Entries

【追記版】マット死事件

再審請求向け学習会/明倫中マット死事件
2011年07月17日

 1993年の明倫中マット死事件の再審請求の準備を進めている「明倫中再審裁判を支援する会」の学習講演会が16日、村山市であった。約80人が参加し、捜査や裁判の問題点を指摘する報告に耳を傾けた。


 最上町の元横浜税関相談官高嶋昭さん(77)が当時の県警の捜査資料を分析し、「解剖報告書で他殺を疑わせる積極的所見はないとされているのに、完全に無視された」「(亡くなった少年を)つるしたり、マットです巻きにした証拠は一つもない」などと指摘。女子生徒への聴取が午前0時ごろまで続いたなど捜査手法にも疑問を呈した。


 支援する会代表世話人の菅藤清一郎さん(79)は「再審請求は簡単なことではないが、新たに見つかった資料もあり、時間がかかっても取り組みを前に進めていきたい」と話した。同会は12月に山形市でも集会を開く予定



当時も同じ事言ってた報道で

久米宏がニュースステーションで

「じゃぁ、マットが勝手に巻き付いて、勝手に逆さまになったというのか?
 あの死んだ状況が、他人がやらないで自力で出来る事なのか?」

と憤っていたのを覚えている

記事を読んで、18年経ってまだ同じ事を言ってるのかと驚いた

>マットです巻きにした証拠はひとつも無い

マットです巻きにされて発見されたんだから、それが証拠だろうに何言ってんの?

じゃ自力で出来るのか実演してみせてよ

話はそれからだ
バカバカしい

結局この加害者擁護の人達は何を言いたいわけ?
当時から不明だったけど
これ
亡くなった子が「自殺」若しくは、「1人で遊んで事故死した」って事にしたいわけ?

なら、尚更、実演して見せてよ

不自然だから、事故ではなく事件何だろうが

犯人であろうこの学校の当時の生徒は
30を超えて普通に暮らしているんだろうね
公務員やってるって話だけど
どうなの?
何にも心の呵責が無いのかね
泣いて抵抗して助けを懇願してたって言う被害者の少年の事何か
何にも思いだしもしないのかね
あの世に行った時にどうなるんだろうね

凶悪事件の犯人達が
少年だというだけで

人権人権人権

更生更生更生

と騒ぐ人権屋達

いつだったTV討論番組で
普通学級に通う中学生が
クラスメイトに呼び出され、意味も無くリンチで殺された事件があった
被害者に落ち度は全くない事件だったのだが

被害者の少年の母親は
駆け付けた病院で息を引き取る息子に
「助けてあげられなくてごめんね」と泣いて声をかけると
声も出せず頷く事も出来ない状態で
死に際に、涙を一つこぼして亡くなったと言う
これが、母親への最後の反応だったそう

そこにいた人権屋の弁護士だったか?二人の中高年の男女

「殺す方にも事情があったワケだし」

という

そうだ、高田万由子がいた
「殺す事情って何ですか?」と質問する被害者の母親の後ろで

「そんな事情なんてないっ!殺す事情なんてない!!」と
母親以上に憤ってた

そして、人権屋女の
「あなた達だって、加害者の少年に更生してもらいたいって思うでしょう?」
と笑顔で言う言葉に

「私だったら、自分の子を殺した犯人に、更生してもらいたいなんて思わない
私が殺しに行く」って言う様な事を、猛烈に怒って言ってたのを思いだす

子を持つ母親の極々当たり前の反応だと思う
被害者の母親は、加害者に同じ目に合わせたいと言ってたと記憶する

そう
人権屋って、経緯とか動機とか事の原因から発端まで、すっぽり抜け落ちている

いきなり「事件後」から始まる思考回路なのだ
事件時もすっ飛ばしてしまう

全てが事件後から始まる思考だから、
司法権力から追い詰められているというところから、スタートするのだ

何故、そこに至ったのかがまるっきりない

強制執行力のある司法という権力に
ただただ只管反発するのが、人権屋の正体なのだ

国家という権力
法という権力

左翼は、民主主義の権力には反対するが、
共産社会主義の「独裁」権力には諸手を挙げて称賛し服従する

落ち度のない被害者の将来も人生も命を奪っても
身勝手な加害者の将来と人生と命の方が大事というのは

加害者の為等ではない

法という民主主義の国家権力に反対しているだけなのだ

だから、加害者が今度は被害者になって無残に殺されても
新しい加害者を擁護するだろう
何だっていいのだ
民主主義国家に反対さえ出来れば

だから、
中国共産党政権下の即行死刑判決には
なーーーーーーーーーんにも反応を見せない


そんな程度の短絡思考だから、擁護釈明が支離滅裂でかみ合わない
結果ありきの主張でしかない

昔、人権屋弁護士と自負していた男性弁護士が
自身の妻が強盗に殺された時
初めて、被害者遺族の苦しみを知ったと答えていた
遺体の引き取り費用も被害者遺族負担
当初は、遺族の裁判所入廷もままならなかったり
理不尽でオカシナ事ばかりが浮上したと言う
その弁護士は、被害者救済の立場に変わり
活動の甲斐あって、被害者遺族の裁判時の入廷も可能になったりしたそうだ

だから
加害者救済をうたう人達の
最も大事な我が子が
意味も無く落ち度もなく不条理で残酷な殺され方をしなければ
この人達には理屈や道理で理解する子は出来ないのだ

人権屋はあの世に行ったら
自分の大事な子供を理不尽で残酷に殺した加害者を
更生させる為に働く事になるだろう
殴られ蹴られ酷い目にあいながらも
自分の子を殺した加害者の世話をし続ける
そんな地獄を見るだろう



関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/899-ae613570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード