FC2ブログ

Entries

天皇家の肉体鍛錬法 幼少時の「裸体操」や「丸太渡り」

6/24(月) 7:00配信


天皇陛下はジョギングで体作りをされたことも(共同通信社)
「体調管理も皇族の仕事」──皇室では、代々そう伝えられている。突然の体調不良で公務の取りやめや変更が生じれば、国民の落胆が大きいからだ。日本各地、時には海外を訪問し、分刻みのスケジュールをこなす天皇や皇族方の務めは“体力勝負”だ。ハードな公務を担うため、皇室には単なる体調管理以上の「肉体鍛錬法」がある。
●入浴前の「裸体操」
 天皇は、皇室史上初めて乳人(めのと)をおかず、両親である上皇夫妻のもとで育てられた。
「入浴前に、裸で体操することが日課だったそうです。当時の東宮御所の浴室の隣の部屋で美智子さまが手足を持って伸ばしたり、バタバタさせたりする。
 ハイハイなどもできない時期からの“裸体操”のルーツは、上皇陛下が少年時代、乾布摩擦をして体を鍛えたことにあったそうです」(皇室記者)
●バランス感覚を鍛えた「丸太渡り」
 式典などでは長時間立ちっぱなしということもある。そのため、上皇は特に「足腰の強さ」にこだわった。
「上皇ご夫妻のアイデアで、天皇陛下の遊び部屋に、角材の“平均台”が設置されました。バランス感覚を養うためのもので、陛下は遊び感覚でその上を行ったり来たりしたそうです。それをマスターすると、今度は庭に松の丸太が5本ほど積み上げられた。その上を歩いたり、昇ったり降りたりすることで足腰が鍛えられた」(同前)
 皇族はウインタースポーツとの関わりが深い。天皇ご一家や秋篠宮皇嗣ご一家は、家族でのスキー旅行が恒例だが、それにも足腰の鍛錬という意味合いがあるようだ。
※週刊ポスト2019年7月5日号


もうね
ギャグかと

519 可愛い奥様 2018/09/24(月) 15:37:35.31 ID:PRdIsNl/0
昨日の秋季皇霊祭にちなんで、少々古いですが宮中祭祀に対する皇族方の姿勢について対談形式で述べている資料をどうぞ
宮中祭祀というブラックボックス
https://hinomoto.wiki.fc2.com/wiki/%E5%AE%AE%E4%B8%AD%E7%A5%AD%E7%A5%80%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

要約
・今上陛下皇后陛下は、祭祀にものすごく熱心でほとんど欠席したことがない
・今上陛下は「祭祀にたいする熱心さは非常に突出している」「新しいタイプの誠実な天皇だと思います」
・今上陛下の「古希を過ぎても」「みずから祭祀を執りおこなうというスタイルと気魄は昭和天皇から現天皇に継承されている」「現天皇のもつ決意を感じます」「ぜんぶ自分でおこなっている。昭和天皇にもなかった」
・「祈る」ということがどういうことなのか、美智子皇后は皇后なりにたぶんわかっている
・秋篠宮同妃両殿下も、祭祀の出席に熱心で、滅多に欠席していない
・貞明皇后が、昭和天皇にたいして「ほんとうに神を敬わないと神罰があたるぞ」といった
・昭和天皇と香淳皇后との間で、祭祀に対する温度差があった様子
・香淳皇后が可愛がっていた女官が祭祀に厳格な宗教団体の信者で、香淳皇后も半ば信者に近かった?
・賢所に冷房を入れようとして、(昭和)天皇からは許可を得るものの、(香淳)皇后に「とんでもないこと」と言われて断念
・香淳皇后に痴呆の症状が出た頃から、昭和天皇も一旦は同意した祭祀の簡略化を拒否し、一層熱心になった
・明治天皇も、大正天皇も、晩年はみずからは祭祀を行っていない
・昭和天皇が晩年になっても祭祀にこだわるのは、皇后以外に高松宮の存在も無視できなかったことが、入江日記からはうかがえます。
・今上と常陸宮の間に確執はないようだが、皇太子は弟宮に対して対抗意識があるのではないか
・皇太子夫妻は国民世論(女性天皇に賛成)を味方につけながら、これまでの伝統と決別して新しい伝統みたいなものを自分たちでつくっていきたいのではないか

要約
貞明皇后、香淳皇后と歴代の女性皇后の方が祭祀に熱心だったように見えるのは
歴代天皇は、生まれながらにして「神々の直系」だが、歴代皇后は努力を重ねてそこまでの地位にのぼることができる
この違いが、祭祀に対する姿勢の違いにもつながっていたのではないか
昭和天皇も香淳皇后に痴呆の症状が出るようになってから一層熱心になったのは、大正天皇のご病気と貞明皇后の祭祀に対する熱心さの関係と似ているかもしれない

抜粋
現天皇と現皇后は、どこかの県を訪問するとか、外国訪問も含めてですが、すべてのスケジュールを宮中祭祀にあわせるんです。
とにかくこれを最優先する。場合によっては、午前中に祭祀をすませて、そのあと新幹線で移動するとかいうようなことまでしています。
(略)
保阪 秋篠宮夫妻はずいぶん熱心に出席していますね。
原 そうです。他の皇族でいちばん熱心なのは秋篠宮夫妻と紀宮。次いで常陸宮夫妻。三笠宮家は必ずしも熱心ではない。
(略)
原 貞明皇后にいわせれば、祭祀とはまちがいなくおこなうだけではダメなんです。そのぐらいはできて当然。
そこにプラスして「祈る」という行為のうちに、ほんとうにアマテラスなり皇祖皇宗を畏れる気持ちがあるかどうかが大事であって、昭和天皇にはそれがないと叱ったわけです。
(略)

秋篠宮さま 江森敬治著 毎日新聞 1998年
(昭和天皇は)「私にとっては祖父に当たるわけですよね。
ただ、私は昭和天皇というのが、別の世界にいる人のようなとらえ方をしておりました。
自分でそうしていたのかもしれないですけれども同じ家族という感じでは、接してなかったです。
これは皇居という堀に囲まれた地理的要因が大きかったのかもしれない」
「とにかく私なんか、幸せな時代に育っていますから。随分、違うと思います。
ご苦労話を、昭和天皇から直接、聞くという機会はなかったです。
そういう話をあえて昭和天皇はされなかったのかもしれません。
こちらから聞けばなにかあったかもしれないのですが、むしろ、私は父からそういう話を聞いたことがありました」
「宮中祭祀を大切にしていきたいと思っている。拝礼の時も心の持ち方が大事であると考える。
私はいつもご先祖様に話し掛けるつもりでお辞儀をしている」

関連記事

コメント

[C8884] Re: マサヲちゃんは

> マサヲちゃんは早くowdから乳離れしなったからね。もう手遅れだけどね(;´д`)

ホント、その通り


  • 2019-06-25 07:42
  • まるが@
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/3431-7f46f509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード