Entries

ハンコな人たち

谷亮子参院選出馬

はー
そーだったの

という

何というか、
この人
どんな経緯で
民主小澤とつながりが???
という疑問が・・・・

30過ぎて五輪なんて
この人はいつまで出場し続けるんだろう?
と思ってた

けど

なんで
参院選に・・・?
何をするつもりなんだろう?
柔道育成選手強化とかに?
スポーツ振興係みたいな?

ただ

五輪のメダルって
スポーツの学歴であって
選挙に出る「学歴」にするつもりだとしたら

お門違い

小沢のおばちゃんは
何を企んで
谷亮子選手に
何を
どんな風に
よくしてあげたんだろう?

ナンシー関女史のハンコにもあったね
谷選手が何れ、選挙に出るって
凄いな
当たってるじゃん
保身行為という言葉があるように
世の中、表舞台に立つ人も立たない人も
それぞれ自分が大事な時がある

けど

それは、分かっていて
だけど、人のために自分を犠牲に出来るのが
善意というのだけど

自分を大事にしただけの行為を、
人の為とすり替えるのを

偽善という

今は亡きナンシー関女史が彫った
アグネス・チャンの

「私が幸せ」消しゴムハンコ

15年ほど前
このハンコにそっくりな事をする人がいた

私より3歳くらい上だったかな

「人の為に生きるのが
私の使命だから」

そう断言した人を
後にも先にも
この人以外見たことなかった

ある日曜日の昼頃
住宅街の公園で
中学生か高校生らしい男子が5?6人で輪を作り
誰かを囲んでいたのか?よく見えなかったが、
何かを見ていたのか?わからなかったけど、
何かしていた?見ていた?ようだった

そのことを、通りがかりに見かけて
「何してたんだろうね?」
と、居合わせた知人達に話すと

彼女は、「地域住民の為に、私が行ってくる!!!」と言うなり
髪をゴムで束ねて、一目散に走り出した

私達はポカーン・・・・

私が目撃して、10分と経たない間だったのに、

「もう誰もいなかった!」

と残念そうに戻ってきた彼女

そう

残念そうに・・・である

その他にも、彼女のこういったエピは山ほどあるのだが、
それから、彼女の凄まじいエピを目撃しつつ、引っ越しを機に
この10年近く、会うことは無かった

ところが、
たまたま
私の友人が、彼女と同じ校区に住んでいて
子供の卒業の謝恩会で
先生たちを喜ばせる?為に、父兄で出し物をすることになったそうな

「な、なんで、父兄が出し物を????」と
地域がらなのか、私にはやや理解の範疇を超えた出来事でもあったが
友人曰く、
そう決めたのが、例の彼女だという

その出し物が、
ホタテの飾りをつけた手作り衣装で踊る
というものだと聞いて、

ますます

「????」

となってしまった

更に、友の話は続く

そこに10人弱いて、
友を含め3?4人は、「嫌だ」ったそう
しかし、
彼女は仕切る


「なぜ、先生を喜ばせようとは思わないのか?
喜ばせようと努力する自分の提案を嫌がるのか?」

と、嫌がるのは悪いコトいう理屈屁理屈で、
彼女に迎合する側近たちを味方につけて
絶対的な権力者のように決めてしまったそうな


友は、太った自分が、ホタテの衣装を着て踊るほど
みっともないものないと、この罰ゲームのような仕打ちに
他の反対者と一緒に嘆いたそう

「言えばいいじゃん、その場で、嫌ですって、誰も反対しないの?」と問う私に
「彼女、学級代表みたいにずっと仕切ってて、誰も反対出来ないの
反対すると、彼女を中心に敵に回すようなもので、色々あるみたい」
と友言う。

結局、ホタテの衣装が間に合わず、彼女とその配下の者だけが着て、
友達は、代わりに、どでかい花を付けるよう指示を受けたそう

「何より、自分が、先生たちを喜ばせたいっていう
それだけの為なんだよね」

という

10年経っても、彼女は何にも変わらないんだなぁ

目的である、その父兄のホタテ踊りで、先生達が喜んだのかどうか・・・
友に聞いても、「さぁねぇ?」と
そもそも、なんでホタテ踊りで、喜ぶ人たちがいると思うのか?
センスそのものを疑ってしまうのだが

その問題のセンスが炸裂した事例がこちら

彼女、親の家、つまり実家を建て替える際も口出しし、
ここをこういう部屋にしたいとか、夫の同僚が泊る部屋を作ってほしいとか
あれこれ注文を付けるものだから、
彼女の親はてっきり同居してくれるものと思って、いいなりに。
その所為で、とんでもない使い辛く、でこぼことした変な間取りで、
素人目で見ても、リフォーム業者でさえも、金を溝に捨てたようなもの
と言わしめた、へんてこな間取りの家が出来た。

全額出資した彼女の親も、「使い辛い」と愚痴るのだが
同居して面倒を見てくれると当て込んだ娘に言えないでいたらしい
ところが、僅か一年で、「自分たちの家を建てるか」と言って、
別にあった親の土地に、新築の一戸建てを建てて出て行った。

「娘一家が同居してくれると思っていたのに、
だから、言うままに建ててあげたのに、たった一年で出て行くなんて」
と親が言うと

「自分は最初から別に一戸建てを建てるつもりだったし、
この家は、親の為で、将来、他人に部屋を貸して
マンションのように、家賃収入がはいるようにと思ってしてあげたこと」

と、びた一文出資していないのに、さも当然の如く「してあげた」と言い切った。

とても人に貸せるような作りでも構造でも形態でもない家・・・
哀れな親は、娘の「親思いの善意」の前に、何も言えなくなってしまっていた

親に自分の意見を聞いてもらった
わがままを聞いてもらったという
感謝の気持ちは全くないらしい

彼女は「親に誠心誠意尽くすのが私の使命」とまで言っていたけど
彼女の言う「人の為」の基準が、どこにあるのかさっぱりわからない
傍から見て、彼女の言動行動すべてが、自分本位でしかないから

公園地域住民の件も
ホタテ衣装の件も
親の家の建て替えの件も

全て

彼女自身だけの自己満足による、自己中心的な「善意」
それに反する者は、悪者にしようとする、最も卑怯なやり方だ


あの
公園地域住民の男子学生達も
あの場に残っていたら
彼女の「私が幸せ」なら「自己中な善意」の活躍の場となっていただろう
だから、彼女は嬉々としてすっ飛んで行き
その折角の活躍の場が無くなっていたから、
残念そうに帰ってきた

10年ぶりに友から彼女の話を聞いて
あの男子学生がいなくなって
戻ってきたときの、彼女の残念そうな姿を思い出す

その姿は、あたかも

おいしい獲物を取り逃がしたかのようだった

アグネスの自称善意とやらが
10年も前にナンシー関に見破られ、ハンコにされていた

この偽善な消しゴムハンコを見ると
彼女を思いださずにはいられない


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/397-6f044576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード