Entries

HOW’ IT GOING!

完成度高いな・・・

率直な感想です。
シングルは、充分聞いた曲でも、
こうやってアルバムの中で通して聞くと、新鮮に感じたり
新たな感想が湧き上がったり・・・・やっぱり完成度高い。

『どんな言葉で』
これ、目立たない曲だけど、すごく手が込んでていい曲です。

先月かな、ダイノジさんが、嵐のアルバムはレベルが高いと絶賛してくださいました。
それより、もっと昔。
それこそ、このHOW’が出たときの、音楽dbというサイトでの評価が高かったのを覚えています。
私は、まだ嵐のファンどころか、ジャニーズといっても光ゲンジで思考停止だった頃。

  『大野智の伸びのあるボーカル』

↑とりあえずコレははっきり覚えています。
辛口評価の音楽サイトで、絶賛されていたのが、宇多田と嵐。

 「ふーん。ジャニーズなのにねー」という感想でした@当時

でも、こうやって改めて聞いてみると、嵐のアルバムは本当にいい!
大野君の伸びやかな綺麗なボーカル&フェイク
翔ちゃんの個性的なサクラップ

ジャニーズの中にも歌がうまい子はいるし、
ラップを歌っている子もいるらしいけど、
この二人は別格のジャンルを確立していると思います。

それが、嵐のアルバムをより高レベルなものに仕上げているといっても過言ではないと、
こうやってアルバムを聞き込むたびに感じています。

残念ながら、HOW’のレビューがもう手元にありませんが、
ONEのレビューがありますので、読みたい方はどうぞ↓↓↓

DATE: 2005/08/28(日)CATEGORY: 音楽♪
OngakuDB.comオススメ作品--嵐『One』.
text by Hayashi

何はなくともまずSMAP。で、その後に嵐。そんなリリース状況をちょっぴり気の毒に思いつつ、今年も夏に嵐がやってきた。そんな律儀な彼らの早5枚目を数えるオリジナル・アルバム。
本作でも海外のミュージシャンを贅沢に使ったハイレベルのサウンドを軸に楽曲を展開。「Overture」から始まるホンモノ志向、シングル曲はたったの1曲(成り行き上か作戦かは今だ不明だが)というアルバム志向であることに変わりはない。新しい作家の起用にも積極的で、突出した楽曲こそないものの、キメ細かく粒が揃っているのは頼もしい限りだ。
とはいえ彼らの“等身大”に対して、作品が急激に成熟を早めたことの反省からか、全体的に聴き心地はずいぶんと軽くなった。さらに後半に個々のキャラクターに沿ったソロ楽曲を固め、バラエティ感の演出とエンターテイメント性を強化するという、新しい試みも。大野は一人舞台をミステリアスに演じ、相葉は声の軽さに見合ったサマー・レゲエ曲を歌う。松本は妖艶路線、二宮は可愛らしさ全開の南くんポップな曲を、櫻井はラップ入りアーバン・ソウルでお洒落にキメる。これまで宝の持ち腐れだったそれぞれのキャラクターと、ジャニーズ内でも定評のある歌唱力が生かされた、粋な施策だ。ただ、いくら楽曲のバリエーションを広げたくても、締めに置いたハイ・エナジー曲は安直過ぎる気も。ポジティヴに終わるのにも程がある。
通常盤のみSpecial Summerトラック「風見鶏」収録


それにしても、この方、
嵐ファン?


関連記事

コメント

[C673] Re: Hayashiさん

こんにちは

嵐って、ゆあまそーそー歌ってる位しか知らなかった頃だったので
ジャニーズって歌下手っていうイメージが強かったから
この音楽的評価は、嵐を知らないジャニーズの固定観念しかなかった私にとって、
とてもインパクトがありました

嵐の音楽性って
大野智のボーカルって

そういうね
インパクトが残って
その後嵐ファンになるまでの経緯の中で
この嵐の楽曲を少しずつひも解く様に聞いて行くと
そのクオリティの高さと
大野智のボーカルの魔力の様な魅力にすっかりはまってしまった

今じゃ抜け出せません
毎日聞いても飽きません

林さんのレビューを他でも探してみたのですが
ongakuDB以外では見つけることができませんでした
10年も前の話ですが
このレビューは保存しておいてよかったと思います
  • 2011-12-17 09:16
  • まるが@
  • URL
  • 編集

[C672] Hayashiさん

突然失礼いたします。

OngakuDB、わたしも当時読んでいました。

まだ嵐が誰の評価も受けられず、
CDもまっっったく売れず、
そんな中、嵐の楽曲のクオリティの高さ、
リードボーカルの素質の高さを
唯一と言っていいほど毎回認めてくれてたのが
Hayashiさんという方で。
わたしはジャニーズが苦手だったのですが、
嵐は楽曲とキャラクターに惚れ当時大好きで、
どうしたらみんな良さをわかってくれるんだろうと
やきもきしていたところだったので
この方の存在はもう神様のようでした(笑

今は嵐も随分変わってしまって(ファンの方は変わらないと言いますが…)
ファン層も当時とは全くと言って良いほど変わり
自分も含め、当時のファン仲間はTimeあたりから我慢ならなくなり
10周年の頃には皆無になったため
最近の楽曲も活動も殆ど知らないのですが、

でも大野くんの麻薬のような中毒性のある声、
そしてハイクオリティなサウンドはたまに恋しくなります。

そして、Hayashiさんは今の嵐をどうレビューするのかも
気になります。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/5-755b6126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード