FC2ブログ

Entries

東北大震災25

菅首相、韓国からのお見舞い書簡に感謝の意―韓国メディア
2011/03/23(水) 11:49  


  菅直人首相は21日、東日本大震災を受け、韓国の各政党の代表が送った哀悼とお見舞いの書簡について、謝意を記した返信を行った。各政党が22日明らかにし、韓国の複数のメディアが伝えている。

  韓国の各政党代表は震災発生の翌日12日、被災者への哀悼とお見舞いを伝える書簡を、在韓日本大使館を通じて菅首相に送付していた。これに対し、菅直人首相は、在韓日本大使館を通じて与党・ハンナラ党の安商守代表をはじめ、民主党の孫鶴圭代表、自由先進党の李会昌代表に返信の書簡を伝達した。

  菅首相は書面で、「日本政府と日本国民を代表して心から感謝する。日本政府は地域住民を含め、全国民が難局を克服するために最善を尽くしている」と述べるとともに、「被災地での韓国国民の被害を最小限に抑えるよう努力する」と伝えた。

  一方、ハンナラ党の安代表は22日、駐韓日本大使館に用意された大震災の犠牲者のための弔問所を訪れ、哀悼の意を表した。「日本国民は、地震による災難を克服できると信じています」と記し、武藤正敏駐韓日本大使に「逆境を克服するのに少しでも役立てれば」と義援金を渡した。また、「私たち韓国国民は、日本の大災害を一緒に心を痛め、心配している。早期に復旧するように願う」と述べた。

  これに対し武藤大使は「韓国が温かい家族のような心で、日本を心配してくれたことに感謝し、勇気を得ている。韓国が見せてくれた温かい心を忘れない」と答えたという。(編集担当:李信恵・山口幸治)



何をやっていたのか

突然姿を見せなくなった菅

こんなことをやってたのか・・・呆

国家の一大事の真只中、首都圏の水道からはWHO基準値の200倍ものヨウ素が検出され
東京が水パニックになっていると言うのに

たった5人しか派遣せず、その上、被曝が怖いからと現地入りしないまま帰ったのに

それにしても、韓国が見せてくれた暖かい心って何ソレ?
今の今まで見たことも聞いたこともないけれど、
韓国人が被災地で窃盗を繰り返して逮捕されたり大迷惑なんで
本当に暖かい心があるなら

とっとと自国民を引き取りに来いっ

●参考
―――――――
アメリカ 空母派遣 援助隊140人 救助犬10頭以上 救援用機材約150トン分
ニュージーランド 援助隊54人 救助犬
オーストラリア 救助隊72人 救助犬
ドイツ・スイス 援助隊70人 救助犬
イギリス 援助隊63人 救助犬2頭
フランス 援助隊30人
タイ   援助隊24人 救助犬6頭 義援金1400万円
トルコ  援助隊3チーム
シンガポール 援助隊5人 救助犬5頭 
ロシア  天然ガス15万トン 救援隊200人待機
アフガニスタン 義援金400万円 
(激戦中にもかかわらず「アフガン復興を支援してきた日本に対し、市民を代表して地震と津波の被災者を支援したい」)

★台湾 義援金2億8千万円 ★救助隊は支那への配慮から2日待たされ到着
(最も早く支援を表明し、これだけの巨額の支援にもかかわらず、全くと言うほど報道されず)

▲支那 援助隊10人 義援金1000万円 ▲副大臣が空港に出迎える国賓待遇

▲韓国 援助隊5人 犬2 義援金0円 ▲副大臣が空港に出迎える国賓待遇
(救援隊ではなく、自国民の安否確認のための、役人の日本視察。殆ど東京に滞在。TVでは「一番乗り」と大々的に報道)




さて
前回のエントリーで、頑なに米軍支援を拒絶し続ける管は、中共の指示を受けているのでは?
という個人的な想像を書いたけれど
こんな記事を発見
「続きを読む」に転載しましたのでご参照あれ


>盲点となっている場所だ。そのとき、内部のスパイは、セキュリティシステムを無力化したり、潜入してきた特殊部隊を誘導したりといったサポートを行う危険性がある

・・・って
菅政権がやってる事、それそのものじゃね?

あそこまで頑ななのは、菅一個人の政権への執着だけではなく、
工作活動の一環なのかもというのが、冗談抜きでリアルだ

朝鮮人らによる政治献金が次々明るみになっていたし、
強制節電も、北の資金源パチンコ屋だけが適応外なのも頷ける

朝鮮、支那、
これらのスパイが政権をとってしまったのかもしれない
数年前から、泊原発、柏崎原発で不審火が相次いでいた
北海道電力泊原発3号機の建設現場(北海道泊村)で続発する不審火は、警備の盲点となる場所が狙われており、内部犯行との見方が一段と強まっている。
不審火は7月以降で6件に上るが、昨年12月には定期点検中の2号機で、今年3月には3号機でもぼやが発生、いずれも未解決のままだ。(2007/08/14 01:56Sankei WEB【産経新聞】)
一方、東電では
23日午前11時頃、柏崎刈羽原発の敷地内でまた不審火があったという。
あの中越地震での同原発の火災以来、12件目の不審火だ。
2010年08月26日20時00分

*******************************

2010年文春記事より

氏名は「A氏」としておこう。彼は、柏崎原発(柏崎刈羽原子力発電所)で働く技術者である。正式な電力会社の社員ではない。「協力会社」と呼ばれる会社の派遣職員である。そこから出向しているのだ。

しかし働く場は、社員たちと同じ厳重な被曝防止措置が取られた「管理区域」。原子炉やタービンがある原発の心臓部だ。そこへ入る者は、何枚ものビニール製の「配布」シャツに着替え、帽子、手袋、靴下に至るまで完全防備が必要となる。

かつて、A氏のような立場の者が、原発を渡り歩く一時雇用の技術者の問題として、取り上げられたこともあった。住所は柏崎市内。賃貸アパートに住んでいる。独身だ。

一見すれば、まじめな労働者。ただ寡黙なことが奇異な印象をもたらすこともあった。その一人がアパートの大家だった。挨拶もろくにしないし、夜な夜な外出もあり、部屋の中から妙な会話や音もする。

大家は心配になった。それでなくとも、北朝鮮が拉致を認めてから、日本海側に面した地域に住む者として、不審者には敏感になっていた。不審者にかかわる通報を求める警察の啓蒙活動にも影響されていた。

思いあまった大家は、知り合いの地元の市議会議員に相談した。議員も、表情を強ばらせた。確かに妙だ、と。議員が警察に通報したのはそれから間もなくのことだった。その情報は、新潟県警本部まで上がった。しかし、本部は深刻には受け止めなかった。この世の中、奇妙な人物は掃いて捨てるほどいるからだ。

しかし、大家からの続報が、雰囲気を一変させた。そして、公安警察が重大事態として関心を強めることになったのである。その続報とは、A氏が外出時にドアを開けたとき、ちらっと室内を見たときに目撃した、ある物体だった。大家が関係者に図にして見せたもの、それは「無線機」だった。新潟県警はすぐさま極秘で調査を開始。その結果、さらに驚くべき事実が幾つも明らかになった。

当局はまず、A氏が外出時に「尾行点検」を行っていることに注目した。普通、誰かに後をつけられているのでは、と心配する者はそうはいない。だから、外国のスパイ活動を摘発する公安警察は、この尾行点検こそスパイであることの証拠だ、として監視する上での重要な指標としているのである。安全を確認しなければスパイたちは運営者と接触したり、指示メモを約束された場所から回収することを許されていないのである。

県警は、柏崎原発側にも非公式に接触した。A氏に関するデータを密かに要望したのである。その結果、奇妙な事実が明らかとなった。管理区画内の監視カメラをチェックしたところ、A氏は、自分の持ち場でないエリアへと、度々、足を運んでいることが判明したのである。

さらにA氏のアパートから約2キロほど先。一軒家に住む男がいた。その男を「B氏」とする。何の変哲もない一軒家。ただ、一つ、周辺の民家と違う点があった。無線用のアンテナが設置されていた。そのアンテナの一部は、短波放送も傍受できるものである。かつて工作船で日本に侵入した北朝鮮の秘密工作員は、本国からの「A3(エースリー)」という短波の諜報指令波を受けて活動していた。そして、警察の調べで、A氏とB氏は、無線で連絡を取っていた可能性が高いことが判明したのだ。

ところがである。信じがたいことが起きた。警察の動きは密かであったにもかかわらず、B氏が突然、姿を隠してしまったのだ。

関係当局によれば、原発に危険な関心を寄せる団体には、極左暴力集団のほか、過激な反核、市民の団体の可能性もある。しかし、柏崎周辺で、それら団体の動きを示す特異動向はないとしている。

警察の北朝鮮ウォッチャーは、こう分析している。「A氏は、北朝鮮諜報用語で言うところの、『補助工作員』、つまり、協力者、スパイである可能性が高いと思料される。もしそうであれば、金品で獲得されたのだろう。一方、所在不明のB氏は、『独立工作員』と呼ばれる。つまり彼こそ本物だ。北朝鮮へ難度か渡航して諜報機関から教育と訓練を施され、日本へ再び送り込まれた。そして日本人の協力者を獲得し、操っていた可能性がある」

別の北朝鮮ウォッチャーは、「B氏は、特殊工作船によって海から潜入した『秘密工作員』の可能性がある。はるか昔に潜入した後、実在の日本人に背乗り(成りすまし)して、ずっと長年、『休眠工作員』として鳴りをひそめていたが、最近になって目覚め、日本人協力者を獲得し、運営し始めたのではないか」

では、もしB氏がA氏を協力者、スパイとして使っていたのであれば、目的は破壊工作であろうか?有事の場合、北朝鮮が、日本の原発に関心を寄せるであろうことは間違いない。原発を攻撃することで、日本に混乱を起こし、在日米軍への支援を妨害することを目的とする可能性もある、と指摘する専門家もいる。

しかし、原発関係者は、破壊工作は否定する。「原発内部からの破壊工作(サボタージュ)は、現実味がない。相当な爆発力をもってしても放射能が外部漏洩しない頑強な構造となっているからだ。しかも、入退出時の検査は徹底しており、爆発物を持ち込めるはずもない。また核反応を暴走させようとする試みも無駄だ。二重三重の安全システムが完備されている」

柏崎原発の、1号機から4号機までの原子炉が入る建屋は、地上3階、地下5階(一般のビルなら地上9階、地下15階に相当)と巨大だが、窓がない。

正面の警備は厳重で、屋内でも重要な部屋は、カードで電気錠を解除して初めて、取っ手を引いてドアを開けることができる。管理区域へも、PADという入退出管理システムで登録が必要であるなど、原発全体が厳重なシステムに守られている。

そして、心臓部である原子炉棟は、建屋の中心にあって、エアロックされ、放射能漏洩を防ぐため低圧となっている。ドアは、二重のインターロックシステムで、カード認証で自動で開く。操作している間は、軽やかな音楽が流れる。

ゆえに、内部に潜むスパイの役目として最も現実味があるのは、北朝鮮特殊部隊の誘導だ、と前出の北朝鮮ウォッチャーは語る。特殊部隊は、破壊を行う必要はない。内部に潜入し、占拠すること。それだけで、放射能という言葉だけでも敏感になる日本人へのパニック効果は、絶大だというのである。

前出の北朝鮮ウォッチャーは続ける。「大型貨物船に偽装した『工作船母船』が、北朝鮮にはある。その母船は、日本の近くで、底腹から小型潜水艇を放出。そこに乗った特殊部隊が上陸する想定はあり得る。特殊部隊の原発への侵入方法は、真正面からはあり得ない。警備システムに影響する悪天候の状況で、原発の脆弱な部分が狙われるはずだ。例えば、冷却水の取り組み口―。そこまでするか、という楽観論が支配し、盲点となっている場所だ。そのとき、内部のスパイは、セキュリティシステムを無力化したり、潜入してきた特殊部隊を誘導したりといったサポートを行う危険性がある」
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/685-a94fa5b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード