:59:11 ID:0WJoggTS0
>>493
最後の砦であった皇后陛下のお心が離れてしまっても、自分達は大丈夫だと高を括って
出た結果に慌てふためいているだけ。
彼等が今頃慌てても、状況は変わらない。皇室側の目線で見れば、浄化に繋がる動き。
東宮ご夫妻と雅子様のご実家の皆様方は、壮絶な生き残り合戦を繰り広げる。
ともすると悠仁殿下を巻き込むか?というような場面も出てくる。そのくらい暴れる。
終結については心配する必要なし。ただ、だからといって気を抜くのは禁物。

両陛下は勿論、皇族方はそのことにお気づきになっている。秋篠宮殿下が大鉈を振るうけれど、それは庶民の知るところとはならない。全く殿下の本意ではない出来事、お優しい紀子様が少し傷つかれる結果となってしまう。
あ、そうは言っても3人のお子様方には影響はない。皆様お健やかにお過ごしになります。

結婚当初の皇太子殿下のお姿を、紀子様はお忘れになれないご様子。
東宮ご夫妻以外は身の処し方をご存知だから、事が決定すれば紀子様は本来の強さを発揮なさる。
みんなが笑顔でいられる将来が待っているけれど、大騒動は確実に起こる。

暫くは小和田恒氏の動向から、目を離してはいけない。彼は他人を信用しないから、どんな場合も自分で動いてしまう。
皇太子殿下のみならず、妹さんのご主人も信用していない。



10年前に見た未来図

10年経った今、なるほどと思うことが起きてる

でも、終結に心配無用
秋篠宮殿下が決断される

秋篠宮殿下のお誕生会見で
ハッキリとkk側に異議申立てを明言され
娘を愛おしく思うと涙ぐまれた紀子妃の姿から
大鉈を振るう秋篠宮殿下と
傷つかれた紀子妃の関係図

我々庶民には
破談という結果しかわからないだろう
私たちの知る所ではない奥深い所で
大きなご決断があるのだろうと
その程度しか知る事が出来ない

眞子様は交換条件でいくつかの自由を失う事になると言うのは
眞子様が思う理想の自由を手に入れたいのなら
皇族としての特権的利益を全て手放すというような条件
自由に皇室に出入りも出来なくなる
元皇族というお立場を捨てざるを得ない交換条件だとしたら

操られやすい眞子様が
皇室との縁を断ち切られる

そうでもして皇室の金の繋がりを断ち切らねば、kkのように金目当ての輩に取りつかれる

母と娘の関係は変わらないと涙ぐまれる紀子妃が
この条件を眞子様がお選びになるのなら「傷つかれる」事となるだろう

まだ姫君たちが学生だった頃、
降嫁しても近くに住んでもらいたいという親の思いを語られていた秋篠宮殿下にしても
苦渋のご決断であろう

それ故に、
眞子様がどの道を選択されても
秋篠宮家の皇族としての進む道は
外部にも眞子様にも振り回されることなく
明るい未来に繋がるのだろうと

支度金も無し、口利き、斡旋も無し、ましてや将来の天皇になる弟君がおられるわけで
そう簡単に皇室に繋がりを持ったり、家族だからと言って自由に出入りが出来なくなるとか
その上で、眞子様が自分でお決めになるとしたら
それこそ、眞子様が自ら選ぶ究極の「自由選択」

シャンプー的想像では
今の状態の眞子様は、
皇室離脱を選択されない
自分は不幸というシナリオを他者依存しているから
自ら選択した道なのに、他者のせいにする事で
そのシナリオは成り立つから
出て行かない
結婚に反対され
自由を奪われたから
私はここにいるしかない
という選択を自分でする

この他者依存のエゴが
後に、妹君との確執に繋がる
妹君は
他者依存をしない自分の意見を持っているから

皇室の所為で自分は不幸という
他者依存のシナリオから抜け出せないままなら
kkとのことは若気の至りと水に流してくれるようなお相手との縁談があったとしても
未熟な反抗期のまま
眞子様は嫁がずに未婚の内親王のまま生涯を終えるだろう

そしてこれはこれで
眞子様を大切に思われている皇族方の魂によって
未熟な眞子様の魂の護りにもなっているのかもしれない

眞子様が選択する前に
もしかしたら、kkの資金源が打ち切りになるかも
そしたら、もっと露わに暴れるだろうか
紀子妃悠ちゃん殿下、眞子様、自動車事故
サーヤの場合は、自動車に仕掛けだったし

首相、皇太子さま異例の面会 皇位継承の流れ報告か
2/22 16:49

 安倍晋三首相は22日、東京・元赤坂の東宮御所を訪れ、皇太子さまと面会した。4月30日の天皇陛下退位から5月1日の新天皇即位までの流れについて報告したとみられる。天皇陛下に対して首相が国内外の情勢を報告することは「内奏」と呼ばれ、随時行われているが、皇太子さまへの報告は異例。
 皇太子さまが新天皇に即位された後、最初に会見する国賓となる見通しのトランプ米大統領の来日や、元号の選定手続きなども報告した可能性がある。


これねぇ
これ

手続きや来賓の報告じゃないよね

最後の最後で
最後のカードを引かせようとしたんじゃないのかなと

自ら病気を理由にご辞退ください
という



武士の情け
皇族に対してね
武士の情けですかね

面目を潰さないように
最後のカードだったんじゃないかと

想像だけど

何度も
何度も
立后は出来ないという通告を出しているんだもの
あってもぽっち即位

いや
ぽっち即位も無い

多分ね
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/3316-680711b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード