Entries

子供を老後の介護保険にしないこと

25歳ニート息子追い出した父親 「立派」なのか「責任放棄」なのか

この記事読んで
他人事ではないと思っているご家庭も多いだろう
昨今の事件を見ても
50代無職ニートが親を殺した
親が子を殺したなんてザラにあるんだもん
過去エントリーでも取り上げたけど
子育ての最終目標は、「子の自立」親は「自立した老後」だと私は思っている

だから、子供を自立させることをしなかった親は
50を過ぎた子供が自立しないからと文句を言ってはいけない
と書いた

50を過ぎてもずっとニートで無職な人間を
自立なんていうのは土台無理な話
二十代半ばまでにどうにかしないと、手遅れ
30でも遅いくらいなんだから

今まで、自分で就職して生活力を身についけていたら
転職や倒産で無職になったとしても、
社会的な自立はしているだろう

しかし、自身の卒業もままならず、就職活動もしたことなく、
ずーっと家族に面倒みてもらう依存的生活をしてたら
その依存を断ち切られることに、物凄い攻撃的になるだろう
自身の生命線を切られる様なものだから、殺人事件まで発展したりするのも頷ける

ただこの例で感心したのは、
よく出て行ったなということ
しかもたった十万円で

考えてみたら
この息子
障害の気があるかも
10万で貯金(無いだろ、無職ニートなんだから)無しで、
家を出たらどうなるか、考える力もないくらいの知力なのかもとか・・・ねぇ?

もしかしたら、記事には無いけど、アパートの保証人とか敷金礼金は、
とりあえず親が出したのかもしれない
渡した現金は10万だけでも
敷金礼金引越し代金まで現金で渡したら、
きっと全部遊びや食費に使いきってしまうかもしれないバカだからかもとか

実年齢が25歳なら、親に養育の義務は法的に無くなる
野垂れ死にしようと浮浪者になろうと
親は、もう死んでいいと思ってるくらいだと思う
ゲームもパソコンも渡すな
家財道具は、今までの生活費と手切れ金代として回収しておけばいい

親自身が、子供を介護保険にする話をしばしば耳にする
やれ自分の老後の介護をしてくれだの、
親が死んだら困るだろうとか、
子供を介護保険扱いすることが、一番の癌

25なら、あと25年国民年金を払えば、一応、今のところ年金が65からもらえる
まだ、やり直しの可能性がある年齢だ
後は本人次第
身体が健康なら、肉体労働だって有る
親はその最後のチャンスを与えてくれた
そう感謝するしかないだろうね
それが出来ないなら
潔く野垂れ死にすることだ

生活について、中学生までは親の責任
高校から成人までは、親と子半々の責任
成人以降は、大学生も含めて本人の責任

ニート無職は、親に幾らかでも経済的余裕があるから
障害者でなければ、それに集って甘えているだけ
親が今日明日食うのが精一杯の生活なら、
ニート無職なんて有り得ないからね



トイレの神様の歌詞で

入院していたお婆ちゃんのところに行った彼女に
ほんの少し話しただけで、お婆ちゃんは
「もう帰りぃ」って行ったという箇所

この部分が一番泣ける

お婆ちゃんは、年老いて病床にいる自分のことより、
孫娘の生活のことを第一に考えてくれていた言葉だ

私の今は亡き母方の祖父もそうだった
私が小学生で弟が幼児だったころ
糖尿病の末期で、記憶障害も併発していたが
母たちが入れ替わりで見舞いや介護にくると
兄弟でも下で、一番幼い子供がいる母に言った言葉を覚えている

「わしのことは、もういい、早く帰ってやれ、○子も○男もまだ小さいんだ」



このトイレの神様を聞くたびに
祖父の言葉を思い出す

そんな祖父は、元警官だった
戦後まもない当時、闇米の取り締まりをしていた祖父は、
金持ちの闇米は見逃し、子どもたちに食べさせるために
貧乏人が買い求めた闇米は取り締まるという警官の仕事に納得がいかず
自分も結婚し、子供が5人も6人もいたのにあっさり退職
家族を地方に残したまま、仕送りしながら東大農学部に入学、
農民になるべく学問を身につけ、養鶏場をはじめ、当時のインフレの経験から
土地を買い農場をもち、地主となった叩き上げの人だった

その遺産が、後の子供たちの相続争いの元にもなったが、
結婚した母は、早々に相続権を放棄して、祖父祖母の老後の介護に努めた

安定した公務員の職を捨て
自力で農民になり財を成した祖父の生きた時代は、
ニートだ無職だ生活が出来ないだというのは戯言だとしか言いようがない時代

生きることが精一杯の戦後の混乱の中で、無職ひきこもり遊び三昧な生活など有り得ない
そんな時代の中で、しっかりと生きた祖父の

「早く帰ってやれ」

この言葉は、今でも私の心の遺産となっている

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/638-cfd2c5d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード