Entries

東宮家の愛子さん②

愛子さん
連日学校をお休みしているとのこと

既に、身体は限界がきているのか・・・

8月11日から恒例のレジャー静養に入るつもりのかまぼこ一家

多分、それどころじゃなくなるかも




    



然るべき時が来た時の事を想像するに

発作と副作用で突然の結末

どこでどのタイミングでそれが起こるかが重要

つまり「誰の所為」が問われるわけで

当然、遺体解剖が行われる


ここで一つ目
検死を止めようと必死になるか
はたまた、あっさり検死されて薬物の異常反応が認められる事に・・・

そして
薬物が原因の疑いあり
となると

誰が、どこで、飲ませたか
という調査が始まる

ここで二つ目

女官「かまぼこの指示ガー」

かまぼこ「女官ガー」

ここで言い分の違う証言でバトル

収拾つかなくなり
今度は
かまぼこ「皇太子ガー」

皇太子「傍から見ていて、大変だなーと思っておりましたところです」

そんなこんなで益々収拾がつかないまま

週刊誌に「愛子様、空白の数十分、誰が飲ませたか?」とすっぱ抜かれる

事故死
自然死
過失致死

色々な方面から調査されるが

何故か、結果はうやむやに

愛子さん女帝論の陰謀が絶たれた創価が
次なる皇太子の子を「隠し子」として画策する

体外受精

恐ろしい陰謀だけど
成就せず
皇太子が病を患った結果、娘の所へ行ってしまう


創価の野望の操り人形の皇太子がいなくなった
小和田借金返済マシーンの皇室のお宝を持ちだす事が出来る皇太子がいなくなった

残ったのは、何の役にも立たないかまぼこの
それからとは


一宮妃でしかなくなり
東宮御所を出て行く羽目に

相当暴れるが

強制退去

江頭チッソ専用の部屋や車いす用のエレベーターように
税金で恒仕様にしていたのがバレる
優美子も使う気でいたが、結局、追い出され、使えなくなって終わり

皇室からの年金での生活となり
職員も雇えず
使える額もOLの小遣い程度

諸外国国内に売りさばかれた皇室ゆかりの品々が取り戻される
犯人は皇太子と断定されるが発表は伏せられる
指示したのは、恒、かまぼこというのが確定され、皇室関係者では暗黙の了解事件に

手のひら返しの創価学会の小和田家に対する冷遇

小和田恒夫婦は破産
失意の内に恒脂肪

恒がいなくなると
外務省のコネが消滅
学習院から創価締め出し
立て直しがはかられ
数年かけてかつての学習院の姿を取り戻す

悠ちゃん中学まではお茶の水へ
高校受験で学習院へ
悠ちゃん効果で、倍率アップ!

東北被災地も目覚ましい復興を遂げ
日本は秩序と伝統と豊かさを取り戻し見事に復活する
それを見届けたかのように、ご高齢の陛下にお迎えが・・・
日本中が悲しみに包まれるが、
秋篠宮殿下が天皇即位
即位の礼は、新時代を象徴したかのような素晴らしいものに
立派に成長し続ける悠仁親王殿下が皇太子に
日本のみならず世界中に愛される皇太子となる

無礼こ離婚


かまぼこが宮妃であることも
未亡人である事も忘れ去られ
何事も1人取り残される形に
お金の使い方が雑で、家計は火の車
自炊も出来ず、妹に依存
コンクリ御殿に二人で暮らし
固定資産税滞納するなど、無駄に長生きする
死ぬまで皇室にしがみ付く

生涯、反省する事も無く
迷惑かけても、人の役に立つ事も無い人生

これはすべてフィクション妄想だけど
何となくそんな風に見える
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/888-585c24e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード