Entries

ananな智くん

anan
翔ちゃんの裸ん坊ヌード
バックナンバー増刷されて、アイドル誌のコーナーにあった
嵐のバックナンバーも、色々あった
週刊のオリスタまでも




智くん表紙のanan

こじんまりと映ってて
なんだかとっても智くんらしいw

でも

買わない

この雑誌は買わない
どんっっなに可愛い智くんが載ってても
買わない


なんなんだ
「SEX特集」って
もういい加減
80年代に、プチセブンだのセブンティーンでSEX洗脳された
時代遅れのフェミナチ思想の中高年編集者たちを辞めさせて
新鮮な新しい編集者達に任せたらどうだ?

30年間使い古されたSEXネタばっかりじゃんか
本来のファッション誌に立ち戻らねば、
いつまでも下品な風俗誌のままだよ
ananは

以下、読みたい人は自己責任で
今回、特集が生田くん
コーナになって平積み


興味本位な性表題で、若い女性読者をとびつかせようとする目論見は、
あたかも「生田斗真はこんなSEXしてますよ」的な思わせぶりな表紙だ
しかし、読者を裏切る、なんとも無味無臭な生田斗真くんのグラビア

これでよくわかった

生田斗真というタレントは中途半端

これだったんだ
どこかふっきれない
しっくりこない
印象に残らないタレント

彼の人間性がではなく、タレントとして中途半端ということ

この2年?3年ほど、猛烈な事務所の押しで、
ドラマも脇から深夜枠でも一応主演へ
映画では、文豪の生誕祭に有名作品を有名監督で主演という
ここで注目を浴びて、一躍、演技派俳優としてジャニ初の
デビューしてない成功者となった


はず



なんだけど
番宣以外には、全くと言っていいほど話題にならず
少なくとも目にする評論に、
生田斗真という俳優の「演技」に対しての評は皆無に近かった
よくも無く悪くも無く
「熱演」「好演」程度ばかり
どこがどう良かったのか、悪かったのか、詳細は目にしたことがない
いうなれば、
この人「がんばってやってたよ」という内容だけだった

これは、魔王の時に感じたのと同じ

役的に損をしている

石坂氏にそう言われたけど
役的に損
なだけではないだろう

W主演という折角のポジな上、
原作は刑事が主役だ
十分、主役としての演技の見せどころがいくつもあったのに

ただの暑苦しいセリフと表情の羅列
大袈裟な驚き顔
絶叫

これで演技と言われても・・・

最後の17分間の死闘のシーン
死ぬ気満々の成瀬の最後の挑発に
「打てない」といい出す芹沢の顔
表現力、セリフ回し

大袈裟すぎてぶち壊し感あり

確かに「熱演」だ
しかし、それを演技力があるとは言わない

大野智の論評に、「熱演」という言葉は見かけない
存在感ある演技とか、セリフなしの表情だけの演技が素晴らしいとか
実に具体的だ

そう比べると
如何に「熱演」という言葉が、便利で曖昧で社交辞令な言葉であることがわかる

大野智という
見た目中学生で
大仏顔で
滑舌悪くて
地味で目立たない代名詞だった人が
「神秘のベールを脱がされた」
と言われるくらいの演技力を披露
このギャップが、物凄いインパクト
嵐一地味な男が、どんだけファンを増やしたことか

そのギャップ男にすっかり全部持ってかれ、
終了後は、主演男優賞を総なめにした大野智の演技が絶賛されるなか、
既にW主演であったことすら忘れられてしまった感がある
もうどこを見ても、何を見ても「大野智主演」扱いだった

そらそうだ
本物の演技力の前に、社交辞令の熱演では話にならない
まだ放送中盤だったのに、「役的に損」と言われてしまったのは
つまり、W主演扱いでも、「既に大野智に全部持っていかれてるよ」
そういう意味だったのかもしれない

Pの評価も分かりやすかった
生田斗馬のことは一生懸命演技をやっている姿を褒める
大野智の事は、卓越した演技力を褒める
W主演なのに、片方を褒めて、片方を褒めないわけにはいかない

放送終了後の今も
大野智は演技が上手いという評価が業界にも視聴者にも定着した


それでも、ジャニーズは生田をプッシュプッシュプッシュ
・・・というより、
事務所に来たオファーを、とにかく生田に振ってる
そんな感じ

話が決まる前に、公開される前に、既に次の出演が決まってる、
またその次の出演も決まってる・・・なんてこと、ニノでさえなかった
あのハリウッドで評価を得たニノでさえ、翌年、ソロ仕事が無だった
「ハリウッドがどうだとか関係無かった、結局、日本での仕事は事務所がとってきてくれたものだった」@ニノ
そう
演技評を得ての生田へのオファーではない

月9の脇をとり付け、
次には深夜枠での主演ゲット
ところが、ストーリーがなんかいま一
というのもあって
記憶にすら残らない

数年前の小栗ブレイクを模範にしたかったのかもしれない

が、
何にしても、
演技評が皆無
精々、公開時の宣伝で新聞に提灯記事で書いてもらう程度で終わり
ファンでさえ、演技力を取り上げるようなことが無く
どこの雑誌も新聞も殆ど語られることが無かった

そして
映画
太宰治記念映画
名作「人間失格」

角川の社長がインタで言っちゃった
「青い炎で二の宮君がとてもよかったから
またジャニーズ事務所にお願いしようと
オファーしたら、生田君を出してきた」

あらら
で、棚ぼた的なこの折角なチャンスでも
やっぱり演技評が・・・皆無
良くも悪くも何も言われないというのは、
何の印象も残さない演技ということ
誰が主演かも印象が薄い
取り巻く女優陣の演技評ばかり

これだけの事務所のお膳立てを
印象を残さず終えていく

とりあえず
何とか残しているのは
番宣等に出て
俳優業をやってますという
名前の宣伝

そして、ananのお家芸SEX特集で釣ってみるものの
中身は、特集とは無関係の単なるタイアップ目的がわかる
無味無臭のヌードに
なんとなく遠回しなそれっぽいコメントが
一言二言の無味乾燥な記事
詐欺みたいなもんだw

それにしても、これでもかと店頭に膨大な平積みの山
一体どんだけ刷ったんだ?一か月以上経っても山積みのまま
何時まで完売しないんだ

結局ね、
アイドルで売るのか
正統派二枚目俳優で売るのか
今時ホストな芸能人で売るのか
実力派俳優で売るのか

これがどうにもはっきりしない
なぜか

それは
あまりに

本人に才能もキャラも無いから

喋らせてもふつー
演技もふつー
歌も踊りもふつー
舞台やってるからといても、これがまたダンスもふつー
顔がタッキー並みに絶対的な美形でもない、
どこかバッタのような癖のある古臭さ
今時流行りのエロ露出も、どこかアイドル然とした足枷が外せないまま


だから、どんなポジなのか?
よくわからない

とりあえず
ジャニ初の、
デビュー無い俳優業でやっていくのだろうけど
実力がどーってことない演技力だから、
賞も視聴率も興行的にも話題も無いし、印象も評価も残らない

将来的にも、デビューはもうないから、コンサートもない
当然冠番組もないし、司会業もない
ゲストで出るにも番宣だけだから、
ドラマや映画に出続けない限り、仕事そのものがない

この先、どんどん若手も出てくる需要の問題からいっても
おそらく、年とともにTVで見ることがなくなり、
よくありがちな「あれ?この人居たの?」的な舞台俳優になるパターンと思われ
たまに、若手ジャニタレの主演舞台にニッキみたいなポジで出演する
その舞台あいさつをワイドショーで見る
そんな感じかなぁ

なんか、これだけのチャンスを生かしきれない
実力の無さ、キャラの無さ
本人の問題以外の何物でもないんだけど

これ、ジャニーズ事務所じゃなかったら
ここまでお膳立ては無かった俳優仕事なのに・・・

勿体ないなとしかいいようがない

ということか
関連記事

コメント

[C380]

はじめまして。通りすがりなのに同感過ぎて笑っちゃいました。
彼に対する印象っていい子なんだろうなあということくらい。
「いい子なのは分かるよ」
それくらい。
若さだけが売りですよね。
  • 2010-04-28 07:57
  • 春美
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/366-a939e482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード