FC2ブログ

Entries

【追記版】令和激震

今年の夏前に
遥か昔の
ペテルギウスの爆発が見えるようになるのかな

タイトル通りの
はじまりの
はじまり

いやもう
始まってるんだけど
目に見えて
はじまりが
はじまっていくというか

これまでは
その
はじまりの
準備段階で
これからが
本番スタート
みたいな感じ?

別れがあるのね

それも
必然

家族ですら
別れがあるのね

分かり合えないという言葉にしてしまうと
独善的で
絶望的ですらあるけれど

そうではなくて

家族として
今生で生きているけど
魂レベルでは
違う家の人

それは
カルマの法則により
家族になったけれど
カルマ解消したものから
離れて行く

3次元のカルマの中では
学校でいう所の
クラス替えや
学部変更とか
進路先が別
就職組と進学組だったのが

今度は
卒業組と
留年組

そう

クリアして先に進む者と
クリアできずに進めない者に別れる

('ω')ノ
カルマを手放す事が出来るか出来ないかっていう事ね

でね
留年組の視点から見れば
卒業組は「死んでいく者」
と言っても、交通事故や病死、自殺による死ではなくてね
留年組から見ると、まるで意志を持って死んでいくように見える
光の存在になっていくから
とでもいうのかしらね
一方の
卒業組の視点からは
留年組は視界に無いそう
次元の低い者達の事なんぞ
気にしないで進んでいくから
振り返っちゃいけないんですってよ

それは、カルマだから

皇室は日本の縮図と
何度も書いてきたけれど

秋篠宮家の方々は
皇統に刻まれたカルマを浄化して
先に進まれる

眞子様は
今のままでは
残る方

ご家族として今生で生を受けても
卒業組と留年組に別れるの

眞子様自身が
カルマを手放さなければ
先に進めないまま
残る

ゆっくりとは言ってられない
時間はもう十分使ってきた
タイムリミットまで
あと僅か

令和天皇となった徳仁も
水俣の雅子も
兄の業を背負わされた愛子内親王も
傍系三笠宮の一族も

皆、皇室のカルマを背負ったお役目あっての今生

美智子上皇后となった正田美智子さん時代から
サーヤ様もそう

皆、お役目あっての事

その役目を果たされた者と
果たさなかった者

それが
卒業組と留年組

既に亡くなった方も
卒業組と留年組がある

大鉈を振るわれた秋篠宮殿下
これが
カルマを断ち切る大鉈だったと
ハッキリわかる

そう

だから、
悲しみの中でも
秋篠宮家は
清々しい未来に進んでいく
と言われているのね


続きは下に

時間の概念

ペテルギウスの大爆発は
地球上の時間で見ると
とっくに起きた出来事を
これから、見る事になる

これだけでも
地球(地球圏)から出た事のない我々人類が
時間の概念の真実を垣間見る

過去を
今(未来に)同時に見る

常に私たちが目にしているものは
過去の産物

我々人類は
この出来事そのものに対して
成す術は
何もない

なーんも?

いえ、
あるのですよ
この出来事に対しても
ポールシフトに対しても

成す術がない人類が
今成すことは

カルマの解放

既存の概念に対する
執着を

手放す事

ただ
それだけなんですよ

雑念を払い
周囲を見渡せば
この
執着を手放せず
カルマの法則に埋没して
抜け出せないでいる姿を見る

自分も自分の親もその親も

代々続く蟻地獄

そして
否応にも
抜け出す為の事象に「直面する」人たちが居る

私の周りにもいる

抜け出せない人と
抜け出す準備の只中にいる人と

ハッキリ見えてくる

更に
明星の話

金星に生き物がいない

それは
既存の印象によるもの

火星もそうだけど

私達には見えないだけ
触る事も出来ないのかも

地球によく似た惑星になら
人類がいるという概念も
印象による既成概念

森があって
陸地があっても

居ない所にはいない

それは
肉体を持った人類にとって
必要としていないから
その場所を

スピリットたちの
休憩所の様な扱われ方の惑星もある

私達は
余りにも
既存の概念を教えられ過ぎたため
見えない
聞こえないでいる

私達の想像の範囲は
宇宙から見れば
風呂なし台所なしのトイレなしの3畳間ボロアパートですらない

どうしても既存の概念を手放せないのなら
こう考えてみると良いかも

超新星爆発で
どんなに高度であっても惑星ごと滅びる文明もある中
この地球は
多くの援助で守られている
決して滅びる事が無いように
これにも神の計画という大きな目的があっての事

私達人類が
如何に大きな役目をもった存在なのかと
目覚める事が出来るなら

何をしなければならないか
自ずとわかってくるはず

私達は
如何に

思考の中で生きてきていたか

という事に気が付くでしょう?

そして
超新星爆発が東の空に見えたとしても
太陽の眩しさにはかなうことはない



関連記事

コメント

[C8793] 晒される。そして、耐えられない。

晒されて、露わになった事。
こーごーの目、皆が言っている。「怖い」
へーかの動作、皆心配してる。「大丈夫か?」
こーごーは、衝動を抑える事に耐えられない。
へーかは、激務に耐えられない。

国民は知る。
日々の研鑽と努力無しには表に出せるもの等、誰も持つことはできない。
表に出せるものを何も持たずに、その地位に立ってしまったら、耐えきれなくなるしかない事を。
  • 2019-05-23 17:19
  • 雑草
  • URL
  • 編集

[C8791]

全国的に、
全国規模で、

浄化の雨、雨、雨。

神々のお怒り、嘆き、悲しみの現れでしょう、、、、、
  • 2019-05-20 14:51
  • とおりすがり
  • URL
  • 編集

[C8790]

まるが様、エントリーありがとうございます。
まだうまく言葉にはできませんが、点と点がつながって線になっていく感覚がはっきりとあります。

個人的なことですが、殻は保護の役目を終えたら速やかに破られなければならない。
残り続ける殻は今度は檻になってその人を閉じ込める。

>そして
>超新星爆発が東の空に見えたとしても
>太陽の眩しさにはかなうことはない
スカっと風が通っていくような気がする言葉です。
感謝します、心から。
  • 2019-05-19 11:09
  • 冬林檎
  • URL
  • 編集

[C8789] Re: タイトルなし

> 宵の明星は夕方西の空に出ます。
> 東の空に出るのは明け方の明けの明星。
> その方の解釈では、ではこれは金星ではなくて、
> 明星のように明るく輝く別の天体ではないか、ということでした。
> そこから考えて、もしかしたらベテルギウスでは?と結論づけられたのですが、

なるほど

このコメントへの返信の続きは
エントリーの追記欄で
  • 2019-05-19 09:28
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C8788]

宵の明星は夕方西の空に出ます。
東の空に出るのは明け方の明けの明星。
その方の解釈では、ではこれは金星ではなくて、
明星のように明るく輝く別の天体ではないか、ということでした。
そこから考えて、もしかしたらベテルギウスでは?と結論づけられたのですが、
大分前に見て、それっきり忘れてた名前がこんな風につながってくることに驚きました。
(続けてのコメント、失礼いたしました。)
  • 2019-05-18 23:22
  • 冬林檎
  • URL
  • 編集

[C8787] Re: タイトルなし

> ペテルギウスって…。
> マジですか?

爆発はとっくの大昔にしているわけで
それが光の時間で
私等の肉眼でいつ見えるかって話だから
ねぇ
既に事は起こってる

> とある日月神示解説のブログで大分前に言及されていましたが、

あ、そーなん?

> 荒唐無稽だと思ってあまり注意は払わなかったんですよ。
> ”日月神示「松の巻」第十九帖
>  宵の明星が東へ廻ってゐたら、愈々だぞ。

そりゃ金星では?

>  天の異変気付けと、くどう申してあろがな。”
> この「東へ廻る宵の明星」がベテルギウスのことではないか、と。

ポールシフト?

> ちょっとシャレになりません。

人類は滅亡はしないし、地球がぶっ壊れる事は無いけど
大災害は確実に起こるって話
  • 2019-05-18 22:38
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C8786]

鹿児島、、
屋久島、、、
50年に一度ねか大惨事、、、


神々方が、
お怒り、
お嘆き、
諦め、、、

浄化の采配か、、、


マタコ皇后、
今から、

亡き者に、
できるのか、、、

[C8785]

ペテルギウスって…。
マジですか?
とある日月神示解説のブログで大分前に言及されていましたが、
荒唐無稽だと思ってあまり注意は払わなかったんですよ。
”日月神示「松の巻」第十九帖
 宵の明星が東へ廻ってゐたら、愈々だぞ。
 天の異変気付けと、くどう申してあろがな。”
この「東へ廻る宵の明星」がベテルギウスのことではないか、と。
ちょっとシャレになりません。

(あ、もしこのコメント不都合なら承認なしでお願いします。
 少々記事の内容とずれてる気もするので。)
  • 2019-05-18 19:38
  • 冬林檎
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/3385-b1b9edd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード