FC2ブログ

Entries

イルカと生きる②

過去エントリーで太地町ドキュメンタリーについて記述した

その第二弾

カナダのイヌイットのドキュメントを見た

日本人がイヌイットの地に渡り、そこで結婚し息子一家と狩りをして過ごす内容

孫は小学校低学年~幼児の三人

息子も孫も顔は日本人だが、日本語は喋れない

現地でアザラシや鳥、トナカイ、セイウチの漁をして生計を立てている

捕まえたアザラシの皮を、ナイフで切り取って生で食べる
捕まえた鳥(ツバメくらいの大きさ)を指で心臓を潰して殺し、発酵させて羽根がついたまま血だらけでしゃぶるように食べる
寝ているセイウチに近づき、後頭部を射撃、口から滝のように血を吐きのたうつセイウチに銛を刺して仕留める

なかなかエグイ映像

生でアザラシの皮を食べるのも
口を血だらけにして羽根のついた鳥を丸ごとシャぶりつくのも
子供の食べている姿とはいえ、なかなか強烈だった
孫の男の子が、鳥を捕まえ、骨を砕くように心臓を潰す
鳥は苦しそうな鳴き声を上げながら死んでいく
即死じゃないのね、どの狩りも

州政府は狩りの捕獲制限数をどんどん減らしていくので、
イヌイットたちは、毛皮を売ったりして得る現金収入の道が閉ざされつつあると言う
しかし彼らは言う
「政府は正確に頭数を集計していない、だから、どんどん頭数が増えて、逆に餓死している
狩りで捕まえるトナカイは、年々やせ細り肉が薄い」

クジラやイルカと同じく、間引きしないから増え過ぎて餌が不足し、餓死するんだよ

それにしても、イヌイットたちの狩りのエグさはなかなかのもの

どこぞの自然保護団体や動物愛護団体が出てこない辺り
イヌイットたちの生活は、まだなんとかなるだろう
恐らく州政府は、この様な昔ながらの狩りで生活をしているイヌイット達から獲物を奪い、狩りではない仕事で生計を立てるよう仕向けているんだろう

そうやって生態系の中の「間引き」を無くし、結果、生態系を狂わせて環境悪化させるという事も
利権で目のくらんだバカな人間達は気付かない
いや、気付いていても自分さえよければいいから、少数民族の事も地球規模の環境の事も、自分以外はどうでもいい、だから、こういう事が出来るのだろう

州政府が正しい測量を行っていないというのが事実ならば、
測量した結果で、何かしら不都合がある事を分かっているからだ
トナカイや野生の生き物が、減少などしていないコト
人間の保護を必要とするどころか、イヌイットのような間引き者が必要だと言う事を知っている
だけどそれを公に知られてしまうと、毛皮や骨、肉などの価格が凋落するなど色んな利権に影響が出る
そういう利権を牛耳っている一部の拝金主義者が、企業を運営し、政治家を買収する
そういった企業が、動物愛護だ、自然保護だと言う耳触りのいい偽善団体を介して、利権を獲得してぼろ儲けをしている

私は勝手に憶測している

イルカと生きる太地の漁師達は、獲ったイルカの恩恵を、間引きという形で恩返しをしている
イルカを殺し食べることで、イルカを生かしている
イヌイットも同じ、トナカイやアザラシを殺し食べて、他のトナカイやアザラシを飢えさせずに生かしている

白人たちにはわかるまい
かつて、アメリカ大陸開拓時代、大量運送が始まった頃、大陸で生きていた黒鳥を「沢山いるから」というだけで、食べるわけでも利用するわけでもなく、ただ娯楽の為に撃ち殺し絶滅させた
それは、アメリカバッファローも同じ、列車からバッファローを撃ち殺す娯楽が流行り、あわや絶滅寸前まで行ったのだ
こういう民族には、間引きにより生態系が保たれている事も理解できないだろうし、間引きで漁をする必要性も分かるわけも無い
自分達と同じように、娯楽で殺している
そう言う風にしか考える事が出来ない民族、人種がいるということを
我々は、良く把握していなければならない
彼らは、利権こそ全てで、理屈も現実もどうでもいいのだから

だから、また出てきたよ
シーシェパードの馬鹿どもが

9月1日から解禁される和歌山県太地町の追い込みイルカ漁について、米国の反捕鯨団体シー・シェパード(SS)が、活動家を太地町に送り込み、漁の妨害を行う準備を進めていることがわかった。SSは昨年も幹部を太地町に長期常駐させ、妨害キャンペーンを展開。

 SS関係者によると、SSは今年3月まで行われた昨期の妨害キャンペーンに引き続き、今期も「コーヴ・ガーディアンズ」(入り江監視隊)を組織。団体の主要メンバーを常駐させた上で、世界中からボランティアを募り、来年3月までの6カ月間、漁師らに圧力をかけるという。

 SS代表のポール・ワトソン容疑者(60)=傷害容疑などで国際指名手配=は、Eメールでの取材に応じ、「鯨やイルカを殺戮(さつりく)する残虐で野蛮な慣習は、21世紀の現代にはふさわしくない」と回答。さらに、「昨期は、われわれのコーヴ・ガーディアンズのおかげで、イルカの捕殺数を前年の半分に減らすことができた。捕殺が打ち切りになるまで、恐ろしいイルカ殺戮への反対は続ける」と答えた。

 SSは今回、和歌山県警や第5管区海上保安本部が事前に訓練を行ったり、警備を強化していることを報道などを通じて把握。摘発を防ぐため、妨害キャンペーンに参加するボランティアには、日本の法律を順守するよう求めている。

 一方、米国の企業経営者で、動物愛護活動に熱心なアディ・ギル氏が自らのグループを組織し、イルカ漁への抗議活動を行う構えを見せている。ギル氏は今年1月に来日し、和歌山県でプレジャーボートを購入。海上保安本部は、海上で妨害を行う恐れがあるとして、動向を注視している。
 ギル氏はSSの元大口スポンサー。関係者に「今年中に、太地町を訪れたい」と漏らしている。

 また、イルカ漁を隠し撮りし、2010年の米アカデミー賞を獲得した「ザ・コーヴ」に出演のイルカ保護活動家、リック・オバリー氏は26日に来日。9月1日に、20人ほどの仲間とともに太地町を訪れ、現地で抗議活動を行うことにしている。(抜粋)
 


野田政権が、日本で今行われているこれらのテロ行為を、国家の威信にかけて阻止し、自国民であるこの漁師達を守る事が出来なければ、とっとと政権崩壊しろだ
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maruga935.blog8.fc2.com/tb.php/949-ae8c4a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まるが@

Author:まるが@
娘が二人います
80年代に青春時代を過ごしました
性格は気まぐれです
系統は保守系で真ん中よりちょっと左かもです
どっちかっていうと嵐の事を、母ちゃん目線で見ています
嵐の映像と曲を聞かない日はないくらい嵐漬けな毎日です

★略歴★

2006年に嵐の大野智に落ちました
2007年TIMEで初コン参戦
2008年アライブコン参戦
2009年5×10コン参戦
2010年体調崩しコン不参加

★色々★
ネットを徘徊して殆どの嵐動画を見ました新参の部類です
大野智のソロコン2月の直後に落ちたのを悔いています
もう一か月早く落ちていれば、チケットとれなくてもグッズは買いに行ったのにと

★好きなジャニ★
尊敬するジャニーズ→中居君
成長に期待するジャニ→山田&知念

★嫌いな生き物★
アグネス金子陳美麗
キムヨナ
昆虫
民主党旧社会党社民党公明党
創価学会等新興宗教系

★ブログテーマソング★

「頭に乗せてる葉っぱが落ちた。逃げ込むはずのお山も消えた。川の流れも海の波間もみんなどっかへ消えてった。最後に残った可愛い人形。飾るお部屋が見当たらない。べべ着て帰ろう。べべ着て帰ろう。鼻緒が切れてもべべ着て帰ろう。」~2020年まで

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2拍手記事別ランキング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード