FC2ブログ

Entries

雅子さま 急遽の「お出まし中止」の背景にあるプレッシャー

『日本書紀』には、古代の雄略天皇が皇后に「養蚕(ようさん)」を奨励したという記述がある。現在の皇室のご養蚕は、1871年、明治天皇の皇后である昭憲皇太后によって復興された。それ以降、代々の皇后に受け継がれ、今も春から夏にかけて取り組まれている。美智子さま(84才)もその歴史の重みを受け止め、皇居内の紅葉山にある御養蚕所へ足繁く通い、伝統を紡いでこられた。

「御代がわりの行事が立てこむため、雅子さま(55才)が本格的に取り組まれるのは来年からです。ですが、7月10日には天蚕(てんさん ※:注)の収繭(しゅうけん)作業のため、御養蚕所を訪ねられる予定でした。美智子さまも毎年この時期に御養蚕所に通われたので、それに倣われたのだと思います」(宮内庁関係者)
(※:注/日本、朝鮮半島、台湾などに分布する蚕の一種。山繭とも呼ばれる。屋内飼育ができず、木に網をかけて放し飼いをする)
 ところが皇居へ到着予定の30分ほど前、皇居・半蔵門に詰めかけていた報道陣に「お出ましは取りやめ」の一報が入り、驚きが広がった。
「知らせが直前になったのは、ギリギリまでお出ましを模索されていたからでしょう。実は翌11日には、東大教授から地球科学の講義を受けられる『ご進講』があり、さらに12日には離任するベルギー大使夫妻とのご引見が控えていました。連日の公務を考慮し、大事をとられたのでしょう」(前出・宮内庁関係者)
 雅子さまの御代がわり以降の公務は、順調そのもの。それだけに、養蚕へも予定通りに取り組まれると期待されていた最中の出来事だった。

言訳中略

 お迎えする行事やイベントには、雅子さまを一目見たいと心待ちにする参加者は多い。そうした気持ちを、雅子さまがいちばんよくご存じだ。ある皇室関係者が言う。
「公務に出られ、衆目のあるところでは、決して笑顔を絶やされません。もちろん賓客の前では、国の代表として気品と気遣いが溢れる応対をされていらっしゃいます。
 しかし、裏に入ると、ふと重圧やお疲れを感じる表情を浮かべられることがあります。フーッと大きく深呼吸をされている場面もありました。 療養中でありながら、連日のお務めを果たされているのですから、無理はありません。雅子さまはそうした苦悶の表情をひた隠しにされながら、日々の公務に向かわれているのです」

 ただし、いくらそうした強いご覚悟をお持ちでも、15年続いているご病気は簡単には抑え込めるはずがない。前述の御養蚕所ご訪問もそうだが、多くの人の目に触れない、私的なお務めは、大事をとって休まれることも少なくない。例えば、6月16日、香淳皇后のご命日に執り行われる宮中祭祀「香淳皇后例祭」に、雅子さまは出席されなかった。
「宮中祭祀は、伝統的な装いを特殊な方法で身につけるなど、女性皇族に多大な肉体的負担をかけます。
 雅子さまにはこれから秋にかけて、ご自身が主役になられる行事や、多くの人が出席を期待する公務が立て続けに待ち構えています。限界に近い状態とは思われますが、側近と話し合われながら、薄氷を踏むような調整をされつつ、“本番”に臨まれるはずです」(前出・皇室ジャーナリスト)
※女性セブン2019年8月1日号


恒例の「最初っから出る気無し」

模索していたのは、あくまでも周囲であって
本人ではなし

引継ぎだって
職員にやらせて本人行かなかった

そもそも
蚕を触る気も無しな
虫嫌い

ただそれだけの理由

これが虫いじりではなく
飲んだり食ったり付きの
仕上がった反物を持ってお手ふりなら
ニラニラ笑いながら出てくる
ドタ出をやらかす

プレッシャーとか重圧とか
歴史の重みとか
そういうの
一切関係なし

言葉がね

拾われない

会見も
一切無し


ニラニラぎゃははで
本人が「出来る程度の」
なんとか取り繕える姿しか

無理なんだろう

平成天皇時代の参内でも
パレード参内お手ふりだけで
実際は、面会せずに帰ってたっけね

結局、
蚕を見る事も触る事も一度も無いまま
表舞台から消える

中韓エリート以外の発展途上国のアジア人と蚕は同列
気持ち悪い昆虫でしかなし

8月に何か起こる?
欧州経済崩壊?
小和田父か徳か
タイムラインが毛細血管のように
伸びていく先々で幾つもわかれるのは
水面下で
または
公でも
攻防が繰り広げられているから
所謂
押し合いへし合い状態

だけどね

してしまった事は
そのツケを払う事になる
無かった事にはならない

関連記事

コメント

[C8912] オシラ様

いつも拝見しております。
タイムリーな記事をいつもありがとうございます。
2018.5.13の過去記事を再読しております。

嘘と偽りで国民を欺く皇后陛下と、それを支える外務創価のお仲間の皆様。
こんな状態がいつまで続くのかと思うと、胸が重くなります。

オシラ様という神様のお世話。
これがどれほど大切なお役目かを、全くご存じないとは。

永年に渡り培われてきた日本という稀有な国の皇室の伝統や文化を、受け継ぐ気も守る気もないお方。

悠仁親王殿下が、正式に127代の天皇陛下として御即位なさるまで、
混沌とした令和という時代が続いていくのですね。
それをウガヤフキアエズの世というのでしょうか。
国民として、覚悟を持って静観するしかないですね。

どうか日本という国が守られますようにと、国民として祈ります。
神社への感謝の参拝を続けていきます。

6月のシャンプー様、いつもありがとうございます。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/3442-a57afd83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード