FC2ブログ

Entries

元農林水産事務次官の長男殺害事件

 元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が東京都練馬区の自宅で長男の英一郎さん(44)を刺殺した事件で、動機の一つには壮絶な家庭内暴力あったことがわかった。
 英一郎さんが実家に戻りたいと電話してたのは5月25日だった。その翌日26日から、家庭内暴力がはじまっていた。
「熊沢容疑者や母親は、アザができるほど殴られた。その際、『俺の人生何だったんだ、どうなってんだ』となどと言っていたといい、二階の部屋に閉じこもるようになった。英一郎さんは一階でパソコンやゲームをして過ごしていた。その後も断続的に家庭内暴力が続き、ライターの火を押し付けるほどエスカレート。ついに熊沢容疑者は『今度暴力を振るったら、こちらがやられてしまう。もう刺すしかない』などと妻に話していたようだ。そこへ川崎の事件もあって凶行に及んだようだ」(捜査関係者)
 熊沢容疑者が農水省時代、英一郎さんを含めて都内の公務員宿舎に住んでいた。
「子供さんが小さい時は何度か、顔を合わせましたよ。子煩悩でごく普通のご家庭に見えました。英一郎さんは勉強がよくできて、駒場東邦に中学から行っていたと聞きました」と農水省時代の同僚は話す。
 進学後も成績は優秀だったという英一郎さん。だが、中学2年生ころから、イジメが激しくなり、クラスでは孤立していたという。そのイジメは壮絶だったと同級生はこう話す。
「筆箱で頭を叩かれたり、シャーペンで背中や手を刺されたり、塩を鼻に押し付けられたりされていた。やられても、ほとんどやり返すことはなかった。消しゴムを顔面にすごい勢いで投げつけられ、目のあたりに命中したときはブチ切れて、体操服だったかな、振り回してクラスのヤツに飛びかかることがあった。けど、ケンカが弱いのですぐにボコボコにされていた。常にイジメの対象だったように思う。高校でもそんな感じでしたね」
 どうしてそこまでイジメられたのか。先の同級生はこう話す。
「確か、親を亡くしたばかりの同級生の前で父親が役人でえらいとか、言い出したことがあった。社交性がない、空気が読めないというのかな。クラスでいろいろ雑談していても、英一郎さんがくると、みんな散らばってしまうって感じだった。大学に進学したものの、中退したと聞いた。卒業後はまったく知らない。ただ、今回の事件で思い出すのは、英一郎さんは確かにゲームには詳しかった。その頃はファミコンの時代で、すごく上手でハマっていた。あと人気キャラのイラストもうまかった。母親に大事にしていたプラモデルを、勉強しないからと壊されて家で大暴れしたという話はけっこう知られていた。その頃から、学校のイジメのうっぷんを家庭内暴力で晴らしていたのかもしれません」
 英一郎さんが開設していたホームページにはオンラインゲームのキャラクターが多数、描かれていた。ネット上でも「うまい」と評価する声もあった。英一郎さんはツイッターで過去のいじめをこう綴っていた。
<小学生から高校生までイジメられて育った。壮絶な人生だから味方には優しいが敵は徹底的に痛めつけるんだ>
 実家に戻ってから始まった家庭内暴力。熊沢容疑者や母親に殴られたような、アザがあったことが確認されている。ツイッターでも、英一郎さんは母親に対しては辛辣な書き込みばかりが目立ち、<愚母を殺したい>とまでツイートしている。
 英一郎さんが毎日、ほとんどの時間を費やしていたオンラインゲームドラクエ10。つながっていた仲間とは、ゲーム上で会話することもあったという。ゲーム仲間の一人は、こう話す。
「ゲームの中で注目してほしいのか事務次官の息子だとさかんにアピールしていた。お金もあったようでオンラインゲームの課金されるキャラクターなどもバンバン買っているようでした。逆に仲良くなると、課金されるのにキャラクターをプレゼントすることもあった。ただ、複数でチャットや会話していると、すぐに自分の世界に入り、好き勝手に話している印象ですね。人の話はまったく聞かない。日々、ゲームが基本になって生活しているような人。現実とゲームの区別がついていないような気がした」
 社会から逃避してゲームの世界に入り浸って現実離れしていたとみられる英一郎さん。だが、最後となった6月1日12時20分のツイートにはこうある。
<誰も一人では生きられない> 
 5月末に英一郎さんは実家の両親の元に戻ったが、ツイートの3時間後、悲劇が起こってしまった。(本誌取材班)
※週刊朝日オンライン限定記事


交通事故は「高齢者」
殺人事件は「引きこもり」

これが今のマスコミのトレンドワード

文春新潮まとめ
・父親の実家は医者で5人兄妹、弟も医者、3人の妹の夫も医者
・英一郎と9歳年下の妹がいて、妹は下からずっと学習院で学習院大学卒業
・母親は近所でも有名な教育ママで、成績が悪いとおもちゃを捨てるなど容赦ない態度だった
・英一郎と母親の関係が悪いのは親戚中で有名で、中高あたりで下克上を成し遂げる
・父親は多忙を理由に家庭内のことは妻に任せきりだったが、定年後は母親抜きで食事をしたり交流はあった
・中高一貫の進学校へ入学するが落ちこぼれ、この学校から大学に進学しなかったのが英一郎だけだった
・ブラブラ時代を経て名も無き大学・名も無き大学院(通信か?)を一応終える
・官僚仲間は父親から代々木アニメーション学院に通っていると聞いて、うまくいってないと察知深く聞かないことにしてた
・介護していた父方の祖母が亡くなった後、英一郎は実家に戻りたいと言って戻る
(部屋が空いたからか?)
・父親に同情的な報道が多いのに図に乗って父親の妹が
「兄が子供を始末したのは武士と同じ立派な覚悟」とインタビューに答えてた


そして
http://nanasepn.com/wp-content/uploads/2019/06/noname-12.png

見てるとね
高畑裕太
あと
小和田雅子
被るわ

知的障害は無いとされる自閉症か

強度の他者依存により
極端な社会性の欠如と
内側へ向かう暴力行為

違いがあっても
傾向としては
似てる

実家に戻って一週間での事件

そもそもの
別居中の英一郎の生活状態と
実家に戻ってきた理由と
両親が戻るのを受け入れた理由

これが不明確

40代の男と70代の両親では
力で敵うはずも無いだろう

寝ている所を襲ったようにしか思えないが

実家に戻るまでの経緯や
それまでの関わり方がどうなのか

所謂
片親家庭や低所得者家庭
といった
経済状態で誤魔化せない
収入や家族構成に問題の無い環境
及び、社会的な地位にあった
高級官僚の家庭での出来事
ということが
世間に自閉症や精神障害に対する
本当の問題を露わに出来る

池袋の交通事故もね
生活の為ではない高齢者自身による
無自覚な運転行為という
問題の本質を露わにした事件と同じ

 殺された英一郎さん(44)と2004~05年ごろに知り合ったという知人は、「深く付き合うのは面倒な相手だと思い、“付かず離れず”を意識していた」と振り返る。知り合ったきっかけは、コミックマーケット(コミケ)に出品していた自作のマンガ同人誌を、英一郎さんが購入したことだったという。

「私が新刊を出すとほぼ毎回、同じ物を複数冊購入してくれました。数千円もかかる差し入れをしたり、同じ作品を複数冊購入する人は他にはいません。どこか、他の人とはズレた感覚があるように感じていました」

 英一郎さんは自分の作品を売る側としてコミケに参加したこともあったという。
「その時に一度、お父様にもお会いしました。コミケのブースに挨拶に伺った時に隣の初老の方を指し、“父です。父もあなたのファンなんですよ”と言っていましたね――」

 英一郎さんは、都内屈指のエリート校である私立駒場東邦中学、高校の出身。中学2年の時から家族に暴力を振るうようになっていたとも伝えられる。毎年、数十人が東大に入るなか、代々木アニメーション学院に進んだという。

父自らが“結着”をつけた家族の肖像はいかなるものだったのか。6月6日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

「週刊新潮」2019年6月13日号 掲載


15年前
息子29歳
父親61歳

定年退職して
天下りで大使になった頃?

父親は
悠々自適な第二の役付き人生
息子も
企業の中堅何処の年齢

コミュケか・・・

父親は息子と接点持とうと付き合ったのかな
だとしたら
切ない

子育て任されていたという母親とは
接点どころか
憎しみだけが募った状態だったようだし

アスベには言葉や行動では
通じないし、反応がオカシイから
厳しくとか
強要とか
そういうのが極端になりがちだし
他の兄弟がアスベでなかったら
なかなか苦しいものがある

どうしてお前は?!

っていう

だけど
それが
この息子の様な状態になる原因ではないだろうと
それは
後付けの理由にしかすぎない

ここに
甘やかしが
必ず介入している

ゲームを与えたり
お金を好きに使えるようにしたり

それは
はいはいいいわよ
ではなく

そうすることで
親が
暴力や
騒がれる事からの
一時しのぎの回避のツールとして
利用した


ではないかなと

今は類推する

もう少し情報が出たら
続きを書きます





関連記事

コメント

[C8849] 話の順序が違うのでは?

自分の中に不安が有るから引きこもるんじゃないかしら?
社会に不安を覚えているんじゃなくて、自分に都合の良い社会じゃないから、社会に不満を持って居るだけでしょう。
親族に実際引きこもりが居るから言います。
親の自分と子供への甘やかしが原因の殆どと思っています。
将来への視点が無くて、現在の自分が楽な方へ流れる親が引きこもりを育ててしまうのだと思います。
  • 2019-06-09 17:09
  • 雑草
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/3416-3f18e0d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード